Ryoka さん プロフィール

  •  
Ryokaさん: 続 真(ま)フランスの日常
ハンドル名Ryoka さん
ブログタイトル続 真(ま)フランスの日常
ブログURLhttp://mafrance.jimab.net/
サイト紹介文フランス生活の実態、エコライフ情報、日本を想う日々・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/03/08 20:20

Ryoka さんのブログ記事

  • 息子の願い事 2017
  • 日本における初詣での「祈願」に相当するフランス語は、恐らく「Les voeux」。例えば、フランスの大統領の「Voeux」は、12月31日に全国一斉にテレビ放送され、ゆく年の反省と来る年の祈願が語られることになっています。各家庭でVoeuxを語り合うほどの風習はありませんが・・・1月3日に新年初登校した息子は、さっそく学校で人生初の「祈願Les voeux」を書いてきました。まだ小学校1年生なので、「祈願」というよりは「願い事 [続きを読む]
  • 止まらない鼻血、そして“しゃっくり”
  • 読者の皆様、明けましておめでとうございます。私にとっては名ばかりの“クリスマス休暇”が始まった・・・と思ったら体調がいつになく優れず、それでもそれなりの年末年始を過ごすことを優先していたら、またまた更新が滞ってしまいました。年末年始は旦那さんの実家に行くことも義母がこちらに来ることもなく、文字通り、家族3人水入らずの休暇だったので、クリスマスのチキンはオーガニックなのにたったの15ユーロのミニサイズ [続きを読む]
  • “単独”とは言い切れない、ニースとベルリンのテロ
  • 12月19日、ベルリンのクリスマス市を狙ったテロが起きました。「次は学校」と言われていた中、先週の金曜日に息子と旦那さんが無事帰宅してほっと一息ついた矢先のことでした。テロの手口がトラックで“単独犯”・・・と聞いてニースのテロを連想しない人はいないでしょう。一方で、実行犯が一人であるが故に、今後の報道で犯人像ばかりに焦点が当てられ、今回もまたテロの原因が有耶無耶にされたまま時間ばかりが過ぎていくこ [続きを読む]
  • フランスで流通する“わさび”に入っているもの
  • 数日前、たまった新聞を整理していたら、11月2日付のカナール・アンシェネの次のような見出しが目に留まりました。「Wasabi: bas la pâte!」これは「bas les pattes(私に触るな)」という表現をもじった言葉遊びで、「la pâte」は「生地」や「練り物・ペースト」などを意味します。フランス語の言葉遊びを訳すのは難しいのですが無理やり日本語にすると、「私(わさび)に触れないで!」とか「わさびに触るな!」という感 [続きを読む]
  • 妹じゃなくて残念がった息子
  • 現在、妊娠7か月。つわりのピークの頃に比べれば体調は良くなったものの、かったるい日々が続いている・・・という話はまた今度することにして・・・4か月になっても5か月になっても「う〜ん、まだわからないですね」と産婦人科医に言われていた胎児の性別が、1か月ほど前にほぼ確定しました。我が家の二人目は・・・またまた男の子!・・・だそうです。胎児の性別は男の子なら早い時期なら4か月頃にわかると言われている(エ [続きを読む]
  • 今年のオーガニックツリーは“ミニ”サイズ
  • 今年も去年に引き続き、オーガニックのもみの木を注文しました。11月末、一年ぶりにホームページを見てみると・・・https://www.francesapinbio.fr/sapins-de-noel/https://www.francesapinbio.fr/sapins-de-noel/選択肢が増えてる!去年はワンサイズしかなく品種も2種類しかなかったのが、今年は3つの高さから選べて品種(というか商品の種類)が5種類以上になっていました。(6つ目の商品は「モミの木ティー」、最後の写真は「シ [続きを読む]
  • カストロを擁護するフランスの環境大臣
  • 11月25日に死去したキューバのフィデル・カストロの埋葬式典に出席したフランスの環境大臣・セ
    ゴレーヌ・ロワイヤルがこんな発言をしました。http://www.lci.fr/politique/cuba-segolene-royal-denonce-la-desin
    formation-concernant-le-regime-de-castro-et-cree-la-polemique-2015710.html(まずはカストロの“功績”について)
    「カストロのお陰で、キューバ人は領土と生活、そして運命を取り戻しました。彼らはフランス
    革命に倣 [続きを読む]
  • アドベントカレンダー完成 ※Youtubeの動画追加
  • 3年前に関連記事を書いて以来、ずっと作ろうと思っていたものをやっと完成させました。http://mafrance.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-7ad2.html☆自家製アドベントカレンダー☆「できる限り家にあるもので」ということを常に念頭に置いて作ったので、材料は・・・①食料品が入っていた箱(幅は色々で奥行は大体同じ)②数年前に買ったのにいつまで経ってもなくならない包装紙③文房具そして・・・④毛糸(日付け用)この中 [続きを読む]
  • 白い人参&しましまビーツ
  • 先日、AMAPの野菜のなかに、こんなものが入っていました ↓最初は、「バースニップ」(フランス語ではPanaisパネ)かと思ったのですが、どうも香りが違う。(バースニップ)では「根パセリ」!?・・・にしては、色が白すぎる。(根パセリ)じゃぁこれは何?と、AMAPから送られてくるリストを待って、確認してみると・・・なんと、「白いニンジン」でした!生まれて初めて見る白い人参。これまでは、定番のオレンジがほとんどで、 [続きを読む]
  • またしても400万人越え!またしてもフィヨン圧勝!
  • 第一回投票に続いて、中道・右派の大統領選予備選挙の決選投票に行ってきました!と言っても、もちろん投票するのは旦那さんだけですが、投票部屋に旦那さんより先に足を踏み入れたら・・・「(投票するための)身分証明書を見せてください」と言われました(苦笑)旦那さんの投票に付き添う度に、二重国籍があったらなぁ、と思わずにはいられません。さて、肝心な投票ですが、前回の教訓を生かして午後4時ごろに出かけると、全く [続きを読む]
  • ベストセラーな有料選挙 
  • 日曜日、来年5月に控えている大統領選挙の中道・右派予備選挙の第一回投票がありました。候補者は7名、うち共和党(元UMP)現職議員が6名(残りの一人はキリスト教民主党の党首)。投票権のあるフランス人なら誰でも投票できる公開選挙ですが、一票につき2ユーロを支払う有料選挙でもあります。我が家が子育てで忙しかった2012年の大統領選の前にも同じ形式の社会党予備選挙がありましたが、興味を持つ余裕さえないうちに、いつのま [続きを読む]
  • フランスが検査しているのに日本はしなくてもいいという惰性
  • 少し前に、原子炉の蒸気発生器に不具合が見つかって、フランスの複数の原発が検査対象になっている、という記事を書きました。問題が指摘されたのは日本製の部品なので、当然のことながら日本の原子炉でも使われています。ところが、相も変わらず、「うちは大丈夫」などと豪語して、検査をする素振りはまったくみせないのだそうです。ここまでくると、国民をおちょくっているどころか、日本を破滅させるために事故が起きるのを今か [続きを読む]
  • 農薬を体に取り込めば取り込むほど太る!(※科学的根拠あり)
  • ・・・地方新聞に付属していた雑誌のページを繰っていたら、そんな趣旨の見出しが目に入りました。(地方新聞 L'EST Républicain 付属雑誌「Version femina」 2016年11月14〜20日号 36ページ ※掲載内容はFrance2で放送中の「C'est au programme」で紹介されたようです。)正確には、Les pesticides nous font aussi prendre des kilos! (農薬は私たちを太らせさえする!※直訳)とあって、「農薬が人体に悪影響を及ぼす [続きを読む]
  • 【トランプ勝利】フランス各紙の驚きと絶望
  • トランプ勝利の翌日、近所のキオスクで、手に入るだけのフランス紙を買ってみました。 (・・・って今頃の報告ですが)①まずはフィガロ紙 ↓ハリケーンを意味する「L'ouragan」という見出しで、トランプ勝利の勢いと恐怖を表現。フィガロ紙は右派新聞らしく、「すべてのエリートに対抗する勝利」という見出しの記事を始め、エリート層の先行きを懸念する記事を複数掲載していました。9面には、そのエリートたちが集うシリコンバ [続きを読む]
  • 4種類のかぼちゃと不思議な写真
  • ハロウィンの直前にAMAPで野菜を受け取ったら・・・いつになく豪華でした☆この配布の前まで、夏野菜が続いていて、アレルギーやらつわりやらで私が食べられないものばかりだったのですが、今回は全部食べられる!というか、食べたい、と思えるものがほとんどで嬉しいです。特に、左上で写真からはみ出ている、セロリ!香りが強烈ですが、妊娠中に必要な栄養素が沢山含まれているからなのか、食欲をそそります。セロリは普段はその [続きを読む]
  • フランスで命を狙われるタイ人たち
  • 10月13日、タイの国王が死去したことが世界中でトップニュースになりました。タイという国は、日本人でもフランス人でも贔屓にしている人が多いので、今回のニュースは他人事とは思えなかった人が少なくなかったのではないでしょうか。特に、日本の場合、象徴とはいえ天皇制が残っているので、私が見た限りでは、かなり大々的に報道され、今も関連記事が絶えないようです。ただし、日本とフランスの報道では、その内容に大きな [続きを読む]
  • 卒乳!!!
  • つわりのせいで随分と間が空いたのに、ブログの更新を何が何でも再開しようと思ったのは、「報告しなければこのブログのケジメが付かない!」と思わせる出来事があったからでもあります。そのあることとは・・・(って、タイトルがもうバラしてしまっていますが 汗)息子が生まれてから6年と0日、ついに、ついに・・・息子が卒乳しました〜(拍手!)いや、別に拍手してくれる人はほとんどいないのはわかっているのですが、私に [続きを読む]
  • フランスの“ランドセル”
  • つわりのせいで息子の送り迎えを再開できないまま、息子が小学校に入学して、最初のバカンスが始まってしまいました。フランスに入学式はなく、初日から突然普通の授業が始まるだけなので、“晴れ姿”を逃したとは思わないものの、一緒に登校できずにいるのは寂しいものがあります。バカンスが明けたら、週に数回のペースで送り迎えができるように、体力を少しずつ回復したいところです。さて、息子の小学校はそれまで通っていた幼 [続きを読む]
  • 色んな味を知っていると地獄を見ることがある
  • つわりが酷かった間、体調のほかにもう一つ辛かったことがあります。それは、「食べ物に対する執着」。このサイト ↓ では、妊娠中に食の好みが変わることを「食嗜変化」(「食嗜好変化」の略?)と言っていて、それもつわりの症状に含まれると書かれていますが・・・http://www.jsog.or.jp/PDF/50/5006-143.pdfこれもつわり同様、症状は妊婦によりけり。私自身、息子を妊娠していた時はトマトソースパスタとリンゴジュースしか [続きを読む]