ボタン さん プロフィール

  •  
ボタンさん: 英語多読 中学1年レベルから英語を読めるようになる
ハンドル名ボタン さん
ブログタイトル英語多読 中学1年レベルから英語を読めるようになる
ブログURLhttp://flowerattack.blog2.fc2.com/
サイト紹介文沢山の簡単な英語の本を読むことで、英語をスムーズに読めるようにする英語多読を実践中。
自由文英語多読、100万語、GR、児童書、sss、ペンギンリーダー、オックスフォードブックワーム、マクミラン、ケンブリッジ、I CAN READ BOOK、STEP INTO READING、READ IT YOURSELF
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2015/02/24 03:56

ボタン さんのブログ記事

  • MYSTERIES OF THE UNEXPLAINED  penguin Level 3
  • MYSTERIES OF THE UNEXPLAINED  penguin Level 3 YL:3.5 総語数:7,441世界中の解明できないミステリーについて書かれています。ネッシー、UFO、ポルターガイスト、バミューダートライアングル、ミステリーサークル、宇宙人、世界の不思議な現象など、私が学生の頃、こういうお話よくテレビとかで特集やってたな〜って何か懐かしい感じでした。日本について報告されているミステリーとしては、"buruburu"ブルブルっていう人 [続きを読む]
  • GLADIATOR Penguin Readers, Level 4
  • GLADIATOR Penguin Readers, Level 4YL:4.0総語数:21,400 マキシマム将軍はこの戦いが終われば愛する我が家に帰れると思っていましたが、老いたローマ皇帝は自分が死んだ後、マキシマス将軍にローマを任せたいと願います。ローマ皇帝の息子はもちろん次は自分が皇帝だと思っていたのに、父親から次の皇帝にマキシマムを選ぶと告げられ、父親である皇帝を自分の手で殺し、皇帝になります。皇帝になってすぐ、父親であった皇 [続きを読む]
  • CINDERELLA MAN Penguin Readers Level 4
  • CINDERELLA MAN    Penguin Readers Level 4総文字数:15600語映画『シンデレラマン』のリトールドですね。実在のプロボクサー、ジェームス・J・ブラドックのお話。大恐慌で多くの人が仕事を失い、住むところも食べるものも難しい時代。皆が希望を見だせなくなってるなか、皆と同じく貧困の中から大番狂わせで勝つ主人公。少し私には文章分かりにくい部分ありましたが、だんだん登場人物たちの性格や環境が分かってくる [続きを読む]
  • The Grass Is Singing Penguin Readers Level 4
  • YL:5.0 総語数:14,000 もうとてつもなく暗いお話ですが、なんで殺人に至ったのか、登場人物たちの立場、性格、行動など静かに描かれていて、重く印象に残りました。こんなに暗く精神的に来るお話なのに、どんどん読んでしまいました。調べたらこの本の作家ドリス・レッシングさん、ノーベル賞取ってる作家さんだったんですね!まさしく英語多読してなかったら、この本には出会えなかった。GR本が手に入ったら何でも読む状態だか [続きを読む]
  • afford/effort/effect
  • afford (金、時間などに)余裕がある、(便宜を)与える、effort  努力、奮闘effect  影響、〜に影響を与える(受ける)これ、何度も辞書を引いてるのに覚えられない似た綴りの単語です、、。いい加減覚えてくれよ私の頭、、、。 [続きを読む]
  • a person/two people
  • a person two peopleずっと、人の数が少数ならperson枠で、人数が多ければpeopleを使うのかな?って勝手に思ってました 笑。しかし、personの複数形はpeopleなんですね。2人からはもうpeopleだったのか〜 [続きを読む]
  • The Lost World Macmillan Readers
  • YL:2.9 総語数:11,000コナン・ドイルって、こういう本も書いてたんだとビックリしました。シャーロック・ホームズ作品しか聞いたことがなかったので、他の作品があるということすら知りませんでした。よく考えたら、ホームズ作品しか書いてないなんてことないですよね、、。結婚したい女性が、冒険をしているような大きな夢を持った男性が良いという言葉で、未開の地アマゾンに冒険をしにいくことになる主人公。最後、冒険から戻 [続きを読む]
  • Shakespeare- His Life and Plays   Level4 (Penguin Longman Penguin Readers)
  • Shakespeare- His Life and Plays   Level4 YL:4.0 総語数:15,100シェークスピアの人生、劇作家人生とかに詳しくないと、ちょっと分かりずらいし、正直面白くないと思う。物凄い沢山の人の名前が出てきます。シェークスピアの人生でかかわった人の名前も多いが、劇中に出てくる登場人物たちの名前もわんさか出てくるので、もう名前だらけといった感じ 笑。私は名前を覚えるのが苦手なので、もう最初ぐらいから誰がどういう繋 [続きを読む]
  • Ethan Frome (Oxford Bookworms Library: Stage 3)
  • Ethan Frome (Oxford Bookworms Library: Stage 3)YL:3.2 総語数:10,717映画『哀愁のメモワール』の原作です。原作者はイーディス・ウォートン。とても強烈にパンチのある作品でした。表紙と中身がかなりイメージが合ってないんじゃないかと思います。この表紙からは現代の恋人二人のお話かな?って感じですけど、全く違います。読み始めてあまりの暗さに、ええ〜〜でした 笑。主人公のイーサンのキツイ人生が描かれていますが [続きを読む]
  • The Woman Who Disappeared Intermediate Level   1headwords 1.600語
  • The Woman Who Disappeared Intermediate Level   headwords 1.600語YL:3.7 総語数:12,000私立探偵Lenny Samuelシリーズです。以前にも『LA Detective』『L A Winner』で読んでますが、サミュエルが今回は2度気絶させられています 笑。今回はしかもお金も払ってもらえなかったという気の毒さ 笑。アッパーレベルでこのシリーズあるので、また読めたらと思います。(469冊目  総合計語数 261万8032語) [続きを読む]
  • MANAGEMENT GURUS (Penguin Reading Level 4)  headwords 1700語
  • MANAGEMENT GURUS (Penguin Reading Level 4)  headwords 1700語YL:4.0 総語数:15,000 フレデリック・テーラーアルフレッド・スローンピーター・ドラッガートム・ピーターズロザベス・モス・カンター/チャールズ・ハンディそれぞれの経営についての考え方について書かれています。人間を機械のように扱うフレデリック・テーラーは、確かに人を奴隷にして利益を搾り取れるかもしれませんが、好きません。トヨタなども足の一 [続きを読む]
  • こころ Kokoro (ラダーシリーズ Level 3)  headwords 1600語
  • こころ Kokoro (ラダーシリーズ Level 3)  headwords 1600語総単語数 15,650語学生の頃に読んだときは、Kが可哀そうだと思って読みましたが、大人になってから読むと、見方が変わることにビックリ。Kが可哀そうより、何も主人公に裏切られたように感じたとしても、居候させて貰ってる家で自殺しなくても、、、恩を仇で返すなよって思ってしまいますね。大人になると現実的な目でみてしまいますね 笑。しかも、好きな人に告白 [続きを読む]
  • 高瀬舟 Takasebune (ラダーシリーズ Level 3) headword 1600語
  • 高瀬舟 Takasebune (ラダーシリーズ Level 3) headword 1600語語数:3810語高瀬舟はじめて読みました。とても短いお話ですが、考えさせられお話でした。喜助の弟は病が重くなり働けなくなり、兄、喜助に負担をかけていることを申し訳なく感じて、自分で喉を刺して自殺します。しかし死にきれず、兄に刺さっているナイフを抜いて貰うことで死ぬことが出来た。しかしそれを隣の住人に見られてしまい。喜助は弟を殺した罪に問わ [続きを読む]
  • One Day (MacMillan Readers Intermediate) headword 1600語
  • One Day (MacMillan Readers Intermediate) headword 1600語文字数:20000語大学生の時に知り合ったエマとデクスター。出会いから、毎年7月14日の彼らの近況が十数年間がえがかれています。どこにでもある、普通の人の人生が描かれています。だからこそ、人生何が起こるか分からないので先が予測不可能で読んでいて、面白かったです。(464冊目  総合計語数 255万1072語) [続きを読む]
  • The Client (Penguin Readers:Level4) headwords 1700語
  • The Client (Penguin Readers:Level4) headwords 1700語YL:4.0 総語数:12,000映画『依頼人』を昔に見たことがあったので、より読みやすかったです。最後が映画では、弁護士リジーに二度と会えないことになっているのに、「また連絡する」って少年マークが言いますが、原作ではそうではなかったようなので、ちょっと残念。あの、いたずらっ子な笑顔で「また連絡する」って言うシーン可愛かったので好きだったんですよね。この映 [続きを読む]
  • About A Boy (Penguin Readers ) Level:4  headwords 1700語
  • About A Boy (Penguin Readers ) Level:4  headwords 1700語YL:4.0 総語数:21,322ヒュー・グラント主演の映画『アバウト・ア・ボーイ』のリライトです。主人公がかなりゲスい 笑。シングルマザーだと後腐れなく付き合えることに気付いたウィルは、独身のくせに子持ちのふりをして片親同士の集まりに参加する。もちろんシングルマザー狙いの為に。しかし、その集まりで一人の12歳の男の子と知り合う。はじめはどちらとも馴 [続きを読む]