しぶや黒田陶苑 さん プロフィール

  •  
しぶや黒田陶苑さん: 陶心
ハンドル名しぶや黒田陶苑 さん
ブログタイトル陶心
ブログURLhttp://20902445.at.webry.info/
サイト紹介文当苑での展示会や企画展そして常設作品の中から、特にお奨めしたい作品を取り上げご紹介してまいります
自由文しぶや黒田陶苑では、ほぼ週替わりで展示会や企画展をおこなっています。
北大路魯山人、石黒宗麿、岡部嶺男を始めとした物故巨匠陶芸家の逸品を扱いながら美意識や見識を養うとともに、皆様との対話から次世代に残るような名品を一点でも現代の作家さんたちに作っていただくことが使命だと思っております。
どうぞ、「陶心」をお楽しみください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供212回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2015/02/22 16:03

しぶや黒田陶苑 さんのブログ記事

  • 伊藤秀人先生の「青」
  • 空の青、水の青、自然の中に見られる青ほど、深く綺麗な色はないと思います。伊藤先生の青瓷はそれを想わせ、土であるにもかかわらず潤いを含み、人の自然に対する欲求のようなものを刺激します。青瓷作品を手掛ける伊藤先生に、お話をお聞きしました。 [続きを読む]
  • 青瓷 伊藤秀人展
  • こんなにも早くからこんなに強い陽射しを降り注いでしまって……太陽さん、頑張りすぎではないですか?そんな気分にさせられる毎日ですが、そんな中に恵みの一滴。 [続きを読む]
  • その青に何を思うか 『越前 熊野九郎右ヱ門展』より
  • 熊野先生の作品を説明する時、どのような言葉が良いのか考えてしまうことがあります。それは決して説明しにくいということではなく、作品から感じた印象を単純な言葉に落とし込むことが勿体なく感じてしまうということからです。「マグマのような」、「波濤のような」と何かイメージを重ねることも出来ますが、実際に作品と向き合い、手にする度にそうした既知の像ではない、「未知」なる世界を垣間見る思いになります。 [続きを読む]
  • 慈愛の御仏
  • 立夏が過ぎ、今日は初夏のような陽射しが出て先ほどみえた お客様も、「今日は暑いですねー」と言いながら、ハンカチ片手に入って来られましたこの頃のことを「竹笋生(たけのこしょうず)」と呼び筍が土から顔を出す頃を意味するのだとかそういえば、農家の竹林のそばを通った時、ニョキニョキと筍が出ているのが見え「こういうのを『雨後の筍』と言うのだなあ」などと、ひとりごちたのでした [続きを読む]
  • 越前 熊野九郎右ヱ門展
  • 夏のような蒸し暑い日が続いたと思ったら、涼しい程の陽気が続いたり落ち着かない感じです。今週末からはまた夏のような暑さが戻って来るそうです。 [続きを読む]
  • 「鵜の目 鷹の眼」 おいしいうつわ2017初夏 
  • 五月も半ば、清々しい新緑の季節になりました。5月12日より「おいしいうつわ」を開催しております。いろいろと器を見ていると、季節を感じさせるものが多いことに気付かされます。器の色合いや種類そのものが、何となくイメージするもの。例えば、染付は新春や夏、志野は秋〜春など。かたちも様々で、花や草木、風景、動物などを模したもの。例えば、輪花、割山椒、山、傘、魚、兎など。食材も四季折々となれば、器も季節にあわせ [続きを読む]
  • ジャックと豆の木
  • 長いと思っていたゴールデンウィークも始まってみると、“金”と言うより“銅”くらいの感じであっという間に終わりましたとは言え、気持ちと身体は、それなりに休みモードになっていて、仕事モードに切換えなくてはと自分に言い聞かせていますがしかし、本日初日の「おいしいうつわ」タイトルからして、ごちそうが目に浮かびつい、食べ物に気持ちが動き、仕事モードに邪魔をします [続きを読む]
  • 常設 コレクション展
  • 我が家のご近所の庭先には重そうな房を揺らした藤の花が咲き乱れます。優しく甘い薫りを漂わせ、静かで優雅な藤の花ですが、私が幼い頃は甘い薫りに誘われてやってきた大きな熊蜂の羽音に怯えてよく固まって動けなくなったっけ……などと懐かしく思い返しました。こんな藤の花が咲くころになると待ちに待ったゴールデンウィークが差し迫ってきます。 [続きを読む]
  • 内柔外剛
  • これは、まずい…隣に来た男の子を見て咄嗟に少し身体をよけたのでした何のことか、全く分からない書出しですが、最後まで読んでいただくと分かりますのでしばし、お待ちください(笑) [続きを読む]
  • 丸田宗彦先生へお話伺いました。
  • 唐津の魅力唐津は志野みたいにインパクトがあるわけではなく、そっけないし、見る人によってはどこが良いのかわからないと思います。そういうところに私自身はハマっているし、飽きがこないです。ずっと作りつづけているが、どうしても古唐津の名品には近づけない。そこがまた面白いと思っています。 [続きを読む]
  • 「〇」 
  • 三日見ぬ間の桜かな…ではないですが、毎日のように通る公園の桜の花は三日どころか、一日で木の様相が変わっていて「あー、昨日の花の様子をもっとよく見ておけばよかった」と後悔するのですが、わき目もふらずに?急ぐ出勤時にはとても立ち止まって見る気持ちの余裕がなく動体視力に頼った桜の木を思い出すことになります [続きを読む]
  • 唐津 丸田宗彦 独立築窯三十周年記念展
  • 桜の開花宣下があってから暖かい日があったり、冬に戻ったような寒さが戻ったり……。おかげで桜の花は例年よりも長く愉しむことが出来ているようですが、昨日は冷たい雨が朝から降り続きました。桜の花びらが散る姿も、また美しいですがもう少しその愉しみを先延ばしにしたいところです。 [続きを読む]