色即是空 さん プロフィール

  •  
色即是空さん: 死人の詩 -シビトノウタ-
ハンドル名色即是空 さん
ブログタイトル死人の詩 -シビトノウタ-
ブログURLhttp://sougi-soushiki.beauty-box.tokyo/
サイト紹介文誰もが気になる葬儀の話。実際にあったおかしな葬式を中心に葬儀屋の生態・役立つ葬儀豆知識などなど。
自由文つれづれなるまゝに、日ぐらしPCに向かひて、心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書き付くる予定だとか、書き付つくらぬ予定だとか・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2015/02/22 13:08

色即是空 さんのブログ記事

  • 遺影の写真が元で殺人事件勃発!?
  • とんでもない遺族の話。葬儀で使う大切な遺影の写真。終活ブームで本人が事前に用意しているケースもあるけど、まだまだ大抵の場合、事前に生前の写真から遺族に写真を選んでもらい、それを引き延ばして使用する。とある70代後半の女性の葬儀。喪主はご主人。遺影の写真は喪主様が決めた。こいつが後に大事件を引き起こすとは、その時の私は知る由もない。。。遺影の写真は10年ほど前の、お遍路さんの時のもの。若 [続きを読む]
  • 葬儀における当寺院のお布施の額は【とんち】でお伝えします
  • とんでもない坊さんの話。とある顔馴染みのご喪家の葬儀でのこと。式の前日、喪家から呼び出しを受けてご自宅に伺うと、渋い顔をした喪主様がお出迎え。喪主様「いや〜参りましたよ。先ほどお寺にお布施を持って行ったんですが、そのまま返されてしまいまして。。。」私「おっ!もしかしてお布施は要らないってことじゃないですか?ラッキーですね!笑」喪主様「・・・・・・」私「し、失礼しました。。。それで、どう [続きを読む]
  • 【回顧録】ブックオフ戸越駅前店閉店セール~時代と共に去りぬ~
  • これは戸越駅前店と私の最期の思い出を綴った、切なくもちょっぴり笑える別れの物語である。ブックオフ(BOOK OFF) 戸越駅前店が閉店。ところでブックオフにある本は、店舗のある場所の「街の色」を如実に反映します。学生街のブックオフはマンガが多い!なんていうのが、分かりやすい例ですが、戸越店は戸越銀座の入り口にあります。戸越銀座といえば、住民の高齢化が進み、年齢層はちょい高め。いや、なかなか高め・ [続きを読む]
  • 【回顧録】ブックオフ戸越駅前店閉店セール~時代と共に去りぬ~
  • これは戸越駅前店と私の最期の思い出を綴った、切なくもちょっぴり笑える別れの物語である。ブックオフ(BOOK OFF) 戸越駅前店が閉店。ところでブックオフにある本は、店舗のある場所の「街の色」を如実に反映します。学生街のブックオフはマンガが多い!なんていうのが、分かりやすい例ですが、戸越店は戸越銀座の入り口にあります。戸越銀座といえば、住民の高齢化が進み、年齢層はちょい高め。いや、なかなか高め・ [続きを読む]
  • 宮型霊柩車が消えた超意外な理由!?原因はアレだった!
  • 宮型霊柩車が消えた「本当の本当の理由」以前、「お葬式から宮型霊柩車と花輪が消えた本当の理由」でも書きましたが、いよいよ宮型霊柩車が絶滅の危機に貧しているようです。宮型霊柩車“絶滅”危機 1月に“元祖”倒産…「日本の葬送文化の喪失」 海外へ活路見出す業者も金箔(きんぱく)などで豪華な装飾を施した「宮型霊柩(れいきゅう)車」が減少している。近年では、派手な葬送が敬遠され、住民への配慮から、条例 [続きを読む]
  • 遺骨の「送骨サービス」 申込は4年間で数千件に到達
  • 葬儀にも昔は考えられなかったような、新しい形が増えているようだ。多くの友人、知人が葬儀に参列し、親しかった人たちに骨を拾ってもらう。そして毎年、墓参りには子や孫が訪れる──かつて当たり前だったそんな「死に方」が、もうすぐできなくなるかもしれない。  話題書『無葬社会』の著者で浄土宗僧侶でもある鵜飼秀徳氏がいう。 「きちんと地縁や血縁に根ざした供養を受けられず、誰にも見送られず、宗教的な弔いもなく [続きを読む]
  • 夫の死から2年後 「死後離婚」で過干渉の義父から解放される
  • 死後離婚が急増している。夫の親族が原因の場合は多いようだが、最愛の人とは関係ないことが原因で、二人が必死になって積み上げてきたものが崩れてしまうというのは、何とも悲しいことだ。配偶者が亡くなってから、その親族と縁を切る『死後離婚』を希望する女性が増えているというが、一体どんな事情があり、どうやって死後離婚を果たしたのだろうか。千葉県在住の鈴木雅子さん(仮名、47才)の例を紹介する。死後離婚とは [続きを読む]
  • 別れの涙雨?それとも快晴?出棺時の天気はどちらがお好み?
  • とある男性の葬儀。天気予報は生憎の雨だったが、何とか出棺までは持ってくれた。喪主を務めた長男から会葬者に向けての御礼の挨拶が終われば、最寄りの火葬場に向けて出棺となる。(Photo by Kalexanderson)喪主様「本日は父のためにご会葬、お焼香を賜りまして、誠にありがとうございます。天気予報は生憎の雨でしたが、何とか持ってくれました。自由奔放な人でしたので、父の日頃の行いが良かったのかどうかは疑問? [続きを読む]
  • 葬儀で赤っ恥をかいた酔っぱらいのオッサン-とんでもない会葬者の話-
  • とんでもない会葬者の話。少しずつ暖かくなってきました。そろそろコートを手放す時期に入り、葬儀屋は少しホッとしています。何せこのコートと言うのは、葬儀屋にとって、少々厄介な存在なんです。ようやく暖かくなってきたと思ったら、夜は一気に冷え込んだ。通夜に参列する一般の会葬者は、皆コートをしっかりと着込んでやってきた。このコートが実に厄介だ。クロークでもあれば良いのだが、残念ながらそんな気 [続きを読む]
  • 【葬儀屋バカ一代】からブログタイトルを変更します
  • 諸行無常この世の全ての物事は常ならぬモノ。移ろいゆく時とともに、その姿を変える。。。と言うことで、ブログのタイトルを変更します。旧ブログ名は『葬儀屋バカ一代』私自身が極真空手を習っていたこともあり、伝説の漫画『空手バカ一代』からパクり。。。インスパイアされて付けたタイトルです。ブログを始めた当初は「イカすぜ!」と思って自画自賛ハンパなかったのですが、最近ミョーな恥ずかしさが止まりません [続きを読む]
  • 死は時に残酷で、時に優しい。。。とある囚人の最期
  • その存在は時に骸骨の身にマントをまとい、大鎌を持った恐ろしい異型の怪物もって表され、時に手の中の命をいくつしむ、美しくもはかなげな天使として表される。どちらも同じ「死」を人間が具現化したものだ。実にこの世で死ほど残酷で、反面優しさに包まれた存在はない。(Photo by Ai-desu)釈迦は死を、人間の持つ最も大きな苦しみのひとつだと説いた。しかし、反面、死は同じく釈迦が最も大きな苦しみのひとつであ [続きを読む]
  • 【火葬の心得】身近な人を荼毘に付す前に読んで欲しいこと。。。
  • お釈迦様は29歳の時にこの世の【苦】を憂い、王族の地位を捨てて出家した。それは人間に課せられた、大いなる苦しみを乗り越える術を見出すための、長い長い旅の始まりに過ぎなかった。。。(Photo by freedesignfile.com)生老病死釈迦が説く、人間の最も大きな苦しみとされる四苦(生老病死)。生まれ、生きる苦しみ老いる苦しみ病気になる苦しみそして一番最後にやって来る最大の苦しみ、それが死ぬ苦しみだ [続きを読む]
  • 戸田葬祭場は民間の株式会社⁉?都内の葬祭場(火葬場)の不思議
  • 東京都板橋区にある戸田葬斎場。荒川を挟んで対岸にある埼玉県戸田市にあると思っている人も多い様なのですが、れっきとした東京都内にある葬儀場・火葬場です。では何故戸田市にないのに戸田葬祭場(通称戸田斎場)と言うのでしょう。社長が「戸田さん」だから?戸田市と所縁のある企業だとか?経営陣が戸田恵梨香の大ファンだったとか?いや、葬祭場が出来た当時、戸田恵梨香なんて生まれてないし・・・冗談はさてお [続きを読む]
  • 【徹底解説】ペースメーカーを付けまたまの火葬の注意点
  • 亡くなりそうな身内が、ペースメーカーを付けているのですが、そのまま火葬してしまっても良いものでしょうか?こんな質問をいただきました。火葬の可否結論を言ってしまうと、出来ます。心配いりません。もちろん施設上の理由から無いに越したことはありませんが、そうかと言って、亡くなった後にいちいち取り出して火葬することも出来ません。安心して、火葬場にお連れしてください。ただし、ひとつだけ注意事項があ [続きを読む]
  • 精進落としの料理-基礎知識(喪主挨拶・席順・大事な心得・意味)
  • 告別式の後に食べる「精進落とし」そんな精進落としの本膳に関する基礎知識(食べる時の大事な心得・意味・喪主挨拶・席順)等を紹介します。葬儀も一段落したから、美味しいもでも食べて皆を労おう♪いやいや、全然違うよ!まぁ、良いけどね・・・ってのっけから、すいませんm(_ _)m忌中と精進料理気を取り直して本題です。近しい人が亡くなると、遺族は【忌中】に入ります。平たく言えば、【喪に服す】というこ [続きを読む]
  • 火葬料金は?火葬時間は?営業時間は?火葬場の不思議(疑問)
  • 大切な人の体が灰になる場所、「火葬場」。遺体が荼毘に付される火葬場の疑問を、遺族に聞かれることを中心に簡単にまとめてみました。なお、この記事は1都3県のデータを元に作成しています。地域性の高いものですので、参考程度にお考え下さい。火葬費用最も気になる項目のひとつがこれではないでしょうか?火葬料金は「民間」と「公営」によって全く異なります。相対的に公営は安く、民間は高い傾向にあります。もっ [続きを読む]