Sharehouse Australia さん プロフィール

  •  
Sharehouse Australiaさん: ShareするAussie Lifestyle
ハンドル名Sharehouse Australia さん
ブログタイトルShareするAussie Lifestyle
ブログURLhttp://ameblo.jp/sharehouseaustralia/
サイト紹介文オーストラリアでの暮らし・学び・人とのつながりをシェア。オーストラリア情報や英会話の練習など発信中☆
自由文ワーホリでシドニーに渡航したのが9年前。セカンドでローカルの会社に就職。その後ビジネスビザのスポンサーをしてもらって永住権取得。
渡航前は不安がつきもの。
そんな不安や悩みをこのブログで解決できたらと思っています。自分がワーホリで来て右も左も分からなかった時にたくさんの人に助けられて、サポートしてもらったので、今度はこちらから恩返しをする意味でもこのブログや私のことを最大限に利用してください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/03/09 16:35

Sharehouse Australia さんのブログ記事

  • ファーム体験記 No.14 ラズベリーピッキング
  • こんにちは☆Chihiroです。今回はラズベリーピッキングの体験です。グレープ、イチゴファームが多かったので今回はなんだか新鮮ですね!!今回のファーム体験談を書いてくれたのはAyumiさん。・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚File014State:QLDTown:CabooltureWages:基本的に歩合制(まれに時給の仕事がもらえる)01 -「どんなファームのお仕事されましたか?」ラズベリーの主にピッキングから始まります。毎日朝6時頃(夏は日中暑い時 [続きを読む]
  • オーストラリアへお金を持っていく方法
  • いざ渡航を決めて、いよいよ出発も近づいてくるころ、やっぱり気になるのは「お金はどうやって持って行くの?」お金の持って行き方はいくつかの方法があるので、一つだけに絞らずに安全策としていくつかの方法で持って行くことをおススメします。1. 現金日本円からオーストラリアドルに換金して持ってくる方法。ただし多額の現金を持ち歩くのはあまり安全とは言えないので、必要な分を換金してくると良いでしょう。Q.いくらくらい [続きを読む]
  • 海外でのシェアハウスの初日にするべきこと
  • 日本でシェアハウスの経験がない人たちも多いと思いますが、海外で初めてのシェア生活をスタートする場合、右も左も分からない。何をどうすればいいの?と不安になる人も多くいます。今回はシェアハウスに到着したらするべきことをご紹介。1.ハウスルールなどの再確認・すでに住んでいる人たちのルーティーなどが出来上がっていることもあるため、シャワーの時間帯とかキッチンの利用時間などについて聞いておきましょう。・掃除 [続きを読む]
  • メルボルンで日本語が通じる病院
  • 初めての海外生活。慣れない環境のせいか、日本と違って生活環境が異なり、海外で体を壊してしまう人も少なくはないはず。私もオーストラリアに来た時、皮膚の乾燥がひどくて最初にきて1ヶ月目にして病院で見てもらった記憶があります。日本ではなかったことが海外で起こったりすることもあるので、保険に入って海外へ渡航することをおすすめします。普段使わない英語が出てくるので病院に行くと日本語が通じるだけで安心できたり [続きを読む]
  • セブとシドニーの学校比較と体験記
  • こんにちは☆Kaoriです。最近人気のセブ留学。オーストラリアに来る前にセブに行く、またはオーストラリア帰りにセブ留学をするのが今ちょっとしたブームになっています。なぜセブ留学が人気なのか?1.値段他の国に比べて安く留学費用が抑えられるセブ留学。2.マンツーマン授業自分のペースで授業ができる。他の人の英語力を気にしなくて良い3.日本から近いやはり海外に行くと言えども、日本からの距離って結構気になる。4.南 [続きを読む]
  • 帰国後おススメシェアハウス☆「食」から温かいつながりの持てる家
  • 海外生活を終えて、また一人暮らししようかな・・・・どこに住もうかな・・・・と悩む人たちも多いはず。海外の生活で初めて「シェア」を経験してきた人たちは、帰国後もシェアハウスいいかも〜なんてことを口にしてたりします。今回ご紹介するのは、ちょっとユニークな物件。「食」は人をめぐりあわせ、「食」は人を育て、「食」が暮らしを豊かにする写真で見ても分かる通り、「キッチン」の広さに驚きです。こちらのコンセプトは [続きを読む]
  • シティ生活から離れられない人たち
  • こんにちは☆Kaoriです。最近シドニーのWHや留学生の方たちとご飯を食べて話をしていたら、あることにふと気づいたんです。最近CITY周辺に住みたがる人が急増!??もちろんシドニーの物価が高いのも重々承知です。交通費を抑えたい!そう思う人たちも多いので、節約のためにということでは納得です。シドニーの魅力は、サバーブごとにカラーがあること。イタリア人のサバーブがあったり、ベトナム人の多いサバーブがあったり、ヒ [続きを読む]
  • ブリスベンのシェアハウス -Matilda Brisbane Tank Street-
  • こんにちは☆Kaoriです。ブリスベンのシェアハウスの紹介ができるようになりました☆今まではシドニー・メルボルンがメインだったのですが、ブリスベンでも安全で快適な場所のご紹介ができるようになったのは嬉しい限り!!!今回ご紹介するのはブリスベンCBD(市街地)に位置する綺麗なシェアハウス。アコモデーション会社が管理をしているので、サービスも行き届いています。ダイニングルームはいつも憩いの場2人部屋の様子一人 [続きを読む]
  • 海外での出会いを求めて恋愛・婚活も話題のTinderで!
  • こんにちは☆Kaoriです。ここ10年の間にオンラインデートサイトが結構当たり前になったような気がしています。私が9年前にオーストラリアに来た時、オンラインデートサイトで彼氏探しをしてる人は少なく、どちらかというと、道端で声をかけられたとか、パブで知り合ったとか、現実的に「出会う」ことが多かったのですが、最近恋愛・婚活もネットで探す人たちがすごく増えていることに最近になって気づき始めました。一番最近こちら [続きを読む]
  • AUSワーホリビザで6か月以上働ける!!??
  • こんにちは☆Kaoriです。先月オーストラリア大使館から発表されたこちらの記事。「ワーキングホリデービザ保持者が、1つの雇用主の下で就労可能な期間の延長に関するご案内」今のオーストラリアのワーホリは同一雇用主の元では6か月のみの就労が可能。ですが、移民局に申請をしてそれが承認されれば、最長12か月まで働くことが可能になったのです。ただし、12か月働くためにはいくつかの条件があります。①地域が決まっているオー [続きを読む]
  • 世界共通?デートで財布を出さない女性との恋の行方
  • こんにちは☆Kaoriです。海外の恋愛事情シリーズ、今回のお題は、デートでお財布を出さない女性。なんでいきなりこんな話になったかというと、最近オージーの男友達がネットで出会った某日本人女性とデートをしたということだったのです。ちょっとデートにいいスポットを選んで、お酒も入って楽しい時間が過ぎてく初デート。あっという間に時間が過ぎてお会計になると、あんなに楽しく話していた彼女は、目も合わせることもなく、 [続きを読む]
  • オーストラリアへの持ち込み品にはご注意を!
  • こんにちは☆Kaoriです。オーストラリアは特に外からの持ち込みに関して厳しい国と言われています。オーストラリア現地でも人気のテレビ番組Border Securityでも、持ち込みんではいけないものを持ち込んでいる入国者を取り上げていますが、この前は炊飯器に漢方で使う目的の蛇を入れている人がいました。そりゃあ罰金になっちゃうだろうな・・・・■食品 ―卵製品x 生卵 x ゆで卵△※ 加工された卵製品(マヨネーズ・パスタ・ [続きを読む]
  • 長期で海外に行くなら住民票は抜くべきか?
  • こんにちは☆Kaoriです。私自身もう日本にいることよりも、オーストラリアのほうが長いので、日本の住民票や年金はもう抜いてきてしまっていますが、抜くことが必須ではないので自分にとって何が良いかをよく考えて手続きをしてくださいね。住民票があると健康保険や住民税、年金などの支払いが求められます。長期で日本を不在にする場合は抜いておいたほうがこれらの税金の支払いをしなくてもよくなります。ただし、住民票を抜い [続きを読む]
  • オーストラリア育ちの夫からみる驚きのオージーの生態
  • こんにちは、Moeです!私の夫は日本人ですが、人生の人格形成で重要な時期をオーストラリアはゴールドコーストで過ごしたためか、非常に大らかというか、おおざっぱというか、てきとーというか。。な性格をしています。あちらで高校を卒業し、日本に帰国して間もない頃に私と付き合いだしたんですが、当時は驚きの連続、一緒に生活するようになってもびっくりなことが多々あります。そこで今日は夫から聞いたオージー時代の話や、 [続きを読む]
  • ワーホリの1年をどう過ごすかはあなた次第
  • 今日はとっても現実的なお話をしたいと思います。憧れの海外。ずっと夢だった長期での海外滞在。きっといろんな夢を持ってオーストラリアに来る人がたくさんいるんだと思います。その中でも残念ながら最近はこんな声も聞きます。「シドニーってつまらない」「遊ぶ場所がない」「オージーの友だちができない」「英語が伸びない」「ワーホリがつまらない」「都市変えようかな」「日本に帰りたい」これを聞くととっても残念で残念で仕 [続きを読む]
  • 松坂育子さんインタビュー「自分のやりたいことを素直にやる!」
  • こんにちは☆Kaoriです。第3回目のこの人に会いたいシリーズ。第1回・2回の記事はこちらから。今回はアメリカ留学、オーストラリアワーホリ経験者で、バイタリティーに溢れて思い立ったらすぐ行動するアクティブウーマンにインタビュ―!今は地元青森県八戸市で観光業のお仕事をしている松坂育子さんをご紹介。*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*松坂育子(まつざかいくこ)青森県出身、32歳。学生時代はアメ [続きを読む]