あるく あかるく さん プロフィール

  •  
あるく あかるくさん: あるく あかるく
ハンドル名あるく あかるく さん
ブログタイトルあるく あかるく
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/akarukuaruku
サイト紹介文健康長寿 めざしましょう
自由文定年後何か始めなくちゃ、歩いて ブログ書いて 体と脳みそ鍛えます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2015/03/04 13:22

あるく あかるく さんのブログ記事

  • 剪定教室で研ぎに目覚める
  • 自己流は事故に 剪定教室に参加して少しばかり勉強してきました。3時間弱の講習でしたが、ハサミの使い方や枝の払い方など知らない事ばかりでした。それも大いに参考になりましたが、最後にほんの2、3分先生が付け加えた話にも引き込まれました。 毎週土曜日は日々の暮らしの中で生じた、極々小さなどーでも良い様な愚問を取り上げています。今週は「研ぎ方の基礎知識」です。 剪定の実技を終えた後、講師の先生が手に何かを [続きを読む]
  • 覆面ランキングの第1位はデストロイヤー
  • 小学生が見た歴史的な試合 毎週金曜日は「甦れ!金曜8時の昭和のプロレス」です。あの時代を彩った覆面レスラーのランキング発表も、いよいよ最後となりました。昭和の時代に日本マットで活躍した外人覆面レスラーの堂々1位は「白覆面の魔王、ザ・デストロイヤー」です。 正式な名前は長いですよ、ジ・インテリジェント・センセーショナル・デストロイヤー、略してデストです。純情な子供を半世紀もの間プロレス熱に患わせたの [続きを読む]
  • キジはオールドアニメのファン
  • 猫でも捕まえられる 西の方から長野市を見下ろす山の裾に、大きな公園があります。トレッキングやバードウォッチングを楽しむ人々で賑わっている場所です。 久しぶりにそこに出かけ、駐車場に車を停めて付近を散策しました。歩き始めてすぐ、大きな鳥の鳴き声が聞こえました。鋭い特徴のある声です。 毎週木曜日はウォーキングの途中で見かけた野鳥を取り上げています。今週は、 キジ科 キジ属 キジ です。 「ケーン」と空 [続きを読む]
  • カニがさる話
  • お婆ちゃんの思惑 月に一度、地域の一斉清掃があります。普段は面白くも無さそうな顔をして排水口を掃除している隣のお婆ちゃんも、毎年この時期だけは表情が生き生きとしています。 水底の泥をすくってはスコップを覗きこみ、何やら見つけると喜々としてつまみ上げています。その時指先で暴れているのは、サワガ二です。孫が遊びに来た時に喜ぶんだと、うれしそうに話していました。 日本固有種のサワガニは脚を含めても数セン [続きを読む]
  • 鬼みたいな、アスパラみたいな
  • 花も葉も無し 凄く奇妙な姿をした物を見つけてしまいました。地面から生えているのだから植物に間違いはないのですが、花も無ければ葉っぱも着いていない唯の棒の様な姿です。こんな物見た事がありません。いったいこれは何だ? 毎週火曜日はウォーキングの途中で見かけた山野草を取り上げています。今週は、 ラン科 オニヤガラ属 オニヤガラ です。 最初見た時はアスパラが芽を出しているのかと思いました。森林公園の遊歩 [続きを読む]
  • 二日酔い、ウォーキングよりも大切な事
  • またやっちまいました 覚悟はしていましたが、予想した通り二日酔いの朝です。父の日のお祝いに気を良くして祝杯を重ね過ぎました。自分を呪う程酷い状態では無いけれど、だるくて頭が重くて不快です。 毎週月曜日は専門知識の欠片も持たない私が、ウォーキングを通じて健康長寿を手に入れようと奮闘するお話です。今週は「二日酔いとウォーキング」です。 美味しくいただいたアルコールは、胃と小腸で吸収されて肝臓に運ばれま [続きを読む]
  • 日曜日は川柳の日
  •  甲信越地方に梅雨入り宣言が出ましたが、余り雨が降りません。初めカラツユらしい降りになるかと思っていたら、前半はカラツユ模様です。これからどんな展開になるのか、空を見上げて思案です。 そこで今週の駄作です。 <梅雨入りで 今年はどちらだ 最初カラツユ> 来週の予告編です。19日(月)健康長寿:   二日酔いとウォーキング20日(火)山野草の日:  摩訶不思議な形の草21日(水)身近な生き物: サワ [続きを読む]
  • そんな場所を世界遺産にしてどーするの
  • 世界遺産とは  早朝4時20分のNHKテレビで「視点・論点」が流れていました。「〜の島を世界遺産にする必要性は〜」と出演者が話すのを聞きながら、スイッチを消してウォーキングに出発しました。しかしそのフレーズが妙に頭に引っ掛かっています。 毎週土曜日は日々の暮らしの中で生じた、極々小さなどーでも良い様な愚問を取り上げています。今週は「どうしてそんな場所を?」です。 世界遺産のおさらいをしましょう。ご [続きを読む]
  • 覆面ランキング第2位はハリケーン
  • 輝かしい戦歴 毎週金曜日はお馴染「甦れ!金曜8時の昭和のプロレス」です。あの時代を彩った覆面レスラーのランキングは、とうとう第2位まで来ました。今週はファンや団体の期待を裏切ったマスクマンの登場です。題して「カリブの旋風、十分に吹きまくらず」です。 その男、185cmで113kg、レスラーとしては極々標準的なサイズをしていました。アメリカマットではもっぱら素顔で戦い、日本にはマスクマンとして登場し [続きを読む]
  • シジュウカラだけが会話する、それってホント?
  • ああ勘違い 昼下がりの公園で、木漏れ日の木々の間をざっと数えて8羽の小鳥がせわしなく移動していました。そうか繁殖期が近いからエサ探しに懸命なのだな、何の根拠もなくそう思いましたがそんな筈はありません。 毎週木曜日はウォーキングの途中で見かけた野鳥を取り上げています。今週は、シジュウカラ科 シジュウカラ属 シジュウカラ です。 私は何を勘違いしたのでしょう、よく考えれば6月になって繁殖行動をしていた [続きを読む]
  • 観察会の日程に合わせて誕生するカブトムシ
  • 時間を遡る 7月中旬に近くの森林公園で昆虫観察会が開かれる、と地域の広報に載っていました。時間は夜なので主役はチョウやトンボでは無くて、暗くなってから活発に動き回るカブトムシです。黒光りするオスを捕まえて、満面の笑みを浮かべる子供達の顔が目に浮かびます。 カブトムシは何時の時代も子供達の人気者、きっと観察会もカブトムシの活動時期に合わせて日程を組んだのでしょう。 今の時期、カブトムシは土の中でさな [続きを読む]
  • 草をサラダで
  • それは乳の出る草 コゴミやタラノメを採りに行くと誘われれば喜んで山にも出かけます。しかしもっと身近な場所に美味しい草があると聞いても、余り興味が湧きません。それはどうしてかと考えた末に、思い切って食べられる草を採りに出かけました。 毎週火曜日はウォーキングの途中で見かけた山野草を取り上げています。今週は、スイカズラ科 ノヂシャ属 ノヂシャ です。 長野市北部にある森林公園の南向きの斜面、そこにノヂ [続きを読む]
  • 役に立つのか、ウォーキング
  • 数値で検証 早くも今年の半分が終わります。区切りの時を迎えると何かしら結果や足跡を確認したくなるのが人情です。それで考えてみました、日々のウォーキングでどんな成果が上がっているかを。 こんな効果があったと色々実例は上げられますが、少し悩んだ末にやっぱり出るんだろうなぁ、何時ものあの一言が。 毎週月曜日は専門知識の欠片も持たない私が、ウォーキングを通じて健康長寿を手に入れようと奮闘するお話です。今週 [続きを読む]
  • 日曜日は川柳の日
  •  家計学園の文書問題で、文科省は存在を認めずに無視をしていたい様子です。一般人の感覚とは余りにかけ離れた対応には、苦笑するしかないですね。 そこで今週の駄作です。  <メール文(もん) かしょう評価したがる 文科省> 来週の予告編です。12日(月)健康長寿:   ウォーキングの結果を見直し13日(火)山野草の日:  その草の名はノジシャ14日(水)身近な生き物: フタホシテントウの秘密15日(木) [続きを読む]
  • ラベンダーとコピーロボット
  • 不適格者の烙印 向き不向きがあるもので、私はとにかく家庭菜園が下手です。狭い庭の片隅にキュウリを植えれば2個実が付いただけ。イチゴは小さくて味が薄く、モロコシに至ってはヤングコーンのまま枯れて行きました。 女房からは、才能がないからやめなさい、と言われ続けています。何処かに、この方面の知識と腕が達者なもうひとりの自分がいないかなあ、思わず夢想してしまいます。 毎週土曜日は日々の暮らしで生じた、極々 [続きを読む]
  • 覆面ランキング第3位、ミル・マスカラス
  • デビュー戦で不動の人気 昭和の時代に日本マットで活躍した幾多の外人マスクマン、その中からひとり選ぶとすると、大抵の方はマスカラスを推すのではないでしょうか。でも私にとってマスカラスは3番人気。理由?それは後ほど。 毎週金曜日は「甦れ!金曜8時の昭和のプロレス」をお届けしています。現在のテーマはマスクマンのランキングで、今週からはいよいよベスト3の発表です。今週は「初来日したマスカラス」です。 19 [続きを読む]
  • カッコウの声を遮断する物は
  • どんな仕掛けが秘められている?  子供でも鳴き声が分かる鳥と言えば、カアカアのカラスとホーホケキョのウグイス、それにこの鳥ではないでしょうか。 毎週木曜日はウォーキングの途中で見かけた野鳥を取り上げています。今週は、 カッコウ科 カッコウ属 カッコウ です。 一昨日ネマガリダケを採りに戸隠に行ってきました。駐車場で支度をしていると、遠くの方からカッコウの声が聞こえてきました。すぐ近くの梢では幾羽も [続きを読む]
  • ヘビと蛇が出会った次の瞬間
  • 超接近遭遇 長野市北部の住宅街の一角を占める森林公園、こんな場所でも規模は小さいながらも日々弱肉強食の生きざまが展開されています。 ある日タヌキの夫婦が住む巣穴の前に、一匹のアナグマが現れました。一体どんな展開になるか興味津々でしたが、予想を裏切って何のもめ事も起こらずに、やがてアナグマは姿を消しました。野生動物の遭遇は、必ずしも争いごとに発展する訳では無いようです。 ではヘビとヘビが出会った時は [続きを読む]
  • 金銀ザクザクの花
  • 半端な咲き方 瞬く間に広葉樹が葉を茂らせたので、森の中まで差し込む日差しは余りありません。長野市北部にある住宅街の一角を占める森林公園は、薄暗い上にあちらこちらに大きなシダが繁茂しているので、一瞬異次元に迷い込んだ気がします。 今にも何かが飛び出して来そうな気配を感じながら歩いていると、足元に咲いた白くて小さな花を見つけて何やらホッとした気分になりました。 毎週火曜日はウォーキングの途中で見かけた [続きを読む]
  • 水虫の足でウォーキング
  • 結論は「効果あり」 新鮮な朝の空気を吸い込みながら軽やかに歩を進めれば、うっすらと汗がにじんで心地いい疲労感。梅雨入り前のこの時期は、暑くも無いし湿気も少ないしウォーキングするに丁度良い。 そんなご機嫌の時に何ですが、足元の調子はどうですか?靴の中、湿っていませんか? 毎週月曜日は専門知識の欠片も持たない私が、ウォーキングを通じて健康長寿を手に入れようと奮闘するお話です。今週は「ウォーキングで水虫 [続きを読む]
  • 日曜日は川柳の日
  •  東京都議選が近づいてきました。新市場やオリンピック、福祉や女性の地位向上など論ずるべき点が数多くあるのに、なぜか政策から外れた話題が中心です。 あの優先民営化を争った選挙以来、国政でも地方でも多くの選挙が人気投票に様変わりしてしまいました。まさに討議をせずに党議を優先している感じです。 そこで今週の駄作です。 <選挙戦 人気が気になり とーぎせん> 来週の予告編です。 5日(月)健康長寿:    [続きを読む]
  • 些細なことが気になって気になって
  • テレビを見ても道を歩いても  毎週土曜日は日々の暮らしの中で生じた極々小さな、どーでも良い様な愚問を取り上げています。今週は「どうしてこんなにハテナが多いのか」です。 最近のテレビにはやたらとボカシやモザイクが出て来ます。報道番組では連行される容疑者の手首の辺りにボカシが、バラエティではスポンサーのライバル企業の商品にモザイクが。何時の頃からかそれが当たり前になりました。 ラジオを凌駕してテレビが [続きを読む]
  • 殺人鬼がマスクを被った意外な理由
  • 恐ろしい伝説 般若の面を思わせる怪異な容貌、余分な脂肪が無い鍛え抜かれた体。キラー・コワルスキーは紫の衣装をまとい、ゆらりとリングに登場しました。 毎週金曜日は「甦れ!金曜8時の昭和のプロレス」です。現在のテーマは人気マスクマン10人のランキング。ベスト3に入る前に番外編をお届けしていますが、今週は番外編の第1位「コワルスキーのマスク」です。 1963年の第5回ワールドリーグに初来日して決勝戦で力 [続きを読む]
  • この穴を開けたものの正体は
  • 第一の推理  庭の芝生の所々に空いた穴、大きさはだいたい7〜8mm、深さは1cm程です。いつの間にか現れて暫くすると周りの土で埋まって消えるので、何の支障も無いのですが気になります。これは何の穴だろう? 毎週木曜日はウォーキングの途中で見かけた野鳥を取り上げています。今週は、 ムクドリ科 ムクドリ属 ムクドリ です。 最初に見つけた時に「ムクドリが芝生の根に潜んでいる虫の幼虫をとる為にくちばしで突 [続きを読む]
  • アナグマは子たぬきを喰うか
  • あなぐま寝入り 「森林公園にあるタヌキの巣穴。何時もの様に歩道から観察しようとした私は、そこに別の生き物がいる事に気が付いて驚いた。」そこまでが先週のお話でした。今日はその生き物についてです。 その動物と目が合いました。老眼だし手前の藪が邪魔しているので細部までは見えませんが、明らかにタヌキとは異なります。耳が垂れ下がり、目の周りには黄色の毛が生えています。地面に座り込んでいる様子ですが、平べった [続きを読む]