紀之介 さん プロフィール

  •  
紀之介さん: 銀曜日の戯言
ハンドル名紀之介 さん
ブログタイトル銀曜日の戯言
ブログURLhttp://kinosuke.blog.jp/
サイト紹介文主に漫画等のエピソードの再現。たまにショートショートと駄文。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2015/03/10 15:31

紀之介 さんのブログ記事

  • 慣れれば大丈夫
  • 「陽子ちゃん、お見合いしない?」「─ しない」「専業主婦になれば、働かなくて済むのに。」「…その分、家事があるでしょ?」「家事なんて慣れれば大丈夫!」「え?」「さっと終わらせられるから…昼寝し放題だし、好きな時に好きな物を食べ放題よ!」「お母さん?!」「その気になった?」「家事は大変なんだから、ねぎらえ、ねぎらえって…いつも私に言うよね!?」「そ、それは。。。」ただいま勤務中 1巻 (まんがタイムコミッ [続きを読む]
  • お金ないから…
  • 「最近、江崎って…」「ん?」「肌…きれいじゃん」「今、超ビンボーなのよー」「?」「お金ないから…外食してないし、酒も飲んでないし…」「…」「あと…電気代を節約するために、10時に寝てるから」「それが…肌がツヤツヤな理由なのか?」「そう。」「普段、どれだけ不摂生なんだか。。。」アシタのアタシ 2 (まんがタイムコミックス) [コミック]丹沢 恵芳文社2001-12 [続きを読む]
  • そうでしょ?
  • 「私達、放射線科や臨検の技師は、自主トレ三昧よ」「読影とかは…直接診断に関わりますもんねぇ」「ナースも、そうでしょ?」「色々やってはいますが、自主トレと言う程のものは…」「…」「学生時代は、患者さんに言われ事を肝に銘じて…採血の自主トレ、しまくりましけどね。」「…何て言われた?」「どんな美人で優しいナースでも、採血ヘタだと悪魔に見えるって。。。」ラディカル・ホスピタル (24) (まんがタイムコミックス) [続きを読む]
  • 続けるから。
  • 「何が食べたい?」「酢豚!」「じゃあ…野菜炒めね」「…」「何を食べたいか聞いて、それを作らないの刑」「え?」「─ ちゃんと謝るまで、続けるから。」「申し訳ありませんでした。許してください!」 [続きを読む]
  • して下さい?
  • 「今年の誕生日は…」いつもの喫茶店の いつもの席目の前に置かれた、花火付きスペシャルかき氷から目を逸らさず、葉月さんは呟きました。「─ 花束を、プレゼントして下さい?」線香花火の閃光の様な、細かい花状の火の玉に見入っていた真一くんが、我に返ります。「え!?」「何で『え!?』なんですか?」唇を尖らせた葉月さんに、真一君は口を引き結びました。「花なんか…買った事ない」「世の中には『お花屋さん』って場所が有っ [続きを読む]
  • 鳴いてるよ?
  • 「あれって、仏法僧?」「─ コノハズク」「え?けど『ブッポーソー』って、鳴いてるよ?」「だから、それがコノハズク」「…なんで?」「仏法僧は、夜『ブッポーソー』って鳴くと思われて、この名前になったんだけど…」「─」「後から…『ブッポーソー』て鳴いてたのが、実はコノハズクだって判明したんだって。」「ちっと待って!」 「?」「最初に名前をつけた人は…夜で姿が見えないのに、なんで仏法僧が『ブッポーソー』って [続きを読む]
  • 似合うね?
  • 「あ、雪が降ってきた!」「足元が悪くなりそうだ。。。」「雪が瀬賀君をキラキラさせて…」「?」「─ いつも以上に、かっこいい!」「…朝比奈。」「瀬賀君って、 雪が似合うね?」「あ・さ・ひ・な!」「私が魔法使いだったら…瀬賀君の周囲に、延々と雪を降らせる!!」「それは…嫌がらせだ。」朝日奈ひなたは瀬賀くんが好き(2) (電撃コミックスNEXT) [コミック]ぬっくKADOKAWA2017-02-27 [続きを読む]
  • 四六時中。。。
  • もし海上自衛隊の護衛艦がゴジラを発見するとしたら、目視である可能性が高い。何故なら、海上自衛隊の艦艇に搭載された、ソナーを始めとする各種センサー類は、四六時中作動している訳ではないからである。それらは、有事や、それに準じる緊張状態、或いは、実践を想定した訓練実施の場合でなければ、スイッチを入れられる事すら無い。。。ゴジラ対自衛隊 怪獣要撃戦 [単行本]未来防衛研究所銀河出版1998-09 [続きを読む]
  • 罪滅ぼし?
  • 「満腹の時って…」「ダイエットしなきゃって、思うよね」「罪滅ぼし? 免罪符??」「まあ…お腹が空くと、どうでも良くなるんだけどね」「食欲には、勝てないよぉ」「で、お腹一杯食べて、またダイエットを決意すると。」 [続きを読む]
  • 5こー
  • 「豆まきの後は…」幼稚園の先生は、園児達に説明しました。「─ 年齢の数だけ豆を食べるのよ!」「はーい」「わたしは5こー」「ぼくも5こー」園児の1人が、声を上げます。「せんせいは?」豆が一杯入った袋を手にした園児が、先生に近寄りました。「これで たりるー?」先生の顔に、苦笑いが浮かびます。「そんなに沢山の豆が必要な程、先生は年を取ってないのよ?」たばたちゃん派 3 (バンブーコミックス) [コミック]みずしな [続きを読む]
  • DHA
  • 「魚の目玉、食べない人なんですね」「はい」「DHAが多く含まれていて、食べると頭が良くなるって言いますよ?」「食べません。」「…伝統医学でも、目の病気には、魚の目玉を食べると良いと言いますし」「別に目は悪くないですし、病気になったら病院に行きます」「目と言えば…」「…」「人間の眼球は、食材としての栄養バランスが、理想的だと言う話も…」「─ 食事中にそう言う話するの、止めてもらって良いですか?」あさ [続きを読む]
  • 判らないのは嫌
  • 淡路さんは、福袋を買った事がありませんでした。体型が平均的じゃないので、服とかは、試着なしでは買えないので。服じゃなくても、何が入っているかが判らないのは嫌なのです。最近は、中身が判るものありますが、たとえ値段的にはお得でも、要らないものは要らないから、買いたくありません。要するに、福袋には向いてないのです。自分は、至って正当性があって、福袋を買わない。そう思う淡路さんですが、他人が福袋を買う姿を [続きを読む]
  • もう少しで…
  • 王子は城の中を探しました。そしてついに、魔法で眠っている王女を発見します。呪いを解くキスをしようと、顔を近づける王子。もう少しで唇が触れると言うその瞬間…王女が目を覚まします。キスの途中で固まった王子に、王女は微笑みました。「あ、気にせず、続けて下さい?」 [続きを読む]
  • どっちがいい?
  • 「飲み物、買ってきたわよ!」「ありがとー」「どっちがいい?」「何でも、いいわよ。」「コーラとねー」「コーラは、いや!」「はい! じゃあ青汁」「え?」「…何でもいいって、いったよね?」「コ、コーラがいい!」「さっき…いやだって、言った。」「ううう。。。」「コーラは、わたしの?」よみきり?もの (4) (Beam comix) [コミック]竹本 泉エンターブレイン2003-03 [続きを読む]
  • どうして2人は。。。
  • 「…お母さん、嬉しそう」「お父さんが、出張から帰ってくるからね♪」「聞いても良い?」「何?」「どうして2人は…結婚したの?」「それは ねぇー」「うん、うん」「─ お母さんの必殺技を、まともにくらって倒れなかったのが、お父さんだけだったのよ?」「ひ…必殺技?」「そう?」「…お父さんとお母さんさんて、何者なの?」「ひ・み・つ?」あさぎちゃんクライシス! 2 (まんがタイムコミックス) [コミック]弓長 九天芳文社 [続きを読む]
  • 足音を忍ばせて。
  • 珍しく残業も無く、定時で帰宅出来た ある日の事。いたずら心を起こした私は、呼び鈴を押さず、自分の鍵で玄関を開けた。真っ暗な廊下。不審に思いながら、何故か足音を忍ばせて、先に歩く。やはり明かりが付いていないリビング。音がしない様に気を付けながら、ドアを開ける。室内に足を踏み入た瞬間、キッチン方向から気配を感じた。ゆっくりと視線を動かす。─ そこには、真っ暗な中、包丁を手にして妻が佇んでいた。不意に出そ [続きを読む]
  • ぬっくぬっく
  • 「さっ、みい!!」自動販売機の商品ボタンを押した火鳥先生は、商品取り出し口の前に しゃがみ込みました。取り出した飲料の缶を素早く両手で包み、暖を取ります。「ほふ〜 ぬっくぬっくだあ〜」次は頬を暖めようと、缶を片手に持ち直した瞬間。空から白いモノが落ちてくる事に気が付きました。「おーっ 雪だ…」立ち上がって、上空に目を向けます。「めっずらしーい!」−−−−−−−−−−「…あ!」火鳥先生は、校舎から出てく [続きを読む]
  • だって…
  • 「私、あなたの事、好きなのかも!」「─ は?」「だって…こんなに胸が、ドキドキしてる!!」「熱…計ってみようか。」−−−−−「何度あった?」「さ、38度」「体調不良で、動悸が激しくなっただけ じゃないかな」「そ、そうかも。。。」 [続きを読む]
  • 違和感
  • 幸せの呪文。これって、矛盾してますよね。だって「呪文」って「呪いの文」ですから。幸せの呪文を言い換えれば「幸せの呪い文」。自分を呪って、幸せにするのです。中々の違和感です。「呪文」を、何かに言い換えれば解決する様な気はしますが、適当な言葉は浮かびません。。。−−−−−−−−−−ある人と この話をしていて「幸せの おまじない」にしたら どうだろうと言われました。一瞬「ありかも」と思ったのですが…「おま [続きを読む]
  • 行こうぜ。
  • 「最近、外でデートしてないから…」「ん?」「─ 行こうぜ。秋祭り!」「えー」「もしかして…俺と歩くのが、嫌なのか?「そうじゃないけど…」「じゃあ、何?」「歩くのが…面倒だなーって」「はぁ!?」「だから…」「解った。」「本当?」「─ それなら…明日からの夕飯は…自分で作ると言う事で」「そ、そんなぁ…」「…秋祭り、行くよな?」「い、行かせて頂きます。。。」「うん! いい返事だ。」てんぷら 1 (まんがタイムコ [続きを読む]
  • 寝てた?
  • 「おい、芽生子!」女性は、隣で自分の名前を呼ぶ男性を見ました。手を伸ばすと、芝生で寝ている彼の肩を揺すります。「和太?」「…」「おはよう…」「…寝てた?」「─ デート中、なのにね」「…ごめん」「で、どんな夢、見てたの?」「…見てないけど」「私の名前、呼んだよ?」「…」「見てなかったら、寝言で名前なんか、呼ばないでしょ?」「そうかもだけど、見てないし…」「…私に言えない様な、夢見たとか?」「どんな夢 [続きを読む]
  • そうだけど
  • 「何が食べたい?」「肉じゃが!」−−−−−「あのー」「何?」「これ、肉じゃがじゃないよね」「そうだけど?」「…」「聞いたけど、作るとは言ってないでしょ。」 [続きを読む]
  • 面倒くさーい
  • 「秋って、食べるよね?」「食べます!」「で、太るよね?」「太ります!」「私なんかもー、パンツきつきつで」「それは…パンツきつきつ病ですね!」「え? これ病気なの」「…運動すると、治ります。」「えー 面倒くさーい!!」「じゃあ…大きいパンツを買えば良いんじゃないでしょうか。。。」「─ それは、イ・ヤ!」あさぎちゃんクライシス! 2 (まんがタイムコミックス) [コミック]弓長 九天芳文社2009-04-07 [続きを読む]
  • 覚えようよ!
  • 「あ、ごめん庭さん。1限目の教科書、見せてくれる?」「いいわよー えーと、えーと… 井上さん?」「いや、田中だから。田中由美子!」−−−−−−−−−−「庭さん! 宿題のプリント、やってきたー?」「え? うん…」「田中よ。田中由美子!」「ごめん。名前覚えるの、苦手で。」「…隣の席なんだから、覚えようよ!」「ごめん、ごめん。。。」−−−−−−−−−−「ねえねえ。庭さん?」「えーと…」「…私の名前、まだ覚え [続きを読む]
  • 削除
  • 「…メールアドレス、交換しよ?」「別に、かまわないけど」「先に、私のアドレス教えるから。メールして!」−−−−−−−−−−「メール、今送った」「ありがと?」「─」「む!」「…どうした?」「知らない人から、メールが!!」「おい、それは…」「削除!」「消すな。それ俺のメールだから」「…え? でも、アドレス帳に、入ってない人だよ!?」「そりゃそうだろ。お前は俺のアドレスを、そのメールで初めて知るんだから。」 [続きを読む]