rci さん プロフィール

  •  
rciさん: 着るものをどうしたらいいか考える
ハンドル名rci さん
ブログタイトル着るものをどうしたらいいか考える
ブログURLhttp://rci.hatenablog.com/
サイト紹介文自分スタイルづくりに向けて楽しくトライ&エラー中。アクセサリーなど小物が好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/03/01 17:46

rci さんのブログ記事

  • おしゃれすることに罪悪感がある人のこと
  • おしゃれにうつつを抜かすのを、まるでいけないことのように言う人が時々いるよね。まあ、生活が破綻するほどやるのはどうかとは思うけど、自分のお金で好きなことして何が悪い、と私は思うので少しも納得いかないです。好きなことにうつつくらい抜かさせてくれ。それから、自分の親がそういうことを言う人だったので、今でもおしゃれすることに罪悪感がある、という人にも時々会います。すでに乗り越えたという人もいるから、数と [続きを読む]
  • じぶん専用コーディネートレシピを作ってみた
  • 朝なにを着ようかと選ぶ際に、どのようにアイテムを組み合わせてコーディネートするかに、ある程度決まった方法ができてきました。こういうやり方をすれば、変なことにならずにそこそこ上手くいくという、じぶん専用必勝パターンです。頭の中の整理を兼ねて、書いてみます。0準備 自分に合うアイテム一式がそろったワードローブこれがないと何も始められません。卵がないのに目玉焼きを作りたいなんてチャレンジング過ぎます。 [続きを読む]
  • 2016年に買って失敗したもの……
  • 先日書いた「2016年に買ってよかったもの」の続きです。今回は去年の失敗について。去年から、服や小物、雑誌など衣生活関連の買い物をすべて記録しています。しばらくたった今、そのリストを見直してみると「なくてもよかったなー」と思うものも多々ありました。1 いちばんよくある失敗パターンヤフオクやメルカリで「ちょっと気に入ったかも」程度のアイテムを安いからといって気軽に落札して、着てみたらイマイチだった、と [続きを読む]
  • 2016年に買ってよかったもの
  • 2017年に入ってしまいましたが、昨年2016年に「買って良かった!」と思えるものをご紹介します。2016年は、服関係で使ったお金と入手したアイテムをすべて記録しておきました。見直してみると失敗や無駄遣いも多々(多少ではなく多々…)あるのですが、そっちの話はまたいずれ……。まずは良かったものから。見直してみるとほとんど小物。服は必要なものがもう揃っているということもありますが、小物はとても使えるんだということ [続きを読む]
  • 「私服の制服化」にアイテム追加
  • 今まで手を出さなかったアイテムに手を出しました。柄物のスカートです。自分の「制服」を決めたときには入れなかったアイテムなのですが、取り入れてみると、意外といいかも。そもそも、冬に寒色を中心にしたコーディネートをすると、どうも寒そうに見えるのが気になって、この冬は温かみのある色を取り入れたいと思っていたところでした。また、柄でごちゃごちゃするのが苦手なので、遠目には無地に見えるようなアイテムを選ぶよ [続きを読む]
  • 冬に良さそうなインナー見つけた
  • ユニクロをのぞいてたら、良さそうなインナーを発見したので買ってきました。これ。www.uniqlo.comウールとポリエステル混紡のタートルネックTシャツです。いままではヒートテックを買っていましたが、ヒートテックが首元や袖口から見えるとヨレヨレしていて貧乏臭い感じになっちゃいます。かと言って、インナーとして着るにはセーターでは分厚すぎる。コットンの長袖Tでは寒い。そういう隙間を突いたアイテム。どの色もベーシック [続きを読む]
  • 差し色アイテムを再考
  • 秋が深まってきて、いろいろなアイテムを組み合わせて着るのが楽しいこのごろです(毎朝楽しい!)。何度かすでに書いていますが、私はグレーやブルー、シルバー、ライトベージュを基本色にしているため、秋冬にどうしても寒々しい印象のコーディネートになりがちなのが、面白くないなーと思っていました。そこで、差し色用にマスタード色や赤のセーターを取り入れてみたりしたのですが、どうも落ち着かない。この夏にもラズベリー [続きを読む]
  • 「88診断」というものがあるらしい
  • 「結果に振り回されるな」等と最近は批判されがちな「○○診断」系ですが、「88診断」(88診断 - シンデレラプランニング|CINDERELLA PLANING)というものがあるのを知りました。「テイストスケール法」の22テイスト(テイストスケール法の紹介 | Impression & Expression)に春夏秋冬のパーソナルカラー4種類を掛け合わせて、似合うスタイルを88タイプに分類してくれるというもののようです。この「88診断」は受けてはいないので [続きを読む]
  • 海外旅行先で服装について考える
  • 少し前に、旅行でフィレンツェに行きました。私でさえ行くくらいの場所なので、世界中から観光客が集まってくる街です。地元の人に混じって世界中のさまざまな地域の人が街中を歩いていました。ヨーロッパに行くとハッとするのは、金髪や茶色の髪の人が、薄いクリーム色からベージュ、茶色のグラデーションで、自分の髪色に合わせた装いをしているのを見たときです。すごくベージュが綺麗にはまっていて、ああいう感じは日本では [続きを読む]
  • 秋冬トレンドと自分的距離感
  • このまえユニクロの前を通りがかったら、すっかり秋アイテムだらけになってました。ついつい誘い込まれて中を見て回りましたが、今シーズンはくすんだベージュやカーキ、黄土色、煉瓦色みたいな色が多いですね。UNIQLO|ユニクロ公式サイト見ている分には秋らしくて素敵なのですが、私は「くすみ色」はものすごく顔映りが良くないので、これは避けるの一手です(「地味なおばさん」になりたければ超似合うんだけどね;;)。それ [続きを読む]
  • 年を取ったら良いものを着たほうがいいという話
  • 8月からジム通いを始め、面白くてすっかりそちらに夢中になっていました。トレーニング用のウェアをそろえたり、とか、ね。(やっぱりそこか!)今までしなかったことをするようになってみると、いろいろ気づく点があります。たとえば、ふだん仕事に行くときの服に比べてジム用の服は露出がだいぶ多いのですが、それは鍛えた自分の身体こそがアクセサリーだからなんだなあ…、とか。身体をうまく隠すよりも、見せびらかすことに重 [続きを読む]
  • 着回しできるワンピース、着回しできないワンピース
  • 毎日暑いです。こう暑いとワンピースしか着られません。トップスとボトムスがつながっているおかげで、ウエストのところも風通しがよいので、ついつい毎朝ワンピースに手が伸びてしまいます。週5日のうち3日はワンピースを着ているような気がします。そして、週末も出かけるときには「着替えが楽だから」という理由で、やはりワンピースを着ている。もう、すごい活躍ぶりです。着回しできるワンピースとは?さて、その中でもとく [続きを読む]
  • 夏のセールで買ったもの:プチプラ編
  • 必要なアイテムが揃ってきたー、なんて書いてはいますが、今回のセールでもしっかりお買い物しております。備忘を兼ねて記しておきます。ユニクロのストレッチブレザーいまはもう公式サイトにも出ていないものですが、ネイビーのブレザーをユニクロで買いました。元は8000円くらいのものが2000円弱になってました(出た!安買い自慢)。試着してみたところサイズがぴったりで、変なしわも出ない。ベーシックなネイビーブレザーを [続きを読む]
  • 自己評価が低いと服装が変になる
  • 今日は朝から役に立つ記事を読みました。www.hisano-risa.com「毒親」という略称がすでに定着しているほどですが、念のために記しておくと。毒親とは、スーザンフォワードの著書『毒になる親』に書かれているような、子供を精神的・肉体的・経済的に虐待するひどい親のこと(毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫))。上の記事にも記されていますが、そういう親に育てられると自己評価が不当に低くなっちゃう。だって子供の [続きを読む]
  • スーツ系じゃないかっこいい仕事服
  • この記事で紹介されているケイトブランシェットの服がすごく好き。wol.nikkeibp.co.jp社内で製作などの作業ができるくらいのカジュアルさがあって、ファッショナブルすぎるあまりけばけばしくなったりせず、かつ大人っぽく高品質。こういうお手本てなかなかないんだよね!ベーシックカラーに近い範囲でのニュアンスカラーどうしの組み合わせも、とても素敵で好みであります。 [続きを読む]
  • 自分スタイル作りにあたって考えること
  • 以前にも読んだこの本、高村是州著『ファッション・ライフのはじめ方』を再読しました。ファッション・ライフのはじめ方 (岩波ジュニア新書)作者: 高村是州出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2010/10/21メディア: 新書購入: 6人 : 112回この商品を含むブログ (11件) を見る服と自分自身・他人との関係、内面と外見の関係、カッコいい・おしゃれ・素敵とは何か、といった問題について本質的に答えてくれる内容だと思 [続きを読む]
  • セールが始まったのにバッグを定価買い〜
  • 買ってしまいましたよ……クラッチバッグ。チェーンをつけてハンドバッグ状にすることもできるし、中に仕切りがたくさんあってお財布も兼ねられるという、便利アイテムです。繊細かつクールな雰囲気に以前から目をつけていて、お店を先日のぞいてみたら「6月末まで、この店舗のみ」で限定色のアイテムが出ていました。いままでは定番色のシルバーかブラックがいいかなと思っていたのですが(他にゴールドもあり)、限定色はネイビ [続きを読む]
  • サマータイプの人にとっての黒
  • 夏に黒のアイテムを使ういままでにも時々書いたことがありますが、パーソナルカラーがサマータイプの私としては、黒い服は自分にはきつ過ぎるため、ワードローブの見直しを始めてからだいぶ減らしました。どれだけ減らしたかと言いますと、喪服用一式と、冬のインナー用長袖ブラウス(寒い時の重ね着用)、それに半袖シルクニットのカーディガンのみを残して全廃してしまいました。この黒い半袖ニットのカーディガンも整理してしま [続きを読む]
  • 夏はピアス
  • 毎日のようにピアスが活躍しています。服がなにげないものでも、ちょっと特徴のあるピアスをしていると、それだけで全体がいい感じに見えるような気がします。冬の間は、帽子やマフラー・ストールにひっかかったりするのが嫌で、スタッズ型のごく小さいのをつけっぱなしにしていました(何かつけてないと穴がふさがっちゃう)。夏になると、暑くてストールをしない日も増えるぶん、顔周りが寂しくなります。それでアクセサリーの出 [続きを読む]
  • コーディネートの主役を決める
  • 気に入ったアイテムでコーディネートを考えるのって面白いですよね。以前は、アイテム単品で見て、気に入るとか気に入らないとか考えていたものですが、いろいろと試していると「他のいろんなアイテムと組み合わせられるアイテム」をひいきしたくなってきます。いわゆる「使えるヤツ」です。これは強い。アイテムを単品で見ないで、組み合わせた状態を考えるようにしていると、「全身で目を引く箇所は1か所でよい」ということもわ [続きを読む]
  • 梅雨時に役立つアイテム
  • 「春になった!」と喜んでいたら、もう「そろそろ梅雨かもな〜」と思うような気候になってきました。先日も、久しぶりに大雨に遭遇してびっくりしちゃいました。合皮のスリッポンさて、雨に降られたときにたまたま履いていて助かったアイテムはこれ。プチプラで買ったシルバーのスリッポンです。rci.hatenablog.com合成皮革なので、表面は濡れても、雨が中まで染み込んでこない。白っぽい靴やいい革の靴を履いているときに雨 [続きを読む]
  • 着ない服を捨てるかどうかの判断法
  • しばらく着ていなくて捨てたほうがいいかと迷っている服を、どうしたらいいか簡単に判断する方法、というのを友人に教えてもらいました。実際にその服を着て外出してみるだそうです。特に街中、おしゃれな場所に行ったり、仕事に着て行ったりするといいそうです。①それ以前に、「とてもこの服で街中/仕事になんて行けない」と思うようなら、そんなものはいますぐ捨てるべき。(→服そのものが傷んでいる、着るべきシチュエーショ [続きを読む]
  • 服の流行とアイテム数と寿命と予算と価格帯
  • この本を読みました。ファッション・ライフのはじめ方 (岩波ジュニア新書)作者: 高村是州出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2010/10/21メディア: 新書購入: 6人 : 112回この商品を含むブログ (11件) を見る男子中高生向けのファッション入門なのですが、さすがは岩波ジュニア新書、基本をきっちり書いてくれていて、女性にも役に立つ内容でした。商業主義にあまり流されない書き方になっているのも貴重です。中でも、 [続きを読む]
  • 「適切」に装いたい
  • いま、ふと思いついたので、忘れないうちにメモメモ。単なる思いつきではありますが。何をどう着たらいいかを考えるにあたっていちばん大切なことって、たぶん「おしゃれ」とか「素敵」に見えることじゃないよね。それより大事なのは、「適切な」「ふさわしい」格好をすることではないだろうか。少なくとも私はそう思ってる(ということが、いま自分で認識できたよ)で、何に対して適切かというと、例えば、「その場」「状況」と [続きを読む]