40代サラリーマン投資家アッキー さん プロフィール

  •  
40代サラリーマン投資家アッキーさん: ラグビー日本代表応援サイト
ハンドル名40代サラリーマン投資家アッキー さん
ブログタイトルラグビー日本代表応援サイト
ブログURLhttp://tousi150306.seesaa.net/
サイト紹介文ラグビー日本代表、ジョセフジャパンを応援します。目指せワールドカップでのベスト8進出
自由文日本代表の試合を観戦した感想などを掲載します。また、2019年ラグビーワールドカップ日本大会を草の根運動で盛り上げていきましょう。東京在住ですので近くから日本代表を応援します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/03/07 12:35

40代サラリーマン投資家アッキー さんのブログ記事

  • サンウルブズ ニュージーランドチームとの点差縮める
  • サンウルブズはニュージーランドの強豪ハイランダーズに15対40で敗れました。まだまだニュージーランドのチームとの力の差はあるものの本日は2トライし更にゴールラインでノックオンするなどあと2トライ取れるチャンスがありました。ウヴェの縦の突進で再三ゲイン、戻ってきたブリッツやセンターに入ったトゥポは攻守ともに奮闘ディフェンスもミスからトライを取られましたがラインブレイクされることはほとんどなく、効果的な [続きを読む]
  • ニュージーランドのチームに勝利することが目標
  • 昨日のクルセイダーズ戦は3対50で完敗でした。サンウルブズのミスというよりも、クルセイダーズとの実力の差を感じました。あえてサンウルブズ側のミスといえばラインアウトでしょうか。敵陣であれだけマイボールラインアウトを獲得できなければ攻めようがありません。ただ、今回の試合でスーパーラグビートップチームとの差がわかりサンウルブズの立ち位置が明確になりました。昨年度までは南アフリカのチームとのアウェイゲー [続きを読む]
  • サンウルブズ 感動の初勝利!
  • サンウルブズが南アフリカの強豪ブルズに21対20で逆転勝利いたしました!昨年はアルゼンチンのチームからの一勝に終わりましたがスーパーラグビーで南アフリカのチームからは初勝利ということになります。組織ディフェンスが大幅に改善され被トライの一つは個人のタックルミスもう一つはルーズボールからの不運なもの。相手アタックに崩された被トライはありませんでした。この組織ディフェンスができ、かつ個人のタックル正確 [続きを読む]
  • 本日のブルズ戦
  • 本日のブルズ戦は勝利マスト。今日勝たないと、今期の1勝に黄色信号がつきます。たしかに南アフリカ遠征で若手中心のチーム編成で想像以上に善戦しましたが負けは負け。このままの状態だとスーパーラグビーからの撤退を余儀なくされることも考えれれます。日本ラグビーは2019年ワールドカップで終わるわけではなくそこからが強豪国としてのスタートとしなくてはならないでしょうから(過去のアルゼンチン代表のようなイメージ)日 [続きを読む]
  • サンウルブズの課題
  • サンウルブズは敵地でブルズに善戦するも結局、開幕以来4連敗となりました。試合を重ねるたびに内容としては良くなっています。昨年に比べてスクラム、ラインアウトは大幅に改善され特にスクラムについてはほぼ互角に渡り合っています。アタックもバックスのスピードでトライを取りきれるようになり昨年のチームに比べて大幅に戦力アップしているように見えます。ただし、このままだと今シーズン一勝できるかどうか心配であります [続きを読む]
  • サンウルブズ チーターズに惜敗
  • 今、南アフリカでのアウェイゲーム チーターズ戦が終わりました。結果は31対38で敗れはしましたがボーナスポイントは獲得しています。モリの随所に見せた突進、センターに入ったトゥポのディフェンスがひかり初先発の松橋の低い姿勢での突進も通用しています。スクラムにおいては昨年度散々押されまくりましたが今回はほぼ互角に渡り合い、福岡の2トライなど後半65分までは31対30とリードしていました。ラスト15分で [続きを読む]
  • サンウルブズはキングスと無様な試合をした
  • もう怒りを通り越してあきらめに入りました。確かにレフリングも酷かったもののこのような試合を続けていたらファンは離れていきますよ。今年は一勝もできないかもね。いくら、ラグビーファンが気が長いとはいえ準日本代表のメンバーで弱小チームキングスに点差をつけられて見苦しい試合をしたらこれはだめだと思いますよ。2019年のワールドカップ日本開催もこれでは厳しいね。次の試合からカーペンター、サムワイクスは替える [続きを読む]
  • サンウルブズはハリケーンズ戦のラスト20分のプレーをしてほしい
  • 2017年スーパーラグビーの初戦ハリケーンズ戦は17対83で大敗しました。点差ほどの実力の差は感じませんでしたがハーフ陣が本来のハーフ、スタンドオフになればもっと差を縮めることができるし不用意なパスで3トライ程取られていますからもっと引き締まったゲームにもできたのではないかと思います。不用意なパスや連係ミスをもっと減らすことができれば強豪とも良い試合をすることができます。前半はキックを多用してまし [続きを読む]
  • サンウルブズ良いウォーミングアップとなった
  • サンウルブズとトップリーグオールスター戦は最後まで引き締まった試合となり真剣勝負で大変良い内容でした。結果はサンウルブズが24対12で勝利しています。昨年度のトップリーグオールスターとは違い、サンウルブズメンバーとほぼ力が拮抗するメンバー構成で、特にバックスの先発メンバーについてはトップリーグオールスターの方がキャリアとしては上でありました。両チームとも激しいタックルで堅いゲーム展開となりそうそう [続きを読む]
  • サンウルブズ始動
  • 2017年のサンウルブズがいよいよ始動しました。昨年の今頃は寄せ集めのチームでどうなることかと危惧しましたが今年は、ほぼ日本代表候補で占められ田中、松島、福岡のような日本代表の主力に加え日本代表候補の若手も加わり少し期待が持てそうですね。また仮に戦績がおもわしくなくとも日本代表の強化には間違いなくつながります。メンバーの8割ぐらいを日本代表が占め残り2割を若手にチャンスを与えるというのがエディーさんの [続きを読む]
  • サントリーが日本一
  • 日本一を決める試合に相応しい内容でした。秩父宮も久しぶりの満員でした。サントリーが15対10でパナソニックを下しています。サントリー、パナソニックともに堅守で、ほとんどトライの機会もなく試合が進み、最後までどちらが勝利するかわからない試合でした。サントリー、パナソニックと力はほぼ同じという感じでサントリーが勝利したのはパナソニックが自陣でペナルティーを重ねたこと。それだけサントリーがパナソニック陣 [続きを読む]
  • 日本選手権決勝はパナソニック対サントリー
  • 本日の日本選手権準決勝が行われました。第一試合はパナソニックがヤマハに圧勝し、トップリーグ初戦の屈辱をはらし第二試合はサントリーが帝京に苦戦したものの、最終的にはスコアーを広げ勝利しました。パナソニックはベテランと若手が融合し、大変良いチームになっています。わたしはトップリーグの中ではパナソニックの試合を観るのが一番面白いですし好きな選手も多いです。今日の試合は山沢のパス、ランがさえ、福岡の圧倒的 [続きを読む]
  • サンウルブズ2年目に期待
  • サンウルブズのメンバー36名に加えキヤノン4名の追加招集が発表されました。大半が日本代表候補または日本代表になり得る資格がある選手であり昨年のサンウルブズのメンバー構成に比べて大幅改善されました。山田は検討中といったところでしょうが、2年目も参戦して今回はスーパーラグビートライ王を目指してほしいです。日本代表の主力である田中、松島が参戦するのは大変大きい。スピードスターの福岡も参戦するのでワールド [続きを読む]
  • ジェイミージャパン初勝利
  • 本日のジョージアとの敵地でのテストマッチはアウェイ独特雰囲気や疑問符がつくレフリング等あったうえスクラムが崩壊状態で大変苦戦をしましたが28対22で勝利。ジョセフジャパンになって記念すべき初勝利を飾りました。先週のアルゼンチン戦は組織ディフェンスが崩壊状態で新生ジャパンは大丈夫かと思いましたがジャージア相手とはいえども組織ディフェンスは修正が図れていたと思います。バックスはセブンズ代表のレメキが加 [続きを読む]
  • スコットランド代表戦2連敗も今後の日本代表に期待が持てる
  • 昨日のスコットランド代表第2戦は16−21で惜敗しました。試合内容としては日本代表のパフォーマンスが上回りましたがスコットランド代表の歴史を感じさせる試合巧者ぶりに最後ひっくり返され惜しくも敗れました。レフリングの問題など指摘がありますが日本代表の今後の敗因はディシプリンと基本プレー、セットプレーです。ディシプリンはわかっていてもすぐすぐには改善されませんがあと3年あれば前回ワールドカップ時のよう [続きを読む]
  • 日本代表、自滅してスコットランド代表に敗れる
  • 日本代表は13−26でスコットランド代表に敗れました。トライ数は1−2で日本代表の細かなミスに付け込まれて試合巧者であるスコットランド代表にペナルティーゴールを重ねられやられた状況です。メンバー編成したばかりの日本代表はディシプリンに欠け味方同士のコミュニケーションもとれていない感じを受けました。ただし、ディフェンスは再三スコットランド代表に攻め込まれましたがラインブレイクを許すことなく、粘りを見 [続きを読む]
  • サンウルブズ敗け、日本代表勝ち
  • サンウルブズはフォースに22対40で敗れました。大差がついてしまいましたがトライ数はサンウルブズ4本、フォース6本でフォースの2本はサンウルブズの不用意なロングパスからのインターセプトによるもの。不用意なプレーがなければ締まった試合内容になったのでは。サンウルブズの敗因は上記不用意なロングパス(いつものことですが)アタック時の細かなミス、ラインアウトで獲得できなかったこと初先発の外人ウイングの弱い [続きを読む]
  • サンウルブズ スーパーラグビー初勝利
  • サンウルブズはアルゼンチン代表選手主体のジャガーズに36対28で勝利し、スーパーラグビー初勝利を挙げました。フォワードのスクラムが大幅改善し、味方ボールをすべてキープできたのが大きく、味方バックスのアタック機会が増えピシ、立川、カーペンターのスタンドオフ、センター陣のアタックが冴えました。また、ディフェンスではアルゼンチンが得意とするキックプレーでいくつかトライを取られたものの、組織ディフェンスが機能 [続きを読む]
  • サンウルブズは南アフリカの雄ストーマーズに敗戦
  • サンウルブズは強豪ストーマーズに19対46で敗れました。前半の初めからストーマーズは連続攻撃により3トライを連取し大量失点も覚悟しましたがその後はサンウルブズもトライを奪い返し後半だけでみるとサンウルブズ14得点ストーマーズ19得点と健闘しました。今回の試合は負けは戦前よりほぼみえておりどのような試合内容を展開するかを注目していましたが随所に好材料も出てきております。ひとつはセットプレーが徐々に安定し [続きを読む]
  • サンウルブズまた負け
  • サンウルブズは南アフリカのチームであるキングスに28-33で負けました。無勝同士の最下位争いでも負け今年のスーパーラグビーでの初勝利は遠のきました。スクラム、ラインアウトでマイボールを奪われたのは今までと同じですがラックでの寄りが遅く、タックルも緩慢でありスーパーラグビー最弱チームであるキングスに4トライを奪われました。前節のブルズ戦は善戦でしたが今節のキングス戦は必ず勝たなければいけない試合でしたので [続きを読む]
  • サンウルブズは強豪ブルズに惜敗、次は勝利を
  • サンウルブズは南アフリカの強豪ブルズに27対30で敗れました。ブルズのメンバーはやや落としており、シンガポールの湿度になれない等の面はありましたがそれでも強豪ブルズと接戦を演じたことは負けではありますが、ディスペクトできる内容だったと思います。セットプレーは予想通りブルズが圧倒。サンウルブズボールのラインアウトは数多く、ブルズにスチールされました。一方、2メートル超の長身ロックを擁するブルズのゴール前 [続きを読む]
  • サンウルブズのネックはロック、センター陣
  • サンウルブズは先週、レベルズに見せ場もなく大敗しました。その前の試合ではチーターズにもう少しで勝利を手にできる試合をしていましたのでホームでのレベルズ戦大敗は結構ショックな内容でした。サンウルブズの3試合を観てきましたがスクラムは毎試合改善しています。連続攻撃もそこそこ機能しています。課題はラインアウト、センター陣のディフェンス、最後取り切る決定力でしょう。ラインアウトは日本代表でいうトンプソンや [続きを読む]
  • サンウルブズ敗け、ディシプリンに課題
  • 昨日、サンウルブズはチーターズと対戦し31対32と惜敗いたしました。一次31対13と18点リードを奪いましたが後半3トライを奪われ、逆転負けしています。今回は勝てる試合を落としてしまいました。全般的には一試合目よりもセットプレーが改善。また、アタックもいくつかバリュエーションが増えサインプレーが功を奏し4トライを挙げています。一方、サンウルブズのミスとディシプリンのなさがそのまま失点につながっています。後半と [続きを読む]
  • サンウルブズ敗戦も初戦としてはまずまず
  • サンウルブズのスーパーラグビー初戦はライオンズに13対26で敗れました。ただし、力の差以上に均衡した引き締まったゲームとなりサンウルブズの健闘を称えたいと思います。スクラム、ラインアウトのセットプレーは苦しみましたがアタックは通用しており、連続攻撃も機能しておりました。ディフェンスはゲインラインを何度も突破されたもののカバーディフェンスを徹底しておりピンチの場面での鋭いタックルにより相手ミスをさそった [続きを読む]