Zattu さん プロフィール

  •  
Zattuさん: ザッツ | zattu - 学びの体験談
ハンドル名Zattu さん
ブログタイトルザッツ | zattu - 学びの体験談
ブログURLhttp://zattu.biz/
サイト紹介文Zattu.biz | ザッツビズは温かいお話や学びの物語、みんなの体験談を集めたウェブサイトです。
自由文Zattu.biz | ザッツビズは温かいお話や学びの物語、雑学など、みんなの体験談から短いお話を集めたウェブサイトです。日々の生活から得られた学びの体験談、教訓に関しての経験談を、たくさんの方から投稿いただきまとめています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/02/26 21:33

Zattu さんのブログ記事

  • 読めない「難しい漢字の食べ物」ランキング 1位は「陸蓮根」
  • 普段、ひらがなやカタカナで目にすることの多い食べ物の名前の中には、漢字で表記すると、クイズの問題にでもなりそうなほど、難しいものがあります。また、使われている漢字自体は難しくないものの、漢字だけではどんな食べ物かイメージがつきにくいものも存在します。今回の調査では、読めない「難しい漢字の食べ物」をランキングにしました。あなたはいくつ読めますか?■実は読めない「難しい漢字の食べ物」ランキング1位:陸 [続きを読む]
  • 2016〜2017年女の子の名前ランキング
  • 1位 心陽  こはる など2位 心桜  こころ など3位 和楓  ほのか など4位 唯愛   ゆうな など5位 紬  つむぎ など6位 凛  りん など7位 向日葵  ひまわり など8位 杏月  あんず など9位 葵  あおい など10位 叶愛  とあ など11位 陽菜  はるな など12位 希咲  きさき など13位 澪  みお など14位 結菜  ゆいな など15位 桜愛  さくら など16位 柚愛  ゆあら など17位 楓  かえで [続きを読む]
  • 2016〜2017年女の子の名前ランキング
  • 1位 心陽  こはる など2位 心桜  こころ など3位 和楓  ほのか など4位 唯愛   ゆうな など5位 紬  つむぎ など6位 凛  りん など7位 向日葵  ひまわり など8位 杏月  あんず など9位 葵  あおい など10位 叶愛  とあ など11位 陽菜  はるな など12位 希咲  きさき など13位 澪  みお など14位 結菜  ゆいな など15位 桜愛  さくら など16位 柚愛  ゆあら など17位 楓  かえで [続きを読む]
  • 「相殺」はなんて読む? つい間違えやすい漢字の読み方6選
  • 何度打っても、スマホの変換で漢字が出てこないことはないでしょうか? 「おかしいな」と思って、一字ずつ入力して初めて読み方の間違いに気づくなんていうこともあるはずです。最近のスマホは入力が間違っていても、予測で正しく変換してくれるものもあるため、間違いに気づけないことも……。そこで今回は、間違えた読み方で覚えられていることの多い漢字をいくつか集めてみました!この機会に復習してみましょう。■奇しくも( [続きを読む]
  • 野球用語の漢字+カタカナでAKBの曲のタイトルっぽくなる
  • 野球用語を漢字にしたものとカタカナを組み合わせて表をして読んでみると、AKBの曲のタイトルっぽくなることってありませんか?盗塁カニザレスとかみんなの漢字力2: 野球用語の漢字でAKB :2017/01/23(月) 三遊間ポテロング3: 野球用語の漢字でAKB :2017/01/23(月) 本塁打ロマック4: 野球用語の漢字でAKB :2017/01/23(月) 重盗テキサス5: 野球用語の漢字でAKB :2017/01/23(月) 三振ゲッツー6: 野球用語の漢字でAKB :2017/01/23 [続きを読む]
  • 漢字だと読める気がしない宝石ランキング:2017前期
  • 今回は「漢字だと読める気がしない宝石」を調査・ランキングにしてみました。一番読める気がしない宝石は、一体どの宝石だったのでしょうか?漢字だと読める気がしない宝石ランキング順位宝石 漢字名宝石 読み方総得票数1位橄欖石ペリドット1,292票2位金緑石クリソベリル310票3位電気石トルマリン306票4位蛋白石オパール215票5位柘榴石ガーネット185票6位金剛石ダイヤモンド164票7位瑠璃ラピスラズリ158票8位孔雀石マラカイト147票 [続きを読む]
  • 「十柱戯」これ読める?漢字で書くと読めなくなる球技ランキング
  • 「今回のアンケートで野球に投票したヤツ手を挙げろ」アメリカの次に「野球大国」と呼ばれる日本では、野球という言葉を知らない人はいないと思います。…ね!?実は日本でも盛んに行われている球技には大体漢字での表現が用意されており、野球以外にも「◯球」みたいな名称が結構あります。そこで今回は「漢字で書くと読めなくなる球技」を調査・ランキングにしてみました。一番わかりにくい球技は何だったのでしょうか?1位:孔 [続きを読む]
  • 松岡修造さんに全力で応援してもらいたい
  • 本日は台風も去ったので松岡修造さんに元気をもらいましょうということで、Twitterから集めた名言集やサントリー「C.C.レモン」のキャンペーンでおこなっている松岡修造さんが自ら作詞したという元気応援ソングの紹介となります。怒る時には、自分の身長の高さから厳しい態度で言うこと。褒める時には、必ず子供の視線までしゃがむこと。    ―  松岡修造― Genzan (@GenzanInbra)2015年7月18日 3:06:05松岡修造のCOOLBIZの広 [続きを読む]
  • 力になれれば、と思った私が学ばせてもらったこと
  • 家の最寄り駅の近くには、目の不自由な方々の何かの施設があるようで、時々駅前の交差点で白い杖をついた方とご一緒になります。私が初めて勇気を出して、「お手伝いしましょうか?」声をかけることが出来たのは、10年くらい前のことでしょうか。「お願いします」と行っていただけた時は、ほっとしました。周りの方もよく言うのですけど、もっと単純に、例えば電車内で席を譲ろうとした時に遠慮されたりすると、次のときに声をかけ [続きを読む]
  • 本当に人に好かれる人は周りが勝手に助けてくれる!
  • 私の学校の友達にはどうしても人から好かれる人がいました。その人は子供のころはとっても天然でかわいらしい人でした。モテる人って結構女子から嫌われたりしますが、その頃から本当に男女関係なく好かれていました。中学生になったときに印象的だったのは、その子が先輩からいじめられた時でした。どうやらその先輩の彼氏がその子を好きなったようで、そのことで部活中に呼び出されたのです。私は部活の部室が隣りだったため、偶 [続きを読む]
  • 本には、人間の人生を変えることの出来る無限大の力があることを実感
  • 学生生活もあっという間に終わり、社会人生活が始まったものの、公私ともに中々うまく行かない日々が続いていました。最初の就職先も自分のやりたい仕事とは程遠く、と言うよりも…自分がやりたい仕事自体が分かっていない状態でした。この先何十年も、ずーとこの会社でこんな仕事をして生きて行くのかと思うと脱力感に襲われ、気づくといつの間にか退職していました。その後、再就職はするものの、前向きになれない日々が続き、こ [続きを読む]
  • 母子家庭の頑張りママさんから学ぶ事は多い
  • 我が家の近くに住む母子家庭のママさんと、偶然、スーパーで出逢った時に、両手に食パンの耳の袋をぶら下げていらっしゃったので、生パン粉でも作られるのかとお聞きした所、子供と自分の毎日の朝食用で、パンの耳にチーズをつけて焼くと、美味しくて、それでいて、安価で済むので、節約の一つだと申されて、笑っていらっしゃいました。それを主人に話した所、主人の会社のシングルマザーも、初めはパート勤務だが、子供の教育費等 [続きを読む]
  • 彼氏との別れが成長につながりました
  • 今の私は結構客観的に物事を考えられるタイプだと思います。けれど以前の私は全く反対のタイプでした。嫌なことがあると、怒りで表現し回りが見えなくなってしまうという傾向にありました。そして思うようにいかなかったり、自分の要望通りに人が動かないと無視という形であらわしていました。それが成長し、冷静に物事を見れるようになったきっかけは、結婚前提で長い間付き合っていた彼氏と別れた事です。当時の彼は非常に優しく [続きを読む]
  • 日暮れに子供だけで遊ぶ姿に、胸騒ぎを覚える日々
  • 我が家の住まいとするマンションの裏手には、マンション所有の公園が隣接しているのですが、平日は勿論の事、土曜や日曜といった休日も、朝から夕刻遅くまで、公園とマンションのエントランスを、自分達の遊び場として、騒いでいる数人の子供達がいるのです。いつも、同じメンバーの数人の子供なのですが、雨の日でも、屋外でぬれながらでも遊んでいて、風邪をひかないのかと心配になるのですが、その子供達が、親や家族と会話して [続きを読む]
  • 痛快!見る目のある人は違うと思った話
  • うちの職場には二人の人気者がいました。片方は地味で冴えない私に陰でつらく当たったり笑いものにしたりする人で、しかし美人で明るくてトークが面白いのでみんなからは人気者でした。もう一人は仕事ができない私のフォローまで入れてくれる心優しい人で、決して美人ではなかったけど、優しそうな顔でその性格の良さからみんからひそかに好かれる人気者でした。この二人の違いはおそらく私が一番感じていたと思います。片方の人は [続きを読む]
  • 恥ずかしがらずに、正直に相手に伝えるという事の大切さ
  • 私は大学二年の時から卒業まで、三年間同じ男性に恋心を抱いていました。女性四人と男性一人のグループで、いつも一緒にいて、おしゃべりをして、とても楽しい毎日だったのですが、彼に想いを伝えられないでいました。一緒にいる時間が楽しくて、もし告白をしてしまったらグループが壊れてしまうような気がして不安だったのです。結局、三年間告白できずに、卒業を迎えてしまいました。卒業式の最後に、付き合って下さいと告白した [続きを読む]
  • 小さな親切、大きなお世話とはもっともだと思うことが起こりました
  • 以前、デパートのエレベーター乗り場でドアが開いているのに、ミゾにハマって困ってるお年寄り(おじいさん)がいたので、私は「大変だ、助けてあげなくちゃ」と思い、近づいて車椅子を押したら意外と深くハマっていて、ひとりの力じゃ無理かなと思いましたが、周りには人が居なかったので、そのままにするわけにもいかないと思い、一所懸命押したり引いたりとして、やっとミゾから外れてホッとしたのもつかの間、私は耳を疑いました [続きを読む]
  • 自分の気持ちに素直になることはおかしいことではない
  • 夫は素直な人で嫌なものは嫌、したいことはしたいとハッキリ言える人です。私の実家に行っても嫌いな食べ物は作った母の前で平気で避けることができるし、お腹いっぱいになった後には横になることもできます。私が逆の立場だったら絶対に出来ない行動を出来るので、自由な人だなと少し嫌な感じに思っていました。ある時に夫に「どうしてあの時、助けてくれなかったの?」と問いただしました。私はその場面では「大丈夫。一人で出来 [続きを読む]
  • 自分が変わる事で、他人も変わっていきます。
  • 最近、毒親という言葉が流行っていますが、私の母親も、その毒親でした。私の幼い頃は、母が父と喧嘩をし、大声で怒鳴る叫ぶ、皿が割れる、包丁が足下に突き刺さる、そんな家庭環境でした。私は小さな弟を連れてよく二階の部屋へ避難しました。そして弟を抱っこしながら、喧嘩が収まるのをひたすら待ったものです。私はなぜ喧嘩が起こるのだろうと考えました。そして、それは母が日常生活に不満を持っているせいだと気づいたのです [続きを読む]