crisantemo さん プロフィール

  •  
crisantemoさん: 認知症to歯磨き
ハンドル名crisantemo さん
ブログタイトル認知症to歯磨き
ブログURLhttp://dementiatoothbrushing.blogspot.jp/
サイト紹介文介護の仕事を始め、認知症の人の歯磨き方法を日々研究してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/02/21 10:51

crisantemo さんのブログ記事

  • またもや介護施設で・・・
  • 事件か?事故か?100人が100人とも事件だと思っていると思います。岐阜県の介護施設で、半年の間に5人亡くなったとのこと。施設側では、5人に関わった介護職員を解雇しているわけですが、何か分かっていたからその人を解雇しているわけで、そうしたら解雇ではなく、警察に通報なりしなくてはならないわけで、解雇したら関係ないと思っているのでしょうか?犯人も犯人ですが、施設側の非常識さにも驚きます。その上、辞めさせ [続きを読む]
  • 救急車
  • 運転を始めて早1か月半。通勤の道はすっかり慣れたが、自信は全くないため、通勤以外の運転は未だにしていない。ベテラン運転手でも同じだと思うが、救急車が来た時の対応はなかなか緊張する。いつか遭遇した時のために、歩いている時やバスに乗っている時、救急車が通り過ぎると、車の動きを注意深く見ていた。頭の中では左に寄せて止まることは知っていたが、渋滞時しかも1車線ではどうするの?と思っていたが、先日歩いていてそ [続きを読む]
  • 最近の若者
  • いつの時代も、「最近の若者は・・」などと、若者ではなくなった人が分析するように、批判する。私も若者でなくなり早何十年。もうその言葉も何回もその時代時代で繰り返してきた。そして今、再び述べる。最近の若者は、素直で行動にそつがなく、いいこちゃんが多い。年上との会話もスムースにできる。ここまでは誉め言葉。でも、「これをやってください。」と言ったことはやるが、それ以上のことはやらない。気が付かないのか、気 [続きを読む]
  • いい思い出?
  • 新しい施設に来て、まだ困ったちゃん・・失礼!困ったさんは周りにいない。私が介護に入らない所にはいますが、身近にはいないので、私の精神は安定している。前の所では困ったさんが、少なく見積もって4人はいた。困ったさんほど、心に刻み込まれ、時々思い出す。「元気かな?」と思う反面、はっきり言うと2度とその方たちの介護は、やりたくない。今の施設でも困ったさんのうわさは聞くが、その4人に比べたら「えっ、大丈夫で [続きを読む]
  • 不眠症と認知症
  • 先日、Yahooニュースに、不眠症を訴える人は、認知症になる確率が高いなどと出ていた。たばこ、ストレスなどなど、認知症予防していたら、いったい何に気を付けなければならないのか、分からなくなる。昨日は久々に眠れなかった。この蒸し暑さはさすがに応える。冷房を一晩中かけるのも冷えすぎる感じがするし、タイマーを寝るときかけて寝ても、冷房がきれて暑くなり始めると、暑さで目が覚める。今までは、「眠れなかったら、寝 [続きを読む]
  • 見た目と介護度
  • 介護職就きたての頃は、「この人は介護度、いくつなんだろう?」と、見た目では判断つかなかったが、最近は、「このくらいだったら、介護度1だね。」と、見た目で分かるようになってきた。もちろん、ケアマネの資格は取っているわけだから、介護度が分からないでは話にならない。それでも、たまに「えっ!この人介護度〇?」という人を見る。でもその仕組みも分かってきた。ある人が脳梗塞で倒れる。入院して一命は取り留めるが、 [続きを読む]
  • 汗っかき
  • どーにかなりませんか?この暑さ。夏だけでなく、冬でさえ汗かいてしまう介護職ですが、毎年夏になると、額、頭から流れてくる汗で、目が見えません状態になり、額に汗止めなるものが必要なのですが、最適なものが見つからず、ただひたすら拭いています。サッカーなど、テレビ観戦もしませんが、一番私の記憶で新しい汗止めとなるものは、サッカー代表選手がしていた、紐のように細いヘアバンドです。その当時は、「最近はこんなの [続きを読む]
  • 新しい入居者
  • おじいさん・・・私の働いている所はおじいさんが多い。その昔、おじいさん介護で苦労したので、苦手意識が高いが新しい施設に移ってからは、苦労しないどころか、穏やかなおじいさんばかりで、逆に驚いている。新しい入居者の方も、静かである。無口というより、もう話せないのかな?という感じもあるが、歩けるし、ご飯も自立しているし、「こちらに来てください!」の指示は通るものの、尿意はないし、ズボンの上げ下げができな [続きを読む]
  • 水害
  • 台風が過ぎ去った後、九州で水害のニュースが流れました。私もちびまる子の漫画で登場する、七夕豪雨で床上浸水の水害被害を受けたことがあります。九州の一日遅れくらいで、こちらも雨が一日半くらい降り続き、この辺も土砂くずれがあるのではと心配になりましたが、幸いにも何事もなくよかったです。でもこの辺も小山が多く、働いている施設まで、トンネルが3つあり、山際に道路があるところもあり、土砂くずれなどがあったら、 [続きを読む]
  • バスマジックリン9パック・・
  • 一人暮らし始めること数か月・・・3か月ぶりくらいに、実家に夏物を取りに帰りました。帰って見回しても特になんの変化もありませんでしたが、整理が好きな父親は、自分のテリトリーはきれいでしたが、その他の所、例えば目の前の絨毯ですが、目がますます悪くなっているのか、汚くてもおかまいなし・・・一方、整頓がまるでできない母親の部屋は、微妙に前より乱雑になっていました。まあこれは今に始まったことではないので、私 [続きを読む]
  • 一人去る・・
  • 入居者のおばあさんが天に召されました。最期には立ち会えませんでしたが、夜勤をやった翌日亡くなりました。やはり最期は食事が取れなくなり、やせ細って亡くなりました。特養なので、以前働いていた所と違って、施設全体では1か月に何人かは亡くなります。そして新しい入居者がすぐ入ります。何年か前までは、「特養何百人待ち」と言われていましたが、ここ2,3年で「入居者の取り合い」に変化したようです。施設が増えてきた [続きを読む]
  • 初めてのガソリンスタンド
  • 長年のぺーパードライバーを解消して、まだ数日・・・今朝、「今だ!道がすくいてるのは!」と思い、飛び起きてご飯を食べ、ガソリンスタンドへ向かった。まだ何回かしか運転していないので、運転する前、正確に言うと前日から決心が必要となる。車が、すでに自分の足となっている人には、分からないと思うが、決心を固めないと行くときに、「今日はバスで行こうかな〜」となり、なかなか運転が上達しない結果となる。さて、ガソリ [続きを読む]
  • 憂鬱
  • 梅雨らしいお天気の毎日です。だから憂鬱ってわけではなく、原因は運転・・・まだそんなに乗っていないので、怖い思いをしたとかまったくありませんが、まるで高所恐怖症のように、"運転"と思うと、いろんな恐怖が襲ってきます。まあそのくらいの方が、安全に運転できるしと自分で言いきかせてますが、運転は自分が悪くなくても、相手からだと避けようがありません。先日あった、観光バスに、反対車線から乗用車が飛びこんできた事 [続きを読む]
  • 垢が一番たまるところ
  • それは・・・・・・足です!あえて言わなくても、みなさんご存じですね。毎日、お風呂に浸かっている私でさえ、足を擦ると垢がでます。なので、1週間、またはそれ以上お風呂に入っていない人がいた時、そんな人の身体を見たことがなかったので、それを垢だと思いませんでした。「ん〜〜足の指先が黒くなってるぞー。」「冬だから血の巡りが悪いのかな〜?」なんて思い、報告したら「垢だよ!それ!」と言われびっくり!!介護しな [続きを読む]
  • 手、汗握る
  • 私は汗かきです。特に顔からの汗がすごく、顔を洗った時よりも、びちょびちょになります。でも汗をかくと、体内の温度が下がり、さわやかな気持ちになり、学生の頃は、スポーツで汗をかくのは好きでした。人生で一番汗をかいたなと思ったのは、前の職場での入浴介助。家庭風呂と同じ大きさのお風呂は、狭い故暑い。入浴する側だったら問題ないと思いますが、その中で作業するのは地獄です。脱衣所も家庭と同じくらいだから、一人+ [続きを読む]
  • 第2の人生?
  • 第2の人生って、いわゆるそれまでとは違った生活が始まるってことでしょうか?女性であれば結婚、出産で生活が変わりそれを第2の人生という人もあれば、長年勤めた会社が定年を迎えた男性が「さあ、明日から第2の人生が始まるぞ!」という人もいることでしょう。でも結婚も出産もしなかった私の第2の人生は、カーライフです。あと数日で、私の生活に車が加わります。まあたいしたことではありませんが、望まない第2の人生なん [続きを読む]
  • 64歯の日
  • 6月4日は虫歯の日。なぜかニュースでは、必ず、カバの歯磨きシーンがながれます。動物園では人気がないと思われますが、1年に1回、主役になれる日です。そもそもなぜカバなのかわかりませんが、歯があって、おとなしく磨かせてくれるのは、カバくらいなのかもしれません。歯科衛生士をやってるときは、「今日は虫歯の日か〜」と意識させられる日でしたが、歯の仕事から離れると、重要ではなくなります。この虫歯の日に合わせて [続きを読む]
  • 石田さんち 2017 5月
  • 5月の終わりに放送された、"石田さんち" 見ました。テレビがないのでネットで・・・大家族と言えば子供がかわいいので見ていましたが、もはや石田さんちの子供はもう大人。私の注目すべきはやはり認知症のおばあちゃん。まだまだお元気でした。石田さんちのお父さんとお母さんは、お母さんが、自分のお母さんが認知症のため、別居しています。もはや大家族ではなく、1人、2人暮らしになってる小家族です。今回、おばあちゃんと [続きを読む]
  • 暑かったり寒かったり
  • この時期、日なたにいれば暑く、日陰にいると寒くなってしまいます。日本は四季がはっきりしているからいいなどと言いますが、その分季節の変わり目があるということになります。子供のころは、季節の変わり目はよく雨が降るなとかそのくらいでしたが、いつの頃からかこの時期になると、頭痛がするとか、肩が凝るとか、季節の変わり目=調子が良くないって感じです。高齢者の方々も、特に出かけもしないし、部屋にいて今日が何月何 [続きを読む]
  • 仕事で遠足
  • この介護職での利点は、遠足に行けること。人と場合によっては、それが欠点にもなります。めちゃめちゃ暑かったり寒かったりしたら、出かけたくありませんが、いつもと違った利用者さんの顔が見れたり、自分の気分転換にもなります。ただ私の場合は、いつも外出組ではなく、居残り組になることが多く、3年で3回くらいしか、外出していません。認知症のみなさんは、「明日、〇〇に行きま〜す!」などと言っても、早い人では1分後 [続きを読む]
  • 足の指の間
  • 今、私の中で、一番重要視している身体の場所は、足の指の間である。認知症の人のほとんどは、水虫である。爪も白癬菌により感染しており、すごく変形していて、どこを切っていいのかわからない爪になっています。そして、足の指の間は、皮がむけています。ほとんどの人は、そのような状態であり、「水虫 画像」で、出てくるようなひどい状態ではありませんが、その足の指の間の皮むけが、気になってしょうがありません。幸いにも [続きを読む]
  • 異食
  • 異食とは、認知症などで、目の前のものが何か分からず、食べものでないものを、食べてしまうことである。認知症の場合、異食というが、なんでも口に入れてしまう赤ちゃんも「あっ!この子、異食してる!」なんていうのは、聞いたことがないが、異食は異食だろう。よく子供の場合は、煙草を食べてしまって・・・なんてのを、よく聞く。じゃあこれはどうであろうか?普通は食べないが、ほんとは食べれるものだが、誰も食べないものを [続きを読む]
  • どう死ぬか?
  • 人生どう生きるかではなくて、どう死ぬかだと思う。思うようには生きられないものであるが、せめて、老人ホームでは死にたくないと思えば、そのようにならないように、備えればいいのである。例えばお金持ちになって、お手伝いさんを雇えるくらいになれば、自宅で死ねるのではないかとか、子供をたくさん作れば、1人くらい面倒みてくれるかもしれないなど・・・そうは言っても、施設に入っている人は家族を持ち、子供も2,3人は [続きを読む]
  • 台湾製洗濯機
  • 引っ越しの際、電化製品の購入は必須である。今回とりあえず買ったのは、冷蔵庫、洗濯機、オーブンレンジ、炊飯器の4つである。食関係の冷蔵庫、炊飯器、オーブンレンジは、すぐに買わなくては生きていけないものなので、まよわず買いました。1番お金をかけたのは、オーブンレンジ。ケーキやお菓子を作るとなると、電子レンジだけでは何もできません。20代の頃にも、一人暮らしをしましたが、その時は電気製品、家具などにはお [続きを読む]
  • やっと心にゆとりが
  • 昨年は夜勤漬けで、心身ともに疲れ、今年に入ってからは介護福祉士のテスト、引っ越し、新しい職場と怒涛の日々が流れていました。そんな私にも少しゆとりができ、夜勤が増え始めたころからできなくなっていた趣味ができるようになってきました。体力は使いませんが細かい作業のその趣味は、肩が凝ってしまいます。なにかで見ましたが、体を動かさないデスクワークの仕事の人には、身体を動かす趣味、体力のみを使う仕事の人には、 [続きを読む]