あ〜る さん プロフィール

  •  
あ〜るさん: 津軽半島 釣り日記
ハンドル名あ〜る さん
ブログタイトル津軽半島 釣り日記
ブログURLhttp://12987576.blog.fc2.com/
サイト紹介文青森のルアーフィッシング メインは磯マルです。 他真鯛、青物、メバルなど色々釣ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/03/02 00:15

あ〜る さんのブログ記事

  • 夏磯・ナイトゲーム 3 . 4 . 5 . 6 . 7
  • 7月の釣り。この時期の磯マル ナイトゲームは、もはや日常の一部。ここ一ヶ月ほど、天候が合わず出かけてないけれど、状況がマッチすれば、ほぼ出かけていた時期。今年はサイズも数も異常に出なかった。←毎年言ってるような・・・(笑)反応はあるものの、乗らなかったり、バラしたり、たまーにボウズ食らったり、毎回1本だけの貧果が5釣行連続という奇跡とも言える結果に(汗)たいした魚も釣ってないので、画像のみ掲載していきます。5 [続きを読む]
  • 十三湖 シーバス ウェーディングゲーム 2
  • 前回の十三湖釣行から数日後、なんだか無性に浸かりたくなった(笑)仕事終わりの夕マヅメ。「ちゃぷん♪」  足もとにはボラの幼魚「ハク」が、まばらにピチャピチャと・・・この時期だとまだ少ない。このあたりから、秋の大量発生まで少しづつ増えて行くのだろう。開始。あたりも薄暗くなり、流れも出はじめた頃に、わりとすんなりと、巻きでのヒット。磯でもサーフでも、やはり湖内でも、明度+流れ+ベイトの組み合わせは、この上ない大 [続きを読む]
  • 夏磯本格化・ナイトゲーム 1 . 2
  • 7月の釣り。毎年恒例のシーズナルパターン。一言で言えば、可もなく不可もなく、と言ったような釣り。と言うのも、近年爆発的に釣れる事もなくなり、そのほとんどが1〜2本で良くて3〜4本、サイズも極端に出ないという非常に微妙な釣り。外すことがほとんど無いというのが特徴的で、平日の1時間〜1時間半の短時間釣行なので、十分にコスパは高いと言える。この日もアサシン129Fで安定の1本。と言えば聞こえは良いが、時間ギリギリま [続きを読む]
  • 2017 十三湖 初釣行 初シーバス
  • この日選んだのは十三湖。基本的に、一人では行かないフィールドであり、何気に7月、8月のハイシーズンと呼ばれる時期に湖内で釣りをしたことがない。県内での釣りが厳しそうだったので、秋田へ行きませんか?と誘ったら、用事があるとの事で、じゃあ十三湖行きますか!と、そんなこんなで同行者は工藤君。合流して二人、口を揃えて言ったのは『この風、一人じゃ絶対釣りしないよねw』それくらいの悪条件。やはり、風が邪魔で釣り [続きを読む]
  • 難攻不落の磯ボイル
  • 昔、友人がガチャガチャの海の中へ、コモモSF125を投じ、鱸をヒットさせた。あの状況でコモモ…信じられなかった…キャストしようとする、その神経が(笑)そんな事もあったな〜と、ふと思いだし、懐かしく思った。今回はそんなコモモが活躍したお話。SF125ではないけどね(笑)夕まづめ、突き出た岬の先端部に陣取る。ワンドの中、やや後ろではベイトが追われ、時折ボイルしている。最近は、磯で鱸のボイルを見てもあまり興奮しなくな [続きを読む]
  • シーバス遠征 米代川・雄物川・秋田運河
  • 今回ご一緒させていただいたのは、このお二方。blue blueテスター 青森の工藤君。そして、この動画で有名な秋田エキスパートアングラー戸澤さんです。流す釣りという面では、ミノーや通常のシンペンにも共通する部分であり、非常にわかりやすい動画なので、一度見ておくことをオススメします。その場にいるだけで釣りが上手くなりそうな(笑)そんな贅沢な釣行です。自身、川の経験はほとんど無く、川の釣りとはどういうものなのか、 [続きを読む]
  • 平日・磯マル・ナイトゲーム
  • 某有名ポイントへ。アングラーはいるが、気にならない程度。なんだかんだで今年三度目、あまりの釣れなさに少しアツくなる。しかし、この日も例に漏れず、安定のノーバイツ(笑)ぶちっ!と、堪忍袋の緒が切れる音…(笑)二度と来るもんか!まだギリギリ間に合うかと、だいぶ離れたいつものポイントへ車を走らせる。ベストな時間帯はとっくの前に終わっていたが、回遊してきた魚が留まってくれていたようで、開始早々に1本。さすがに [続きを読む]
  • 休日・磯歩き・デイゲーム・磯マル・バリスティックヒラ 11H TZ/NANO
  • 6月の休日、曇り空、たまに小雨がパラつく中の磯歩き。波は高くウネリも強いが、風は基本追い風。最高と言える状況の中、朝二番からスタート。最初のヒットポイント。70m沖の磯と磯の間、幅3mほどのサラシをフルキャストで狙う。届かないのであればヘビーシンペン、追い風でなんとかなりそうなので、精度は下がるがミノーを選択。可能であるならば出来るだけ、ミノーを通したい。そんな感覚でした。バリスティックヒラ11H TZ/NANO [続きを読む]
  • マヅメ・ランガン・ナイトゲーム
  • 真夏のナチュラム祭下書き保存が二桁あるので、かなり雑になりますが、ログの更新ペースを上げて行きたいと思います。6月の平日、夕方〜夜磯のランガン・コース。平日釣行で時間も無いので効率重視で撃ち進む。実績ポイント&実績ルアーの組み合わせは、最強。暗くなる前に1本。背中が真っ黒な完全居着き個体 73cm陽が落ち暗くなってから、沖のシャロー帯で。これも超実績ポイント 68cm帰りの道中…ぬか喜び的な(笑)今年もクロソ [続きを読む]
  • リップルフィッシャー シルバーストリーム 97 レッドアイ
  • Ripple FisherSilverStream 97 RED EYE今季から、リバーシーバスを始めようと思い新調しました。※十三湖用ではありません(笑)Target アカメ・シーバス・磯マル・タイリクスズキ・青物Field 河川河口域・サーフ・小磯仕様 SiCチタンフレームKガイド仕様(Fuji) / ナノアロイ®技術採用ブランクLength 9ft 7in(仕舞寸法1505mm)Weight 194gSection 2pcs / 印籠継Lure MAX 45gLine MAX PE2.5Action Regular Fast前モデルの9 [続きを読む]
  • 休日の磯
  • 休日、ベタ凪の磯。好き好んで凪を選んだ訳ではない。仕事柄、月の休みが3日しかないなんて事もしばしば。休みと天候が合うのは稀で、この日はパチンコか凪磯かの二択を迫られ、凪磯を選んだ。凪磯でも魚は出るし、仮に釣れなくてもなにかしら発見がある。一度の釣行で、たとえ些細な事でも、何か一つ発見出来れば、その積み重ねで少しずつ成長していける。釣りという遊びにおいて、一朝一夕での進歩は無い。磯歩き開始。時化時の [続きを読む]
  • 短時間釣行 シーバス×2 
  • 休日の午後、少し時間がとれたので磯歩き。夜に用事があり、極々短い時間での勝負。よって、歩き慣れたエリアというのもあり、海況から判断し、実績の高いポイントも容赦なく捨てて行く。実績のある一級ポイントも大事だが、やはりその日の状況にマッチするポイント選びとアプローチが重要で、結果から言うとこの日は、そのへんを上手く判断する事が出来た。小ぶりだが、魚体を見れて一安心。 陽が傾き始めた頃に1本追加。 短時間 [続きを読む]
  • 2017初 ランカーシーバス GET!
  • いまだに5月半ばの釣果(笑)今季はそれだけ魚を釣っているという事で、近年毎年のように言ってるが、今年も魚影が濃く釣果が安定している。ある程度、魚の捕り方を知っている者であれば、比較的簡単に魚を釣る事が出来る。とても良い事だ(笑)4月に余裕のランカーサイズをランディングミスしたポイント。波や風、状況も似たような感じ、あとはその明るさというか、暗さというか、マヅメの絶妙なタイミングを待つべく待機。そろそろか [続きを読む]
  • ナイトゲーム 手堅く
  • 5月半ばの釣果。訳あって時間が無い。状況的に魚は高確率でいる。一投目から本命のピンを、ほぼ直撃させるとショートバイト。もう少し、流せば良かった。焦るとこういう結果になる。このポイント、一発で仕留めないと、次の反応まで少し時間がかかる。連投して掛かる事もあるが、まだ撃つ場所は何ヶ所かあるため、次のキャストは準本命のピンへ流し込むように、よりスローに巻く。フレッシュな個体にドリフト。確実に食わせるなら [続きを読む]
  • 磯マル ナイトゲーム グース125F
  • 冬にタックルを整理していた時、ふと目にとまった懐かしのルアー。今年はこのルアーで、また鱸を狙ってみよう。そっと、タックルボックスに忍ばせた。そんなルアー達が、ボックスに何個か入っているだけで、わくわくが止まらない(笑)この日は普段あまり使用しないルアーでのゲームプラン。シンペンの中でも食わせる力はトップクラスだと思う。ただ、飛距離という面で、出番は少ない。広範囲を探りたいなら、ぶっ飛び君やかっ飛び棒 [続きを読む]
  • 5月7日(日) 磯マル
  • 日曜の休日、時間がとれたので、今季まだ手つかずのエリアの調査。風裏ポイントでも、多少の波は立っているだろうと安易に向かったものの、春の陽気はちょっとやそっとの風が吹いたくらいでは波が立たない。この辺が秋のシーズンと違い少々やっかいだ。昼頃には風が上がる予報。完全に回る順番を間違えた。往復2時間、10キャストほどで、このポイントを後にする。昼から、やや風の当たるエリアへ。こちらの状況は、波が高く、個人 [続きを読む]
  • 2017 ゴールデンウィークのデイゲーム
  • 今季、1発目の磯歩き。ナイトゲームでもかなりの距離を歩くが、デイではヤル気の続く限り歩き続ける。でも、そのほとんどがメンタル的要因で、昼前にはストップ・ザ・フィッシング。この日も例に漏れず(笑)デイゲームとは言ってみたものの、気合いが入り過ぎて朝マヅメからのスタート(笑)結果から言うとこれがいけなかった。かなりの凪だが、シーバスは普通に出そうなサラシ具合。基本的に凪でも苦手意識は無いつもりだけど、やは [続きを読む]
  • 2017 今季初シーバス
  • ググンッ!一瞬でティップからベリーまで、ロッドをひったくるようなバイト。4月半ばのナイトゲームにて、今季初のシーバスからのコンタクト。合わせを入れると瞬間的にラインを出され、そのままスゥーッとテンションが抜ける。3秒ほどの出来事。90オーバーを、目視してからバラすくらいの失望感(笑)シーズン一発目のバラしはそれくらい、精神的にしんどい。5月に入り一段と魚影も濃くなり、さすがにそろそろ1本欲しい!と言ったと [続きを読む]
  • 2017 春シーバス釣行記 外道編
  • GWに入り、遅ればせながら、ようやく鱸も釣れたので、ぼちぼち再開していきます。今回は、外道のみのログですが!(笑)シーバスはまた後日アップします。4月は半ばあたりから、夕マヅメをメインにシーバスを狙い、何度かチャンスはあったものの、モノに出来ず。シーズンの1本目くらいは、一発で決めたいものです。鱸以外の魚は非常に反応が良く、何度も騙されました(笑)例年であればこの時期、なんらかの魚がヒット=シーバスの可能 [続きを読む]
  • 2017年シーバス開幕しましたね
  • ぼちぼちシーバスも釣れ始めたようで。特に3月の釣果なんてのは、過去に一度しか聞いた事がありません。本当に凄い事だと思います。4月上旬のシーバスも、来年以降の再現性が楽しみな、素晴らしい釣果だと思います。釣られた方、価値ある1本おめでとうございます!一方、自分はと言うと…う〜ん…天候が合わないですね(笑)などと言い訳ばかりして、相変わらずのパチンコ三昧…週8で出かけてます(爆)でも、準備は万全!買い過ぎか! [続きを読む]
  • がまかつ カルティバ フィーモ フック インプレ
  • 青森もシーズンinまであと少し。着々と準備はしております…パチンコ頼みですが!(笑)今年も、昨年同様に散財の冬を過ごし、ロッドにルアー、フック…山ほど買えた。パチンコ店に感謝です(笑)パチスロが相変わらず好調で、入店3分の北斗揃いから60連してみたり…サラ番の絶頂で1300ゲーム乗せてみたり…圧巻は100ゲームそこそこで【GOD】4回引くという暴挙…そう!まさに神ってる のです (笑)スロットやらない方、伝わらなすぎて、 [続きを読む]
  • 花粉症
  • いよいよシーズンが始まります!花粉症の!(笑)ピーク時は、1日でティッシュ1箱使います。なんでも、レンコンが効くとか!?市販の薬は一通り試しましたが、ほとんど効果がなく、気休め程度。コレを20日間食べ続け、検証したいと思います。効果が出たら報告します。ブログランキング参加中1日1回 !!応援お願いします(^_^)/ [続きを読む]
  • 2017年 初釣行!
  • 1月上旬、2017年初釣り。狙うは青物。なんとか1本出てくれました。ポッパーからスタート。ボシュッ!と二発三発…ミノーにチェンジすると一発ヒット。4キロクラス175がデカいとは思わないが、T3のサイズ感とアクションがちょうど良い気がする。以降、寒くて出かけてません(笑)ん〜ネタが無い…ブログランキング参加中1日1回 !!応援お願いします(^_^)/ [続きを読む]
  • 2016年総括と2017年の意気込み
  • あけましておめでとうございます!昨年は、シーバスフィッシングをあらためて見直し、もう少し真剣に向き合おうと取り組んだ年でもありました。私が主に通う西海岸全域は、主観的当たり年で、釣行回数、キャッチ数、サイズ、バラシ数、全てが過去最大のものとなり、それと共に、数多くの課題、やるべき事も山積みとなりました。まだまだ「伸びしろ」はある。いや、むしろありすぎてコワイ(笑)2017年はその課題をしっかりと見据え、 [続きを読む]
  • 秋磯 15 超絶ランカー!×2 とシーズン終了。
  • ※タイトルは大袈裟にしてます。 期待しないで下さい(笑)11月末の釣果です。まずは1匹目。ちなみにシーバスではなく…怪獣です(笑)ショアからの超絶サイズ。 クロソイ 60cmこの後、かなりの暴れっぷりを見せる魚を掛けるも、痛恨のリングブロー。ストロークのデカさから推測するに、真鯛ではない。間違いなくシーバス。シマノ純正リング…いつもなら即交換パーツをそのまま使用していたのが敗因。やってしまった…。その後、ぱっ [続きを読む]