ayumi さん プロフィール

  •  
ayumiさん: さんじのえほん。
ハンドル名ayumi さん
ブログタイトルさんじのえほん。
ブログURLhttp://3jino-ehon.hateblo.jp/
サイト紹介文日常に彩りを与えてくれる絵本達。毎日1冊、絵本を紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供233回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2015/02/22 16:28

ayumi さんのブログ記事

  • 『どうぶつたちのクリスマスツリー』
  • 『どうぶつたちのクリスマスツリー』........................?本屋さんに行くと、クリスマス絵本が目に付くようになりました。この季節は様々なクリスマス絵本が並び、何だかウキウキワクワクしてきます。新刊絵本チェックは最早日課でもありますが、クリスマス絵本は特に大好きなジャンルなので、毎年いい絵本と出会えるのを楽しみにしています。そして今年は早速、とても素敵な絵本と出会えました。レナード・ワイ [続きを読む]
  • 『おふろだいすき』
  • 『おふろだいすき (日本傑作絵本シリーズ)』........................?最近息子がお気に入りのこの絵本。お風呂も大好きだし、お湯に潜るのも大好きな息子にはぴったりのテーマとストーリーです。林明子さんと松岡享子さんという素晴らしいお二方の作品。有名な作品なので、ご存知の方も多いと思います。まこちゃんは、アヒルのプッカと一緒にお風呂に入ります。いつもの様に身体を洗っていると、次々と動物達がお風呂 [続きを読む]
  • 『あたまにつまった石ころが』
  • 『あたまにつまった石ころが』........................?今日は息子の3歳児健診でした。お名前は?と聞かれ、「〇〇くん」と答える息子。保健師さんの作る積み木と同じものを作ってね、と言われ、その積み木に自分の積み木を重ねる息子。絵の描いてあるカードを見せられて「これは何?」と聞かれ、「青」と色を答える息子。隣で黙って見ているだけの親からしたら突っ込みどころ満載でしたが、特に問題もなく終わりました [続きを読む]
  • 『パンダ なりきりたいそう』
  • 『パンダ なりきりたいそう (講談社の幼児えほん)』........................?すっかり秋の空気になってきたここ最近。朝晩はとても冷えますが、お天気のいい日中は過ごしやすい気候になりました。ここ最近は秋晴れも続き、運動会シーズンにもってこいのお天気でしたね。息子は来年から幼稚園に行きますが、今年はプレの運動会や児童館のプチ運動会などで、運動会気分を味わえました。秋は過ごしやすい季節なので、様々 [続きを読む]
  • 『かいものづくし』
  • 『かいものづくし』........................?新刊絵本で楽しい1冊を発見しました。どこか懐かしい雰囲気の漂う商店街。子どもの目線で、おみせやさんを巡ります。すすめや すすめゆけば ゆくほど おみせが ふえるすいすい すきっぷ しょうてんがい何ともリズム感のいい文章。まるで下町の威勢のいいお店やさんの様です。魚屋さんや肉屋さん、果物屋さん、パン屋さん。読み手も順番に買い物をしている気分になれます。 [続きを読む]
  • 『ぼくは あるいた まっすぐ まっすぐ』
  • 『ぼくは あるいた まっすぐ まっすぐ』マーガレット・ワイズ・ブラウン 作坪井郁美 文林明子 絵........................? おばあちゃんから電話をもらったぼく。おばあちゃんの家へ1人で行くことになりました。 田舎道をまっすぐまっすぐ。呪文の様に唱えながら歩きますが、これは何だろう?あれは何だろう?と小さな子ども特有の好奇心から、道はどんどんそれてしまいます。 それでもぼくは、ひたすら「まっす [続きを読む]
  • 『うみ』
  • 『うみ』中川ひろたか 文はたこうしろう 絵........................? 7月は息子の誕生月です。そして、誕生月の絵本があることを知りました。 7月の絵本は、『うみ』。夏だからそのテーマも頷けますが、息子の名前も海にちなんだものなので、何だか勝手に運命を感じてしまっている1冊。 内容も、とても穏やかな、素敵なものでした。 お母さんのおなかの中には海がある。赤ちゃんはその海の中をぷかぷかして [続きを読む]
  • 『うみ ざざざ』
  • 『うみ ざざざ』東直子 作木内達朗 絵........................? 今日海に行く予定だった我が家。一昨日の夜から、息子が発熱です。 一時保育が来週から始まることもあり、ここ数日バタバタしてたからなぁ。一時保育はあくまでわたしの仕事の都合。勿論息子にとってもいい経験になることは間違いないのだけど、振り回してごめんね、という気持ちです。 高熱の割にいつもすこぶる元気な息子。昨日も9度からあるのに [続きを読む]
  • 【お知らせ】絵本講座「ちいさな絵本のじかん。」
  • 「ちいさな絵本のじかん。」がはじまります??8月、京都宇治のおもちゃ屋さん「キッズいわきぱふ」さんにて、絵本講座【ちいさな絵本のじかん。】の開催が決定しました?キッズいわきぱふさんは、わたしの大好きなお店のひとつ。選び抜かれたおもちゃやアナログゲーム、そして絵本達。靴を脱いで上がる店内は、子ども達が安心しておもちゃや絵本を堪能できる様に工夫されています。そんな素敵なお店での絵本講座。わたしもと [続きを読む]
  • 『じどうしゃ博物館』
  • 『じどうしゃ博物館 (みるずかん・かんじるずかん―銀の本) 』........................? 絵本と図鑑はまた種類が違うものですが、絵本の中にも「図鑑」に近いものがあります。でもあくまで「絵本」なので、ひとつひとつ絵で描かれていて、写真とはまた違う魅力を感じることができます。 そんな「図鑑」絵本でも、自動車好きにはたまらない1冊がこちら。『じどうしゃ博物館』というタイトルからして、センスが溢れ [続きを読む]
  • 『しりたがりやの ふくろうぼうや』
  • 『しりたがりやの ふくろうぼうや (児童図書館・絵本の部屋) 』........................? 最近の息子は、「あれ何期」です。目に入ったものはとりあえず全て「あれなに?」。朝新聞を読むわたしの傍、目に付いた写真を全て指差し、「これだれ?」「これどこ?」「これなに?」。 いつかは、新聞に載っていたオバマ大統領を指差し「これだれ?」「オバマ大統領」「オバマ大統領ってなに?」「とっても偉い人」「オ [続きを読む]
  • 『ぼくの おじいちゃん』
  • 『ぼくのおじいちゃん 』........................? おじいちゃん、おばあちゃんを描いた絵本も数多くあります。自分の事を無条件に可愛がってくれる存在。子どもにとって、おじいちゃんやおばあちゃんはやっぱり特別ですよね。 中には生と死を取り扱った絵本もあるので、まだ幼い息子に読んであげる「おじいちゃん、おばあちゃんの絵本」を探していましたが、とても愛らしい、素敵な絵本を見つけました。 く [続きを読む]
  • 『ねんねだよ、ちびかいじゅう!』
  • 『ねんねだよ、ちびかいじゅう!』........................?子どもは天使。寝顔を見るとよく思いますが、元気に大暴れする子ども達はさながら「かいじゅう」の様。特に夜、テンションの上がりきったままなかなか眠りについてくれない日なんかは...正に「ちびかいじゅう」。そんな「あるある」な姿をお父さんと子どもの会話でとても愉快に描いているこの絵本。タイトルも正に、『ねんねだよ、ちびかいじゅう!』です。ち [続きを読む]
  • 『おやすみなさい くまくん』
  • 『おやすみなさい くまくん』パッツィ・スキャリー 作リチャード・スキャリー 絵木坂涼 訳........................? 先日、リチャード・スキャリーの新刊絵本『うさぎのニコラス』を紹介させてもらいましたが、こちらもリチャード・スキャリーの絵本です。スキャリーおじさんシリーズでも有名な作者ですが、彼が描く動物達は世界中で愛されています。 こちらの絵本は、くまくん親子が主人公。もう寝る時間ですが、くま [続きを読む]
  • 『にんじんのたね』
  • 『にんじんのたね 』ルース・クラウス 作クロケット・ジョンソン 絵おしおたかし 訳........................? 前回紹介した絵本と同じく、この絵本も種から野菜を育てる内容となっています。でも少し雰囲気の異なるこちら。洋書絵本でも人気の高い1冊です。 おとこのこがにんじんのたねを植えます。でも周りの人たち、お父さん、お母さん、お兄ちゃん、みんな「め なんか でっこないよ」と言います。それでもおと [続きを読む]
  • 『ピーレットのやさいづくり』
  • 『ピーレットのやさいづくり 』ウルリカ・ヴィドマーク 文イングリッド・ニイマン 絵高橋麻里子 訳........................? とっても素敵な新刊絵本を見つけました。新刊と言っても、原作は1947年に出ています。でもちっとも古さを感じさせない、可愛らしい絵本です。 ピーレットと犬のピフは、野菜畑を作ることにします。畑を耕して、紐できちんと線を引きます。そしてその紐に沿って、種を植えていきます。勿 [続きを読む]
  • 『あかい ふうせん』
  • 『あかいふうせん 』イエラ・マリ 作........................? 最近たまに息子と楽しんでいるカードゲーム、「Amigo バルーンズ」。自分の風船のカードがめくったアクションカードに応じて飛ばされたり、割れたり、はたまた復活したり...という比較的単純なゲームで、3歳くらいから楽しめるかな?と思います。 それもあってか、風船に今までより興味を示す息子。こんな絵本を、部屋に飾ってみました。 イエ [続きを読む]
  • 『やさい』
  • 『やさい (福音館の幼児絵本) 』平山和子 ........................? 先日、実家から野菜が沢山届きました。わたしの祖父母が育てている野菜達。割れたトマトや大きくなりすぎたきゅうりなど、スーパーに並ぶ野菜に比べたら不恰好ですが、無農薬のお野菜、思い出の畑で採れたお野菜は、やっぱり格別です。 実家の目の前には畑があり、そこで祖父母はわたしが小さな頃から野菜を沢山育ててくれていました。こ [続きを読む]
  • 『どうすればいいのかな?』
  • 『どうすればいいのかな? (くまくんの絵本)』渡辺茂男 文大友康夫 絵........................?お馴染みくまくんシリーズの中でも、特に有名な1冊がこちら。くまくんが腕組みをしているこの表紙に見覚えがある人も少なくないと思います。服を着ようと奮闘するくまくん。「しゃつを はいたら どうなる?」シャツは履く...ものではないですよね。袖口を足に通したちょっと困り顔のくまくんが笑いを誘います。でもちゃん [続きを読む]
  • 『海のなか のぞいた』
  • 『海のなか のぞいた (福音館の科学シリーズ) 』よしのゆうすけ ........................? 息子は水族館が大好きです。中でも大好きなのが、エイとくらげ。笑「エイさんー!」「くらげさーん!」と毎回駆け寄ってはじーっと見ています。子どもの「好き」に存分に寄り添ってあげたいのが親の性。笑自然と、魚の出てくる絵本や海の絵本に手を伸ばす機会が増えました。 そしてこの絵本、新刊絵本なのですが、見 [続きを読む]
  • 『かぞえて みよう』
  • 『かぞえてみよう (講談社の創作絵本) 』安野光雅........................? 「文字のない絵本の読み方がわからない」という声をよく聞きます。確かに、文章がないのに「読む」って大人には理解できない芸当ですよね。笑でもわたしは、文字のない絵本こそ絵本の本質が隠れている様に感じます。そもそも、まだ文字の読めない子ども達は絵本の文章を読みません。読むのは「絵」です。絵を見ただけでお話が浮かび上がって [続きを読む]
  • 『うさぎのニコラス』
  • 『うさぎのニコラス  』リチャード・スキャリー 絵オーレ・リソム 作木坂涼 訳........................? 本屋さんに行くと必ず新刊コーナーはチェックするのですが、絵本の新刊コーナーで「これは!」というものに出会えるのは実はそんなに多くなく。だからこそ「これは!」というものに出会えた時はとっても嬉しいのですが、先日その「これは!」に出会いました。しかも、一気に2冊も!ということで、今日はその [続きを読む]
  • 『どんな いろが すき』
  • 『どんな いろが すき』100%ORANGE 絵........................? 歌絵本というジャンルの中には、様々な形の絵本があります。歌の一部が絵本に描かれているものや、1曲1曲載っているもの、歌がまるっとそのまま絵本になっているもの。特に歌が1曲そのまま絵本になっているものは、歌いながら1冊読み切れて、絵本に慣れていないお子さんでもすんなり絵本の世界へと入っていけます。わたしも息子も歌絵本は大好きで様々な歌絵 [続きを読む]
  • 『うんちが ぽとん』
  • 『うんちがぽとん―おむつにさよなら!…のおはなし (まあくんのバイバイあかちゃんシリーズ 1) 』アロナ・フランケル 文・絵さくまゆみこ 訳 ........................? 我が家の息子さん、現在ゆるーくトイトレをしております。ですが、慢性便秘症の息子、トイレに連れて行くと頑なに嫌がり、益々便秘が酷くなるので、本当に無理強いせずにゆっくりと進めています。ですので、きっとこの夏にはオムツは外れないで [続きを読む]
  • 『ぴょーん』
  • 『ぴょーん (はじめてのぼうけん (1)) 』まつおかたつひで ........................? 今月は雨の絵本と一緒に、この季節ならではのかえるの絵本も色々と紹介していきたいと思っています。これを書いている今も、窓の外からゲコゲコとかえるの鳴き声が。笑 小さなお子さんから楽しめるかえるの絵本と言えば、まず間違いないのがこちら。図書館の読み聞かせなどで、大型絵本で読んでもらったことがある方も多 [続きを読む]