禰彌(でび) さん プロフィール

  •  
 禰彌(でび)さん: 愛と幻想の薬物
ハンドル名 禰彌(でび) さん
ブログタイトル愛と幻想の薬物
ブログURLhttps://ameblo.jp/epicure-epicure/
サイト紹介文彼岸の淵からさいはての地に迷い、どこでもないどこかで懐かしい憧憬にすがりつくボケの回想録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供307回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2015/02/24 13:41

禰彌(でび) さんのブログ記事

  • 自分のwebサイト
  • 最近アメブロでのアクセス数も減ってきたし、近況ばっかり書いてるので自分の『愛と幻想の薬物』に、記事を書いてみようと思いました。ていうても、こっちの記事を見ながらノンビリ書き直ししていってるんでトロくさいんですけど。似たようなモンですが、所々書き直しています。よかったらもう一つも覗いて見てくださいね。こっちには何書こうか?覚醒剤後遺症の症状(笑)とか?起きてる間、大概薬物のことを考えている。何でもか [続きを読む]
  • シャブがらみ雑談
  • 先日紹介した覚醒剤問題についての本『よくわかる覚せい剤問題一問一答、監修・関紳一、合同出版』シャブ以外の薬物もフォローしているが、メインはシャブ。ある意味ポン中生活を続ける人にも読んで貰いたい逸書。覚醒剤精神病や神経毒性についても言及てます。ポン中なら知っておいても損はない。自分がグリに入っているのか、ほんまに警察が来てるのか...ある意味自分で判断つける材料になるわな。これを今読んでて、玄関先にポ [続きを読む]
  • 三人会
  • 先日、二年ぶりに三人会で酒を飲んだ。三人会って僕が勝手に読んでるだけで、僕がまだ高校生だったころに僕を可愛がってくれた四歳年上の先輩方二人と僕の三人で、先輩の家でただ集まる。もうかれこれ28年後輩をしている。その先輩たちも昔はそれなりにロクデナシだったのだが、今では会社員をしていたりする。この15年くらいは、みんな忙しかったりで正月かお盆休みにだけ集まっていた。それが今年はなかったので、諦めていたら [続きを読む]
  • 山道をテケテケ
  • 今日、天気もよく暇をもて余していたので少しだけツーリングに出かけた。残念ながら..否、当然シラフである。最初箕面の滝まで行って、滝の周辺でオオサンショウウオを探そうと思って家を出たのだが...箕面の滝のそばを通る山道、府道43号を途中まで上ると、そこからドライブウェイになっていてそこには『二輪車通行禁止』の標識が..しかも終日だ。ケチ臭い、走り屋が山道レースをするから通行止めなんだろうか?そんなせいで結局 [続きを読む]
  • ...悪なのか?
  • 『よくわかる、覚せい剤、問題、一問一答』という本を古本屋で見かけ、思わず購入しました。『子供たちを覚せい剤から守るために』という副題が添えられている。要するに覚醒剤を始めとする薬物全般がどういうものなのか、なぜいけないのか、みたいな事が書かれていて、巻末には資料として薬物問題の教育現場でのアンケートなんかが記載されています。真面目に薬物の危険性を具体的に書かれていて、下手に薬物使用を勧めるタイプ [続きを読む]
  • 正司くんについて⑫
  • 正司が免許もないのに、友人の兄貴から借りたというオフロードバイクに乗って、僕はリトルカブに乗り何度か山へ行った。二人ともが単車なので、車で移動していたときには通れなかった林道なんかにも行った。単車二台を少し間隔を開けて列べ、上からブルーシートをかけるとちょっとしたインスタント隠れ家が作れた。そんな目隠しを作って、さらに正司が周囲を監視し僕はネタを突く。一度、地元の小さな滝まで二人で単車で行き、滝 [続きを読む]
  • ひとりごと
  • 結局な、わりとみんな早いの好きやねんな。ただ色んな事情で我慢して止めざるをえなくなるだけで。個人使用の量まで、所持も使用も合法なんやったら、道ばたでティッシュみたいにタダで配られてたら、我慢できへん奴のほうが多いやろ。そういう意味では、アルコール依存症のほうが覚醒剤依存症よりもキツいんちゃうかな?と思うんです。100円くらいでビールの小さい缶が手にはいるわけで。飲みながら歩いてても、わからんし。酒の [続きを読む]
  • 山遊び
  • 今日から息子と息子の友達を連れて山遊びです。一泊二日。もちろんシラフ..?です。晩飯でビール一本だけ呑む予定です。あれやこれやと心配することもありますが約束事でもありますし。..最初に息子と二人で山へキャンプに行ったときはポン中の時で、子供の前ではいらんことできないのでトイレでさっさと済ますため皮下注射したな。止めてからは少しもの寂しい気分にはなるものの子供をよく見られて、これはこれで楽しい。去年は [続きを読む]
  • 押し売り
  • 何が出来ないかな?何なら嫌にならないかな?何なら継続できるかな?もう仕事を選べる年齢じゃない。何がしたいとか何が出来るとか言える立場じゃない。出来ないことや苦手なことを並べて、それ以外を見る。そのうえで僕を選んでくれる仕事をさせてもらう。仕事を嫌々ながらしてる人は、無職でも生活できる立場を羨ましいとか言う。その立場になってみれば分かるだろうけど、無職でヒモなんて情けないだけで、全然羨ましがられる [続きを読む]
  • 心象風景
  • 僕が時々使う単語『最果ての地』を実際に描写したらウユニ塩湖っていうところの景色のイメージだ。美しいと思うか死の世界に見えるかは人次第。白い空白の世界、だれもいない。本当にさいはて。シャブに狂いシャブに溺れシャブに取りつかれ..辿り着く。僕はシャブ中の後半、ずっと最果ての地にいた。ナルシストのロマンチストと笑われるかもしれない。でも本当に心の情景は『ウユニ塩湖』の写真のように白く何もない世界でしたよ [続きを読む]
  • 忙しい診察日
  • また診察日。今日は午前中に二つの病院に行かねばならない。一つ目は骨折の治癒具合を見てもらう。まあまだしばらくギブスっていわれても、どのみち来週頭に山にキャンプに行く。足の痛みなんてプーだ。息子と息子の友人に約束したしな(笑)。秘かに僕も山へ行くことを楽しみにしている。その後は病院を移って精神科専門で定期検診。いやぁー今回は沸きまくったね参るほど。連日夢に見ましたわ、炙ったり突いたり...ホンマええ加減 [続きを読む]
  • シャブ屋の配達アルバイト
  • シャブ屋の賃金骨折のため自宅で療養せざるを得ないので、あまりに暇である。暇なので、以前シャブ屋に聞いた配達アルバイトの賃金を書いてみる。シャブ屋といってもピンからキリまであるし、素人が副業で営業している場合も多いと思う。まぁ客からすれば、良い商品を手早く安価仕入れたいと思うだろう。僕はそうだった、加えて安全が条件だろう。自分で運営していれば客の人数だけ儲かる。ネタの仕入れ代金などは仕入れる量で変 [続きを読む]
  • 昔ばなし
  • 僕は覚醒剤取締法違反で逮捕されて会社を無断欠勤させられるまで嘱託社員という形で某有名スーパーマーケットで働いていた。部署は生鮮の惣菜で寿司を作っていた。もう三年以上前になるわけですが、一応寿司とおにぎりの責任者だった。でも握り寿司はあまり作らず、巻き寿司とちらし寿司、海鮮丼、いなり寿司が定番商品だった。で、何がどないしたと言うと、僕の寿司部門だけ、前年度から設定されるその年の予算(売上目標みたいな [続きを読む]
  • 今年はドカ雪降るでしょう
  • 今日は骨折した足の治癒の経過を診てもらう日。本当は昨日だったが、昨日の午後に診察を受けようと病院に行くと、午後の診察は受け付けていないと言われた。診察券には午後の診療時間も書かれていたので行ってみたのだが、整形外科は午前のみとのこと。昨日の午前中は、子供たちが夏休み中なので子守りをしていた。で、仕方なく今日診察に行った。待ち時間が長すぎて辟易するが、仕方ない。40分ほど待ってからレントゲン撮影、そ [続きを読む]
  • 侮蔑
  • おい、おまえ。生きてて楽しいか?つまらん人生やろ?この一ヶ月で、お前の携帯電話にかけてきた電話の相手、どんだけいてる?お前が自分で身内じゃツレじゃて言うてるやつお前が勝手に言うてるだけで、実際にはシカトやろ?バカにしか耐えられへんような吐き気のするような人生を、軽薄な生き方を世間に晒して喜んで、自分で叫ばな誰も聞いてけーへんような聞いてて不愉快になる過去、バカやからわからんか?自分でやってきたこ [続きを読む]
  • 日本の蛇、マメ知識
  • 昨日からのニュースで報道されているが、大阪の伊丹の小学生が宝塚の山で捕獲した蛇に咬まれ、一時意識不明の重体という出来事があったのだが、ニュースで報道されていない『蛇について』補足情報を書いてみます。まず日本本土には約8種の蛇が棲息していますが、沖縄や奄美のハブを除き、本土に棲息している毒蛇は、マムシとヤマカガシの二種類だが、マムシとヤマカガシでは毒の種類が異なります。その他のシマヘビやアオダイショ [続きを読む]
  • ブプロピオン
  • 最近、個人輸入でブプロピオンを仕入れた。禁煙補助薬らしいけど、その効果は全くない。むしろタバコを吸う本数が増えた。ただ僕はブプロピオンのもう一面の効果...抗うつ剤としての働きに期待した。詳しくは知らないが、アンフェタミンの二十分の一程度の精神刺激、半減期が10時間程度と長い、それでいてカチノン。副作用に不眠症。多少キマルんじゃないか?と。体感で言うと、眠気覚ましの作用は服用してから何時間かしてから起 [続きを読む]
  • 青春の思い出④自家栽培
  • で、例の羽方くんの話。奴とつるんでた頃、僕は大麻を仕入れては種だけ分けてガラスの小瓶に色々なブランドをごちゃ混ぜに集めていた。羽方は大麻が好きなのだが、自分で仕入れるツテを持っていなかった。そんな羽方だが意外と大麻への執着は強く、『マリファナ.・ナウ』とかの本を持っていて、自家栽培が凄くやりたかったらしい。僕は大麻の自家栽培のやり方は知らない。本で読んだ程度だ。ただあれは電気の消費が著しいらしく、 [続きを読む]
  • 青春の思い出③〜共通項
  • 僕は羽方に『初めまして、禰彌です。今日はわざわざ遠いところをありがとう』と、話しかけた。羽方は何故だか緊張した面持ちで挨拶してきた。『あ、初めまして羽方です...ライブ観させて貰いました、カッコ良かったです...』羽方は何故か緊張で顔が赤くなっていた。僕がいきなり何かしたら充分できる隙だらけだ。『こいつは俺に敵意を持っていない』そう感じた僕は『また遊びに来てな?』と声をかけ、池田たちのほうに行った。池 [続きを読む]
  • 青春の思い出②初対面
  • そんな頃から二年ほど過ぎた頃。元恋人から久しぶりに珍しく連絡があった。当時、僕がしていた音楽活動に興味があるという。僕は一般には馴染みが無いであろうノイズというジャンルを意識した音楽活動をしていた。で、ライブを観にきてくれた。難波ROCKETSまで。音を聴いた元恋人は、僕に卒業制作の課題である映画のサントラの作曲を依頼してきた。勿論快く依頼は受けた。その映画はあるアマチュア映画祭の特別賞を受賞した、俺の [続きを読む]
  • 青春の思い出①〜鉈持ったバカ
  • 僕の親友の一人に羽方(勿論仮名)というだいぶん変わり者だが、美形なやつがいる。年齢は僕の二歳下、彼と僕とは少し変わった出逢いだった。僕の最初の恋人が、僕の次に付き合いはじめたのが羽方だ。僕が恋人に振られたのは『羽方と付き合うことにしたから...』なのだが、当時はまだ若かった僕はブチキレした。まだ一度も会ったこともなかったが、彼女や羽方は美術大学に進学のために、京都にある美大進学のための予備校に通ってい [続きを読む]
  • ケミカルトレッキング小話♪
  • パッキパキ状態で、一人昼間に原チャリで山へ入ったときのこと。大阪の高槻市から京都の亀岡市へと抜ける山合を通る府道から、幾つかある林道の一つ。浸入防止のゲートの脇を原チャリで通り抜ける。何度か通ったこともある。何故だか不気味な雰囲気なのが毎度気になる。とはいえしばらく走ると、そんな雰囲気は消える、というか馴れる。林道を単車で走るなか、強い視線を感じた。ブレーキをかけて止まり視線を感じた方向を見る。 [続きを読む]
  • 性格診断セブン
  • 性格診断セブンここにある辛口性格診断16やったかな?なかなか鋭いね(笑)。以下は僕の結果性格診断セブン メニュー(タップで展開)性格診断セブン TOP 辛口性格診断16 INTJ アイデアマンINTJ アイデアマン独創的な完璧主義者です。独自のアイデアや仕組みを考え、高い目標に向かって邁進します。他人から批判されたり無関心な態度をとられても、他のタイプほどは気にしません。「我が道を往く」を体現したかのような性格です。 [続きを読む]
  • 欲求の昇華
  • 『覚醒剤依存症であるはずの僕が、覚醒剤への関心を失いつつある最近の傾向』は、なぜであるか?僕が通院する精神病院の主治医の先生が前回の診察で僕に問うた。正直なところ、『諦め』が一番デカイ気がするが...。だってポン中に戻ったら、また何の連絡もなく、突然僕をパクリに自宅までお迎え来はるやろ?しかも次は執行猶予つかんやろ?懲役嫌やん。先生曰く、『頭で逮捕されるとわかっていて、自分でも止めようとおもっていて [続きを読む]