安田 あんみ さん プロフィール

  •  
安田 あんみさん: 相談室へようこそ
ハンドル名安田 あんみ さん
ブログタイトル相談室へようこそ
ブログURLhttp://ameblo.jp/nari-kyo6278/
サイト紹介文小説「相談室へようこそ」は‘14年10月に出版。ブログ主、理央の物語です。リアルなブログとして開設。
自由文安田あんみのオフィシャルブログです。
子どもが幼稚園の頃からの不登園、不登校。後になり「広汎性発達障害」と診断を受け、学校の教育相談やカウンセリングなど、お世話になりました。その経験をもとに小説を書きましたが、綴りきれないことを、ブログに残しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供242回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2015/03/06 10:40

安田 あんみ さんのブログ記事

  • パソコンの場所を変えてみた。
  • けっこう大きな画面のデスクトップのを使っているのでね。もともと置いてあったのは、自分の寝室。寝ても醒めても、すぐにPCをいじれるように。無線LANで飛ばしているけど、電話機も印刷機も備わっていて。すこぶる快適だったのだけど。 しかし、猛暑。 寝室にはエアコンがなく。扇風機を背負って、PCに向かっていたのだけど。限界を感じた。 考えてみれば、まだ、梅雨も明けておらず(その時は)、夏休みも始まってはいないと言 [続きを読む]
  • カンパニュラ・ジューンベル
  • 昨日、店先にひっそりと売っていたのに気が付いて、思わず衝動買いをしてしまった。 買い物カート、上下二段+袋をぶら下げるほどの、大量の買い物をして、店を出るところだった。可愛らしい花を見て、「欲しいな」って思ったけど、また、レジに並ぶのは憚られた。でも、花の名前に惹かれたのだ。「カンパニュラ・ジューンベル」 カンパニュラというのが、こんな可憐な花の名前だとは、知らなかった。 荷物はそのままに、レジに [続きを読む]
  • その防犯対策、いる??
  • 今思えば、最初から怪しかった。確か「電力会社です」って名乗ってたような。それって、「区役所の?方?から来ました」と同じだよね。 「新しい防犯対策が開発されました。外出中に、カギをかけたドアや窓から、不審者が侵入したら、お手持ちのスマホに通報が入るという防犯システムです。月3000円のところですが、最初の3ヵ月はモニター期間ということで、無料でお試しいただけます。工事とか、手間のかかることは一切ありませ [続きを読む]
  • ”夢を叶える”
  • 夢は叶うものではない。叶えるものなのだ。叶える自信がある、夢を持てばいい。 『小説家になりたい』小さい頃からずっとそう思って生きてきた。でも、なれなかった。それは、叶ったら嬉しい「夢」だったから。 今なら言おう。『小説家になる』そう、叶える自信がある、「夢」になったから。 思うところがありまして、今までのブログを読み返して、テーマ「小説家への道」を新設して、それに当てはまるブログを、そのテーマにし [続きを読む]
  • 待ち合わせ
  • そりゃ、私だって、携帯で話しながら、待ち合わせ場所で会ったことはある。打ち合わせて、若者気取りをしたわけだが。 ( *´艸`) 基本は、事前に、待ち合わせ場所と時間を決めて、そこに行くという、当たり前のスタイル。 ところで、何分前に待ち合わせ場所にいるのが、フツウなのだろうか。 先日、実家母と、他おばさまと待ち合わせた時のこと。〇時15分〜30分の間ね、という約束だった。だから、15分に行けばいいのかなぁ、 [続きを読む]
  • 家系
  • 私の父は、早世してしまったが、それは例外中の例外で、父の母方の家系は、皆さん長命なのだ。 ちなみに、10年前に亡くなった祖母は98歳だった。6年前の大伯母は104歳。 先日、祖母の姉妹にあたる大伯母のお葬儀があった。107歳での大往生。お話によると、以下の通り。歯も骨も、胃腸も内臓も、非常に丈夫だった。100歳になるまで、お1人で生活なさっていたが、転んでしまい、したたかに腰を撃ち、痛めてしまって、その後、ホーム [続きを読む]
  • 真夏の第九 いよいよ来月。
  • このように告知をさせて頂いても、すでにチケットは完売しているし。 そもそも、1000人もの歌い手がいるので、客席のほとんどが、歌う人。小ホールの方は、中継上映だそうだけど。 今週土曜日は、文化センターのホールにて、指揮者合わせ。舞台上で歌う人の抽選がある。(私は、客席でいいや、と) あと、2回の練習と、前日リハーサルを経て、いよいよ、本番! 開演は15時からだけど、もちろん、朝から詰めてますよ〜〜 と [続きを読む]
  • 小説の公募、みっけ。
  • 応募締め切り、2017年 11月30日400字詰め原稿用紙換算 200枚〜500枚エンタメ小説なら、なんでもOKみたい。 いいねぇ〜 今のところ、次は「小学館文庫小説賞」 9月30日締め切りを、考えているから、それの次で、いこうかな。 そう。今年中に、あと2作は書く! 大丈夫? もちろん。 ポプラ社小説新人賞を29日に出して、昨日から、もう新作を書き始めている! 「四の五の言ってないで、書かなきゃ!」 それをモットーに。たく [続きを読む]
  • 雨 
  • 今日も雨。 この1週間、木曜日はかろうじて晴れてたけど、朝のウォーキングの時間、見事に雨に降られていて、歩きに出かけることが出来なかった。 5年以上、朝歩きしていて、これほどまで立て続けて行けなかったの、かつてないんじゃないだろうか。 まぁ、仕方がない。そんな季節だってある。 雨は嫌いじゃないし。雨不足で、夏場節水制限、なんて事態よりいい。(と言っても、どうも、北関東、ダムのあたりに降っていないらし [続きを読む]
  • 移動民児協で、少年鑑別所を見学。
  • 昨日は移動民児協で、東京少年鑑別所に行って来た。 「移動民児協」というのは、民生委員の所属地域のグループ独自で、訪問研修に出かけること。(と、理解) 観光バスのツアーなんだけど、バス移動中には、「民生の歴史」を学ぶ、ビデオを見るという・・・。 まぁ、今回のそれは、日比谷聘珍楼で、お昼の宴席があり、暑気払い、懇親会をかねてのものだったけど。 さて、本題の少年鑑別所。(※ ナマ写真はありません) 私なぞ [続きを読む]
  • 脱稿!
  • 校了ーーー?  違う。校正してたわけじゃないから。 投了ーーー?  藤井4段じゃないって。  それ、囲碁将棋の世界の言葉。 えっーーー?原稿が書き終わることって、   何というのーーー? 脱稿! 脱腸や、脱肛じゃないからねぇ〜〜 作品を、「ポプラ社小説新人賞」に出そう! と思ったのは、4月の終わり。その頃だって、3/1くらいしか出来てなかった。 色々あって、作品に集中し始めたのは、6月になってからだし。 [続きを読む]
  • お断り。〜制作中〜
  • 実は。ただ今私、今月末(6月30日)締切りの『第7回 ポプラ社小説新人賞』に応募すべく、作品を鋭意制作中であります。 400字詰め原稿用紙換算枚数、200枚〜500枚。200枚ギリギリも良くないとは思うから、300枚くらいをメドに頑張りたいのだけど。 今のところ、完成形かな、って思う部分は、150枚くらい・・・。 後、半月。2週間。けっこう死に物狂いで頑張らなきゃいけません。 こんなこと、オープンにしないで、ひっそりと頑張 [続きを読む]
  • 高く跳ね上がるためには、
  • 小さく身を縮めて、タイミングを図って、大きく伸び、地面を思いっ切り蹴り上げる。 遠くに飛ぶためには、助走をつけるために後戻りして、走り出し、勢いをつけて踏み切って、身体を前にかがみこむ。 高く跳ね上がりたいから、遠くに飛びたいから、と言って、私ったら、いっつも、小さく身を縮めている。助走をつけるために、後戻りばかりしている。 そんな気がする。 バカだなぁ〜 ( *´艸`) でもさ [続きを読む]
  • その本、どんな話?
  • 私が、中学3年生の頃のこと。友だちの、「最近読んだ本が、とても面白かった」という話になった。 その本に興味を持った私は、その友だちに聞いてしまったのだ。 「その本、どんな話?」 友だちは、極めて真面目だったから、その本の最初から終わりまで、キッチリと『あらすじ』を話してくれた。 途中で気が付いた。《これ以上、話を聞いてしまうと、本を読む気が失せてしまう。どうしよう》 と。 でも [続きを読む]
  • 聞く。聴く。
  • 「ウチの子どもたちは、人の話をちゃんと聞けていると思う」その人は、そんな風に話し始めた。 「幼稚園とか小学校の低学年の頃、先生のお話を、こうこうこうだった、と報告してくれるの。あら、どうしたのかしら、と思ったら、ちっちゃい頃から、お父さん(夫)が、子どもたちに、『どんな話だった?』とか聞いて、例えば、誰が?とかわからなかったら、聞き返すようにして、ちゃんと聞くように指導してたからみたいなの」& [続きを読む]
  • 野良仕事
  • ガーデニングとか庭仕事では、ちょっとおこがましいので、あえてこんな風に。「野良仕事」 この時期恒例の、「ドクダミ収穫」 今年は、ウチのに限らず、ドクダミの生育状況がすこぶる悪い。だから、収穫するの、やめてしまおうかなぁ〜と思った。 しかしなぁ〜毎年1回とは言え、ルーティーンとして続けていることを、出来得る限り続けよう。こんなことでも、「継続は力なり」だ。 土いじりの異変は、ゴーヤの [続きを読む]
  • パワーアップ
  • およ?私ったら、いつの間にか、パワーアップしてない?? 5年以上、毎日の早朝ウォーキングは続いている。朝、雨が降っていなければ。 起きた時、雨が降っていたら、内心、嬉しい・・・などと思っていた時もある。冬場など、ぬくぬくのお布団から抜け出せず、恵みの雨だと感じるのだ。 朝早くから出かけなければならなくて、それまでに、ウチの事もしなくちゃならないから、ウォーキングをお休みする時もある。&n [続きを読む]
  • 認知症サポーター養成講座
  • 民生児童委員の活動として、この「認知症サポーター養成講座」を受講した。2時間の講習を修了したアカツキには、オレンジのリングがもらえる。 現在、サポーター数は、880万人以上。全国の警察官、消防士など、漏れなく受講されているそうだ。 少し以前なら、「認知症なら施設に入れる」が通り相場だったが、今や、施設も足りず、経済的にも難しく、何よりも、認知症になったからと言って、すぐに亡くなるような [続きを読む]
  • それ、ありえなくね?
  • 人の話を聞く時に。あるいは、私の場合、自分の書いた物語を読んでもらう時になど。 「それ、ありえなくね?」「えーー。話、盛り過ぎじゃね?」と、言いたくなる場合もあるだろう。 〜そのセリフ。   ちょっと、待った!〜 マジな時は、けっこう傷つく。 そうだった。カウンセリング講座で習ったんだった。傾聴する。ひたすら聞く。自分の感想は言わない。その人の話は、否定しない。 だから [続きを読む]
  • 犯罪被害者の救済
  • 通り魔殺人や無差別殺人。あるいは、性犯罪、レイプ、虐待。犯行を犯し、留置され、法で裁かれても、犯人は、手厚く厚生の道を歩ませてもらう。 それに対して、その犯罪の被害者は。 殺害され亡くなったら、そのご遺体は単なる証拠品の一つに過ぎないらしい。(10数年前は、マジで)ご遺族の必死な活動があって、ようやく法廷の場で、訴えることができるようになったそう。それまでは、犯人の裁判の日程すら、教えても [続きを読む]
  • 目白教会 パイプオルガン演奏会のお知らせ
  • 今週の土曜日、パイプオルガンの演奏会があります。 次の日の日曜日は、ペンテコステ・聖霊降臨祭があるので、実は、教会中が、なんだかバタバタしている感じ。( *´艸`) でも、ステキな演奏会になると思うので、ぜひ、この機会に足をお運びください。 2017年6月3日(土)14:00 開演  (13:30開場)日本基督教団 目白教会礼拝堂 オルガニスト 中川紫音 (なかがわ しのん) [続きを読む]
  • 自分の思いに、がんじがらめになっている私。
  • サイコドラマ・カウンセリング講座の2回目。準備体操よろしく、軽く体を動かし、まわりの方々と、マッサージなどして触れ合って、リラックスしてから、今の、自分の心を見つめてみる。 そしてお1人、主役さんが決まり、ドラマを作っていく。 ある朝、右腕の肘のあたりが痛くて目覚めた。痛い。つらい。困ってしまう。でも、仕事に行かなきゃ。だって、色々な人に迷惑が掛かってしまう。ほら、頑張れ、頑張んなきゃ。多 [続きを読む]
  • 拾得物
  • 早朝ウォーキングを5年以上続けているが、こんな拾い物をすると、ホント嬉しくなってしまう。道端の端に、いたのだ。大きさから、ペットとして買ったものが、すぐに逃げられてしまったのだと思うけど。 |д゚)お届けせず、大事に育てさせて頂きます。 さすがに、亀のえさの買い置きはないから、にんじんをあげてみたけど、食べる様子がない。 見つけた時は、動いていなかったし、生死に不安があったのだが、水を飲 [続きを読む]