いおりiori さん プロフィール

  •  
いおりioriさん: ろっくおん!!
ハンドル名いおりiori さん
ブログタイトルろっくおん!!
ブログURLhttp://iorisblog.naturum.ne.jp/
サイト紹介文敦賀越前、知多半島のエギングメバリングアジングショアジギング 飛騨、長良川の渓流、うなぎ釣り等
自由文愛知県在住1970年生まれ
敦賀・知多半島・長良川をhgとし、ルアーメインに餌釣りもするお気楽アングラー。
二児の父親でもあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/03/08 22:40

いおりiori さんのブログ記事

  • 越前 久々ブルーバック
  • 越前 深夜こいつとは2年ぶりの再会。勿論昨シーズンも折毎に様子を伺うも全く釣れず、誰かの言葉を借りれば「絶滅」したの?なんて。私のメインとするポイントでは5月〜6月が最も期待値が高いはずで、やはり今シーズンもダメか、、、などと考えていたところにいきなりガツン!ガッガッガッ、ギューーーン!少々ドラグを絞めてゴリ巻き、ぶっこ抜きからネットイン。体高と厚みのあるど派手ボディと不思議な風合いのブルーが印象 [続きを読む]
  • 越前 爆風DAYアジングと春アオリイカ2017
  • 越前 昼今回のメインプランは春アオリイカ。しかし夕まづめまで波浪の予想される昼の越前は荒れ模様。では、そんなタイミングで越前入りした理由とは。ライトタックルに追加したyamaga blanks BlueCurrent 72/TZの使用感を確認する為。そんな私の思惑が通じたのか、追い風を予想してエントリーした釣り場でアジ23cmが気持ちよくそのロッドを曲げてくれた。詳細なインプレッションは端折るがEmeraldas ST86MLの弱点だった弾きや口切 [続きを読む]
  • 飛騨2017初夏 アマゴとイワナの猛襲
  • 予定した越前釣行はその荒天を憂慮して急遽プラン変更、飛騨山渓に。渓流二度目の友人と飛騨の自然美と渓魚との戯れを思う存分に楽しんだ。しかし一つめ二つ目にエントリーした流れでは沈黙に見舞われ。苦肉の策で支流を変えて捜した放流アマゴ。そうして気を取りなおし、最後に選択した流れでついにアマゴ、イワナの猛襲スタート。激流、緩流、淵尻、チャラ瀬、どこもチェイスの連続となって。この流れで数年ぶりに見る7寸(訂正 [続きを読む]
  • 越前キジハタ、カサゴと敦賀コウイカ
  • 今回、日中の越前はキジハタとカサゴが元気一杯。これまで初夏の根魚と言えば決まってチビでしたが今日はなにげに良型ばかり。夕まづめはメインターゲットである春アオリ捜索、しかし今回その釣り場周辺では気配薄く。マイカ釣りらしい遊漁船で賑わう越前。私事ですが肩を痛めてからもう2週間、実は餌木をしゃくるのも苦痛です。湯治として日帰り温泉施設に立ち寄り、リフレッシュ。翌日、黎明はもうひとつのメインターゲットであ [続きを読む]
  • 越前 ヒラメとコウイカ
  • 新規開拓の釣り場、その対象はフラットフィッシュ。ヒラメを狙って捕る!が今回のテーマである。しかしハウルをキャストする私ではなく隣でメタルジグをキャストするモモゾーさんにプチフラットフィーバーが訪れる。ソゲサイズであるが狙ったヒラメに違いない、流石お見事!彼は更にエソとエイも追加、どちらもジャンボサイズ(笑)。意気消沈の私はエギングに活路を見出すも、春アオリ推定胴長35cmは隣のエギンガーさんの手中 [続きを読む]
  • 友人の渓流初体験!長良川本流のアマゴと岩魚
  • 春の渓流。今回は長良川本流で渓流デビューの友人をサポートも兼ねて。と言っても、渓流釣りにおける簡単な注意点を説明して過去実績のある流れに案内するだけ。彼ならきっと放って置いても大丈夫。昨夏、長い間愛用したEDGEPRIDEを折って、その代わりに選んだメジャークラフト Fine tail FTS-562L。そのファーストキャストにヒットしたのは7寸岩魚。これは縁起が良いね♪しかし、、、案内役としてはすこぶるマズイのだよ(^^ゞその [続きを読む]
  • 越前福井 濁りと激流(ホウボウ40cm)
  • 越前 深夜荒天の影響か、流れ藻とゴミが大量に浮遊する越前。前回のシーズナルパターン変化も合わせて鑑みると経験上最も面白く無いコンディションのひとつである。海面を一瞥して後、足早にネスト、潮、シーズナルパターンを意識したロケーションにそれぞれ2〜3キャストしてその結末を知る。友人と合流して、その後のプランを相談しながらメバルでも掛らないかとジグヘッドを泳がせると、コツン。あわせた瞬間根に潜られた事か [続きを読む]
  • 越前 ヤリイカ 変遷
  • 2017年ドタバタの年度末を迎えて。以降一ヶ月程ハードスケジュールの合間を縫う事に、そうして記事UPも滞る始末(汗)。関ヶ原にさしかかる頃、現地のモモゾーさんから爆弾飛来。「まずはサクッと34cm(笑)」と添えて。こちらは出発の是非も考えたと言うのに空気を読まないLINE、しかし立派なサイズ♪比較的安定して良型ヤリイカ♂が釣れている今シーズン、勿論私が求めるのも折りたたみ傘のようなその姿だが。越前 午前2時現 [続きを読む]
  • 越前 癒しの「魴鮄」ホウボウとカサゴ
  • 今週、仕事が忙しくのんびり釣行と成らず少々残念。実釣6時間なら十分では?と思われるでしょうが往復にそれ以上かかるものですから(^^ゞ(フッキング後、走ったので本命メバル?と勘違いしたカサゴ。)朝のショアジギングはのんびり3時間、しかし深夜のエギングとロックフィッシュはポイント移動と仮眠まで考慮すると忙し〜い。挙句の果てにイメージする結果とならずガッカリなんてね(笑)。(ショアジギングは美麗ホウボウとの [続きを読む]
  • 緩潮越前と福井ギガアジ乱舞41cm!!
  • 急遽入った仕事により釣友に置いてけぼりを喰らった翌日。越前で合流したモモゾ−さんは昨晩HGとする釣り場で4杯のヤリイカと戯れたそうだ。しかし連休初日の当日は大混雑を避けてマイナー釣り場でひっそりとヤリイカを模索中だった。私もしばらくご一緒するがどうにも釣れる気配無く、帰路に就く彼と別れ目的の釣り場へと向かった。越前 深夜辛くも掛けたヤリイカは♂胴長32cm。ダメだこりゃ、、、。干潮潮止まり、潮が全く [続きを読む]
  • 雑談 謎の越前ヤリイカ ご教授願いますm(__)m
  • 前回の越前ヤリイカ釣果のうち一杯。実はこのヤリイカを釣り上げた時、胴体に鮮やかな緑が透けている事に気づきその場に居合わせた友人と何喰ったらこうなるんだ!?と。で、捌いてさらにビックリ!!鮮やかすぎ(笑)。見慣れない色合いの内臓を持つヤリイカ。その現象原因等、ご存知の方がおられましたら不肖いおりioriにひとつご教授下さいm(__)mにほんブログ村 [続きを読む]
  • 雑談 越前ヤリイカ攻略
  • 2017年シーズン私のHGである越前では序盤から比較的好調を維持してきたヤリイカ。最近は本格的にヤリイカにはまったらしい私の友人も以来好釣果を楽しんでいます。そこで今回はそのシーズナルパターンや釣り場選び、釣り方等を簡単に紹介します。越前ヤリイカに興味をお持ちの初心者さんの知識向上のきっかけとなれば。(2016年ヤリイカ祭り)シーズナルパターン初期 (12月〜1月)越前周辺で釣れ始めるのは12月頃。 [続きを読む]
  • 越前福井 月夜の猛襲ヤリイカ34cmと尺アジ捜索 vol.2
  • (越前福井 月夜の猛襲ヤリイカ34cmと尺アジ捜索 vol.1 からの続き)越前での昼寝は暑い日差しと全身汗っぽくなって目が覚めた。さて、夕まづめのプランをどうするか。今、私の頭にあるのは堅実なヤリイカか?尺アジ捜索か?だった。福井 夕まづめ結局、夕まづめは尺アジ捜索に決めた。対象が何であれ過去数回、年一度は訪れた海。その度に撃沈してきた海だが、今回はちょっと違う。その経験から、ようやく釣り場を特定してい [続きを読む]
  • 越前福井 月夜の猛襲ヤリイカ34cmと尺アジ捜索 vol.1
  • 寒空に浮かぶ上弦から満月に向かう明るく大きな月。今回はその潮周りにも期待した釣行。越前 0時前回ぼちぼちさんが見つけた好釣り場に立ち寄ると沖から大きなうねり、先行するモモゾーさんからのLINEの内容通り、今日ここでの釣果は見込めないだろう。そうしていつもの釣り場、しかしいつもとはちょっと違うロケーションに立ってキャストしてみる。ヤリイカのネストを意識して。すると開始から2キャスト目、すぐに結果は現れた [続きを読む]
  • 越前ヤリイカ ササミ餌木の試行とコンタクトポイント発見
  • 半月ぶりの越前に戻って来た。今回のテーマはササミ餌木の試行。時折見聞する圧倒的釣果、その効果の程を確認してみようと思い立って。夕まづめの釣り場に立ってから一時間。そこは何かイベントでも?と思えるほどの釣り人で賑わっているけれど、私の知る範囲では数多の浮き釣りを差し置いてエギンガーさんが一杯のヤリイカを掛けたのみ。これは渋いね。と認識した頃。ヤリイカ♂30cm。しばらく空振りの時間が過ぎ、私の隣に立 [続きを読む]
  • 2017渓流解禁 降雪の長良川支流
  • 2月15日に解禁を迎えた郡上漁協管内。その長良川支流。コツ、コツ、ツツ2月下旬の低水温期。私の向上意識の低い餌釣りでは、一匹の渓魚を見る事も至難の業。小さな落ち込みで6寸あまごを掛けたものの、針を飲まれ仕掛けは一発で台無し(^^ゞでもその雰囲気を味わえば♪にほんブログ村 [続きを読む]
  • 降海〜スモルトヤマメ
  • 2月中旬 福井北部サーフその目的を果せなかったサーフで、感動の出会い。スモルト(銀化)ヤマメ。来年の今頃、彼の仲間が立派なサクラマスとなって故郷の川へ戻るのでしょう。【スモルトヤマメ】ロッド  :メジャークラフト KGエボリューション KGS−962Mリール :フリームス2508ライン  :PE1.0号リーダー:フロロ20lbルアー :闘魂ジグ 20g ピンクヘッドグローにほんブログ村 [続きを読む]
  • 寒波襲来!名古屋港メバル調査2017
  • 週末、日本海側の大雪を鑑み越前詣でを断念。丁度ご無沙汰となっていた名古屋港メバルの様子でも。いざ車に乗り込むと夕方の時点で降雪とすでにフロントガラスが凍っているのに怯み、一旦踵を返すも夕飯で身体を温めなおして再出発。最寄の名古屋港へは30分、周辺で他に釣り場を知らない為、そこでメバルの反応が無ければ即終了となる。さて、開始早々にメバルらしい「コツ、コツ」とついばむようなアタリはあるが極めて弱く低活性 [続きを読む]
  • 越前ヤリイカ30cm その考察と青物調査
  • まだ交通量の多い夕刻の道、今回は「ある目的」を持って越前へやって来た。その為に、最近はのんびり深夜着パターンだったところを今回は意図的に21時の到着とした。だから、(私は行くとも言って無いのに)LINEで「先に行って待ってます」とのたまった友人も、珍しく先着している私の車を見て少しばかり面食らっただろう。越前 21時その釣り場はなかなか盛況で大勢のヤリイカファンが想い想いのスタイルで楽しんでいる。釣り座につ [続きを読む]
  • 越前 冬ヤリイカ始動 2017
  • 遅くなりました明けましておめでとうございます。しばらく隠棲して久々の投稿。と言うのも毎年恒例の年末年始の釣行が酷くこっ恥ずかしい内容で、、、友人に記事楽しみにしてた、、、と言われるも、スミマセン、この件はちょっと(^^ゞせめて自己啓発の意味を含んで一言で。初釣りの ガチタックルで サゴシの口切れさて、余談はこのへんで(笑)。今回は冬の使者ヤリイカの姿を求めて。越前 24時開始からしばらく、隣の餌師がポツ [続きを読む]
  • 敦賀越前 サゴシ烏賊アジ2016
  • 今回はダイジェスト版。越前 午後22時数サイズともに望める地磯ディープで掛けるアオリイカは胴長max20cmで3連続ヒット。(車内にカメラを忘れスマホ撮影)がっつり本気ならこの磯で朝を迎えるが、、、今回は友人達の集まる敦賀へ。敦賀 午前4時敦賀ではモモゾーさんとA君がそれぞれアオリイカと遊んでいた、両人ともなかなか順調そうだ。絶好調のモモゾーさんの隣で駆けつけ一杯。仮眠していたぼちぼちさんも黎明の頃に始動、彼 [続きを読む]
  • 敦賀 思案の末のサゴシ&アオリイカ18cm
  • 三連休は爆風、強雨、波浪の三重苦。その最終日、気象予報では穏やかそうな越前も荒天の影響は色濃く残って。越前の青物を求めて走るしおかぜラインは飛沫に濡れ、途中確認に立ち寄った漁港であがる波飛沫は5m。そうして已む無くUターン。午前2時、北の強風吹き荒れる敦賀は越前に比べ幾分穏やかだった。アオリイカ胴長max18cmは強風を避けた風裏で。可愛いのをもう一杯掛けて後、さらにグッドサイズをピックアップでバラし。無さ [続きを読む]