ウェル キャリア サポート 〜福祉職への就職・転職 さん プロフィール

  •  
ウェル キャリア サポート 〜福祉職への就職・転職さん: ウェル キャリア サポート 〜福祉職への就職・転職
ハンドル名ウェル キャリア サポート 〜福祉職への就職・転職 さん
ブログタイトルウェル キャリア サポート 〜福祉職への就職・転職
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/dream-catcer
サイト紹介文福祉人材の確保について提言しています。福祉に求められる人材、今後の展望、現在の状況をお伝えします。
自由文福祉人材はこのままでいいのか・・・少しでも興味を持って頂き、国全体と問題として考えてほしいと思います。
http://umetarou0510.wix.com/welcareer
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2015/03/06 09:56

ウェル キャリア サポート 〜福祉職への就職・転職 さんのブログ記事

  • お詫びとブログ終了のお知らせ。
  • 今日でこのブログを終了させて頂きます。少ないとは思いますが、いつも読んで頂いていた方、ありがとございました。自分なりの視点で、とくに福祉業界のキャリアを考えることを中心に書いてきました。どれも本当に考えるべき事だと思い、信じていることです。しかし、一方でその内容によって大事な人の感情を傷つけ、不快にさせていたことがありました。この場をお借りして深くお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。今後は [続きを読む]
  • 福祉ってなに?福祉の未来は?その答えの本質は何か・・・
  • 「福祉ってなに?」「福祉の未来は?」こういうテーマで福祉業界以外の異業種参入を考える人達がセミナーなんかをやっているのをよく見かける。実際、そういう異業種参入の団体の会合にも行ったことがある。たくさんの人が集まっています。福祉って何?=相互扶助福祉の未来は?=暗いこれが私の率直な考えです。業界に20年いて、色んな角度から関わった経験から、現状を考えるとこういわざるを得ないと思っています。おしゃれな [続きを読む]
  • 介護業界におけるキャリアアップの勘違い。
  • こんにちは。先日、専門学校時代の教え子と久しぶりに、というか卒業いらいほぼ初めて再会しました。彼は私がその学科の教員に移動した年に卒業学年だったので1年の付き合いでしたが、何かと想い出はあります。少し大人になり、学生のことよりしっかりしていた彼は、現在は卒業後に勤めた施設でまだ頑張っていて、今はリーダーをしているそうです。ちなみに同期で入職した人達はほとんど辞めたそうです。離職者はやはり多いという [続きを読む]
  • キャリアコンサルティングによって浮き上がる介護職員の本音。
  • こんにちは。夏の甲子園の代表校が続々と決まっています。昨日は私の地元で、私が高校時代、野球部に在籍していたときに一度も勝てなかったお隣の高校が兵庫県大会を制し33年ぶりに甲子園出場を決めました。母校に出てほしいというのは当たり前ですが、同じ地域でお隣の高校が代表として出場するのは素直に喜ばしいことです。市立尼崎高校野球部ナイン、そしてOBの方々、本当におめでとうございます。さて本題に入ります。キャリ [続きを読む]
  • 障がい者施設での事件、この教訓をどう活かすのか・・・
  • こんにちは。先日から未だあの事件が気になり、色んな事を考えてしまいます。あれだけの大量殺人が、爆弾テロでも銃乱射でもなく、刃物で次々と切りつけるという方法で、しかも被害者は身動きの取れない人達ばかり、そして犯行に及んだのはその不自由な体をお持ちの方を支援する施設でつい最近まで働いていた元職員。考えられない事件が考えられない場所で、考えられない相手に対して考えられない犯人によって起こった事件です。い [続きを読む]
  • 福祉施設ですごい事件が・・・
  • こんにちは。なんかすごい事件が起きました。現場は障がい者施設。犯人は元職員・・・また福祉施設での、しかも大量無差別殺傷事件です。元職員、というのがショッキングです。どんな人が、どんな状況で暮らしているか一番よく知っている人間の犯行。そしてその動機は・・・段々情報が出てきていますが、辞めさせられた恨みだという事が報道されています。合わせてこの元職員は2月に衆議院議員議長に「障がい者を安楽死を認めるこ [続きを読む]
  • 介護業界で生きていくために必要なバランス感覚とは・・・
  • こんにちは。先週からとある介護事業所に数回お伺いし、職員さんとキャリア面談をさせて頂いております。その中で感じたことは、「介護の仕事とは・・・」という部分に関する感覚の違いです。この部分に関しては、職員さんの中でも大きく二つに分かれる傾向があります。それは、「介護の仕事といえど、一方で利益を考えてサービスを提供すること」という意識の違いです。まず、この仕事をしている中での意識をどこに持っていくかと [続きを読む]
  • キャリアビジョンを描ける人、そうでない人。
  • こんにちは。今週に入って連日キャリアコンサルティングの案件があり、週末まで続きます。今週は建設関係、税理士事務所、整骨院、介護事業所というクライアント先で、当然それぞれの仕事の中身はバラバラです。これまでも色んな職種の方とお話をさせて頂いているのですが、そこにある傾向があることに気づきます。それは「キャリアビジョン」に関する部分。必ず最後の方にこう質問します。「今後、5年後にはどういう自分を描いて [続きを読む]
  • 偶然性のライフイベントをどう捉えるか。
  • こんにちは。最近、立て続けに「授かり婚」の話を耳にします。しかもみんな20歳~23歳ぐらいの年齢で若い方ばかりです。まぁ結婚して子供がいてもおかしくはない年齢ですが、順番が逆というのはもう社会的に認知をされている行為なのかもしれませんね。先に結婚ありき、というならその計画性に沿ったライフプランなのでいいと思いますが、偶然に訪れた「ライフイベント」として捉えるとそのライフプランを大きく変更しなければ [続きを読む]
  • 介護職員のセカンドキャリアについて。
  • こんにちは。今日は「介護業界のセカンドキャリア」について述べます。最近、プロスポーツの世界で現役を引退した選手がその後の人生をどう歩んでいくのかということを取り上げた番組などを見ることがあります。プロ野球選手などが若くして引退を余儀なくされた後、野球界に残れる人はごくわずか。ほとんどは野球とは無関係の第二の人生を選択していかなければなりません。そんな時、これまで野球一筋できたために、他にどんな仕事 [続きを読む]
  • キャリアコンサルティングなんていらない!のか・・・
  • こんにちは。今年に入って約50社、約100名近い方とお会いしキャリアコンサルティングをさせて頂きました。キャリアコンサルティングと言っても、要するにこれまでの経歴を振り返ってもらい、強みや弱みを認識してもらった上で、今の仕事や今後の自分の仕事との向き合い方を少しでも意識してもらうというものなので、そんなに小難しいものではありません。中には何の為にこんな面談をしないといけないのか、という態度がよくわ [続きを読む]
  • 仕事の本質。
  • こんにちは。ちょっと体調不良でぼーっとしながら書いております。昨日、選挙でしたね。今回から18歳選挙権が始まって、何かと話題の選挙になりました。まぁ選挙権の年齢を引き下げるというのはいいとして、20歳以上の大人でさえその選挙の仕組みを知らないとか、候補者が何言ってるのかわからないなんてことで選挙に1回も行ったことがない人がいるのに、高校生も含む18歳、19歳の方がいきなり、はい、選挙権です、って言 [続きを読む]
  • 人材不足への対応。
  • こんにちは。今日、IT関係の会社の専務さんとお話をさせて頂きました。システムプログラマーの人材がなかなか集まらない、現在の従業員もストレスが多くかかり、メンタル面でのサポートが必要だと感じておられるということでした。そこで、私に定期的に会社に来てもらい、個々にお話を聞いたり、メンタル面での研修などをしたりしてほしいというご希望を頂きました。要するに「顧問キャリアコンサルタント」とでも言いましょうか。 [続きを読む]
  • キャリア構築の為に30歳にしてほしい5つのこと。
  • こんにちは。キャリアについて考える時間はありますか?という質問に対して、これまで面談をさせて頂いた方は「ほとんどない」という答えが圧倒的に多いという事実があります。普段、日常的にそういう環境にあるかないか、ということもあろうかと思いますが、せめて年齢の節目にはこれからどういうプランで人生を生きていくのかということを考える時間を持つことも大切ではないでしょうか。当然、その中心となるものは「仕事」だと [続きを読む]
  • 教え子の皆さんに期待すること。
  • こんにちは。夏の高校野球の季節になりました。母校も1回戦の相手も決まったようで、試合に向けて最後の調整にはいる時期かと思います。先日、その母校の野球部で壮行会があり、OBとして参加してきました。急にスピーチをしと、という指示を頂き、自分なりに高校野球の思い出やこの時期の心境なんかを話したんですが、時間が長すぎたようで他の先輩方にご迷惑をお掛けしてしまいました。お恥ずかしい限りです。さて、ここでキャリ [続きを読む]
  • もう本当にそろそろ変わりましょうよ・・・
  • こんにちは。今日、朝の情報番組で介護施設の虐待についての話題がまた放送されていました。この施設はいわゆる「家族経営」のような図式で、施設長(母)の下に息子、娘がいて運営していたようです。その息子と娘も人材不足という理由で元々離れて違う仕事をしていたところを呼び戻して一緒に働いていたという経緯があります。虐待を行っていたのはその息子と娘の二人。他の職員が見るに見かねて公にしたというようなことを伝えて [続きを読む]
  • キャリアコンサルタントの認知度
  • こんにちは。私は専門学校の教員時代に、学生のキャリアデザインに対する考えの希薄さを感じ、そのことを理論立てて教えれるようになりたいと思い、キャリアコンサルタント資格を取得しようと思いました。勉強し、試験を突破し、資格を取得したものの、「キャリアコンサルタントは食べていけない」という話をチラホラ聞いていました。この資格で仕事するには、どこかに所属するか、フリーで活動するかですが、どこかに所属してもほ [続きを読む]
  • 1万円昇給の重みを理解していますか?
  • こんにちは。今日のテーマは、「人材不足」。今、介護職員や保育士の人材不足がよく取り上げられ、その待遇や報酬の低さが問題になっています。どちらの仕事も人が生活する上で欠かせない職業なので、国も何らかの対策を掲げて対応しようとしています。個人的には介護の業界にいたので、国として対応してもらえることはいい傾向なんだろうな、と思いますが、一方でそのこと自体に疑問を持つ立場の人もいることを忘れてはなりません [続きを読む]
  • 肩書の壁・・・超えるのは自分の信念しかない。
  • こんにちは。蒸し暑いですねー・・・個人的にこの季節は一番苦手なので、早く過ぎてほしいところです。さて、私は現在いくつかのコンサルタント会社や社労士さん、研修会社さんからキャリアコンサルティングの仕事を頂いているのですが、お伺いさせて頂く先は色んな業種になるので、その業界で働く方がたとの接点は非常に勉強になります。ある意味、キャリアコンサルタントとして多種多様な職業の方との面談は貴重な財産になり、今 [続きを読む]
  • キャリア構築と偶然の出来事。。。
  • こんにちは。早いもので今年も半分が終わろうとしていますね。なんやかんやばたばたとしているうちに時間がすぎてしまいます。昨日、専門学校時代の教え子から連絡をもらいました。なんでも勤務している施設で研修の講師をすることになり、テーマはあるんだけど、漠然としていてどんな内容でやればいいか相談に乗ってほしいというものでした。あれやこれやと話をして、なんとなくイメージができたようでよかったです。それより、そ [続きを読む]
  • キャリアコンサルティングから見た組織と個の考え方。
  • こんにちは。先日、とある会社でのキャリアコンサルティングでこういうご質問を頂きました。「このキャリア面談は組織側が考える従業員像に近づけるためのものなんですか?」キャリアコンサルティングを実施する企業様に出向き、従業員の方と面談する際によく聞かれる質問の一つに、「これはなんのためにやるんですか?上から何にも聞かされていないので・・・」というものがあります。そもそも、従業員にこの面談の意味を伝えきれ [続きを読む]
  • 「意は毘廬の頂寧を踏み、行は童子の足下に礼す」ということ。
  • こんにちは。今日もじめじめした気候ですね・・・個人的にはこの季節の気候が一番苦手なので、早く梅雨が過ぎてくれることを願うばかりです。さて、今日は突然ですが私がこれまで出会った上司について触れてみます。何故かというと、キャリアコンサルティングをしていると従業員の方からたまに上司に関するお話がでることがあり、働く環境は結構そこに左右されていることが多いという印象があるからです。1、熱血上司・・・私がも [続きを読む]
  • キャリアコンサルティングから見えてくるもの。
  • こんにちは。蒸し暑いです。昨日はとある美容院へキャリコンに行きました。当然ながらクライアント様は美容師さん。私の勝手なイメージで、美容師さんというのはいろんなお店を転々としているというものがありました。実際、自分が行っていた美容院でも次に行けばもう人が変わってたりということがあったので…しかし昨日お話させて頂いた方は、それぞれ勤続40年、32年、20年ということでした。びっくりしました。その長い勤続年数 [続きを読む]