青松光晴 さん プロフィール

  •  
青松光晴さん: 日本古代史つれづれブログ
ハンドル名青松光晴 さん
ブログタイトル日本古代史つれづれブログ
ブログURLhttp://aomatsu123.blog.fc2.com/
サイト紹介文邪馬台国を中心とした日本古代史の謎を、神話・史書・遺跡・各地伝承などから、解き明かします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/02/22 10:20

青松光晴 さんのブログ記事

  • 銅鐸にみる「西→東」への権力移動 (4) 〜 銅鐸分布からわかること②
  • 前回の続きです。5.突線鈕式(とっせんちゅうしき)銅鐸の密度分布(下図11〜15)”全体の分布域は、前段階からわずかに東へ移行する程度でほとんど変わらないが、密度分布に大きな変動がある。すなわち、畿内地域と、これまで明確な集中を見せなかった三河・遠江地域において、密度分布の高まりを形成する(図11)。(1)突線鈕式(1・2式)畿内地域から近江地域を中心に密度分布の高まりが形成される(図12)。これは [続きを読む]
  • 銅鐸にみる「西→東」への権力移動 (3) 〜 銅鐸の分布からわかること
  • 前回は、銅鐸の形式についてお話ししました。今回は、それらの銅鐸が、日本全土でどのように分布しているのかをみていきます。銅鐸の分布というと、昔歴史の授業で習った、「銅鐸圏」、「銅矛圏」の話を思い出します。銅鐸、銅矛の分布には地域的に大きな偏りがあり、畿内を中心とする「銅鐸圏」と、九州北部を中心とする「銅矛圏」に分けられる、というものです。その後、「銅矛圏」内とされてきた島根県の荒神谷遺跡と加茂岩倉遺 [続きを読む]
  • 銅鐸にみる「西→東」への権力移動 (2) 〜 銅鐸を分類すると・・・
  • 銅鐸と言っても、大きいものから小さいものまで、また「聞く銅鐸」や「見る銅鐸」など、さまざまな種類があります。今回は、銅鐸の型式とそれが時代とともにどのように変遷したかについて、みていきましょう。以下、「弥生銅鐸のGIS解析ー密度分布と埋納地からの可視領域ー」(吉田広、増田浩太、山口欧志)および「銅鐸分布考」(WEB版)を参照します。区分の手法としては、銅鐸の釣り手である半環状部(鈕、ちゅう)が、釣り [続きを読む]
  • 銅鐸にみる「西→東」への権力移動 (1) 〜 そもそも銅鐸とは?
  • このブログでは、古事記や日本書紀など神話の世界は、単に昔の人が勝手に作った話ではなく、何らかの史実を象徴的に描いたものである、という話をしてきました。そして、中国史書や朝鮮史書なども併せて読み解けば、日本の国の成り立ちの全体像が見えてくる、ともお話ししました。その全体のストーリーとは、”もともと日本列島には、縄文人が住んでいた。弥生時代に、中国動乱に伴い、中国・朝鮮半島から、多くの人々が日本列島に [続きを読む]
  • 銅鐸にみる「西→東」への移動 (5) 〜 
  • 論文では、外縁付鈕式銅鐸からの解析でした。なぜかと言えば、最古の菱環鈕式銅鐸については、出土数が少なく、統計的に解釈できないからです。菱環鈕式銅鐸は、ネット検索しますと、これまで、銅鐸そのものが  個、鋳型が2個出土しています。<銅鐸>a.島根県出雲市斐川町神庭 荒神谷遺跡(2個)b.兵庫県姫路市夢前町神種字西川c.兵庫県洲本市中川原町清水二ツ石d.岐阜県大垣町十六町e.福井県坂井市春江町井向島田 [続きを読む]
  • 太宰府は、倭国の都だった!?(2) 〜 太宰府遺構が物語ること
  • 前回から、3月27日に出版したシリーズ第二弾「図でわかりやすく解き明かす 日本古代史の謎 〜 その後の邪馬台国から日本国誕生の秘密まで」を一部公開してます。その続きです。************************************************************************************太宰府建設の由来については、“日本書紀によれば、天智天皇二(663)年、唐、新羅の連合国と白村江において百済と共に戦って大敗した我が国が、大陸からの侵攻 [続きを読む]
  • 太宰府は、倭国の都だった!?(1) 〜 「遠の朝廷(とおのみかど)」とは?
  • 前回まで、「日本人は、いつどこからやってきたのか?」というテーマでお話ししてきました。何せ壮大なテーマですから、計25回にもわたり、また文化的な側面についても触れました。さて、3月27日に、拙著「図でわかりやすく解き明かす 日本古代史の謎」シリーズ第二弾「その後の邪馬台国から日本国誕生の秘密まで」を出版いたしました。昨年8月出版の前著「神話の世界から邪馬台国まで」の続編で、邪馬台国はその後どうなったのか [続きを読む]
  • 日本人は、どこからやってきたのか?(22) 〜 世界最古の土器が語ること
  • 「日本列島→大陸」という人の移動はなかったのか?、というテーマで、世界最古とされる3万数千年前の「磨製石斧」が、日本列島で多数発掘されていること、それと併せて「海上の道」があったのではないか?、さらに「貝の道」とでも言うべきルートを使い、台湾・琉球諸島の人々が、古代中国の殷・周王朝へ運んでいた、という話をしてきました。だいぶ話が広がったので、話を戻します。まず皆さんに質問です。はるか昔から世界中で [続きを読む]
  • 日本人は、どこからやってきたのか?(20) 〜 古代「貝の道」があった!
  • 前回、前々回と、「海上の道」についてお話しましたが、もうひとつお話したいと思います。皆さんも、学生時代の歴史の授業で、”古代、貨幣ができる前は、「貝」が貨幣の役割を果たしていた。”と習いましたよね。当時私は、これを聞いたとき、不思議に思ったものです。「貝などというものは、海にいけばいくらでも手に入るはずだ。実際、貝塚など貝だらけではないか。そんなものが、何で貨幣として使われていたのだろう。価値がな [続きを読む]
  • 日本人はどこからやってきたのか?(11) 〜 遺伝子分析結果と史書との関係
  • ここまで、日本人がどこからやってきたのか、について、人類の誕生から始まり、アフリカから出て、シベリア方面、中国・朝鮮半島、沖縄方面など様々な地域から、長い時間をかけてやってきたことを、お話してきました。その旅は、私たちの想像をはるかに超える苦難を伴う旅であったと思われます。私たちのご先祖さまに対して、自然と敬意と感謝の気持ちが湧いてきますね。何と言っても、ご先祖さまがそうした困難に打ち克ち、日本列 [続きを読む]