悠々ファーム せなりー さん プロフィール

  •  
悠々ファーム せなりーさん: 悠々ファーム せなりー
ハンドル名悠々ファーム せなりー さん
ブログタイトル悠々ファーム せなりー
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/senari_goo
サイト紹介文つがるの古都弘前の四季折々の美しい自然で育まれたりんごをお届けします。(青森県特別栽培農産物認定)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/02/21 17:57

悠々ファーム せなりー さんのブログ記事

  • りんご探検隊ー実スグリー
  • 毎年、食育体験の一環として小学生児童にせなりーりんご園を提供。子供たちにりんごを育てることの大変さと感謝の気持ちをリンゴ栽培を1年間を通して学ぶ学習です。2回目の今回は「実スグリ(摘果」です。良質のりんご生産(大玉や果形を揃え、障害果を摘果)に欠かせない作業です。なぜ摘果するの?どうやって?などなど指導員から説明現在の大きさは?横径25?〜30?(平年より肥大良好)さてさて、どれを落とそうかな?真 [続きを読む]
  • りんごの生育状況
  • 今年は樹や品種によって開花量にバラツキがありました。前年、成らせすぎなど樹に対する負担が大きかったようです。今、樹の負担軽減や良品果実確保のため不要な花を摘み取る作業をしていますが、落花もすすみ残り花がちらほらといった状況です。花摘み作業中摘んだ不要な花をロウで固めたりんごグッズを作ってみました。実どまりがしっかりしてきました。「恋空」「桃」「プルーン」「洋ナシ」「サクランボ」 [続きを読む]
  • りんご探検隊ー人工授粉ー
  • 毎年、食育体験の一環として小学生児童にせなりーりんご園を提供。子供たちにりんごを育てることの大変さと感謝の気持ちをリンゴ栽培を1年間を通して学ぶ学習です。初回は「人工授粉」です。「まめこばち」による受粉が主ですが結実確保、品質向上のために人工授粉も併せて行っています。人工授粉の必要性と方法を講師から説明花数のある元気な株の中心花にめしべを狙って受粉します。マメコバチの巣箱と生態について学習 [続きを読む]
  • りんごの花が咲いたよ〜
  • 一段と緑色濃くなりました。開花一番のりは夏りんごの「恋空」「トキ」ふじはほっこり一部咲きこちらは「西洋梨」「すもも」「桃」「さくらんぼ」開花が早く散り始めています。せなりー農園お気に入り完熟堆肥(牛と鶏さんの糞と樹皮を混合し1年半醗酵処理たもの)。有機肥料から順次切り替え中。樹冠下に投与。小岩井農場「一本桜」すこし満開を過ぎていました。5月4日 [続きを読む]
  • 剪定、雪害防止 −雪やまず−
  • 剪定作業が本番を迎えています。今年は平年以上に雪が多く、現在、積雪量80センチ(山手100センチ以上)。昨年の同時期の積雪”0”に比べ嘘のようです。樹の損傷を防ぐため樹上の積もった雪を下ろしたり埋もれた下枝は掘り上げます。〈3月10日〉畑に入るのも一苦労雪の重圧に耐えるりんごの樹-2月にはいると芽も少しずつふくらみを増す。樹体内では目に見えない新しい動きが起こり芽の生育が進んでいきます。剪定実技を学 [続きを読む]
  • 白神山地野遊楽校〜雪の中を歩こう〜
  • 津軽地域にある世界遺産「白神山地」地域の自然を遊びながら学ぼう!雪の中かを歩き野うさぎやカモシカの足跡を観察しながら冬の自然を体験しました。1月21日(晴れ)雪山に入る前の装備の点検や注意点等の確認カンジキを履いて イザ出発!野うさぎやカモシカの足跡の観察枝や雪を掻き分け前進自然の滑り台だぞ♪やった〜 気持ちいい〜最後は雪鍋で舌鼓 [続きを読む]
  • 面白りんごー変形りんご特集ー
  • 今年も変形コンテストに出品された面白い形や模様のりんごを紹介します。《ネーミングは出品者の思い込み?と今年の流行も反映》※昨年の変形りんご特集はhttp://blog.goo.ne.jp/senari_goo/e/3b0bd7bacf25fbcc6d7d511d001d4986収穫を終えたりんご園…収穫を終えたりんご園を見れば、やや寂しい気分になりますが、りんごの樹にとっては、みなさんの期待と責任にこたえ、肩の荷がやっと下りそれこそホッとしているでしょうね。お疲 [続きを読む]
  • サンフジの収穫始まるー吹雪ー
  • 主力品種の「王林」「サンフジ」の収穫が始まりました。あいにくの悪天候の中、防寒対策ばっちり?での収穫作業…のつもりでしたがあまりの猛吹雪で挫折の憂き目(作業運搬車などが使えない)。天候の回復を願ってまた頑張ります。一瞬で一面の銀世界雪の綿帽子雪のじゅうたん(太陽光が白い雪に反射して色づきが良くなるかも)動物の足跡。何だろう?結構大きい…。 [続きを読む]
  • りんごの生育状況ー初冠雪他ー
  • 昨年より4日早い岩木山の初冠雪。りんごも真っ赤に色づきこれから収穫最盛期です。標高80Mのせなりー岩木山麓園。久しぶりのお天気。弘前ふじ収穫。王林サンジョナゴールド絆。春に摘果忘れの兄弟姉妹、手を携え収穫を迎えます。りんごの原木(さなし)。りんごの種を自然に育てるとこんな風になります。台風より怖い!季節風による落果被害。鳥の食害防止用「鷹」の擬似カイト無人100円直売所の監視人?「ちゃんとお金入れ [続きを読む]
  • りんごの葉取り−9月−
  • 中性種(弘前ふじ、ジョナゴールド)の着色管理の時期です。平年より熟度が進んでいるので、今年は早めに「葉取り」を始めます。りんごの周りの葉を摘んで(お尻にも日光が当たるように鏡のような反射シートも敷き詰めます)、太陽光を一杯浴びせ着色と熟度の促進を図ります。「弘前ふじ」所々の赤い袋は「小学校りんご探検隊」でのシール貼り体験のためのもの。葉取り後。強い葉摘みは逆にいい色がでません。雨上がり、カエルも浮 [続きを読む]
  • 青森県特別栽培農産物認証検査−8月23日−
  • 今年も、平年並みの着果量ですが、品質的には小玉果や変形果、病害虫の被害果が多く見られるので、見直し摘果を徹底して品質の底上げに努めています。検査官による認証検査-承認時の栽培管理が適正に行われているかどうか最終チェック。合格の後、特別農産物として出荷可能となります。収穫間近の「さんつがる」植栽4年目の「とき」台湾で大人気!美味しいりんごをお届けします。 [続きを読む]
  • りんご探検隊-小学校農業体験-袋かけ-
  • 食育の一環として、りんご栽培を子どもたち(小学校4年)にも体験してもらい、りんごつくりに理解を深める取り組みです。せなりー園を学習の場として提供しています。今回は「袋掛け」に挑戦!6月16日の「実スグリ」から2週間経ち、5センチ(横径)程の大きさになりました。一日1ミリのづつ大きくなって今が育ち盛りです。本来袋掛けは病気や害虫から実を守るためのものですが、子供達には絵入り(文字入れ)りんご作るため [続きを読む]
  • りんご探検隊-小学校農業体験-実スグリ
  • 食育の一環として、りんご栽培を子どもたち(小学校4年)にも体験してもらい、りんごつくりに理解を深める取り組みです。せなりー園を学習の場として提供しています。今回は「実スグリ」に挑戦!5月10日の「人工授粉」から1ヶ月と少し、実立ちもはっきりと大きいものだと4センチ(横径)にも育ちました。形が良く生育の良い真ん中の実を残してあとは全部摘み取りましょう。えーと。えーと。 これとこれを残してっと。う〜〜 [続きを読む]
  • りんご探検隊-小学生食農体験-
  • 食育の一環として、地域の基幹作業のりんご栽培を子どもたち(小学校4年)にも体験してもらい、りんごつくりに理解を深める取り組みです。せなりー園を学習の場として提供しています。おてんきにも恵まれた今日、JAの指導員を講師に「受粉作業」の体験学習です。先ずは受粉の必要性と受粉作業についての説明を受けました。3〜4人の班構成で担当のりんごの樹を決めて行います。充実したりんごの花を選んで、中心のめしべを狙って [続きを読む]
  • りんごの花が咲いたよ〜
  • さくらの季節が終わって、りんごの開花が始まりました。昨年成らせすぎたのか花芽のバラツキや弱小芽が目立ち気になりますが今が満開。今年も出来秋を期待!!マメコバチは菜の花も大好き。たくさん増えるようりんご園には菜の花も育てています。まめこ蜂の巣箱。好天に恵まれて花から花へと元気に飛び回っているよ。良品質なりんごを育てるため、余分な花を摘み取る作業。めんこいちゃんもお手伝い。GWは桜とりんごの花見で終了 [続きを読む]
  • りんごの開花情報-切り枝の開花が始まる-
  • 今年はりんごの生育が早く、3月31日に平年より1週間早く発芽しました。これからも温暖な日が続く見込みで、4月中の開花も予想されます。ちなみに、弘前城公園のさくらの開花予想は17日で、23日のさくら祭り開期前に夜間ライトアップや露天営業が始まります。弘前城公園開花情報2週間くらい前のりんごの切り枝が、部屋の暖かさでまもなく開花。(花瓶に同居しているのは慶応桜、そろそろ散り始めてます。)芽だし15日頃のりんごの花 [続きを読む]
  • 色々なりんごの花
  • ♪りんごの花びらが〜♪ 桜の花が散るとき、いよいよりんごの花が咲き誇ります。ひとくちに『りんごの花』と言ってもその形や色は、品種によって様々、津軽で育ったつがる衆もあまり知らない品種ごとのりんごの花を紹介します。今年は春の訪れが早く、早咲き(4月中の開花)が予想されます。(例年は5月初旬ころ) [続きを読む]
  • 桃の花が咲いたよ〜
  • といっても、桃の剪定枝を持ち帰って花瓶に挿したもの。気温もかなり上昇しているのでまた一段と開花が進みそうです。固いつぼみもゆるくほどけてほんのりピンク色。今年は、雪解けも早く気温も高く推移しているので、さくらの開花予想は例年より1週間程度早い4月17日とのこと。桃の開花は丁度、りんごんの開花の中位なので4月20日頃では?(4年苗の桃) [続きを読む]
  • 過去2番目に早い消雪日
  • いつもの年であれば最高積雪の2月中旬が20センチ〜30センチ(平年の半分以下)と少なく、気温も平年の凡そ3度位高く推移したことでどんどん雪解けが進み、観測史上2番目に早い消雪日(3月8日)となりました。りんごの樹の生育も始まっているようで、剪定鋸に樹液が付着するようになってきました。暖冬消雪で雪解けが早まったことで、小動物によるりんごの樹の損傷(食害)が少なくまずは一安心。めずらしくウサギのコロコ [続きを読む]