心の模様 さん プロフィール

  •  
心の模様さん: 心の模様
ハンドル名心の模様 さん
ブログタイトル心の模様
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/gooinasa
サイト紹介文心の中の一つ一つを整理して、いつか素敵な部屋にしてみたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2015/03/01 20:32

心の模様 さんのブログ記事

  • 伝言
  • 大丈夫また慣れるだけだから仕事だってそうだったもの4月は生きた心地もしないようなただひたすら闇を彷徨ってるような感覚でそれでも今になるとそうでもなかったようなやりたいこともやれるようになってる犠牲はもちろんある解決は睡眠時間でも慣れたらどんなに睡眠時間が短くなっても何だか平気みたい犠牲だとも思えない歳を重ねたから感覚が鈍くなったのかなそれならそれでいいじゃないってだから今回のこともまた慣れるだけ少 [続きを読む]
  • 期待する笑顔
  • あなたが笑う私が笑う楽しそうに嬉しそうにあなたの笑顔に何か意味はある?昔にそんな笑顔を向けるから誤解するんじゃないかと言われたことがある笑っちゃいけないの?って意味がわからなかったでも今ならわかる想う相手に笑顔を向けられたら楽しそうに嬉しそうに笑顔を向けられたならその相手に期待してしまう自分と同じ気持ちだったらいいなってあなたが笑う私も笑う楽しそうに嬉しそうにあなたの笑顔に何か意味はある?ねぇあな [続きを読む]
  • 休日出勤
  • ぶるっと震える朝まだ9月なのに少し寒いけど休日なのに出勤だけど何かいいことありそうな清々しくて楽しい気分さすが休日人は少ないし電話は鳴らないし落ち着いて仕事に向かえる静かな空間誰かが笑った私も笑った何だか楽しい雰囲気をこの部屋にいる人たちで共有してるこの人はこんな風に笑う人だったんだって初めて気付くいつも余裕なく仕事してるからいろんなことが新鮮に思えて月曜日からまたいつもの日課に戻るけどちょっと違 [続きを読む]
  • 強い彼女
  • 久しぶりに彼女の走りを見た彼女のフォームは美しいそばにいる人はいつも彼女に見惚れてるそんな彼女が負けた隣で走った負けた友人の方には見向きもしないでそれでもどこか笑みを浮かべて自分の陣地へ向かう迎えてくれた友人にニコニコ顔を見せていたけど肩が落ちているのは隠せない自分の感情を出さないように悟られないようにポーカーフェイスは続く感情に任せるままだった彼女がいつのまに周りに気が使えるようになっていたんだ [続きを読む]
  • 一回だけの感情
  • 親に付き合っている彼の話をして勘当するって激怒されたことがある自分の親だものたぶんそう言うだろうなって予測ができたからなかなか言い出せなかった反対理由はくだらなかったちょっと思い出せないくらいそれでもそんなに反対されて貫ける固執を私は持ち合わせていなくてあっさり終わらせたっけこの人じゃないとだめなのって友人が固執を見せた時羨ましいような微笑ましい気持ちになるこんな私にも思い出せる過去一人のそんな風 [続きを読む]
  • 予想通り
  • 今でも時々ネットであなたの名前を検索してみるあなたは今どこにいるのかなぁって昔々のあなたと私何時間も何時間もの眠らずの秘密の話ただあなたには変なプライドがあった私の中に何をそんなに疑う要素を見ていたの?裏切られるって思っていたの?見た目はかなりのハイスペックなのに人の言葉や心を素直に受け取ることができない人このままじゃあなたずっと一人だから私がずっと好きでいてあげるあなたは苦笑してたけどあなたの得 [続きを読む]
  • エンディング 2
  • コーチたちが目を潤ませて先生たちが目を真っ赤にして泣きじゃくっていた実力に差があったと思う完敗だ悔し涙は出なかった仲間たちは泣いていたけど私はただぼんやりして来年はどうしてるだろうなんて関係ないことを考えてて私たち8人はコートの後ろ端観客席に向かって一列に並びありがとうございましたと最後の礼をした労いの言葉と温かい拍手が私たちの頭上からたくさんたくさん降ってきてああ 終わったんだと我に返ったように [続きを読む]
  • エンディング
  • 涙をどうしても止めることができなくてさすがにしゃくり上げてしまっては隠しても意味のないこと毎休日には朝早くからかなりの遠出いろんな人たちと泣いて笑って握手して忙しい中での辛い止めたいの弱音その中でも確かにあった嬉しい楽しい今となってはすべてが感慨深いもので思い出深いものでもっとこうすればああすればっていつも悩んできたけどそんなこともうどうでもよくて今あるのはただ感謝感謝感謝私の日常生活に華やかな色 [続きを読む]
  • こんな時間
  • 時間潰しのための観光地炎天下なのに人人人で日傘一つも差すのをためらうほどで一人で何か名物を食べようとあちこち歩いてみたけれどどこもやっぱり人人人諦めて人けのない広い広い公園を歩く小さな川の橋を渡りながらふと川の水は澄んでるなあって立ち止まると綺麗な紅白と黒白の大きな鯉が2匹ゆらゆらゆらゆら並んで泳いでるいつにない休日の午後らしい癒される空間だと何だか笑ってしまった今日も暑い空を見上げると薄い雲が少 [続きを読む]
  • 優しい人
  • 優しい人に優しい言葉をかけられて恥ずかしくなった私はこの人のように誰かに優しい言葉をかけてあげてるだろうかって優しい人に大丈夫ですよって言われて勇気が出た心がふんわりして涙が出そうになったから慌てて笑ってごまかしてどんなに自分が疲れてても悲しくても優しくしてあげないといけない時と人がいてこの優しい人にとって今日の私がその時その人だったのかなって優しい心受け取りながら私もそんな心誰かに伝えてみたいっ [続きを読む]
  • いつものように
  • 一つのストーリーの終わりが近付いているあなたと私が一緒に戦ってきたストーリー嬉しかったこと楽しかったことよりも悔しかったこと腹立たしかったことの方が多かったように思うそれでも今うら寂しいような気持ちになるのだから大切なストーリーだった訳でそこではいつも空を見上げてたいつも空に願ってた強いあなた弱いあなた見てきた私遠い地で行われる最後のフィナーレではあなたのどんな姿でも空を見上げながらいつものように [続きを読む]
  • もう一度
  • あなたの視線は分かり易すぎて気付かないふりのヘタな私は下を向くそんな風に見られてたら勘違いしてしまう一人でいるとよく話しかけられるしそれで趣味が同じことがわかって余計な親近感が湧いてくるしあなたを近くに感じて何だか息苦しいそれは嫌な感じじゃなくて楽しい感じなのだけど恋から遠ざかり過ぎたせいなのか歳を重ね過ぎたせいなのか自分の欲望みたいなものが見えてこないじゃあこのまま流されてみようかと考え始めてい [続きを読む]
  • 賭け
  • 私はあなたに賭けてみたどうして私がこんな話をしているのかあなたになら分かってもらえると信じてあなたの答えによってこれからのいろんなことが変わってしまうけど私はあなたに賭けてみた今まで私を見てきて思うところがたくさんあったでしょう悪い所もミスしてしまう所もいっぱいあるけど嘘はついてないわかってくれてるなんてただの私の願望かもしれないだけどだからもし私はあなたに賭けてみたさああなたの答えは [続きを読む]
  • うまく言えないけど
  • いつも強気なあなたが弱音を吐いた何かを諦めたかのようにどこか投げやりで冗談だとも言わないで沈んで行くようで慰めたり励ましたりしなくちゃってぐるぐる頭の中で言葉を探すけど大丈夫なのかなどうしよう何だか怖いって心がキュウって縮こまるし胸が痛くて苦しくなるしだから私の様子がどんどん変になっていくのを見てあなたは沈んで行くのを自分で止めた弱音を受け止めて元気になっていくあなたを見たいなかなかうまく言えない [続きを読む]
  • ためらい
  • 一緒に帰ろうって言われて心臓が飛び出しそうになった挙動不審になっていたのは明らかで変な期待と戸惑いとでその後のことは覚えていない何事もなく家に帰り着いてしまった途端がっかりしたというかほっとしたというかよくわからない自分の心と対峙して何ともヘタレな自分にため息をつく若い頃の自信過剰な私がばかにしたように笑っている気がした [続きを読む]
  • 冒険に誘ったのは私迷わなかったのはあなた計画を練るのが楽しくてああしてこうしてそれからってその日が待ち遠しくてその日が近づいてくるとテンションも上がってきてそれなのにその日私は何を間違えたんだろう冒険は成し遂げられたのに私たちは確かに何かを失くした冒険という名の逃避行心に穴が空いたまま失くしたものを私もあなたも今は必死に追い求めてる [続きを読む]
  • 夢見る
  • 綺麗な景色を見に行きたいできるならあなたと二人で静かに眺めていたい時間が経つのも忘れて呆けたようにただぼんやり二人でいたいどちらからともなく自然に手を繋いでいて繋いでいたことに驚いて二人で笑い合いたいひとときの幸せ時間ただ夢見るだげだけれど [続きを読む]
  • 誓う
  • 助けてって泣いてる自分がガクンと体が揺れてうたた寝から覚めた途端消えていたああかなり追い詰められてるなっていつも自分にため息が出てたもし助けてって言ったなら誰かが助けてくれるような気はしてたでも助けた人が今度は私の代わりに苦しむことになるからやっぱり助けてなんて言わない方がいいそう思っていたのにそれなのにあなたはあっさり何も言わずに私を助けてしまってまるで何事もなかったかのようにひょうひょうとして [続きを読む]
  • 望んでいる関係
  • 穏やかで優しい声であなたが私の名を呼ぶその度私は嬉しそうに少し急いでそっと近寄るとすっと私の横に立つから私のドキドキは漏れだして私の全身は震えるように熱くなってでもあなたのそばにいるとそんな私を隠す必要はない気がしてくるあなたは私に何も求めない癒しを求められるのが当たり前になってた私にあなたの笑顔は反対に私を癒すああこの関係がなるべく長く続いたらいい今の私が望んでいる優しくて穏やかな関係 [続きを読む]
  • 悲しみの行方
  • 私の悲しみはいつも誰も気付かないだから私は一人で闇を彷徨う誰かを探している訳でも何かを求めている訳でもないけれどただ進まないといけない気がしてでも時折見えないはずの悲しみが私のどこからか漏れ出すときがあるようで気付いた人が悲し気な顔をするそんな顔を見たら悲しみは更に深くなるだから私は誰にも気づかれないようにしないといけなくて悲しみを見せないようにしないといけなくてその悲しみが終わるまで闇の中をただ [続きを読む]
  • 本当に必要なのは
  • 午後5時を過ぎても一向に終わらない仕事ため息つく間も惜しくて向かい合うそんな私の都合などお構いなしに鳴る携帯話したかったのぉ会って話したいのご飯行こうよぉって私の友人関係の中で一番わがままなお姫様睡眠不足続いてるんでしょう老けるわよぉそんな仕事してたらばばあになってるの気付かないんじゃない?って私はうんうんって言いながら仕事の進行を頭の中で組み立ててる誘われることはあっても私から誘うことのない友人 [続きを読む]
  • 私の人生
  • 私の人生はちょっと幸せでちょっと不幸だから時々思う私にはもっと違った人生があったんじゃないかって今よりずっと幸せな人生があの時あの道を選んでいたらああしていたらこうしていたらってそうきっと全く違う人生になっていて今とは違う世界で今知り合いでない人たちと笑っていたはずでもそれは周りの環境や知り合う人達が変わっただけで私自身が変わったわけじゃないどこでどうしてたって私は私幸せだと感じる心は今と変わらな [続きを読む]
  • 本当の私
  • 人を変えようとするより自分が変わった方が速かったし簡単だったから自分を変えて相手に合わせることはすごく楽だったからだけど気付いたあなたらしくとかあなたのやりたいようにって言われた時ものすごく困っている自分に本当の私はどこにいて本当の私は何をしている?本当の私がわからなくてだから時々逃げだしたくなるでもきっと私に本当の私なんていらない本当の私を知らない私が今日もまた私らしく笑ってるのだから [続きを読む]
  • 言葉一つ
  • ライバル意識を持たれていたことに驚いた若いからって何しても許されるって思ってる?やったもん勝ち?何かを得るために誰かを陥れようなんて私も若い頃にはそれと気づかずでもやってしまったことあったんだろうかいつも笑っていようと思っている私でも流石に笑えないどうしようって下向いてる私に大丈夫わかってるからってあなたが笑ってくれたからもう何を言われても平気な気がして頑張れる強くなれるって前が向ける [続きを読む]
  • 好きとか恋とか愛とか
  • 好きとか恋とか愛とかにもうとっくに興味をなくしてまっている私が好きとか恋とか愛とかにそれはないそれはないとオロオロしてしまっているような最近自分の気持ちに少し困ってる笑いかけられると嬉しくて目から体の中に入ってしまいそうなほど見つめてしまったり突然隣にいることに気付いて驚いてドキドキが聞こえてないかと気にしたり笑いながらのバカ話の中姿を見た途端に黙りこくったりして忘れていた好きとか恋とか愛とかって [続きを読む]