廣田信子 さん プロフィール

  •  
廣田信子さん: 廣田信子のブログ −マンションに関わる全ての人へー
ハンドル名廣田信子 さん
ブログタイトル廣田信子のブログ −マンションに関わる全ての人へー
ブログURLhttp://ameblo.jp/nobuko-hirota/
サイト紹介文コミュニティ研究会代表、廣田信子がマンション生活や管理組合運営に役立つコラムお届けしています。
自由文一人ひとりが自分らしく活躍しながら、力を合わせることで豊かに暮らす、新しいコミュニティ型社会を目指して・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供242回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2015/03/13 14:28

廣田信子 さんのブログ記事

  • マンションの地震保険のこと、本当に知っていますか?
  • こんにちは! 廣田信子です。 総会シーズンですね。予算の中で保険料のアップが気になったマンションも多いことと思います。 そんな中、今年1月の地震保険料の値上がり前に、地震保険に加入したというマンションもありますが、 検討はしたけれど、結局、自分のマンションに必要かどうか判断できずに見送ったというマンションも多いのです。 加入しないのにもそれなりの理屈がありますが、 気になるの [続きを読む]
  • 減額すべきという稟議を書くのはどんなとき?
  • こんにちは! 廣田信子です。 複数の管理会社の見積り合わせでは、実際に、この金額では、積算上赤字じゃないかな…と思う金額で見積りを入れてくる管理会社もあります。 その管理会社が管理する同規模の他マンションより格段に安い金額です。 今年度の受託戸数の目標数値を達成するために、どうしてもそのマンションの管理を取りたいと、破格の価格で出してくることもあるのです。 以前に、管理会社の積算 [続きを読む]
  • どこから利益を出しているのか…と聞かれても
  • こんにちは! 廣田信子です。 管理会社の管理委託費の内訳を見て、管理組合がいろいろ突っ込みたいのは、20年前から変わっていないな…と思うことがありました。 ある管理組合の理事さんが言います。 うちの管理会社(大手です)は、内訳項目のどこからどれだけ利益を出しているのか…と質問しても、それは一概に言えないと言って、絶対に答えないんです。 どこでどれだけ利益を上げているかが分からないか [続きを読む]
  • 「人の役に立ちたい」の心理に付け込む詐欺
  • こんにちは! 廣田信子です。 高齢者を狙った詐欺は、オレオレ詐欺のように、孫や息子を助けたいという心理に付け込むものだと思っていましたが、 消費者問題に詳しい友人が言います。 最近は、赤の他人が、なんらかのきっかけをつくって、心の中に入り込み、高齢者から多額のお金を引き出す手口の詐欺が増えているのよ。 昔からある手口だけど、今は、ネットのやりとりだけでお金を出させてしまうケースも [続きを読む]
  • 「限界マンション」???
  • こんにちは! 廣田信子です。 土曜日のNHKおはよう日本見ましたか? 「限界マンション」がテーマでした。 NHKの定義では、 「限界マンション」とは、老朽化が進み管理や修繕が行き届かず、価格を下げても買い手がつかないマンション。 2月にNHKの取材班が、管理不全マンションの取材をしたいので、取材できそうなところを教えてほしいと来られたときのものが形になった番組になったのか… と見て [続きを読む]
  • 明日、NHKで西京極大門ハイツに会えます
  • こんにちは! 廣田信子です。 先日、4回目の大規模マンションを終え長寿命化の路線にしっかり乗った高経年マンションの話を書きましたが ↓「4回目の大規模修繕工事って未体験ゾーン」 管理もコミュニティも超一級の高経年マンションといえば、何度も、書かせて頂いた「西京極大門ハイツ」があります。 最近の記事では、「管理費払えなくなっても住み続けられる安心」 40年の歩みは、「西京極大門ハイツ [続きを読む]
  • シニアマンションのサービスは多数決になじまない
  • こんにちは! 廣田信子です。 昨日の続き、シニアマンションの話です。 最近、特に関西圏でシニアマンションの問題を聞きます。 食事、生活支援のサービス付で、1階にはデイケアセンターが入っているので、介護が必要になっても安心という触れ込みで分譲されていても、 サービスは管理組合との契約で、建物の維持管理とごっちゃになって、管理費等から費用が支出されていて、 管理組合の総会の多数決 [続きを読む]
  • シニア向けマンションってどうやって運営するの?
  • こんにちは! 廣田信子です。 シニア向けマンションが増えてきています。 シニア向けに造られ、シニア向けのサービスがついている分譲マンション…ということは、誰もが何となく分かりますが、 実際にどういうシステムで運営されているのか、最近、よく質問を受けます。 4月の日本マンション学会大会の分科会でも取り上げられました。 先日、私と知人が交わした会話を再現したいと思います。(こんな [続きを読む]
  • 4回目の大規模修繕工事って未体験ゾーン
  • こんにちは! 廣田信子です。 大規模修繕工事の進め方というのは、セミナー等でよく取り上げられるテーマですが… 同じ大規模修繕工事と言っても、1回目と2回目、さらに3回目、4回目ではまったく違います。 そこが絞れていないので、肝心なところが曖昧になりがちです。 4回目というと、長寿命化のための改修はここで終わります。エレベーター、専有部分も含めた給排水管、ガス管、電気幹線玄関ドア・ [続きを読む]
  • 直接電話して用件を言うのは失礼?
  • こんにちは! 廣田信子です。 テレビ番組で議論になったことをきっかけに、直接電話することがマナー違反かどうかという論争があります。 私たちの年代だと、電話は直接するもんでしょう…と思われるでしょうが、 メールやSNSで要件を連絡できるのだから、よほどの緊急でなければ、まず、メールやラインで連絡するのがマナーだという考え方です。 電話は、相手にとっては、突然、今やっていることを中断させ [続きを読む]
  • 認知症対策については自分の地域を「今」を知ろう!
  • こんにちは! 廣田信子です。 高齢者に対する地域での支援体制は、この1〜2年で大きく変わっています。 平成27年の介護保険制度の改正で、 高齢者ができるだけ住み慣れた地域で生活できるようにと、 全国統一だった訪問介護、通所介護等の制度を、市町村が取組む地域支援事業に移管し、多様化することになったことが形になっています。 平成27年〜29年の3年間を掛けて、介護予防や日常生活支 [続きを読む]
  • 相続登記未了で相続人不明にしないために
  • こんにちは! 廣田信子です。 相続した不動産について相続登記がされていないケースが数多く存在していることが問題になっています。 相続登記がされていないため所有者の把握が困難となり、まちづくりのための公共事業が進まないなどのいわゆる所有者不明土地問題が顕在化しており、 東日本大震災の復興の障害にもなっています。 また、相続登記未了で、誰のものかが分からなくなっていることが、 適 [続きを読む]
  • それぞれ好きなことをしながら同じ空間を共有するってステキ!
  • こんにちは! 廣田信子です。 突然ですが、居心地のいい空間ってどんなところですか。 リクルート住まいカンパニーがトレンドキーワードを毎年予測発表していますが、 2017年は「リビ充家族」というワードが挙げられています。で、最近この「リビ充」という言葉を、いろいろなシーンで目にするようになりました。 リビングを最大化し、そこで 各々が好きなように充実した時間を過ごすライフスタイルを [続きを読む]
  • 空き家対策でシェアハウスっておかしくない?
  • こんにちは! 廣田信子です。 人口減少が続く自治体で空家対策の審議会メンバーである知人と話をした時のことです。 空家対策として出されている施策が、空家を母子家庭用のシェアハウスに改装するというものなのです。 そもそもおかしいでしょう。 空家がなんで発生するかというと、世帯数より住宅数が多いから。 小学生でもわかることです。 それなのに、一軒の家に、数所帯をまとめて住ませよ [続きを読む]
  • 名前は単なる識別記号じゃない
  • こんにちは! 廣田信子です。 先日、昭和20年代、アメリカの影響を強く受ける戦後デモクラシー時代に小学生だった知人よりとても考えさせられる話を聞きました。 その方が通う大阪の小学校では、クラスを1組、2組、3組…とは呼ばずに、別の呼び方をしていたといいます。 どんな呼び方だと思う?と聞かれて、 アメリカだからA組、B組…?(全然、ユニークじゃない)    い組、ろ組…(ちょっと時代 [続きを読む]
  • なんで新耐震基準なのに耐震スリットがないの?
  • こんにちは! 廣田信子です。 先週の記事で書いたように↓「「固く」「しなやかに」というから耐震性はわかりにくい」 新耐震基準(1981年〜)で、構造(耐震)スリットを入れるという考え方が、導入されましたが、 耐震性の確保の考え方は、設計者によって違うので、 新耐震基準による建物でも、耐震スリットを設けてないものもあります。 で、勉強会の参加者からは、 うちのマンションは新耐震 [続きを読む]
  • 耐震診断の「納得がいかない」を一歩進めて
  • こんにちは! 廣田信子です。 昨日の続きです。マンションの耐震性の設計、診断において、 「強固に」と「しなやかに」という一見矛盾した性能をバランスを考えて確保する…というところが分かりにくいのでは…という話をしました。 言葉でいうのは簡単ですが、それがどのように実現されるのか、私も、正直、よくわかっていません。 で、勉強会の中で、耐震スリットは、短柱対策として柱と腰壁や垂れ壁の間 [続きを読む]
  • 「固く」「しなやかに」というから耐震性はわかりにくい
  • こんにちは! 廣田信子です。 先週、耐震改修、耐震スリットに関する勉強会を開催しました。 →「今さらですが、耐震スリットって何?」 被災マンションの復旧、耐震改修に多くの実績を持つ、専門家のお話は、非常に質の高いものでした。 その後、かなり白熱した専門的な質疑応答がありました。 それを聞いていて… 大地震のたびに、耐震性そのものの考え方変わり、建築基準が変わること、 [続きを読む]
  • 高齢になったら戸建てに住み替えた方がいい?
  • こんにちは! 廣田信子です。 最近、講演では、今、マンションで課題となっていることをお話して、 人口減少、住宅が余る時代に、すべてのマンションが生き残れる訳ではないので、 合意形成できるコミュニティを育てて、将来ビジョンを持ってしっかり管理して…という話になります。(ものすごく、大雑把に言うと…ですが) 脅かすだけにならないように、課題への対処法もきちんとお話し、 マンション [続きを読む]
  • 「知っている人に気をつけて」と言わなければならない時代
  • こんにちは! 廣田信子です。 先週末に飛び込んできた、我孫子市のリンちゃん殺害事件の容疑者逮捕のニュースには、凍りつきました。 なんと、逮捕されたのは、リンちゃんが通っていた小学校の保護者会会長だったのですから。 同年代の子供を持つ親に与えたショック、 日ごろ、地域での子供の見守りに尽力している団体の方々に与えたショックは、 もうメガ級だったでしょう。 あまりに衝撃的で、 [続きを読む]
  • 後期高齢者が輝く職場発見!
  • こんにちは! 廣田信子です。 超高齢になったらどんな風に社会と接していけばいいのか、友人たちと話す機会が増えました。 自分たちにとっても身近なことになって来たんでしょうね。 少子高齢、人口減少社会に突入して、国も、高齢者に「活躍」してもらいたいと言っています。 一方で、様々な組織で、役職を超高齢の方が占めていることで、組織が硬直化してしまっている…そんな現状もあります。 自分 [続きを読む]
  • ディズニーのホスピタリティを実感!
  • こんにちは! 廣田信子です。 昨日、孫たちが楽しい気持ちいっぱいでディズニーランドを後にした話を書きましたが、 実は、最後に、一波乱がありました。 一番年下の孫娘は、何よりもディズニーランドで風船(ガス入りのフワフワ浮かんでいるあの風船です)を買ってもらうのを楽しみにしていました。 午前中はみんなが参加できるアトラクションでしたが、パレードを見た後、小学生たちは、スリルがあるジェ [続きを読む]
  • 大人になろう!
  • こんにちは! 廣田信子です。 先週は、春休みで孫たちが遊びに来ていました。 9歳から4歳までの4人の孫たちは、それぞれ個性があってそれは面白いけど、外出時のコントロールはたいへんです。 お約束で、ディズニーランドに行きましたが、春休みで混んでいるので、すべてに行列です。 で、それぞれが、あれに乗りたい、あそこに行きたいあれがほしいと言い出すと収拾がつきません。 でも、それぞれ [続きを読む]