プリティヴィー さん プロフィール

  •  
プリティヴィーさん: サンスクリット・サーガラ(サンスクリット語の海)
ハンドル名プリティヴィー さん
ブログタイトルサンスクリット・サーガラ(サンスクリット語の海)
ブログURLhttp://ameblo.jp/prthivii/
サイト紹介文サンスクリット語からインド文化を知る雑学・うんちく話
自由文世界で一番難解、と言われいる古代インドの言葉サンスクリット語は、ヨーガ(ヨガ)、アーユル・ヴェーダ、インド思想、インド占星術etc.、あらゆるインド文化の源泉です。サンスクリット語を中心とした雑学、うんちくについて。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/02/23 14:53

プリティヴィー さんのブログ記事

  • 神のみぞ知る世界
  • マントラを唱えること、瞑想をすることはストレスの軽減や脳の活性化につながるという科学的な効果を認める研究もありますが、そういう科学のお墨付きがなかろうと、 敬虔な信仰、自然に対する畏怖、宇宙観、「音」に対する深い洞察、真理への飽くなき探究心、といったインドの宗教世界に私は共感しています。 一方で、私がモヤモヤするのは、 似非科学似非学問 に対してなのだと気づきました。 主義主張 [続きを読む]
  • 古いほど偉いのか?オリジナルなら偉いのか?
  • まずお断りしておきますと、曖昧な書き方になってしまうので「なんのこっちゃ!?」と思われてしまうかもしれません。 タイトルに関して言えば、 他よりも起源が古いことをありがたがること、完全オリジナルだと自惚れたがること、 こういう二つの態度は、ときに事実をゆがめることも多いのです。 それが証拠に基づく主張であればいいのですが、拡大解釈だったり都合の良い資料だけを用いていたり又聞きだっ [続きを読む]
  • 6年の記憶
  • 一昨日は6年生次女の感謝の会でした。(いちおう実社会では普通の母親のふりをしてます)6年前の3月11日金曜日も感謝の会があって、その途中で震災があったため学校は大混乱だったそうです。(埼玉北部は震度5強でした)あのとき保育園の卒園間近だった次女が今度は小学校の卒業式を迎える、幼児だった子がぐんと背が伸びて中学生になってしまう6年という時間の長さ。重みをしみじみ感じます。被災された方々や町は6年で [続きを読む]
  • サンスクリットと二度の出会い(訂正あり)
  • 前回の投稿では、サンスクリットは根気と意欲さえあれば独学も可能と書いたのですが、 サンスクリット語を学ぼうと思うきっかけは人それぞれで、言語学的な興味から始める方もいれば読みたい聖典があるからという方もいるでしょう。 たとえ人から教えてもらったとしてもどんなことでも根気がなければ続かないし、また、「相性」や「時期」もあります。 前にも書いたかもしれませんが、私は最初、大学1年のときにサ [続きを読む]
  • お奨めサイト
  • 去年の年末、サンスクリットについてご質問を頂いた方が作成しているサイトをご紹介します。「ヴェーダ学習サイと」http://saiveda.pe.hu/index.html 年明けてからご紹介が遅くなってしまいました。 ほとんど独学でサンスクリットを学ばれたそうですが、ヴェーダ聖典の訳に取り組まれていて、本当にすごいです。 シーターラーマ社長も独学だとおっしゃっていましたし、実はサンスクリット、根気と意欲があれば独学 [続きを読む]
  • シーターラーマさんでお宝ゲット
  • 先週の日曜日、私もコラムを書かせていただいているスピリチュアルインド雑貨シーターラーマさんに久しぶりにお邪魔しました。地元のインド好き仲間39cafeさんからアーユルヴェーダライフさん主催のシーターラーマ見学ツアーに行くけど一緒に行く?と誘ってもらったので便乗。シーターラーマさんのある足利まではうちから車で40分くらい。私が一番近くて、なかには茅ヶ崎からいらした方も!前にも書きましたが足利は足利尊氏の [続きを読む]
  • 恐縮です
  • 私には直接の恩師といえる存在は一人しかいませんが、恩師のツテで、その他に何人かお世話になった先生がおります。詳しくはかけませんが、どなたもその分野では一流の方。 そのうちのお一人と去年ある機会にお会いしたのですが、今日、恩師からメールで、その先生が私と会った話をして私のことを高く評価していたよ、と教えてくれました。 褒められるなんて恐れ多い! もっと精進しなさい、と言われているような [続きを読む]
  • サンスクリット語でPPAP
  • 先週のサンスクリット講座のときのこと。 過去分詞がくっついた複合語の例を説明しながら、両掌を左右からグッと近づける動作をした瞬間に「ペンパイナッポーアッポーペン」のサビが頭のなかで流れて一人でツボにはまってしまいました。 サンスクリット語はいくつもの単語を繋げてひとつの単語にしてしまう複合語という技があるのですが、まさにPen-pineapple-apple-penみたいな言葉遊びはサンスクリットにピッタリだな [続きを読む]
  • サンスクリット作文
  • 語学力の上達にはどんどん使うことが大事ですよね。私の場合、「読む」こと中心に学んだので聞きとるのは苦手だし、ましてや会話はできません。 ただ、人に知られなくない内緒の話をサンスクリットで書いていたことがありました。それが正しいのかどうか添削してくれる人はいませんでしたので、完全に自己満足な訓練でしたが、それがけっこう楽しい経験でした。 サンスクリットを学んでいる人は読むことに慣れてきたら [続きを読む]
  • インドの濃厚デザート クルフィー
  • インドの濃厚デザートクルフィー西葛西(にしかさい)のインド食材店で購入した簡単キットですがかなり本格的な味でした。牛乳とアーモンドとピスタチオを使った濃厚な味でサフランで色づけされインドでは高級な冷たいデザートです。#インド #クルフィー#デザートブログをまとめてみる >ここまでは↑Simplogで書いた内容。昔、砂漠の街ジャイサルメールに滞在していたとき、暑くて毎日のようにアイスクリームを食べていました。そ [続きを読む]
  • 自信を持つために努力が必要
  • 今日はちょっとした用事があり少し遠くまで出かけました。東京から離れたところに住んでいて家族のしがらみなんかもあって出歩くのにいろいろな根回しが必要なため、どうしても出不精になってしまいますが、いろいろなところに顔を出して人脈を作ることがとても大事だなあとつくづく思いました。人と会うには自信が必要で、自信を持つためにもサンスクリット語をコツコツ読み続けなければ。(先立つものも必要だけど…)抽象的な [続きを読む]
  • うっかりミス
  • 先週の金曜日は埼玉南部でのサンスクリット語講座でした。 インドの宗教や文化についてとても詳しい方ばかりなので緊張もしますが、参加されている方たちの人柄のおかげでとても和気藹々とした雰囲気。私自身が楽しい気持ちで来ています。 しかしその帰り道、電車に乗ろうとしてパスモ(IC乗車カード)を出そうとしたら見当たらないのです。家に帰ってかばんを全部調べてみたり、JRや立ち寄ったお店にも電話して落とし [続きを読む]
  • 不幸を近づけない
  • このお正月、いろいろ考えることがあり少し気持ちが暗くなりました。 ブラックホールに吸い込まれる光のように負のスパイラルに陥ってしまっている人。その連鎖を断ち切るには、どこかで勇気を出して負の関係性を断つしかない。 不幸を嘆く前に、やれることはいくらでもあるし良い部分を見て前向きに考えた方が運も向いてくるというものです。 でも当事者には目の前の不幸から逃れるすべが見えず、運命だと諦めた [続きを読む]
  • 新年最初のインド料理@西葛西
  • ????????? ????????あけましておめでとうございます。新年早々、サンスクリット語の話ではなくすみません。新年最初のインド料理は江戸川区西葛西でマサラドーサ食べました。前から来たかった初の西葛西!(にしかさい、と読みます)インド人がたくさん住んでいることで有名な場所ですがインド人街、とかリトルインディア、というような特殊な街並みはありません。ごく普通の商店街や住宅街のなかにインド系のお [続きを読む]
  • 秘密の呪文?
  • これ、マントラではなく、子どもに内緒にしたいことをデーヴァナーガリー文字でメモしたもの(笑)私がクリスマスのプレゼント選びに悩んでいたら長女がまだサンタを信じている(でも疑いはじめた)末っ子にそれとなく欲しいものをリサーチしてくれて、万が一書き留めたメモを末っ子に見られてもいいようにデーヴァナーガリーで書いた、という訳でした。デーヴァナーガリーはこんなときに役に立つ(笑)欲しいのはハリーポッター [続きを読む]
  • サンスクリットの動詞をグループ化しようにも…
  • 今日はサンスクリット語文法の講座で受動態をやりました。 これまでに出てきた現在、過去、願望法、命令法は同じ語幹を使っている仲間(現在組織と呼ぶ)だけど受動態の語幹は全く違う形なんですよ。 という話をしたら、 「受動態はフリーランスですね」 という喩えが返ってきて、笑ってしまいました。 受動態の他にも使役、完了、アオリスト、etc.という、それぞれに違う語幹を使う動詞もいます。  [続きを読む]
  • こぶ観音
  • 私の住んでいるところは埼玉県北部で利根川を渡ればすぐ群馬県。先日は、出かける途中にあった群馬県邑楽郡邑楽町のこぶ観音を祀ったお寺に立ち寄りました。私は来るまで存在自体知らなかったのですがこのお寺、けっこう信者が多いみたい。本堂の前で参拝していたら「どうぞ奥まで入ってください」と住職の奥さん?らしき方が声をかけてくださったので畳敷きの本堂に上がらせていただきました。先にいた30代くらいの女性が熱心にお [続きを読む]
  • クルチャ?とインドのスナック
  • 隣の街にあるカレーのお店に食べに行ったとき、店内でいろいろなカレー用スパイスやインドのスナックも販売していました。右側の袋入りのは、カルカッタ(コルカタ)にいたとき屋台でよく食べていたスナックに似ていて、懐かしくて買いました。ベビースターラーメンみたいな揚げ麺や揚げた豆、ナッツなどいろいろ入っています。左側のは「クルチャ」と書いてあったのですが、普段知っているクルチャは円形の小型ナンといったものな [続きを読む]
  • ナマス、ナマハ、ナモーは何が違う?
  • シーターラーマさんのコラムを更新しました。 サンスクリット語のサンディ;ナマス、ナマハ、ナモーは何が違う? 前後の音の連結に応じて発音が変わる規則=サンディはサンスクリット語学習のハードルを上げる要因の一つだと思いますが、同時に、サンスクリット語を読む醍醐味でもあると思うんですよね。 スパスパっと単語を切りながら読めるときは本当に気持ちいい〜です。 私が学んだ流派では「それ [続きを読む]
  • 日本で流れるインドのニュース…
  • 最近、日本人女性が南インドのケララで暴行被害にあうという残念なニュースが流れていました。 インドに関するニュースといえばこういうのばかり…。こういうニュースがあるのもインドの現実だから目を背けてはいけないと思うのですが、「女一人でインドになんか行くほうが悪い」「自業自得だ」と被害者の女性を非難するような意見が出てくることに胸を痛めています。 私も一歩間違えればニュースになるような事件の被 [続きを読む]
  • (加筆)異文化交流と文字とカレー
  • 最近、地元ではイスラム教圏(たぶんパキスタン系)の住民が増えていることから、公的機関に頼まれて異文化理解についての記事を書くことになりました。 でもいざ書き始めてみると、たとえ私個人の意見であっても公的機関が発行する媒体に載ったら公的な見解だと誤解される可能性を考えてしまって悩んでしまいました。 外部の執筆者の記事がきっかけで炎上した、なんてニュースもありますからね。結局は当たり障りない [続きを読む]
  • 成瀬ヨーガ体験しました
  • 成瀬雅春先生のヨーガ教室に体験参加しました。http://www.naruse-yoga.com/index.htmlいつもお世話になっているガネーシャギリさんのグル(師匠)でもあるし体験した友達が「すごくよかった!」といってすぐ会員になったと聞いていたので友達に連れて行ってもらいました。友達が「おしゃれなヨガウェアだと浮くかも」と言っていたとおりコテコテな感じのヨーガ道場でなんだか懐かしく逆にワクワクしました。最初はストイックな雰囲気 [続きを読む]
  • インドに縁がある人ない人
  • 12月上旬にインドに行くはずだった義理の両親、結局キャンセルして行き先をベトナムに変えたそうです。 インド土産なにを買ってきてもらおうかな?と考えるのが楽しかったのに、ちょっと残念。 二人がインドを歩く光景が想像できなかったもの。きっとインドと縁がなかったのでしょう。 それで思い出したのですが、私が初めてインドに行ったのは1991年2月で、当初は大学の同級生2人と一緒に行く予定でした。2人は [続きを読む]
  • ルピー紙幣と古代インドを繋ぐサンスクリット
  • シーターラーマさんのブログを更新しました。 サンスクリット語豆知識 ルピー紙幣と古代インドを繋ぐサンスクリット インドではタンス預金をしている人も多く、高額紙幣が突然廃止になったニュースを聞いた女性は、一切の価値がなくなったと絶望して自殺した事件もおきているそうです。http://www.afpbb.com/articles/-/3107549 ブラックマネーや偽札を封じるためとはいえかなりの荒療治ですよね。 年末まで [続きを読む]
  • インドの高額紙幣が突然無効に
  • 今月8日、インドのモディ首相が突然500ルピーと1000ルピーの高額紙幣を無効にするという発表をして大混乱が起きているそうです。私も500ルピー札持ってますよ…まさにただの紙切れになってしまった。12月30日までは銀行で新紙幣に交換可能らしいです。https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=641228999370956&id=13386243677428412月に義理の両親がインドへ行くからそのときに空港で両替できるのでしょうか?それとも、800 [続きを読む]