桐嶋りぼん さん プロフィール

  •  
桐嶋りぼんさん: astroribbon
ハンドル名桐嶋りぼん さん
ブログタイトルastroribbon
ブログURLhttp://astroribbon.jugem.jp/
サイト紹介文疲れたときにほっとする。そんな占いを目指して、西洋占星術について書き綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/03/12 19:25

桐嶋りぼん さんのブログ記事

  • モチベーションが上がらない仕事のこれからについて
  • お悩み☆彡☆彡☆彡■ニックネーム:みどり■性別:女性■相談内容:仕事について。私は既婚で働いています。何度かの転職で人間関係に疲れてしまってから、感情が乏しくなり仕事へのモチベーションも低くなってしまいました。昔はバリバリ仕事して成績も上位にいましたが、今の職場では中位くらいでいいや…とモチベーションが上がりません。とにかく目立ちたくないという思いが先に立っています。私のこれからの仕事運を教え [続きを読む]
  • お仕事先で知り合った尊敬する男性といい関係を築きたい
  • ☆お悩み☆☆彡☆彡 この度は宜しくお願いしますm(_ _)m名前:ゆか女性(20代)お相手:男(50代)私はとある職業を目指している26歳です。去年仕事先で出会った50代の男性に、恋心ではなく憧れと尊敬の気持ちを抱いてます。その人はすごく優しくて穏やかで家庭をとても大切にされている方です。子供さんのこともとても嬉しそうに話していました。仕事の時もかなり親身になって時間をかけて仕事してくださいました。年が明け [続きを読む]
  • 同居しているお姑さんとの関係
  • ☆お悩み☆彡☆彡☆彡☆彡ニックネーム:あこ性別 :女性。20代相談内容:現在、結婚しており子供がいます。結婚当初から主人の両親の実家に暮らしております。家業があり主人もその仕事についており、これから私も本格的に手伝うことになります。子供達のことも、可愛いがってくれて、良い両親なのですが、結婚当初から自分の家であるにも関わらず、気が休まりません。義母はマイペースな部分や年代や性格の違いもあり、正直、疲 [続きを読む]
  • 気になる同僚の彼との恋の行方
  • お悩み☆彡☆彡☆彡 こんにちは。鑑定お願いします。私の名前→るみ 女性 バツイチ子持ち同僚の名前→いけ 男性 未婚現在職場の同僚のことが気になっています。彼とは約3年に知り合いました。私としては彼と付き合うことが出来たらと思っています。職場ではあまり話をしませんが、飲み会などではよく話をします。家も近いので飲み会の帰りは2人で帰ったりします。彼とは同じ歳で、お互い独身(私はバツイチ子持 [続きを読む]
  • 無料公開カウンセリングを開始します。
  • ご無沙汰しております。りぼんです。この度、無料で公開カウンセリングのモニター様を募集することになりました。 使用する占術は、タロットカード・西洋占星術です。何かお悩みのことがありましたら、聞かせていただければ幸いです。 詳しくは、↓まで西洋占星術・タロットでお悩み相談承ります 無料公開カウンセリングモニター募集 タロットカウンセリング承ります 無料公開タロットカウンセリングモニター募集※ [続きを読む]
  • 乙女座的スーパーマーケット
  • ずいぶんご無沙汰してしまいました。ごめんなさい!すっかり体が弱くなってしまって、鍛えなそうなと思うりぼんです。 最近印象的だったことを書こうとおもいます。先日、近所からはすこし離れたところにあるスーパーケットに行きました。そう小さくもないお店なのですが、入ってみるとまあ静か。鮮魚や精肉をおろすスペースがないせいなのか、特売の掛け声もなく、淡々とBGMだけが流れていました。商品の陳列もお上品でとん [続きを読む]
  • トランジットの火星で体調を崩す
  • お久しぶりです。体調崩しておりまして、しばらく更新できませんでした。占星術的には、トランジット火星蠍座ファイナルの影響かしら、わたしは月が蠍座にあるので、最後の火星のあがきを受け取ってしまったようです。。月蠍のみなさん体調はいかがでしょうか。  トランジットといえば、やはり山羊座が強い方は、今はプレッシャーがかかりやすくて大変だなと思います。冥王星の影響ってやっぱりすごいものがありますよね [続きを読む]
  • ピースが欠けた場所―エレメンツの過不足
  •  ホロスコープで用いる12宮は、火・土・風・水の4つのグループに分けることができます。火……牡羊座・獅子座・射手座土……牡牛座・乙女座・山羊座風……双子座・天秤座・水瓶座水……蟹座・蠍座・魚座ホロスコープ上の天体は、この12宮のうち必ずどこかに属していますが、4つのエレメンツに均等に配置されることはなかなかありません。火が強いとか水が強いとか。あるいは [続きを読む]
  • 20代後半から30代前半の転機について
  • 西洋占星術には、その天体が最も輝く「年齢域」という考え方があります。7歳までは月、15歳までは水星、そして25歳までが金星。20代の半ばからは、太陽の時期を迎えます。 星座占いでおなじみの太陽ですが、実は自分で開発しないとモノになりません。金星は「楽しみ」の天体。持って生まれたセンスなども表しますが、これらを鍛えず、受動的でいてもただ地味なだけとか、無味乾燥に近い状態になるだけで問題なく過ごせること [続きを読む]
  • フルムーンとオポジション
  • 昨晩は、山羊座の満月でした。まんまるお月さんです。天気は微妙でしたがお目にかかれましたでしょうか?満月は美しいので、見ているだけで癒しのパワーをもらえますね。 山羊座なので、「自分が何のために何をするべきなのか」。きっちりとした目的意識を発揮するのにうってつけの日でした。また、太陽月オポジションの緊張感も味わうことができました。満月生まれのひとは満ち足りた月を持っているけれど、太陽とは徹底的に [続きを読む]
  • 好き勝手できないオポジションは
  •  スクエアのようにわかりやすい反発や挫折とは違うけれど、常に緊張感があるのがオポジション(180度)。特に、個人天体にオポジションを持っていると、セルフプロデュース能力が高められます。180度は互いに監視しあう関係ですから、好き勝手しようとするとがっちりチェックが入るのです。 太陽月オポならば、素のままの自分と開発して作り上げる自分のシーソーゲーム。土星と太陽オポならば、土星という社会の枠に適応 [続きを読む]
  • 乙女座木星アートセラピー☆地の星座編
  •  2016年も上半期が終わってしまいました。必然的に、近づいてくる木星移動の時期……去年の秋から乙女座にやってきた木星のパワーを、十分に感じられたでしょうか? 乙女座といえば、細かな視点。細かな作業。火星蠍座の配置と相成って、色々な悪事が細かに指摘されることの多い上半期でした。 個人レベルでは、市民としての視点を強く意識させられる日々です。 つらい現実ばかりで気持ちが沈みがちに [続きを読む]
  • 疲れた月冥王星のケア方法
  •  太陽・冥王星については以前書きましたが、月と冥王星のアスペクトにも緊張感が走るところがあります。一言であらわすならば、プレッシャー。〇〇しなければという強い思いです。常に見張られているような重苦しさが、月冥王星のハードアスペクトには流れています。月は10天体のなかでもっとも純粋で防御力もありませんから、できるだけソフトでいたいと願う人が多いと思います。ところが、月―冥王星を持つ人は、ある意味ハ [続きを読む]
  • ノーアスペクトの素晴らしさ
  •  まるでタロットカードの愚者の世界。しがらみから解き放たれて、思うままに行動できる――。 生きていると何かしらに足元を縛られるのがふつうですが、ノーアスペクトの天体は我関せずに実に軽やか。気球を飛ばすように意識の一部分だけを自由に開放できる、そんなパワーを秘めています。ノーアスペクト。すなわち、どの天体ともアスペクトを組まない独立した天体は、使いづらい、とか作用しないなんて言われたりもしま [続きを読む]
  • 溢れる誠実さ――ストイックな土星ハード
  •  なんでもすごく頑張らないと平均点もいかない……。要領が悪いせいなんだろうか、というお悩み。 まわりには、さらりと要領良くこなせる人が大勢いるのに。どうして自分はできないんだろう。そう考えたとき、土星をチェックしてみると良いかもしれません。 土星は、わたしたちとこの世界をつなぐ土台のようなもの。土星がある箇所に終着点を見出すこともできます。 例えば、7ハウスに土星が入っ [続きを読む]
  • 止められない集中力―太陽と冥王星
  • 世の中は、微妙な「具合」や「加減」に満ちています。 人付き合いは腹8分。「いい具合」にとどめてね。 仕事職場のひととは「いい具合」に付き合えばいいよ。 肩の力を抜いて!たまにはリラックスしないとね。良い加減を覚えないと! 広告や雑誌やネット、とにかくどこかで見たことがあると思います。 良い具合や良い加減。つまりは、どこかで線引きをして自分の領分を守ってください ということですが、 [続きを読む]
  • 男のひとと上手くいかない?―ハードな太陽・火星
  • 恋人の上手な付き合い方に頭を悩まさない人なんていないと思います。相手にいつも怒られてしまう。つい尽くしすぎてしまう。考えても考えてもどっちが悪いのかわからない……そんなとき、ホロスコープをみると納得の答えが見つかるかもしれません。 上記のようなお悩みを持っているのは、 いわゆる恋人に振り回されてしまうタイプです。こういう場合(男性を恋愛対象する女性)は、太陽か火星にハードアスペクト [続きを読む]
  • 青春時代が暗かった?−−年齢域の考え方
  •  青春時代を明るく過ごしたか否かで人生の充実度が変わってくる―― そんな価値観で語られる物語が、世の中では結構幅をきかせています。 しかし、本当にそうでしょうか。だいたい10代後半から20代の前半にかけてのことを青春時代と呼ぶと仮定すると、西洋占星術では金星の年齢域(16〜25歳)になります。 年齢域。これは、月から冥王星までの10個の天体のうちひとつがクローズアップされるという考え方。&n [続きを読む]
  • 射手座の太陽
  •  矢のようにどこまでも飛んでいく。これが射手座の本質です。 飛ぶために必要なのは、壮大な夢を抱く創造力。 射手座の太陽は、常に夢を見ることで上昇する力を得ます。 牡羊座が燃やし始めた炎は、獅子座で燃え上がる場所を得ました。 そしてやってきた火のサイン3番目。射手座のフィールドでは、その炎を別の世界へ飛ばしてより発展します。 射手座がスポーツとも研究とも結びつくのは、この「違う世界へ [続きを読む]
  • りぼん式西洋占星術コラム
  • なんだかうまくいかない。 これってわたしが悪いのかしら? 運が悪いってどういうことだろう? もやもやするお悩みを、占星術的な考え方でレスキュー。 今より少し気持ちを楽にするために。 頭で考えでも答え出ない問題を、占星術の世界観で考えてみませんか。 --------------------☆記事一覧☆------------------------------------- ☆優しいのは損?   −?木星と理不尽   &n [続きを読む]
  • はじめに
  • はじめまして、Astro Ribbon管理人のりぼんです。「なんだか疲れてしまった」「周りに利用されてばかりいるような……」「自分の人生なのに、脇役ばかり演じている気がする」。誠実で謙虚な方ほどそんな風に悩むことが多いと言います。重なるトラブルやストレスに対して 誠実であろうと様々な答えを巡らせみるけれど、何も解決しないで堂々巡り。もやもやしくしく落ち込んで……。つらい状況になってしま [続きを読む]
  • 自分の人生を生きる―太陽を輝かせる
  •  「自分の人生を生きる」とはどういう意味でしょうか。 仕事で成功すること?幸せな結婚をすること?なにも手に入らなくても、ただ心穏やかに暮らすこと?ひとにはそれぞれ価値観がありますから、誰かに勝手に決められたら我慢なりません。どんなことをしたいのか。どんなひとたちに囲まれたいのか。幼少期にはただ与えられた環境で生きるしかなかったわたしたちも、大人になるとそれを自分で決められるようになったはず [続きを読む]
  • 蠍座の太陽
  •  集中する。徹底してやり抜く。何があっても食らいつく。とにかく、あきらめないこと。それが蠍座の太陽を生かすキーワードです。蠍座は、8番目のサイン。人とお付き合いをはじめた天秤座の次の段階として、自分と違うものを味わい尽くそうとします。対象は、人でもモノでもの良いですが、とにかくあなたが夢中になれるもの。どこかで見つけたソレを通して、新しい世界をのぞくのです。対象と近くなりすぎたとき、天秤座では [続きを読む]
  • 天秤座の太陽
  •  名前のままわかりやすく、「天秤」で色々なものを考えることが天秤座のお仕事。 そのジャッジは、混じりけなく誠実です。いちごとリンゴどっちがおいしい?天秤座の太陽は、そんな途方のない問いにも、いやな顔をしないで取り組んでくれます。いちご派とリンゴ派どちらの意見にも耳を傾けて、両方の良さも理解します。 重要なのは、天秤座のジャッジに優劣は必要ないということ。あくまで天秤は、より良いものを知 [続きを読む]