umami-berlin さん プロフィール

  •  
umami-berlinさん: Walterの「おいしい生活 in Berlin」
ハンドル名umami-berlin さん
ブログタイトルWalterの「おいしい生活 in Berlin」
ブログURLhttps://ameblo.jp/umami-berlin/
サイト紹介文ベルリンに住む、日本に17年間住んでいた、食べるの大好きドイツ人のおいしいブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供198回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2015/03/04 21:20

umami-berlin さんのブログ記事

  • ポップアップ居酒屋
  • このMobileIzakayaは、またベルリンらしいですね。固定の店舗を持ってない若者が月一回程度、違うロケーションで一晩だけ本格的な料理を作って、若い人が集まって、日本の食文化をエンジョイするという形になっています。 鯵の南蛮漬け夏野菜の揚げ出し柔らかチャーシューと豚汁はとても美味しかったです。ローストビーフはちょっと硬かったですが、まあ、本当にお手頃ですので、充分楽しめますよ。お薦め 客層が若いですので、僕 [続きを読む]
  • 2016 Bacchus Pet-Nat ドイツ産本格ペティアン
  • フランスの自然派ワインで人気のペティアンのドイツ産版。前に紹介したバッカス葡萄の、独特な香りをうまく辛口の泡系に仕上げた一本です。ビンにまだ酵母が沢山入っていて、フィルトレーションされていない、無添加物の楽しい(2日連続(-_-;))、夏にピッタリの白泡!1800本しか造られていないし、頼んだワイン屋さんでもう売り切れ。泣く泣く [続きを読む]
  • Bacchusという葡萄の品種
  • バッカスは古典ローマのワインの神として知られていますが、実はドイツで1933年に交雑によって作られた、割りと新しい葡萄の品種です。ベースになっている葡萄はリースリング、Müller-ThurgauとSilvaner。ドイツでは10年、20年前までに評価が余り高くなかったです。当時は、香りと風味が強く、甘ったるいワインが主流だった為です。甘口ワイン好きなおばあちゃんには人気ありましたが、ワイン通は見た瞬間に逃げだしたくなるよう [続きを読む]
  • 絶品!チョコレートシャーベット@ベルリン
  • 今年のベルリンの夏の天気って、今一、どころか、今二つか今三つですね。 中々アイスクリームを食べる気にもならないのですが、2日間だけ、温度が上がって、大好きなショコラティエの夏限定のアイスを食べに! 去年も食べたことがあって、今年もこのチョコレートシャーベットを是非味わいたいなと思っていました。アイスクリームと違って、ミルクや生クリームが使われてなくて、カカオ豆の深い味を楽しめる、爽やかなお味のシャー [続きを読む]
  • ターフェルシュピッツ 超お得ランチ
  • Tafelspitzはオーストリアを代表するウィーン料理で牛肉を低温でじっくり煮込む簡単な作り方なんですが、調理方法がシンプルだからこそ、矢張り肉の質が、大事ですよね。うちの近くにドイツテレビで有名になったシェフ二人がプロデュースする(そもそもレストランをプロデュースするという言い方がマジ!苦手なんだけど)ワインバーショップ兼レストランが2年前にオープンしました。普段、こういった店を避けますが、お手頃なラン [続きを読む]
  • ヒルデガルトとブラックベリー
  • この間、南瓜入りマフィンを紹介したが、ブラックベリーソースをかけると、とても美味しいおやつになると勧めた。Physicaを見ますと、ブラックベリーの葉の使い方が幾つか説明されている。肺、寄生などに有益的だとか。一般的な薬草学でも葉っぱで作ったお茶の解毒効果が注目されている。実はというと、健康である人にも病人にも害を与えないし、消化しやすいが、治療薬としては使い方がないとの事。 [続きを読む]
  • 救ったワインって?
  • Mas Coutelouのワインに嵌った!本当にお手頃価格で、?? この赤ワインは、樽に残った絞った葡萄汁で作られている。もっと高いワインには使いたくないが、捨てるのも勿体無いという発想から生まれたワインだが、決して安っぽくない! ソーヴェ・ド・ラ・シテルヌ(樽から救った)というワイン。 ブラックベリーやブルーベリーが感じられる、果実味が円やかで優しい印象。 [続きを読む]
  • 黒豆のブラジル風
  • 料理上手な友人にこの黒豆料理を作ってもらいました。 赤ピーマンをオープンで焼いたり、別の鍋でソースを作ったりして、オクラも入れる事によって、トロミがつくらしく、かなり手間がかかるお料理だそうです。食べる前にヨーグルトとトマト・玉ねぎ・コリアンダーのレリッシュを混ぜて食べるのが本格派だとか!成程!まあ、とにかく美味かったぞ!(怠け者の僕は自分でつくるよりも、また友達に頼もうかな(*ノωノ)) [続きを読む]
  • ll barbiere di Siviglia@Komische-Oper
  • 今シーズンの個人的オペラ最終回として、KomischeOperのBarbiereを観てきました。https://www.komische-oper-berlin.de/programm/repertoire/il-barbiere-di-siviglia/前シーズンのデビュープロダクションで、若手のロシア人の監督 Kirill Serebrennikovのこの作品は,決してチープではなく笑いがありユーモアに溢れていて、最初から最後まで描かれている話の筋が通っていて、矛盾がないと感じました。ディジタルネーティブ世代を少 [続きを読む]
  • ヒルデガルトとチェリーと桜の木
  • 桜の木は、冷たさよりも暖かさを持っている。でも、葉と木の汁は余り治療には適していない。弱さをもっているから....とヒルデガルトはいう。しかし、実の種と樹脂の使い道はありそうです。成程、色々と複雑ですね(呟)気になる実なんですが、健康な人には害も与えないし、病人には役にも立たないらしいですので、食べていいとか。というわけで、ヒルデガルトの料理には使われていることが多いですね。 まあ、美味しいですの [続きを読む]
  • ハーブ入り羊チーズ詰め込み鶏胸肉
  • わかりずらいネーミングのお料理ですね(笑)皮と骨付きの胸肉を用意して、皮と肉の間にローズマリー、タイム、ラベージ、パセリ(一種類でもOK!)羊チーズとバターで作られたクリームを詰め込みます。皮の外側にもこのペーストをぬります。(勿論、ヒルデガルトの基本スパイス、ガルガントとベルトラムを忘れずに!)バターだけですとちょっと脂っこいし、羊チーズの風味もまた格別ですよ。オープンでジャガイモと焼きます!Befor [続きを読む]
  • 注目するべきブラジル出身のテノール Martin Muehle
  • 今シーズンのアンドレア・シェニエ公演が三回,あのMarcelo Álvarezが主役でしたが、最終回に殆ど知られていないドイツ系ブラジル人、スピントテノールのMartin Muehleがアンドレア・シェニエを歌いました。ネットで調べてもあまり彼の名前が出てこないし、一流オペラ座で歌うのも今回初めてでした。このオペラ自体が好きで、余り公演がないので、まあ、もう一度みようかという軽い感じでチケットを買いました。しかし、Alvarezの [続きを読む]
  • ライオンの口またはカワ(・∀・)イイ!!雑草!
  • ベランダのハーブたちにたまに自然いはえてくる雑草をそのままほったらかしにして、その後を観察することも何となく楽しいですね。今のパセリの鉢にこんな可愛いお花が生えてきました。そうです。金魚草ですよ! 国によってお花の名前が違っているのもまた面白いです。ドイツではLöwenmäulchenと呼ばれていて、ライオンの口という意味です。 [続きを読む]
  • ベルリンで内臓料理ー牛心臓の煮込み
  • 最近のトレンディーでヒップな若者のベルリン人に内臓料理が流行っている。内臓専門料理店までできたなんて。Σ(・□・;)今まで内臓がすきだと言った瞬間、宇宙人扱いされてた僕が行き成りトレンドセッターになったかな?(ФωФ)フフフ・・・まあ、流行ってすごいなと思うしかない。若くない僕が信頼できる肉屋さんで牛の心臓を購入し、ヒップでない友人にカレー風味の煮込みを作ってもらった!心臓は基本的に筋肉で、臭みは全 [続きを読む]
  • ヒルデの万能薬!ニガヨモギのパワー
  • 妻は、あまり体力がないので、すぐ疲れやすく、その疲れを吹き飛ばすために日本で人気ある茶色い小瓶の元気ドリンクを毎日がぶがぶ飲む、悪い癖が昔からついていた(ダーリン、ごめんね!(笑)) ヒルデガルトの勉強を始めてから僕は妻にニガヨモギドリンクを勧めた。ドイツの黒森で、ヒルデガルトのレシピ通りに春先のニガヨモギのしぼり汁で作られたホンモノ!が手に入ったので妻に飲ませてみた(ああ、勿論、その前に自分もち [続きを読む]
  • DeutscheOper新シーズン開催イベント
  • 16/17シーズンが終わりましたが、秋、再スタート!ということもあって、少し早めに今回のオープニング際をアナウンスします:https://deutscheoperberlin.de/de_DE/calendar/eroeffnungsfest-17-18.14628190舞台の裏を見たい人に、オペラ歌手の化粧を試してみたい人に、それとも初めて少しオペラの歌を聴きたい人に! 勿論、全イベント無料です。 皆様、是非、是非オペラのワールドを体験してみてください! [続きを読む]
  • スーパーフードかっ?!
  • ドイツででも日本ででも今、ほぼ同時に色んないわゆる同じスーパーフードが流行っている。キノアだ、なんだか、そのものを毎日食べて体が超元気になるとか。へー、そうなんだ!とジジィ(僕自身のこと)がちょっとドライに呟く。まあ、ド田舎生まれの僕が大都会の人のことを理解が出来ないところ沢山あるが、このスーパーフード夢中現象もその1つだ。勿論、よその国には母国にはない優れている物があるし、それを導入することは [続きを読む]
  • ボリス・ゴドゥノフbyムソルグスキー@DeutscheOper
  • DeutscheOperの新しいプロダクションムソルグスキーのボリス・ゴドゥノフを6月末に観に行ってきました。ロシアの実在したツァーリのボリス・ゴドゥノフ(1551年 - 1605年)の生涯をオペラ化したものですが、そもそも可なり長い作品(5時間に近い)を2時間強に纒めたもになっていて、休憩ないのは正直に少し辛かったです。とは言っても、演出とキャストはとても気に入りました。特に主役のAinAnger(もともと大好きな歌手)のパワ [続きを読む]