umami-berlin さん プロフィール

  •  
umami-berlinさん: Walterの「おいしい生活 in Berlin」
ハンドル名umami-berlin さん
ブログタイトルWalterの「おいしい生活 in Berlin」
ブログURLhttp://ameblo.jp/umami-berlin/
サイト紹介文ベルリンに住む、日本に17年間住んでいた、食べるの大好きドイツ人のおいしいブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供225回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2015/03/04 21:20

umami-berlin さんのブログ記事

  • ベルリン 第3ヒルデガルトの日 9月23日開催!
  • 2年に一回行われるヒルデガルトの日の日程が決まりました!今回のテーマは「喜びによる治療」ヒルデガルトはバランスのとれた生活の仕方を強調していますが、こういった生活には喜びも欠かすことはできません。今回はヒルデガルト音楽のコンサートやワークショップを始め、ドイツ語ができなくても、気楽に参加できるワークショップを中心に、一日のプログラムが予定されています。勿論、薬草や料理についても勉強できま [続きを読む]
  • ここ一番で頼れるハーブ
  • ベランダで、いろんなハーブの種をまいてもなかなか、発芽しなくて、成長もしない。でも、やっぱりフレッシュなハーブ食べたいよねえええぇぇ。 乾燥したものよりも、味というか風味というか香りというか新鮮なものは、断然違いますもんねー。 その時に救われるのは、ローリエ。一年中部屋の中でも、まるで観葉植物のように育てていて、身近で使いやすくここぞという時に頼れるハーブ。 レシピは、ローリエとパプリ [続きを読む]
  • Bärlauchの蕾ってサクサク?
  • 今年もドイツの行者にんにくを何回もとりに行って、食べ放題!最初のうち、味がまだまだマイルドで、少しずつガーリックの風味が強くなる。 今日のものには、僕が大好きな蕾がついていて、どう触感を説明すればいいかな。。。うん、サクサクかこりこりかシャキシャキ。。。まあ、とにかくうまいって!(笑)味噌汁に入れたり、Dinkelの茶漬けに入れたりしますが、写真はパスタです。 [続きを読む]
  • 久し振りのボーフォール、又はホメオパシー的シャンパン
  • 趣味でお手伝いするワイン屋さんからお礼として大好きなシャンパンをもらいました。初めて日本で飲んだ日以来、忘れられないお味!1971年より、化学肥料、除草剤、殺虫剤、合成殺菌剤は一切用いずホメオパシー(同毒療法)を駆使しての手段でビオ栽培で作られていて醸造方法も可なり手間がかかる偉大なお泡(←僕的日本語)です。ボーフォール出来たら、毎日飲みたい元気ドリンク?(笑) [続きを読む]
  • 影のない女 初演@Staatsoper
  • ベルリン一オペラオタクの友人から連絡があって、影のない女の招待券が手に入ったという話。リヒャルト・シュトラウスのオペラは正直言いまして、余り得意わけではないし、普段、余り期待できないStaatsoperのプロダクションだし、少し躊躇った。でもまあ、通常の初演よりもかなり高い切符だし、かなり前のど真ん中の席だし。。。うん。。。まあ、貰う物は夏も小袖という言い方もするし。。。結局何となく行くことにした。ベルリン [続きを読む]
  • 5/29(月)自然療法の女神 聖ヒルデガルトセミナー
  • 師匠と一緒に行う通信講座の卒業者は東京でセミナを開催することになりました。 沢山の応募者が集まるように! 中世ドイツの修道女で自然療法の女神と尊敬される聖ヒルデガルト。彼女は女性の健やかな美しさを愛し、自身も80歳と長命でした。最新のドイツ自然療法の中でも美と心の癒しにスポットをあててご紹介します。生活をもっと幸せで薫りあるものにするヒントをご一緒に。プロフィールドイツベルリン国際ヒルデガ [続きを読む]
  • オーストリア自然派ワインロゼ編
  • 引き続き、オーストリアのワインの紹介なんですが、マジ!このロゼに惚れてしまったぞ〜うん、どう説明すればいいかな。。。日本酒を思わせる味わいでしょうね。非常にクリアーな、クリスタル的な輝きが感じられます(?分け分からん評価だとおもわれそうですね。)まあ、とにかく飲んでみるしかないですね。今まで味わってきたロゼと別世界だと個人的にかんじています。 [続きを読む]
  • オーストリア本格自然派リースリング
  • 最近ワイン試飲会を開くようになったワイン専門ショップでオーストリア産のリースリングを試してみました。 正直言いまして、ドイツとオーストリアのライバル意識も弱くないわけないですが、やっぱりこのリースリングを認めざるを得ない!!若い作り手の、この2013年のRieslingはバーリック熟成なんですが、決して、邪魔になる人工的な匂いはしません。超辛口と言っても過言ではないですが、酸味は舌を麻痺させることもな [続きを読む]
  • ドイツにうまいもの無い!わけないっつ!
  • 以前に紹介した、あの”カラヤン”が結婚式に来たというオペラオタクの友達が、食事をふるまってくれました。ドイツ人は、よくこうやって、友達を家に招待したり招待されたりして、食事を一緒にしますね。彼女の料理は、シンプルだけど、本当にどれもおいしかった!ジャムも手作り!よく日本人の人が「ドイツにおいしいものは無い」と言ってるのを耳にしますが、そんな事ないですよっつ!じゃがいもとソーセージとビールだけの国 [続きを読む]
  • Landapotheke 故郷薬局というハーブ専門雑誌
  • ドイツのキオスクでどこでも買える、気楽なハープ治療専門雑誌を久しぶり買ってきました。四季ごと、年に4回発刊される、綺麗な写真、レシピ、テーマ別薬草特集が紹介されます。色々作ってみたい気持ち満々になるし、カラフルなレイアウトは本当に楽しい!まあ、現実問題として、余り時間がなくて、レシピの再現はできませんけど。。。。 [続きを読む]
  • ひよこ豆煮込み
  • ああ、腹減った!でも、冷蔵庫は殺風景。そんな時、ひよこ豆煮込みが気楽に作れます。ひよこ豆はヒルデガルト料理の重要な食材です。フェヌグリークスパイスミックスで味付けるから、肉を入れなくても、充分な満足感が得られますし、メーン料理で十分ですよ。カレー味とは違いますが、スパイシーな風味は似ているかもしれないですね。今回はトマト煮込みにしましたが、ナス科ですので、厳密に言えばヒルデガルト料理ではないですが [続きを読む]
  • イルデブランド・ダルカンジェロ
  • オペラ仲間に、ベルリン一といっても過言ではない、オペラオタクの60歳に近い女性がいます。彼女は可なりユニークな方で(この間、さらっと’ああ、カラヤンね。あたしの結婚式に来てもらってね’、などのアネクドートが多い)相変わらず見た目でエロい歌手、特にバリトン、には目がないみたいです。 彼女がこれから首を長くしながら待っている歌手はイルデブランド・ダルカンジェロという、オペラにも聞こえる名前をもって [続きを読む]
  • 通信講座受講生のカッピング体験談
  • カッピング(カッピングによる毛細血管からの瀉血)について一言・・・。私は、「瀉血」は健康を維持するために、とても良い方法だと思います。私は2011年から約1―2ヶ月に一度、カッピング時に毛細血管に傷をつけて瀉血を続けています。きっかけは、左膝の炎症、皮膚炎を治すために、近所のドクターに勧められたものした。骨折の後や捻挫など、患部をカッピングして血行を改善し、早く治すことができました。体調が悪かった [続きを読む]
  • Roberto Tagliavini 最高のバス歌手
  • 今シーズンのナブッコキャストは本当に完璧で、初めて聴いたザッカリーア役のRoberto Tagliaviniはお見事!バスの声なのに、感情的なニュアンスとカラーに溢れ、甘さも感じられます。さすがイタリア出身の歌手ですね。Dalibor JenisもAnna Smirnovaも前シーズンと続いて、観客の注目をあつめています。天国のヴェルディもきっと喜んでいる気がします。https://www.deutscheoperberlin.de/de_DE/ensemble/81992#bio [続きを読む]
  • ベルリンで味わう、『ドイツ産自然派ワイン試飲会参加ツアー』
  • 日本でも、自然派ワインは、大変な人気ですが、フランス産が主流でドイツ産は、そんなに知られていません。ヨーロッパでも、有数のワイン産地を誇るドイツ。まだ日本では未開拓のドイツ産自然派ワインを、誰よりも早く、味わってみませんか??ベルリン一自然派ワイン専門店のオーナーの協力を得てこの試飲会が催されます。ドイツ各地の自然派ワインを取り寄せ可能。その為、この試飲会に参加すると、一箇所で、いろいろなワイナリ [続きを読む]
  • 友人が書いた植物専門書
  • 自分がまだ20代のときから付き合いがある友人は生物学博士で、今80歳位の彼は昔から色んな本を出しましたが、ベルリン大学の教授と一緒にに作った今回の本は40年間以上研究してきた内容。フランスとルクセンブルクの近くあるトリアー市のエリアのハーブ、花など植物の専門書は何と!1636ページもっっっっx???最初から何人ものスポンサーもついていたらしいです。 いや、凄い!自分には絶対できないこと!ハンス [続きを読む]
  • ジベザーン ヒルデガルトの万能薬
  • 健康を守り、そして、抵抗力をあげる というジベザーンは、フェネルシード、ガルガント、ハイコウリンタンポポ、白鮮で作られている。名前の由来は、ラテン語からきており、「Sive sana, Sive infirma」健康であれ、病気であれ、という意味。ジベザーンには、精油がたくさん入っていて、辛み成分も入っているが、それらは、一般的な健康状態の人にも、よい影響を及ぼすと言われてますね。健康的な顔色を作る、狭心症、血栓症、高血 [続きを読む]