darumadaisuki さん プロフィール

  •  
darumadaisukiさん: WANDERING EUROPE ダルマとヨーロッパ自転車映像旅
ハンドル名darumadaisuki さん
ブログタイトルWANDERING EUROPE ダルマとヨーロッパ自転車映像旅
ブログURLhttp://www.darumadaisuki.com
サイト紹介文自転車でヨーロッパを周りながら楽しい場所を見つけます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/02/22 13:15

darumadaisuki さんのブログ記事

  • Ireland アイルランド
  • ウェールズ地方からフェリーで約4時間、アイルランドの首都ダブリンに着いたのは深夜を回っていた。Warmshowersホストのパウリエルさん一家。乗る予定だったフェリーが一本遅れてしまい、結局家に深夜1時に訪れたにも関わらず、温かく出迎えてくれた。パウリエル一家はポーランド人。北欧でよく食べられる朝食のポリッジは食べやすく、栄養満点。アイルランドはカトリック教徒が多い国。イギリスとは完全に別の国で、通貨もポン [続きを読む]
  • United Kingdom Wales イギリス ウェールズ
  • ロンドンからイングランドを西へ進み、約3週間。川を渡り、ウェールズ入国。ウェールズは山がちで古城が多い国。公用語は英語とウェールズ語。ウェールズ語が話せる人は住民の20%と少ないが、地名は今でもウェールズ語で独自の文化を継承している。ウェールズは1週間かけて南から北へと縦断した。川を渡ってすぐ近くのサイクリングカフェ。川沿いのサイクリングコースを走るサイクリストたちが多く訪れる。店員さんに旅につい [続きを読む]
  • United Kingdom England イギリス イングランド 
  • イギリスは7月から約2ヶ月間滞在した。クロアチアから2時間30分のフライトでヒースロー空港到着。ヒースロー空港からの入国は世界一厳しい事でも有名で、実際結構ヒヤヒヤした。初夏ではあるがクロアチアに比べて涼しく、自転車で走るには丁度良い気温。20度前後が一番過ごしやすい。イギリスはイングランド、ウェールズ、北アイルランド、スコットランドの4つの地域からなる連合王国で、それぞれ異なる文化を持つ。この記 [続きを読む]
  • Montenegro モンテネグロ
  • アルバニアを北上し、モンテネグロ入国。モンテネグロとは「黒い山」を意味する。文字通り山がちで、2006年セルビアから独立した新しい国。シュコダル湖を右回りし、首都のポドゴリツァヘ。 ポドゴリツァのWarmshowersホスト、ジャルコさんは妻と友人夫婦と4人暮らし。壁を黄緑色にペイント中。 「モンテネグロの首都に見所はない」という情報をネットで見ていたが、そんなこともない。自動車部品を解体して作られたトランス [続きを読む]
  • Albania アルバニア
  • 早朝、甲板に出ると気持ちの良い朝日が差してきた。アドリア海を東へ進むフェリーはアルバニアに到着。アルバニアと言って世界地図のどこか当てられる人も中々いないだろう。僕自身この国に来るにあたって、ワクワク半分、ピリピリ半分だった。 というのも、フランス人、イタリア人と話していく中で「フェリーでアルバニア行く予定なんだ。」と言うと、「お前クレイジーかよ、勇気あるな!」「アルバニアは止めておけ、3年前俺の [続きを読む]
  • Italy イタリア
  • イタリアを訪れたのは5月の初め。約1ヶ月かけて、トリノ、ミラノ、ベネチア、フィレンツェ、ローマと大都市を巡る。2ヶ月程旅していると体力がつきはじめ、「民泊」も日常の一部になってくる。フランスの海沿いからイタリアの内陸部へと走らせると、ベルドゥーノのブドウ畑が見えてきた。ホストのフルビオさんは近くの高校で英語を教える。テストの採点中。ベルドゥーノ周辺は、「ピエモンテの葡萄畑の景観」として世界文化遺産 [続きを読む]
  • France フランス
  • イベリア海沿いを北上し、3カ国目フランスへ。約2週間かけて、南仏を東へ移動。本当はフランスとスペインの国境に跨るピレネー山脈を越えて行きたかったが、ポルトガルの反省から高低差の少ない海岸沿いを進んでいった。優雅で洗練された街々。日本人にとっては物価の高い先進国。「民泊」をしていなかったら、このようなイメージで終始していただろう。体感で物価はスペイン・ポルトガルの1.5〜2倍。南欧に沢山あった1泊1 [続きを読む]
  • Spain スペイン
  • ポルトガルから国境を越え、二ケ国目、情熱の国スペイン。スペインは中部を西から東へ約40日間かけて横断した。屋根の上を住処にするシュバシコウ。一人旅が始まって約2週間。一人旅が寂しくなり、ホームシックになったりはしないものの、宿に一人で泊まり、ただ漕ぎ続ける日々に何処か違和感があるのもまた事実だった。プラセンシアという街で一休み。写真は風景より、18mm−35mmのレンズで近距離から人物を撮る方が好 [続きを読む]
  • Portugal ポルトガル
  • ポルトガルを出発地として選んだのは2月出発だから南欧は暖かそうだったのと、ヨーロッパ西端の国という事で、他の国をぐるっと回るのに都合が良かったからだと記憶している。要するに何となくだった。結果、この国が自転車旅行とは何か、教えてくれた気がする。日本から約23時間。大航海時代より海の玄関口である港町、リスボンに着くと、まずはじめにシントラというユーラシア大陸西端の街へと向かった。気温は自転車を漕ぐに [続きを読む]
  • 番外編 Japan 日本
  • 12月2日午後7時頃、関西国際空港到着。家は東京にあるが特に早く帰る必要もなく、日本も自転車で見たくなったので家までクールダウンがてら走って帰ることにした。ということで番外編の大阪→東京自転車旅行、ダイジェストでどうぞ。ダメ元でCouchsurfingで関西国際空港近くのホストに「泊めてくれませんか」と日本語でメールを送ったところ、「仕事終わりなのでピックアップしますよ。」というめちゃくちゃ優しい御方が。日本 [続きを読む]
  • 最終日 Germany München ドイツ ミュンヘン
  • 11月26日 木曜日。天気は曇り時々雨。ヨーロッパ274日目。今日はいよいよ最終目的地ミュンヘンへ。ヨーロッパ自転車旅もこれで終わり。息子のマルコ。ミュンヘンのWarmshowersホスト、アンドレアスさんの家へ。なんと5日間も泊めてくれる。夜、アンドレアスの友達と彼女が家に来る。左側のアンドレアスは、普段スタジオで働くミュージシャン。友達もみんな楽器がうまい。僕はパーカッションをやっていたこともあり、カホン [続きを読む]
  • UEFA Germany Landshut ドイツ ランツフート 273日目
  • 11月25日 水曜日。天気は曇り時々雨。ヨーロッパ273日目。今日はレーゲンスブルクから南へ約60km、ランツフートという町へ。旅の終わり、ミュンヘンまであと少し。雨が降っていたからか特に写真がない。Warmshowersホスト、ゲートランドさん宅に到着。息子のマルコと二人暮らし。体に良さそうな謎の石が入った水。ライススープ。ここ数日有難いことにアクティブに動いていたが、今日はマルコと一緒にUEFA鑑賞。のんびり [続きを読む]
  • 休日は実家へ Germany Stachesried ドイツ シュタッヘスリート 269日目
  • 11月21日 土曜日。天気は晴れ。ヨーロッパ269日目。今日はチェコのプルゼニから国境を越えてドイツの小さな村、シュタッへスリートへ。ドイツ北部は9月初めに来たばかりだが、周り回って東部から再入国。寒くなりつつあり、そろそろ帰国のタイムリミット。2015年11月13日、パリで同時多発テロがありヨーロッパ全土は緊張状態にあった。何処から飛行機で帰ろうか悩み、ドイツの東部ミュンヘンから帰国する事に決め [続きを読む]
  • ミュシャの国 Czech Praha チェコ プラハ 267日目
  • 11月19日 木曜日。天気は晴れ。ヨーロッパ267日目。今日は美術館中心に回る。KGBミュージアム。プラハで最も古い橋、カレル橋。1402年に完成し、19世紀までこの橋しか無かった。観光客と露店で混雑。プラハの天文時計。15世紀に作られた美しいカラクリ時計。ミュシャミュージアム。ミュシャはチェコ出身の画家・イラストレーター。日本人にも馴染みが深く、今見ても新しい感じがする。アジカンのジャケットとか描いてい [続きを読む]
  • ゴールデンタイガー Czech Praha チェコ プラハ 266日目
  • 11月18日 水曜日。天気は晴れ。ヨーロッパ266日目。ミハエル宅を拠点に一日観光。ミハエルはスーツめちゃくちゃ似合う。聖ヴィート大聖堂。ザ・ゴシック建築。良い街並み。でも街並みよりやっぱりビール。プラハで超有名なビアホール、ゴールデンタイガー。15時の開店前に行くも、少々並ぶ。アル中一歩手前。平日の15時にも関わらずこの混みよう。何も聞かれず一杯の黄金色のビールがドカッと置かれる。1杯200円 [続きを読む]
  • チェコビール Czech Sedlčany チェコ セドルチャニ 264日目
  • 11月16日 月曜日。天気は晴れ。ヨーロッパ264日目。今日はピーセクから北へ約50km、セドルチャニという町を目指す。幾つかの長閑な町と丘を越えてセドルチェニ着。Couchsurfingホストのルーカス君は首都プラハの大学生で21歳。今日は学校が休みとの事で、セドルチェニの実家に丁度帰ってきていた。市内で待ち合わせし、実家へ移動。ルーカスの母親が、チェコの料理を振る舞ってくれる。毎日食べているが美味しい。ル [続きを読む]
  • 聖マルティヌスの日 Czech Písek チェコ ピーセク 263日目
  • 11月15日 日曜日。天気は晴れ。ヨーロッパ263日目。朝は自家製のクネドリーキ。中にはブルーベリージャムが入っている。今日はチェスケー ブジェヨビツェから北西へ約50km、ピーセクという街を目指す。ピーセクのCouchsurfingホスト、ラドカさん宅へ。彼女は24歳の理工学部学生で、妹と両親の4人暮らし。両親は英語を話せないが、めちゃめちゃニコニコしていて優しそう。ラドカさんが通訳をしてくれる。夕飯のスープ [続きを読む]
  • ドナウ川との別れ Austria Linz オーストリア リンツ 261日目
  • 11月13日 金曜日。天気は晴れ。ヨーロッパ261日目。今日はヴィーゼルブルク アン・デア エルラウフから北西へ約80km、リンツという街へ向かう。今日でハンガリーのブダペストから400km程お世話になったドナウ川ともお別れ。今日も良い天気。マルクスさんがいうにはこの時期にこれだけ晴れていて暖かい年は中々ないらしい。恵まれている。ドナウ川の橋を再び渡り対岸へ。ヨーロッパの田舎らしい景色。霧。リンツ到 [続きを読む]