「777」 さん プロフィール

  •  
「777」さん: 777
ハンドル名「777」 さん
ブログタイトル777
ブログURLhttps://heiwanosyujin.muragon.com/
サイト紹介文ブログ《新「平和の主人、血統の主人」》をサポートする為の、御言葉を集合したブログとします。
自由文最も重要な秘密が語られることにより、パラダイムの大転換が起こります。
成約時代が「聖徒の責任分担時代」「蕩減復帰摂理完成時代」と言われるこのと意味が、「平和の主人、血統の主人」によって確信を持てるようになります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/02/20 14:09

「777」 さんのブログ記事

  • 顕進様に放たれた致命的な毒矢となる=日本家庭連合本部から提出された証言
  •  私はこれまで、家庭連合が顕進様を裁判の席に着かせようとしていることに対して、どうしたらこれを避けることができるかについて考えながら、ブログの記事にしてきました。それが過去の記事、《 顕進様に放たれた凄惨な四本の矢 》でした。  ここに来て、私個人の心情的な面から顕進様を擁護しようと試みるのですが、どうしても下記の①②の問題がこの試みる心情を削いでしまいかねなくなっているのです。  顕進様を指示さ [続きを読む]
  • 全家庭連合が混沌状態に陥いることを、既に、原理講論は読み取っていた
  • 原理講論は統一教会、家庭連合の姿をそのまま写し出す鏡のようです。 私たちは長い間、原理講論が新しい真理であると勘違いしてきたのかも知れません。原理講論はあくまでもイエス様までの原理であるとお父様は語られています。ということは、特に訪韓修で、更にそれ以降に語られた御言葉こそが成約時代の御言葉であり、原理講論にはない全く新しい御言葉ですから、これこそ原理講論の総序とか終末論で言っている「新しい真理」と [続きを読む]
  • 祝福を受けた家庭は、先生の息子、娘と同等な立場に立てません。
  • 真の御父母様の生涯路程 4   第一節 六    私たち統一教会の家庭で言えば、ここに三家庭がありますが、その家庭全体が先生の息子、娘をあまりにも愛したため、先生の息子、娘たちが「あの三家庭も祝福が受けられるようにしてください。天国に連れていって一緒に住みましょう」と言うことができてこそ、そのあとに従って入っていくというのです。 祝福を受けた家庭は、先生の息子、娘と同等な立場に立てません。先生の息 [続きを読む]
  • 愛で堕落した問題を愛で蕩減復帰しなければならなかった中心家庭の十字架
  •  御父母様がおられた家庭の中に展開されたレアとラケルの蕩減を語られた御言葉です。お父様は心情の十字架を背負われ、お母様は愛の十字架を背負われたのだと思います。  そして、それは、お母様の蕩減的相対圏である真のラケル圏が現れるまで、その十字架は今なお降ろされることなくお父様もお母様も背負い続けておられると思います。  私たち一人一人が真のラケル圏になる為に、その重荷が如何なるものであるかを知って、た [続きを読む]
  • 七年間で世界的蕩減路程を・・・お母様は築くことができていなかった
  • 真の父母様の生涯路程 10   第三節 四  先生の蕩減路程は、キリスト教の蕩減路程を経て、統一教会で再蕩減路程を歩んでいるのです。それで、先生の家庭において、子女たちを供え物として捧げるという歴史的な事件が起きるのです。  七年間でこのすべての世界的蕩減路程を歩まなくてはなりません。先生はこの勝利的基盤を築いたのですが、お母様は築くことができていなかったので、それを築いて越えていくことができる道 [続きを読む]
  • 女には讒訴条件を残さないわけにはいかないのです。
  • 本妻と妾の摂理が成約時代のお父様が通過された最大の十字架だったのですが、この摂理を知ることなくしてはお父様の心情圏にも近づくことができません。 『蕩減復帰の峠を越えましょう』     (女性修練会) 1993.12.20  韓国・済州研修院  だからサタンは、ヤコブの時に、ヤコブは神の選民として帰る代表の家庭です。そのヤコブの家庭によって、(選民になる為には)堕落したすべてを清算していかなければな [続きを読む]