ざっきぃ さん プロフィール

  •  
ざっきぃさん: ガンと闘うと決めた日記
ハンドル名ざっきぃ さん
ブログタイトルガンと闘うと決めた日記
ブログURLhttp://www.nadiacollot.com/
サイト紹介文舌下線原発の唾液腺導管癌のステージ4&頸部リンパ節転移。さらに1年たって肺への遠隔転移。
自由文顎下腺、および舌下線癌のステージ4&頸部リンパ節転移癌、これからどうなるのか、日記に残しながら闘っていきます。同様の症例に悩む人の少しでも参考になれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/03/01 18:30

ざっきぃ さんのブログ記事

  • TS-1とALT
  • 前回の検査から2週間、本日再度血液検査と検診へ行ってきました。問題のあった肝臓の数値のALT、結果から言うとちょこっとだけ下がったものの、ほぼ横ばい状態。このALTってのは主に肝細胞に存在している酵素で、体内でのアミノ酸代謝やエネルギー代謝の過程で重要な働きをするわけなんですが、何らかの原因で肝細胞がダメージを受けると血液中に流れ出し数値があがります。だいたい飲みすぎとか脂肪肝とかウィルス性肝炎とかが原 [続きを読む]
  • 休薬期間延長
  • 先日の検診、いつも通り血液検査を行ったわけですが、ALTの数値が初めて3桁になってしまいました。このALT、肝臓に負担がかかり幹細胞が壊れた時に流れ出す成分の数値なのですが、正常値上限は「35」ここずっと80台で推移していたのですが、先日の検査では「118」に上がってしまいました。大量に飲酒される方や脂肪肝の方の中にはこの数値が300とかになったろするそうなのですが、摂生した生活の中でこの数値はや [続きを読む]
  • 頸部リンパ節郭清と肩の痛みや肩こりの後遺症
  • おかげさまで抗がん剤TS-1の第9クールが終了しました。これから2週間の休薬期間です。このまま飲み続けられますように。。さて、今回はリンパ節郭清に伴う肩のツライ症状について書きたいと思います。 私の場合、唾液腺が原発のガンでしたので唾液腺を摘出すると同時に複数転移していたリンパ節の摘出をおこないました。一般的に言う「頸部リンパ節郭清術」ってやつですね。この頸部リンパ節郭清を行った後に、肩に現れる後遺症 [続きを読む]
  • 体温と免疫
  • つい先日の話なんですが、夜、風呂に入る前になにげに体温を測ったらなんと「36.5度」ありました。これって、けっこうすごいことなんですよね。体温って1度下がると人間の体の免疫力は30%減少し、それに対し1度上がると免疫力は5,6倍に跳ね上がるといわれています。基本的には人体の精鋭維持活動を行っている酵素の働きが変化するからなのですが、それにしても体温が1度上がるだけで免疫力が5倍ってすごくないですか? [続きを読む]
  • がん患者あるある。。
  • いつも病状報告とか真剣な話題が多いので、ちょっと気分を変えて考えた「がん患者あるある」を・・・・検査結果が出るまで異常に時間がかかる・唯一、治療法を自分で決めなければならないのが「ガン」である。・ガンになるとそれ以外のコンプレックスがどうでもよくなる。・生姜がいとおしく感じるようになる。・机の上にサプリメントがあふれる。・代替療法について先生に相談しにくい。・2チャンネルのがん患者板を見なくなる。 [続きを読む]
  • 肺転移癌CT撮影の所見
  • TS-1第9クールも折り返し地点。本日病院で血液検査と検診、それに先日のCT撮影の放射線科の正式な所見レポート内容をお聞きしてきました。肝臓の数値は相変わらず。良くもなければそんなに悪くもありません。考えてみればキツイ薬で酷使されているにも関わらず、この数値で持ちこたえてくれてるのもありがたい話です。がんばれ!肝臓!で、肺転移しているヤツの所見。親玉がひとつで大きさは19mm、子分が2つでそれぞれ6mm [続きを読む]
  • TS-1 9クール目スタートとCTの結果
  • 2週間に一度の血液検査と検診に合わせて、3か月に1回頭頸部から腹部にかけてのCT撮影を行っています。メインは肺に居座っている転移性肺がん。この子が暴れ出さないかチェックするわけです。で、今回のCT撮影の結果、2cmの腫瘍が1mmほど大きくなっていました。とはいっても、CTって断層撮影っていって患部を輪切りにしていくのですが、撮影の度に微妙に輪切りにする場所がずれるので先生いはく、「誤差の範疇」とのこと。ん [続きを読む]
  • カテーテルによる最新癌治療
  • 医学の進歩はすさまじいもので、今や癌患者の半分近くは抗がん剤や手術、放射線治療で治る時代といわれています。私の場合、唾液腺導管癌は摘出手術によって治療し、さらに患部に放射線を30日照射、残念ながら肺に転移してしまったので、おとなしくしておいてもらうためにST-1という経口タイプの抗がん剤を約1年投与しています。治すというより、仲良く共存という形を選択しているのですが、人によっては腫瘍が大暴れしてどうに [続きを読む]
  • TS-1 8クール目終了
  • 抗がん剤TS-1の8クール目が終了しました。抗がん剤を飲み始めて約1年。長いですね。。でもおかげで肺に転移している腫瘍さんもおとなしく共存してくれてます。TS-1の服用期間は基本的に1年なんですけど、いろいろ調べてみると2年とか長期服用されている方もいらっしゃいますね。私の担当の先生も「量を減らして肝臓の負担を軽くして長く続けることが重要です」っておっしゃってました。幸い日常生活に支障が出るような副作用は [続きを読む]
  • 放射線照射の思わぬ副作用
  • 毎年この時期になると思うのですが、唾液腺癌の切除手術のあと30日間の放射線治療を行って、唯一良かったことがあります。それは・・「鼻の花粉症の症状が出なくなったこと」です。以前はこの季節は、それはもう辛いものでした。鼻のかみずぎで鼻の下は皮がむけ、常に鼻声、朝は鼻が詰まって目が覚め、鼻にティッシュを詰めてマスクをし通勤したりしてました。それが放射線をあててからというもの、テレビのニュースで今年は花粉 [続きを読む]
  • TS-1 現在の副作用 歯茎の出血等
  • 抗がん剤TS-1の服用を始めてすでに8クール。おかげさまで最初心配していた副作用もキツイものは現れず、肝臓数値も良くはないものの安定し、白血球の数も基準を少し下回るくらいでこちらも安定しています。ですが、やっかいな副作用がまったくない訳ではなく、最近新たな副作用が顕著に出始めました。それは歯茎からの出血。まぁ、粘膜の炎症が出るのは初めに調べてわかっていましたし、また、もともと歯茎がそんなに強いわけでも [続きを読む]
  • 頸部リンパ節郭清と肩
  • TS−18クール目も2週間が経過し、本日中間検診に行ってきました。血液検査による肝臓の数値は変化なし。良くもないが悪くもない。白血球の数値も基準値を少しだけ下回っているものの、これくらいなら全く問題なしということで後半戦もOKサインが出ました。今日の検診で先生が、体調で変化はないですか?といわれたので、あれだけひどかった肩のハリと痛み、特に痛みが最近は全くないことを告げると先生から「両腕を上げてみ [続きを読む]
  • TS-1 8クール目スタート
  • 本日病院にて定期健診。血液検査の結果。肝臓数値も良くはないもののそんなに悪くもない状態で横ばい、白血球の数値は基準値内AST(上限35)が56ALT(上限35)が89白血球数(下限35)が40ということで無事抗がん剤TS-1の8クール目本日スタートです。体調も最近眠いことを除けば特に悪くもありません。あえて言うなら、最近鼻の粘膜が荒れていてよく鼻血が出るくらいですね。。抗がん剤をやっている者にとって一番厄介 [続きを読む]
  • TS-1、7クール目終了
  • 先日TS-1の7クール目が無事終了いたしました。4週間投薬して2週間休薬ですので、8クール終了で約一年という計算になりますね。TS-1は症状や副作用の有無によって1年投薬の場合と2年投薬の場合があるそうですが、私の主治医の先生は、投薬量を減らしてでも長期間服用することが最優先という考えですので、おそらく血液検査での肝臓の数値を見ながら2年投薬になると思われます。実際肺に転移している腫瘍も暴れることなく、そ [続きを読む]
  • 唾液腺切除で虫歯発生
  • TS-17クール目も順調。目立った副作用もなく過ごしているのですが、最近ちょっと困った症状が出始めました。それは「虫歯」抗がん剤とは全く関係はないのですが、私の癌は「唾液腺導管癌」つまり唾液の通り道にできた腫瘍なわけで、手術で右半分に3つある唾液腺のうち「顎下線」「舌下線」と導管を切除しました。つまりは口の中の右半分唾液が出ないわけです。唾液の役割はたくさんありますが、その中の一つに「歯の再石灰化を促 [続きを読む]
  • 抗がん剤ST-17クール目スタート
  • 幸い日々、特に体調が悪くなることもなく、休薬期間も終わり、抗がん剤ST-1の7クール目がスタートしました。2週間に1度の検診時には必ず血液検査を行い白血球と肝臓数値のチェックをするのですが、白血球の数値は減りすぎることもなく安定していますが、やはり肝臓の数値が戻らないですね。ALTが限界値の倍の数値で変化なしでした。肝臓にいいと思われるサプリとか試していますが、よろしくない値で安定しちゃってますね。。。 [続きを読む]
  • 検査三昧の1日でした。
  • 抗がん剤ST-1の6クール目も終盤にさしかかり、恒例の血液検査に行ってきました。今日は下腹部の違和感も気になっていたので泌尿器科も受診血液検査 → 検尿 → 泌尿器科 → 耳鼻科 → CT撮影 → 泌尿器科 → 耳鼻科 → 会計疲れました。。。こんな感じでいろんな科や検査ができるのが大病院の強みなんですけど、その分患者さんも多いので時間がかかりますね。検査の結果、一番気になる肺の腫瘍サイズは変化なしでした。まぁ、現状 [続きを読む]
  • TS-1 6クール目スタート
  • おかげさまで、休薬期間も無事終わり、抗がん剤TS-1の6クール目がスタートしました。しかしながら、肝臓のALTの数値が限界数値より少し悪い部分で停滞したまま改善してくれないのでTS-1が20mgx3錠から25mgx2錠になりました。先生曰く、肝臓の様子を見ながら長く飲めるようにすることがたいせつですから。とのことです。写真を見ていただくとわかりますが、一回り大きくなって、色が水色からオレンジになりました。間違 [続きを読む]
  • TS-1 5クール目終了
  • 今週の水曜日で抗がん剤TS-1を飲み始めて5クールが完了しました。2週間の現在休薬期間中です。転移をおこしている右肺の奥には常に違和感を感じ、「あぁ、まだここにいらっしゃるねー」とわかる状態でありながら、ひどい副作用もなく淡々と抗がん剤を続けれているというのもある意味「幸せなことだなぁ」としみじみ感じたりすることもあります。よく人から「そんなに悪性度の高い癌で、しかも肺に転移して、先生からは全身癌とか [続きを読む]
  • 今朝も朝からニンジンジュース
  • 思えば1年前に石原ドクターのヒポクラティックサナトリウムで10日間のニンジンジュース断食をして以来、朝食は「人参3本リンゴ半分レモン半分」のニンジンジュースです。自分でもよくまぁ続いてるなぁと思いますが、なんていうか、習慣にしちゃえば朝起きてニンジン洗って切ってジューサーに入れて、ジューサー洗ってジュース飲んでサプリを飲むってのがまったく当たり前のように毎朝の日課になっています。ニンジンジュースを [続きを読む]
  • TS-1 5クール目スタート
  • 今週月曜日、2週間に一回の血液検査の結果、白血球は下限35のところ38で問題なしだったのですが肝細胞破損による酵素流出を示すALTが上限35のところ73まで跳ね上がってました。この数値が大きすぎると完全に肝機能障害扱いなのですが、まぁ、まだ大丈夫でしょう、次回で数値が増えていたら現在最大量投与しているTS-1(20mgx3)を20mgx2に減らしましょう。ということで抗がん剤の5クール目スタートしました。肝臓機能が低 [続きを読む]
  • 先日のCT検査結果
  • 抗がん剤TS-1も4クール目を終わり、先日肺に居座っている転移癌のCT撮影と血液検査を行ってきました。診察室に入るといつもは2週間後に結果を知らされるのに、今回はすでにCTの画像が来ており、先生がじっくり眺めていました。「何この雰囲気?」「ひょっとして癌が成長してる?」肺の転移癌が成長していた場合、抗がん剤はTS-1からシスプラチンに切り替わり2週間入院しての抗がん剤投与となります。それだけは避けたかったので [続きを読む]
  • 乳酸菌サプリを変えてみました。
  • 今回のクールのTS-1も大した副作用が出ず順調です。とはいえ、一昨日眠気を伴っただるさがひどく早々に床に就きました。体調との兼ね合いでしょうかね、ごくごくたまにこういう症状がでます。あと、釣りで全身日焼けして目立たないのですが、足の指、特に小指の色素沈着がひどくどす黒く変色しています。まぁ、靴下履けば見えないのでいいんですけどね。ところでずっと愛用している乳酸菌のサプリを変えてみました。今までは乳酸菌 [続きを読む]
  • いつもより早い血液検査
  • 前回の血液検査で、白血球の数値は許容範囲内に戻ったものの、肝臓の数値がちょっと芳しくなかったため、いつもより一週間早く血液検査を本日行いました。結果は、肝臓関連の数値は正常範囲に復帰。しかし白血球の数値が正常範囲より少し低下という結果でした。先生いわく、白血球の数値は体調によって変動しますし、低いといっても3500下限が3400と少しだけ下まわっているだけなので大丈夫でしょう。とのこと。帰りに1週 [続きを読む]
  • 遠方の友より連絡あり
  • 抗がん剤TS−1も3クール目2週間が経過しました。以前は石垣島遠征とか休薬期間に設定していたのですが、あいかわらず拍子抜けするくらい副作用が無いので8月に入ったら投薬中に石垣島に遠征釣行に行く予定。闘病中でも楽しまなきゃね。^^よくね、ガンだとどうしても精神的に参ってしまう人が多い(まぁそういう病気だから仕方ないんだけどね)んだけど、ガンが増えたり大きくなったりするのを抑えてくれる「免疫機能」はメン [続きを読む]