sweet_regrets さん プロフィール

  •  
sweet_regretsさん: ボロクソ日記
ハンドル名sweet_regrets さん
ブログタイトルボロクソ日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/sweet_regrets
サイト紹介文摂食障害と境界性人格障害をこじらせたバカ女の現実と空想の狭間の日記。
自由文ホームラン級のバカ女による現実逃避についての記述。懐古主義で過去を回顧するだけのブログ。駄文のオンパレード。生者必滅、会者定離。どうせ、みんな死んでしまう運命。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供346回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2015/02/19 12:10

sweet_regrets さんのブログ記事

  • 抽象的概念が私を混乱させる
  • あなたは本当に加算方式ですか?減点方式で私を見ていたらすでに私は虫の息ですね。あなたが沈黙するときは私を添削しているとき。あなたの脳内計算機の数字は日々減っていますよね。私は知っています。あなたが幻滅しているのを。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 死が終着駅
  • 私に影がある限り私は私から逃げきれない。すべてを捨てて知らない場所へ旅立っても。死のうとしていた私が生き延びようと必死。だけど生者必滅。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 校長先生のお話
  • (校長)え〜。(ハウリングを起こすマイク)(嘲り笑いを噛み殺す教頭)バナナがおやつに含まれるか最後まで分からないのが遠足の醍醐味でありますしえ〜。また、遠足はですね、家に帰るまでが遠足であります。え〜。それでですね。君たちにはせっかくの思い出が台無しにならぬようう〜。最後まで節度のある態度で過ごしていただきたいというのがわれわれの願いです。(貧血で倒れる女子生徒)(駆け寄る数人の教員)   〈暗転 [続きを読む]
  • 報われない犠牲の上には
  • よく見てみろよ。お前らの足元には蛆がわき腐敗した死体がたくさん転がっている。それを踏みつけて「あれ」から今日まで生きてきたんだろう?上品めかしたお前らの醜悪さが浮き彫りになる。欲望を剥き出しにした化け物のくせにあと何十年も生き永らえようとするおぞましさ。形だけの懺悔に終始するのならば滅んだ方がいい。いや滅ぶべきだ。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 雑音に対して
  • この関係性が奇異だとか部外者は言う。しかしながらわれわれの「戀」は至極、純粋なものであり「愛」の本質を深く解釈した結果なのだ。部外者に完全なる理解を求むることは困難極まりないので知〜らねえ、っと。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 本当と現実の中間
  • あなたの措定する私はあまりにも現実と乖離していると思っていたが、それが客観的な事実であるという可能性も否めない。つまりあなたが措定する私と私が措定する私の中間が私の実像なのかもしれない。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 繰り返す
  • 後悔だけ残るようにできている。疑念だけ生じるようにできている。死に場所だけは決定できている。否。投げやりな態度はすべて壊すと知っているのに。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 不躾ながら
  • 分類とレッテル貼りランク付けと順位争い。はいはい美しいですね。非常に。他人を掻き分けて他人を押し退けて他人を踏み付けて他人を出し抜いてそうやって「前向きに」生きてきた人たちはガツガツガツガツ。私にはハングリー精神が足らないんですね。それともこいつらが過剰なんですか?にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 目立ちたがり屋の悪目立ち
  • 何の精神性もないんだな?あんたら結局安全圏から当たり障りねえ言葉を放ちみんなと一緒であることに終始して悦に入っているだけの安っぽいコピー品。どんなに奇抜な服装でも中身は凡庸。田舎の人が考えそうなこと。最終的に自我なんてありゃしない。村八分ありきの考え方。古い固定観念。暗い既成概念。わざわざ東京へようこそお越しくださいました。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • zeroは0
  • 有限性を考慮した取捨選択を。戦略的に生きることを放棄した私に能動的な明日は来ますか。懐疑的な姿勢を崩さずに利益を引き出すことに終始するなら結末は同じじゃないですか。私が真善美について本質的に深く考えられなかったということになるじゃないですか。虚像を作り偶像崇拝していたということになるじゃないですか。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 日の本
  • 非人道的な何かにがっかりさせられる。こいつらまだ前世紀が全盛期のクソダボ的な思考回路で死に損なっている。いや中世と近世の間をさまよいながら近代に足を踏み入れつつある。早く気付けよ。バカタレども。奴隷根性丸出しの変態ばかりが持て囃されるけど違うだろ?それは。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 欠乏
  • こんなん困難じゃないですか?言いたい言葉が封じ込められている。何でも話せない空気には酸素が含まれてなくて常に息切れしている。私たちの息の根はもうじき止まる?自由意思のもとで互いに何かを強制し合っている?30%くらい含有させてください。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 甘言を換言すれば
  • 磨かないと光らないなんて私、ただの路傍の石ころ。下らない存在だって言いたいの?取るに足らないって言いたいの?あなたは肯定的意味で用いているつもりになっているけどそれは私の人格を否定するだけの言葉。七色の光は見えないの?だったら節穴なんじゃない?甘言で愛を還元した気なの?換言すれば、そういうことよ。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • なんつって
  • ポンコツは致命傷なので生涯、完治いたしません。誰が手を尽くしても手の施しようがないってこと。手に汗握る掌返し。てめえ勝手に生きたい。先手を打てばいいの?手の内は見せないよ。テヘランから愛を込めて。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • その場しのぎだと言えよ
  • うわべだけの言葉です。内包する意味がないのなら。かたちだけの言葉です。血が通っていないのなら。まやかしだけの言葉です。真意が置き去りになっているのなら。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 嘘っぱちを並べやがって
  • やはり信じることを信じられないのです。人が言ったことは移ろいやすいから。あまりにも言葉の正確さが踏み躙られているから。口から出る 虚々しさに耐えかねています。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 実像は蔑ろに
  • やはりあなたはわたしを買い被っていて勘違いをしている。わたしのメッキはもう剥がれかけているじゃない?にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ぞわぞわ
  • あなたの始まりは始まらないのかもしれないと蛤を食べながら恰も真実であるが如く思ったのです。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 縫い合わせる
  • 私には血が通っていないと認識して人形のように扱ってきた人たちが私にとっての害悪なのだとあなたが教えてくれました。血だらけの傷口がどこにあるのか見つけられたのはあなたが初めてです。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 愛に関与する言葉
  • 私たちの言葉は真実すぎて真実味に欠ける。私たちの言葉は重すぎて重厚感がない。まるで嘘みたいなのが真実の実像なのかも。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]