とうとのひとりごと さん プロフィール

  •  
とうとのひとりごとさん: カウンセリングの手引書
ハンドル名とうとのひとりごと さん
ブログタイトルカウンセリングの手引書
ブログURLhttp://cocorotkn.com/news/counseling
サイト紹介文対人関係、恋愛問題等は家族との関係がテーマになります。カウンセリングのヒントが有ります。
自由文私自身が悩み苦しみ、カウンセリングの世界に飛び込みました。カウンセラーになるためには先ず「自分自身を知れ」。自分のセルフカウンセリングから、カウンセラーへの道になります。
ブログにカウンセリングのからくりのヒントを一杯披露しています。悩み解決のヒントになればと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2015/02/24 20:16

とうとのひとりごと さんのブログ記事

  • 所長のカウンセリングアドバイス:逆・腹八分目
  • 「逆・腹八分目」造語です。「物事を、程々にしたほうが良い」という意味ですが、100%を80%で満足してしまうと、80%が100%になってしまい、また、その80%に物事を捉えてしまい、どんどん、小さくなりますよと、以前のブログで書きましたが、今回はその逆です。スタート「0」の状態から100の能力をフルに使い続けると、無理が生じます。途中で、息切れがして疲れから長続きができません。チャレンジを諦めます [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:こだわり病
  • 「過ぎたるは及ばざるが如し」:良いと言われることでも、やり過ぎは害になるということ。何処か耳の痛い話です。こだわり病を言い当てている感じですね。神経質な方の特徴でもあります。程々にすれは済むことを、やり過ぎて、却って自分の首を絞めてしまう。自分の首にタオルを巻いて、両端を自分で引っ張って「苦しい。苦しい。誰か止めてくれ」と叫んでいる姿を想像してください。滑稽ですよ。どちらかの手を緩めれば、緩むんで [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:悩みが在るから成長がある
  • 「悩み・問題」は嫌なもんですよね。誰もが「0・ゼロ」にして、解放されたいものです。 でも、そんなに嫌わないで欲しいのです。「悩みがあるから、成長がある」のです。悩みはある意味で「気づきの信号」です。「このまま進んだら、あなたは違うところに行くよ」「自分らしく生きれないよ」との。その悩みを解決することにより、成長します。また強くなり、生き生きと人生と送れます。 解決を先送りにして何もしないと [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:イタいのイタいの飛んでけ〜!
  • 「痛いの痛いの飛んでけ」覚えていますか。皆さん。そして、本当に痛みが飛んで行ったことを!これは全世界共通の様ですね。 幼い頃、転んで泣いているときお母さんがひざ小僧を優しく撫でながら「イタいのイタいの飛んでけ〜!」と言えば、痛みが消えていきました。本当はまだまだ痛いんですがね。 娘にもありました。家具の角で頭を思いっきりブツケ「ゴン」と大きな音が鳴りました。瞬間、私たちは知らない顔をしまし [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:呼び込む
  • 皆さん。笑顔で居ていますか。笑顔の人には、笑顔の人が寄ってきます。また、笑顔の人が笑顔の人を呼び込みます。笑顔で居れば、何処か幸せな気分になります。幸せは笑顔を呼び込み笑顔は幸せを呼び込みます。朝、笑顔で「おはよう」と言えば、幸せな気分なります。相手の返事など期待する必要はありません。笑顔で「おはよう」と言だけで、幸せを感じます。もし相手から「おはよう」と帰ってきたら、幸せは「倍増」します。いや、 [続きを読む]
  • 2017年 第20回海外研修:エサレン研修
  • 2017年 第20回海外研修:エサレン研修今回は、再びEsalenに戻り、研修を行います。エサレンも「ハクセリ、オフイス、レストラン」等が新築され、産まれ変わりました。Newエサレンで本場でしか味わう事の出来ない、「ゲシュタルト」を体験して頂きます。非日常の生活の中で「ありのままの私」を探し出す、旅を行ないます。今回は、今までの「5リズムダンスワーク」から離れ、アートワークに参加して頂きます。「モザイクア [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:翔ばたく年
  • 明けましておめでとうございます。新しい年が始まりました。すべてが真っ白です。どんな色にも染めることができます。すべて自分次第です。他の人の色は気にする必要がありません。自分色に、染めればOKです。今年は「酉年」です。鳥は翼を持っています。大空に自由に翔たく事ができます。大空には境界線がありません。それ故に、自らが他人を気にして境界線を気にする必要はありません。自らが限界を決めつけない限り。今まで出 [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:うれしい便り
  • 今年の最後に、うれしい便りが届きました。カウンセリングを受けられている方からのメールです。この方は、カウンセリングの度にいつも泣かれていました。自分に自信がなく、常にネガティブな考え方です。苦労に苦労を重ねてきたお陰で、物事を、楽観的に捉えられなくなっています。常に悪いように考え、最悪に備えようとしています。旦那さんからも「ダメ出し」ばかりを受けていて、自己否定ばかりでした。苦労性でした。 ご [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:あがり症
  • 「あがり症」総ての人が、多かれ少なかれお持ちです。人は、あがるのです。「カウンセラー養成講座:体験講座」の時にも、ビデオと共にお伝えをしています。「如何に、あがっている自分を受け入れるか!」がポイントです。私たちは相手に対して「ええかっこ≒いい人」でありたいと思い、自分に嘘をつきます。アホですよね。ええかっこして、嘘をつくからしんどいんです。「あがる事は、悪いことだ。もっとしっかりしなければならな [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:夢と悩み
  • 幸せな人は「夢」を追い続けます。不幸せな人は「悩み」を探し続けます。どっちが望むかは、分りきったことです。でも、現実は逆な人生を歩みますよね。 何も、お金や地位を持っているから成功者と言うわけではありません。実際には、この二つの呪縛に振り回されている方の方が多いかも!自分が本当に遣りたい事「夢」を見つけた人は、夢の実現のためならば、どんな苦労もいとわない。苦労が楽しみになる。やり甲斐がある。夢 [続きを読む]
  • ラジオ大阪OBCで人生相談が始まりました。
  • ラジオ大阪OBCの人気番組「高岡美樹のべっぴんラジオ」に於いて「マンスリー べっぴん相談(仮題)」のコーナーで人生相談を行います。「皆さんも私も生きている限り「悩み」というものはついて回りますよね。夫婦関係、嫁姑問題、子どもの教育…と、家庭の中だけでも多岐にわたります。かと言って、相談する相手を間違うと、身内の恥をさらす事にもなるので誰に相談したらいいか分からない、というのも悩ましいところです。」 [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:心のの思春期③
  • 「蛻変:ぜいへん」この言葉は、何回かブログに書きました。「蛻変(ぜいへん)とは、蝶や蝉の卵が幼虫になり、蛹(さなぎ)になり、羽化して成虫になっていく様を表す。」と、意味はなります。幼虫≒毛虫が蝶々に変わる時には、さなぎの中で、ゼリー状になっています。心臓などの臓器はそのままですが、身体全体が蝶々に生まれ変わる為に、もとの姿を捨てます。その上で、新しい姿を手に入れます。 思春期もこれと同じような [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:心のの思春期②
  • 「思春期病」心理学:カウンセリングの世界では「思春期病」があります。イジメ登校拒否摂食障害(過食・拒食症)援助交際引きこもり…..等々 通常の発達ならば「反抗期」子供の心から、大人の心に発達する時に必要な通過儀礼です。でも、心の居場所が無ければこころのバランスを崩します。バランスを崩した心のエネルギーが、外に向けば、イジメ等の犯罪へ。内に向けば、摂食障害や引きこもりへ。子供達が苦しみます。 [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:残された時間
  • 去る11月3日で私も「62歳」になりました。そして、TKN心理サロンも創立21周年を迎えました。Wのお祝の日でした。ここ迄、続けて来られたのも皆様のお力添えが有ればこその事です。感謝を致します。 62歳という年齢を迎えて、色々考えます。残された時間。後どれ位でしょうか?20年在るかな?まぁ10〜15年でしょうね。ならば、遣りたい事をしておかないと「悔い」が残ります。ただ今までの様に、健康でエネ [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:つまずき
  • 人は悩むもの!嫌ですよね。でも、その悩みを解決して、成長があります。悩んで、当たり前なのです。ひとは、その様に出来ているのです。 道を歩く様なものです。誰もが、歩きます。目的地に向かって。道には、石があったり、くぼみがあったりして歩いていると、誰もがつまずきます。ごく普通につまずきます。つまずかない人は、居られません。つまずいて、よろけても、直ぐに立ち直ります。経験を積んでいるからです。立て直 [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:対人関係・腹八分目
  • 人付き合いで問題が起きると、関係改善をせずに、その関係を「切ってしまう」という話を、ちょこちょこ聴きます。今起きている嫌な関係性を終わらせるために、切ってリセットして、楽になる。新たな処で、対人関係を築く。また、悪化したら切る。の繰り返しの様です。「腹八分目」の捉え方と同じです。「満腹は苦しいから、腹八分目にすれば楽になる」です。でも、直ぐに八分目が、普通になり満腹になります。また、八分目。 [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:幸せの基準・矛盾
  • 「幸せの基準」って何でしょうね?皆さんは、何で決めていますか?人と比べて、お金があるから幸せ。人と比べて、地位名誉があるから幸せ。人と比べて、トラブルがないからから幸せ。「昨日の私」と「今日の私」を比べて決めますか?そして、今まで感じた「不幸」と比べて、「今、幸せ」何かと比較をしないと、「幸せ」が感じられない。何処か変ではありませんか?人間って変なもんで、何かかと比べないと、実感が出来ない生物です [続きを読む]
  • 所長のカウンセリングアドバイス:深まりの悩み
  • カウンセリングを行っていたり、講義をしていると、この「深まりの悩み」に苦しめられます。より良いカウンセリングを行うためにより良い講義を行うために、色々と体験や勉強をします。処がこれが、「落とし穴」になる事があります。カウンセラーや講師のレベルが上がれば、より深い内容、深い心の洞察を行えるようになり深い受け止めが出来るようになります。でも、相手はまだそこまでのレベルに達していませんから、「?」の状態 [続きを読む]