sin さん プロフィール

  •  
sinさん: 世界の投資ニュースブログ
ハンドル名sin さん
ブログタイトル世界の投資ニュースブログ
ブログURLhttp://toushi-blog.com/
サイト紹介文世界の投資関連ニュースを独自視点でお伝えしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供338回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2015/02/24 23:50

sin さんのブログ記事

  • 「賃貸住宅市場が危ない」、日銀が異例の警鐘
  • 「非常に珍しいことではないか」賃貸住宅市場に詳しい農林中金総合研究所の古江晋也・主任研究員はそう話す。古江氏が珍しいと驚くのは、日本銀行が今年1月に公表した「地域経済報告」の記述だ。この中で日銀は「多くの地主等が短期間のうちに貸家経営に乗り出した結果、貸家市場全体でみると、需給が緩みつつあるとの声が聞かれている」「実際、賃貸物件の仲介業者等からは、郊外の築古物件など相対的に魅力の乏しい物件を中心に [続きを読む]
  • 甘粛省で1億トン級油田を2つ発見
  • 中国中央テレビは中国国土資源省が発表した情報として「2016年のわが国の石油・天然ガス資源の探査・採掘について、中西部と海域における採掘で多くの飛躍があった。(内モンゴル自治区、甘粛省、寧夏回族自治区、陝西省、山西省にまたがる)オルドス盆地では埋蔵量の急増といった状態が続いている。(甘粛省の)隴東地域では南梁と環江の2つの1億トン級の油田が新たに発見されており、西峰油田や鎮北油田とともに10億トン [続きを読む]
  • 世界最速のトレーダーら、なぜ成績さえないのか−存在意義自問始める
  • 高頻度トレーダーたちは壁に突き当たった。  スピードとテクノロジーを武器に不公平な優位があると高頻度取引会社を批判する声もあるが、こうした取引を手掛けるトレーダーらのリターンは低下傾向にある。苦戦の理由の一つは、今回の上昇相場には比較的波乱が少ないことだ。これは相場の変動と取引の量を抑え、高頻度トレーダーにとって逆風が吹く。  グリニッチ・アソシエイツの市場構造・テクノロジー担当アナリスト、リチャ [続きを読む]
  • 3R-リアルFX トレーディングスクール
  • 【3冠達成!!】3R-リアルFX====================2015年12/15〜2017年6月26日http://hisa-realfx.com/all.htm※利益:4452万円====================【3冠達成!!】3R-リアルFX▼3R会員様からの感想のページ⇒ http://hisa-realfx.com/affi/kanso.html※随時更新していますまた、3R会員限定のLIVEセミナーも、だんだん盛り上がってきており、同じ目標を持った仲間が集う場所としても、とて [続きを読む]
  • 【FX】1ヶ月で21万円稼ぐ方法、公開します!
  • ※1ヶ月で21万円以上も稼げる方法公開!まもなく6月が終わろうとして、2017年の半分が終了します!今年の後半戦が始まろうとしていますが、準備はできていますか?何の準備か?もちろん、お金の準備です!これから本格的な夏、そして秋、冬とお金を使う場面はたくさん出てきます。それに備えてお金の準備が必要だと思いますけれど、このFXツールを使えば、いとも簡単にお金を稼げるって知っていますか?サイン通りで10年無敗!Easy [続きを読む]
  • ビットコインの価格が乱高下、まるでステロイド系ETFのよう
  • 仮想通貨ビットコインは最近、フラッシュクラッシュや身代金要求型ウイルス(ランサムウエア)サイバー攻撃で、安定に向けた歩みがすっかり後戻りしてしまった。比較対象となる資産を見つけるのは難しいが、最も近いのはレバレッジという「ステロイド」を効かせた上場投資信託(ETF)だろう。  こうしたETFは非常にボラティリティーが高いとみなされているが、ビットコインは今や「ディレクション・デイリー・ジュニア・ゴ [続きを読む]
  • 名うてのプレイボーイの3階建てNY豪邸、21億円で売り出し
  • フランス生まれの起業家・写真家・美術品収集家で、プレイボーイのジャン・ピゴッツィ氏は1986年、マンハッタンのセントラル・パーク・サウスにあるハンプシャーハウスの「眺めの素晴らしい小さなアパート」に住んでいた。  「私は身長6フィート4インチ(約193センチ)の大男だから広いスペースが必要だ。そうでないと閉所恐怖症のようになってしまう」とピゴッツィ氏は最近の電話インタビューで語った。  ピゴッツィ氏はア [続きを読む]
  • ドイツ国債が2015年以来の大幅下落、ECB総裁発言に反応
  • 27日の欧州債市場ではドイツ国債が約2年ぶりの大幅下落となった。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がデフレ圧力はリフレの力に置き換わったと指摘したことに反応した。  ユーロ圏の中核国と周辺国の国債利回りも大幅上昇した。ECBは12月まで国債購入を継続する方針を示しているものの、投資家らは総裁発言でECBが早ければ秋にも緩和策縮小を表明する可能性があると受け止めた。  ノムラ・インターナショナルの欧州金 [続きを読む]
  • 【マーケット トレンド】日経平均 2万円台維持できるか
  • 東京株式市場は米国や中国の景気動向が注目されそうだ。日経平均株価(225種)は2万円台を維持できるかどうかが焦点となる。前週は米国株高や円安ドル高を好感、20日に約1年10カ月ぶりの高値をつけ、その後はやや軟調に推移した。今週は米耐久財受注や中国の製造業購買担当者指数(PMI)の発表がある。振るわない内容となれば景気への懸念が強まるとみられる。小売業大手は相次いで決算を開示する予定で、業績を踏まえ [続きを読む]