アートプラス京めぐり さん プロフィール

  •  
アートプラス京めぐりさん: アートプラス京めぐり
ハンドル名アートプラス京めぐり さん
ブログタイトルアートプラス京めぐり
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/korede193
サイト紹介文京都の探索中、記事数3900、まち歩き・寺院神社・石碑道標・陵墓・看板・蔵・人物・平安京
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1049回 / 365日(平均20.1回/週) - 参加 2015/02/19 19:16

アートプラス京めぐり さんのブログ記事

  • 寺院下0024  仏光寺 街中にあっても静か  画像追加
  • 真宗仏光寺派の大本山で、渋谷山と号しますあるとき盗賊が寺内に乱入し、本尊阿弥陀像をうばって逃げようとしたが、重さと良心の呵責に耐えかねて二条河原に捨てて逃げた。その夜、後醍醐天皇の部屋に一筋の光が差し込むので光の行方を求め、本尊を得られたという。これに、ちなんで仏光寺というようになりました天明の大火(1788年)、元治の兵火(1864年)で罹災した市中にあっても静かです大師堂門です          [続きを読む]
  • 寺院府0379  蟹満寺  真言宗智山派
  • 普門山と号し、真言宗智山派の寺、白鳳時代の銅造釈迦仏と不思議な霊験談を有する名刹。昔この村に篤信家があって、7つになる娘もつねに観音を信仰していた。その娘がある日、蟹を捕える村人をみて、これを買い取り、逃がしてやったことがあった。その後、娘の父は田圃で蛙を呑もうとする蛇をみて、蛙を放すのなら娘の婿にしようといったところ、蛇は呑みかけた蛙を吐き出して姿を消した。その夜、人間と化した蛇が訪ねてき [続きを読む]
  • 寺院府0377  神童寺
  • 北吉野山と号する真言宗智山派の寺で、金剛蔵院という。推古天皇4年(596)聖徳太子の創建と伝わる。また天武天皇4年(676)役小角が来山して修行中、童子と化した子守・勝手・金精の三神とともに一体の蔵王権現の像をつくり、本尊として安置したのが当寺の起こりと伝わり、寺号も神童寺と名付けたという。また、むかし吉野の大峯に毒蛇が多く、山伏修験者の入山ができなかったことから大峯に准じ、この地を吉野に擬して開創したし [続きを読む]
  • 寺院下0375  権現寺  浄土宗
  • 権現寺 清光山と号する浄土宗の寺で、愛宕権現の本地仏勝軍地蔵を祀るので「朱雀権現堂」「朱雀の地蔵堂」ともいわれ、その名は古く「太平記」にも出てくる。この地蔵尊はもと大和国(奈良県)元興寺にあったが、天安2年(858)付近の七条朱雀の歓喜寺に移し、同寺荒廃後も権現堂のみが残った。その後、明治45年(1912)国鉄山陰線の敷設によって、現在の地に移った。本堂には本尊阿弥陀如来像を安置し、地蔵堂には勝軍地蔵と厨子王丸 [続きを読む]
  • 墓下005 源為義   源頼朝の祖父
  • 源為義の墓為義は世に六条判官とよばれ、源氏の棟梁であったが、保元の乱に敗れ、朱雀野において処刑された。この墓は権現寺の北にあったが、明治45年(1912)国鉄山陰線の敷設によって移された。源為義の後裔と称する人が、貞享年間(1684〜88)頃に建立した。保元の乱には崇徳上皇に加担し、後白河天皇の軍と戦って敗れた。乱後、捕えられ、息子の義朝の助命嘆願にかかわらず、処刑されたという悲劇的な人物であったので、後の世の [続きを読む]
  • まち歩き下0499 梅小路公園の市電 昔の市電の写真
  • 四条烏丸 付近  東を見る京都駅構内 山陰線 七条通踏切・昭和45年6月撮影 山陰線の高架化以前、七条通では線路をアンダーロスしていた市電と異なり、路面の道路部には踏切があった 東山線(叡電前) 昭和53年9月撮影 通称「叡電交差」の東南角には戦後の一時期、市電の乗り入れ用の渡り線があった。なお叡電の駅名は「元田中」 今出川線(加茂大橋〜河原町今出川) 昭和45年1月撮 [続きを読む]
  • 石碑右0119  治水碑  御室川
  • 京都の西郊を流れる御室川の治水工事を,流域の葛野郡梅津・西院・京極・吉祥院の4か村が協力して行い,その竣工を記念した碑。首唱した京極村の中心部である山陰街道沿いの現在地に建てられた。1906年建立 葛野郡梅津村・西院村・京極村・吉祥院村治水碑【篆額】 貴族院議員正三位勲二等男爵 北垣国道 篆額 山田得多書平安城西双岡以南田野平曠村落相望御室川貫其間南流入桂川平時水涸 [続きを読む]
  • 人物008  北垣国道
  • 1  石碑左0073  田辺朔郎紀功碑2  まち歩き左0246  琵琶湖疏水 公園一帯  3  まち歩き山0224  諸羽トンネル  船溜まり4  まち歩き東0194  蹴上インクライン  三十石船5  まち歩き東0193  ねじりまんぽ  6  琵琶湖疏水の功労者  北垣国道7  黒谷 金戒光明寺8  石碑右0119  治水碑  御室川 [続きを読む]
  • 石碑上0118  初代上京区役所跡
  •  初代上京区役所跡明治12年(1879)3月14日郡区町村編成法に基づき京都府上京区が誕生する。明治22年(1889)の市制施行による京都市誕生の10年前のことである。当初京都府庁内に区役所が仮設されたが、初代上京区長杉浦貞氏等の尽力により、上京区第17組中立売通西洞院西入3丁町及び菊屋町、下小川町に約600坪の敷地を確保する。初代上京区役所は明治16年(1883)7月に開庁し、昭和13年(1938)7月までこの地で区政が執り行われた。上京 [続きを読む]