安田 あんみ さん プロフィール

  •  
安田 あんみさん: 相談室へようこそ
ハンドル名安田 あんみ さん
ブログタイトル相談室へようこそ
ブログURLhttp://ameblo.jp/nari-kyo6278/
サイト紹介文小説「相談室へようこそ」は‘14年10月に出版。ブログ主、理央の物語です。リアルなブログとして開設。
自由文安田あんみのオフィシャルブログです。
子どもが幼稚園の頃からの不登園、不登校。後になり「広汎性発達障害」と診断を受け、学校の教育相談やカウンセリングなど、お世話になりました。その経験をもとに小説を書きましたが、綴りきれないことを、ブログに残しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供249回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2015/03/06 10:40

安田 あんみ さんのブログ記事

  • 日本人は感情を表さない。
  • 〜〜昔はね。 最近は、ずいぶん変わってきたとは思うが。でも、「自分の心のウチを表現する」と言うことに、慣れていないとか、抵抗感がある、とか、良しと思わない方々がたくさんいると思う。 小さな子どもの時だって、諸手を上げて喜んだり、泣いて悲しんだり、文句を言ったり、怒ったりしたら、親にこう言われた。「はしたない」って。 〜〜昭和か?! って、突っ込まれそうだけど。 はい、昭和ですが。〜〜& [続きを読む]
  • ずいぶん、大人になったね。
  • この歳になって、こんなことを言うのは、実に滑稽だし、おかしな話かもしれないが。 私は、今の自分に、言ってあげたい。「ずいぶん、大人になってね」と。 長いこと自分と付き合っていて、自分自身が、ひどく感情的だ、という自覚があった。 泣いたり、笑ったり、怒ったり、ふてくされたり。そんな様々な感情を、ごく当たり前に心に抱き、躊躇うこともなく、遠慮することもなく、平気で、人前に曝すことが [続きを読む]
  • 子どもをかわいいとは思えない。
  • 今、目の前に、小さな赤ちゃんを連れてこられたとしても、私は抱くことはないだろうと思う。 子どもの写真を見せられて、「あら、かわいい」などにこやかにお世辞が言えたとしても、あまり気持ちは入っていない。 自分の育児経験が、なかなか壮絶だったので、他人の子どものことなど、思いやる余裕がないのだ。 子どもから手が離れてずいぶんと経つのに、未だに、子どもをかわいいとは思えない自分に、少し呆れて [続きを読む]
  • イースター おめでとうございます。
  • 今年のイースターエッグ。 ブログに載せるのも、3回目になった。やっぱり、「ご復活祭」は嬉しい。 今年のトピックスは、前日の早天祈祷会かな。 クリスマス、イースター、ペンテコステの祝祭日の前1週間、目白教会では、早天祈祷会が行われる。黙祷、讃美歌を歌ってから、聖書を輪読し、立証者の証のお話を伺う。そして、出席者一人一人が祈る。平日は朝、6時30分から。土日祝日は7時から。 私は、そりゃ、 [続きを読む]
  • 第九の練習が始まる。
  • 8月5日の「真夏の第九」に向けて、練習がスタートした。 今日の練習場所は、区内にある大学の講堂。近辺に、音大と芸術学部が有名な大学もあるが、三校とも、のちの練習会場になる。いやぁ〜それも楽しみな一つだ。 この歳になれば、そんな理由がなければ、大学のキャンパスなど入れないじゃないか。 実は10年前、60周年記念の時も、第九の演奏会があり、参加した。 その時は、区の合唱連盟に加入している合 [続きを読む]
  • イースターの商業化
  • 先日、大型スーパー、イ〇ンに行ったら、きぁりーぱみゅぱみゅのイースターの歌がかかっていた。もとい! 「良すた」と言うそう。http://natalie.mu/music/news/227347 カーニバル風で、ウキウキしてしまいそうな。「皆さん、お祝いしましょう!」と、購買意欲を、煽りまくるキャッチコピーが、これでもかと、流れていた。 時は、新年度が始まったばかり。お客さんもまばら。スーパーも大変だ。 10月31日のハロウ [続きを読む]
  • 目白教会 2017年イースター礼拝 お知らせ
  • 受難週に入り、いよいよ、今度の日曜日4月16日は、ご復活祭。イースターの礼拝です。日本キリスト教団 目白教会では、上記のように礼拝がありますから、ご復活のお祝いに乗じて、教会に足をお運びください。 毎朝「毎日の黙想」に沿って、聖書を読んでいる。すると、昨日の、受難の主日の聖書は、マタイによる福音書 26章14節〜27章66節だった。ほぼ2章分、聖書は4ページほど。全世界に広がるカトリックの教会では、 [続きを読む]
  • フル回転
  • 1週間溜め込んだ新聞を、目を通して片付けながら、暫しの達成感に浸っていた。 この1週間、一つの問題に、全身全霊、集中して、取り組んでいた。 何もそんな、ムキになってやることでもなかったんだけどね。そこはその、性分だから、しょうがない。 昔から、問題が起こると、色々、様々、考え過ぎてしまって、眠れなくなるという悪癖がある。 フダンは、あまり考えることなく、ぼんやりと過ごしているから、 [続きを読む]
  • 区役所に通報しました。
  • 雨上がりの曇天の中でも、早朝散歩の、川沿いの桜並木は、美しく咲き誇っている。風が強いけど、花びらを散らすことはなく、今週末はお花見が楽しめるのだろう。 桜並木が終わるところで、ふと見ると、樹の間で、鳥がバタついている。なんと、ハトが、枝に引っかかったナイロンの糸に、足を絡まれて、宙ぶらりん状態で、釣り下がっているのだ。 カラスが、餌にしたいと思ったか、はたまた、助けたいと思ったのか [続きを読む]
  • 全力投球、してはイケナイ。
  • 以前、PTA活動をしていた時に、痛感した覚えがある。「全力投球、完璧を目指してやってはいけないこともある」 仕事とは違う、PTA活動とかコミュニティーのまとめ役とか。基本的に、手弁、ボランティアの世界で活動していく中で、「どこまでやるのが正解か?」の問題は、つきものだ。 性分で、けしてそういう活動がキライではなく、むしろ、「やるからには、徹底的にやらせて頂きます!」と、宣誓してしまうほどの私。& [続きを読む]
  • 教会のカレーライスが無くなる。
  • 礼拝後のランチを提供する教会は、少なくないと思うのだが、ほとんど毎週、150円で食べられるのは、目白教会の名物でもあったはず。 特に、第二主日は、カレーライスと決まっていた。前日から仕込む、翌日のカレー。先代の副牧師から受け継ぐレシピで。副牧師が亡くなってからも、30年以上続けられてきた。 カレーライスと言えば、毒物混入事件で、日本中に激震が走ったのは、1998年。20年近く前になる。あの時から、野 [続きを読む]
  • 「これでよし」
  • ふっ。私としたことが・・・ ( `ー´)ノ カウンセリング講座のレポートに、5日もかかってしまった。たかだかA4用紙2枚、2200字程度のレポートなのに。 書くことを生業としたいと思っているのに、これじゃね。もっとも、気合が入って書き始めたら、3時間程度で書けたから、まぁ、よしと言うところか。提出期限は、5日も先だったし。 新しいこと、イベント三昧だった3月。それなのに、最後の1週間は、ぽっか [続きを読む]
  • 3月も終わり、
  • 年度変わりとなる。 昨日は、かなり暖かかったのに、今朝は、風もあって、寒い。現金なモノで、雨も降り、一気に春めいたおかげで、落ち着いていた花粉症も、今日は・・・くしゃみ、鼻水が出て、目はかゆいし。 はぁ〜。 朝の散歩道は、川沿いの桜並木なのだが、開花宣言から10日も経つのに、咲き進んでいる風ではない。だから、28日と同じようなショットになってしまった。 ちなみに、facebookには、「過去 [続きを読む]
  • 早朝散歩
  • 毎朝、起き抜けに、(と言っても、聖書を読んで、洗顔、洗濯機を回し、着替えて、支度をしてから出かけるのだが)早朝のウォーキングを始めて、5年目に突入する。 降り続く雨は、真冬に逆戻りした寒さをよび、早朝散歩も2日も休むことになった。すると今日、爽やかな朝に、歩ける歓びが半端ない。 「継続は力なり」そんな言葉を知っていても、毎日コツコツと、積み重ねていく、など、私は苦手なのだ、と決めつけていた [続きを読む]
  • 区政独立70周年 記念コンサート「真夏の第九」
  • 真夏の第九、記念合唱団募集。せ、1000人?在住、在勤、在学の方優先? 区も、大きく出たねぇ〜一人だけど、協力してやろう。 応募時に、はっきりとそう思ってた。 昨日、参加説明会、決起大会があって、驚いたよ〜1764名の応募から1200名までに絞り。舞台上にのぼれるのは、200〜250名。二階席も合唱団で埋まります。お客様は、二階席の後方300席のみ。 いやぁ〜〜どんなコンサートになるんだろう。 サ [続きを読む]
  • 卒業式
  • 民生・児童委員としてのデビュー戦。地域の小学校卒業式に来賓として参列した。 その小学校はウチの子どもたちが学び、卒業したし、私もPTA役員として活動をしたから、充分勝手は知っているのだが。二女が卒業してから6年、在任の先生方は、どなたも存じ上げないし、子どもたちも変わっているから、新鮮な気持ちで臨んだ。 まず、驚いてしまったのが、卒業生の衣装だ。女子大生が着るような袴を着ている子が、57名の卒 [続きを読む]
  • 家事分担
  • 「ウチの夫、週末のご飯は、家族分作ってくれるの。それに、アイロンがけは彼のお仕事。私のも、娘たちのブラウスもかけてくれる」 ひょえ〜 羨ましい〜〜 もちろんその方、自慢話をしたいと思って言ってるわけじゃなかった。それに、私たちの世代としては、それが珍しいこともわかっている。 「これが当たり前じゃないのよ、って娘には言うし。男の子を持つお友だちには、『こういう男性に育ててね』って普及活 [続きを読む]
  • 桜 咲く。
  • みつけた!咲いていたのは、この一枝だけだったな。ちょっと、ピントがずれている感じなのは、風が強かったせいで・・・ 今日か明日には、東京も開花宣言がされるんじゃないかな? って、されてた。読売新聞 3月22日朝刊 [続きを読む]
  • 賛美の会
  • 2013年夏。それは、私の人生のターニングポイントだった。目白教会から聖書が送られてきて、「11月に創立100周年の記念礼拝があります。その時に、お会いできると嬉しいです」その添え書きに、「はい」と答えたものの、お祈りの仕方も忘れ、イエス様って、えっとぉ〜、状態だった。 教会から離れて20年以上、どこから、どういう風に、学び直したらいいのかさえ、わからなかった。 まさにそんな時、「火曜日の午前中って [続きを読む]
  • カウンセリング講座を無事卒業致しました。
  • 昨日、3月18日、キリスト教カウンセリングセンター(CCC)のカウンセリング講座本科2年間の修了証書授与式に与かりました。おめでとうございます。ありがとうございます。本当に、感慨深いものがあります。 2015年4月に始めた時は、ちゃんと毎週出かけられるのだろうか、などという心配もあり。実際、知らず知らずのうちに疲弊している自分もいて。心を鍛える、って大変なんだなぁ〜、と。 これまでにも色々な経験をし [続きを読む]
  • お詫び
  • 昨日、アップした記事についてですが、転載の許可を得ないで、写真をアップしたため、逆鱗に触れ、記事を削除するに至りました。 「イイね」を下さった皆様、大変、申し訳ありませんでした。 [続きを読む]
  • 祝・卒業
  • 昨日、無事二女の教育相談室通いが終了した。2007年、小学3年生の頃から、月に1度通い始め、もちろん、本人が行かない時もあり。そんな時は、私だけが行って細々と繋げていて。 高校3年次(18歳)までを目安に、ということに則り、ここ2、3年は、強い必要性も感じてはいなかったが、そんなに外に出たがらない子なので、せめて月1回は外出するために、続けていた。 二女担当のN先生は、相談開始からの担当して下さった先 [続きを読む]
  • 監察特任刑事  姉小路祐
  • 小説家養成ゼミの課題図書だった。だから、御子柴くんより先に読み終わっていたが、ご講義が昨日だったから、その後にレビューを。 警察モノ、刑事モノ、と言えば、バディーであることが、鉄則だと言って過言ではない。そこには、様々なデコボココンビが存在するわけだけど。その名も「相棒」。〜テレビ朝日、水谷豊主演、杉下右京のシリーズは15作目。22日水曜日は、最終回2時間スペシャル、こうご期待。 [続きを読む]
  • 御子柴くんの甘味と捜査  若竹七海
  • 「自薦 THE どんでん返し」の中に若竹七海の「忘れじの信州味噌ピッツァ事件」が収録されてて、ぜひ、御子柴刑事の活躍が読みたいなっ! って思った次第。 本屋さん(天狼院書店)に頼んでおいたんだけど、2週間後には間に合わなくて、次の日に連絡を頂いて。わざわざ取りにお伺いしたしろもの。でも、時間と手間と交通費をかけて、取りに行った価値がありました。面白かった。 スイーツが、事件に絡んでいる [続きを読む]
  • 立ち止まる。
  • たまに、立ち止まって、考えるようにしている。というより、気が付いたら、歩が進んでいなかった、と言う方が正しいかもしれない。いずれにしても、たまには、ぼんやりしたってバチは当たらない。 昔から、闇雲に突っ走る性格だったから、歩が進んでないと不安になった。なんでもチャレンジする、頑張る、やってみる。まぁ、それで失敗してきたことも、数知れず。 あまりのことに、挫けてしまって、しゃがみこみ [続きを読む]