「777」 さん プロフィール

  •  
「777」さん: 777
ハンドル名「777」 さん
ブログタイトル777
ブログURLhttp://heiwanosyujin.muragon.com/
サイト紹介文自らの聖和を語られた「平和の主人、血統の主人」を解読します。 聖和の真実の姿が見えてきます。
自由文最も重要な秘密が語られることにより、パラダイムの大転換が起こります。
成約時代が「聖徒の責任分担時代」「蕩減復帰摂理完成時代」と言われるこのと意味が、「平和の主人、血統の主人」によって確信を持てるようになります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/02/20 14:09

「777」 さんのブログ記事

  • 『宇宙の根本』「第三章 人間堕落と復帰」二、堕落の結果
  • 天聖経   『宇宙の根本』     「第三章 人間堕落と復帰」 二、堕落の結果 1.堕落人間と堕落した世界の姿 (1) 青少年問題とフリーセックス  アダムとエバが青少年、ティーン・エイジャーの時代に、木陰でそのように堕落したのと同じように、世界史的に実を結ぶ審判の終わりの日が来ることによって、今日、全世界の青少年がフリーセックスに陥ってしまったのです。フリーセックスとは何ですか。悪魔のソドムとゴ [続きを読む]
  • (29)世の中に峰は一つしかない
  • (29)世の中に峰は一つしかない (29-1) 先生は農作業をしても何をしても、食べていける能力があります。九十歳になったので、サタンはついてくることができません。百四歳までは生きなければなりません。私が早く行って、霊界と天が分かれたことに責任をもち、霊界と肉界を一つにすることができるように、平和大使、平和の教主たちを地に送り出すのです。「あなた方が教派をつくったのです。一族や先祖を中心として、ば [続きを読む]
  • (28)第四次アダム圏完成時代の精鋭軍となれ
  • (28)第四次アダム圏完成時代の精鋭軍となれ (28-1) カイン・アベルを中心として父母UNをつくり、あべるUNが、カインUNから兄の代行として侍られ、神様の代行として侍られ、父母の代行として侍られる手順を踏まなければ、本然の理想郷を見いだすことはできません。これは理論的です。それを否定し得る理論が立てられるなら立ててみなさいというのです。 アメリカとUNと世界が一つになって、先生を中心として三 [続きを読む]
  • (27)数を数えれば十から最初に戻る
  • (27)数を数えれば十から最初に戻る (27-1) ご覧なさい。このように数えると、一つ、二つ、三つ・・・・。ここから数えなければなりません。これは縁になっているので、数えれば内外すべて数えなければなりません。これも数えなければなりません。一つ、二つ、二つの相対があり、三つ、四つ、四つも相対になります。一つ、二つ、三つ、四つ、五つ、六つも主体になるというのです。七つ、八つも主体になります。一つ、二 [続きを読む]
  • (26)日韓トンネルとベーリング海峡
  • (26)日韓トンネルとベーリング海峡 (26-1) 今まで根が抜かれて空中にポカンと浮かんでいたロシアと中国が再び共産主義に戻ろうとしています。そうなれば、ベーリング海峡をほうり出してしまいます。ベーリング海峡を八年前、十年前から始めたのですが、どのようになりましたか。日韓トンネルも日本が妨げているので、日韓トンネルとベーリング海峡を、「ワシントン・タイムズ」、宗教圏が責任を持って公開し、発表して [続きを読む]
  • (25)相対がいないまま死ねば
  • (25)相対がいないまま死ねば (25-1) 七十人の二世たち、分かりましたか。(はい)これが五色人種の代表の顔です。しわくちゃの顔もあり、マフィアのような顔もあり、やくざのような顔もあり、ならず者のような顔もあります。 マフィア、やくざ、ならず者に捕まって、無理やり売られていった女性たちが、三角地帯を開いて勝手に捧げ、勝手にフリーセックスをしたのです。それが人間でしょうか。動物世界にもありません [続きを読む]
  • (24)教材で教育しながら生きよ
  • (24)教材で教育しながら生きよ (24-1) 教材があるので、皆さんは、教育しながら生きるのです。教材はこれしかありません。悔い改めなければなりませんか、悔い改めなくてもいいですか。(悔い改めなければなりません。)皆さんが十三歳になりさえすればできます。十三数が重要です。十二弟子を代表する中心が十三数なのです。 十三数が一番良い数です。十三数が良く、十二も良いのです。十二は十二弟子です。アメリカ [続きを読む]
  • (23)二世が家庭訓読会のリーダー
  • 【 】この括弧は日本語版から削除されている。 (23)二世が家庭訓読会のリーダー (23-1) 皆さん、学校はやめて、韓国において幼稚園から小学校、中・高等学校を卒業するのです。それが早いのです。韓国の幼稚園に一年、その次に小学校を六年、中・高等学校に六年行けば十三年です。高等学校を卒業すれば、世の中の状況がすべて分かります。十三年すればすべて分かります。その次に大学と大学院です。カイン・アベルを [続きを読む]
  • (22)祖国語を知ってこそ、その国の民になる
  • (22)祖国語を知ってこそ、その国の民になる (22-1) それが六月一日(自叙伝出版記会)です。この日はノアの箱舟が着地したのと同じ意味です。(場所は)コエックス(COEX:韓国ソウルにある総合コンベンションセンター)です。コンビニエンスト・エックスとは何ですか。オー(O)に対してエックス(X)はイン(否定を表す接頭語)を表します。(英語で)不便をインコンビニエンストと言うでしょう?家庭を中心と [続きを読む]
  • (21)「平和神経」は家庭訓読会の教本
  • (21)「平和神経」は家庭訓読会の教本 (21-1) 双合十勝日というものをなぜ制定したのか知っていますか。(2004年にお父様が麗水で宣布されました)。(『天聖経』はここにあります。『天国を開く門・・真の家庭』という本は、英語でこのように出ました。)英語で出ていますが、父母が持っているものを見せてあげなければなりません。根となるここにおいて、本を勝手に作れば法に引っ掛かります。絶対的です。  こ [続きを読む]
  • ★★「777」からのお願いです。
  • 皆さまに「777」をお読み頂き、ありがとうございます。 只今取り上げている「双合55年プログラム」について、若干補足しておきます。 −−−−−−−−−− ①まだ、検証段階であることです。 −−−−−−−−−− このブログをお読み頂いている方たちは、いろいろな感想をもっておられることと思います。 ブログの限界を感じながらの表現ですので、成り行きを見守ってくださっている方も多いかと思います。 ブログを [続きを読む]