紫釉 さん プロフィール

  •  
紫釉さん: 紫釉
ハンドル名紫釉 さん
ブログタイトル紫釉
ブログURLhttp://ameblo.jp/nanohana-haru/
サイト紹介文詩やささやき。 ときどき猫のお話。
自由文そっと囁くような そっと寄り添うような
そんなやさしさを 心がけたい

可愛らしさ 慎ましさを 大切にしたい

こころは いつも愛をみつめています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/03/14 15:36

紫釉 さんのブログ記事

  • 春花
  • 風に乗り届く口笛見ていてねそこで見ていてね 綺麗な花にはなれないけれど優しく揺れる花になるから 哀しみや寂しさ知るからこその花おひさまのぬくもりほんのり放つ花 紫釉 * 画像はお借りしたものです。 [続きを読む]
  • またね
  • ひとすじの流れ星 またねと尾をひいて またねきっとどこかで またね必ずどこかで お別れではなく これからが始まり きみうたううた胸に刻んで 忘れずにいよう また逢えるときまで きみくれたひかり胸に刻んで 信じていよう また逢えるときまで 紫釉 &n [続きを読む]
  • とてもすき
  • とても すきだから すき きみへと想い巡らせればハチミツの海に浮かぶ とろりと包まれ甘く漂う届く言の葉波のよう繰り返し打ち寄せる 信じていればそれだけでそんな安心をくれるひと だから すきとても すき いつも肩寄せ合うかのように隣りに流れるぬくもり 空に佇む月のように変わらぬ想い灯してにっこ [続きを読む]
  • 微笑み返し
  • 生まれたての眩しい朝の空 思い切り背伸びをして深呼吸 今日の始まりを光が導く きりりと澄み渡った空気に おはようの囁きを乗せて 溢れる光はすべての生命(いのち)へ 息吹きを与え輝きを授ける それぞれに幸あることを願うかのように 優しく流れくるもの この胸に 眩い空へと 微笑み返す あなた [続きを読む]
  • 《桃》
  • しっとりと3月。明日はひなまつりなんですね、もう。 うちの2猫ちゃん、姫猫(女のコ)なのでなにかしらでお祝いしてあげましょか桃の花を窓辺に飾ってあげてもいいな。そうなれば紫釉は桃花酒でお祝い かわいい桃の花には厄払いや魔除け長寿の力があるといわれているそう。 桃 花言葉:チャーミング、私はあなたのとりこ、人柄の良さ お花の存在感ってすご [続きを読む]
  • 空の果て
  • 日常の端々に小さな愛をたくさん込めて 気づけるきみであるようにと小さな願いをそっと込めて 毎日静かに注ぎながら育み深めていけるよう 見つめ合う季節(とき)を繰り返しゆっくり熟していきましょう 互いの体温(ぬくもり)安らぎの場所かけがえのないものと知るとき 限りなき永遠の道は空の果てまでも続いてく 紫釉 &n [続きを読む]
  • 記憶の糸
  • もう色褪せて見えるでしょうか 淡く揺らいでいるのでしょうか 滲む輪郭を残しているでしょうか 置き去りにされたままでしょうか ふとした瞬間に胸を過るでしょうか まだそこに あなたのもとに 在り続けているのでしょうか わたしという残像 わたしの中の孤独 わたしからの愛情 わたしへと繋がる記憶の糸 あなたは [続きを読む]
  • 静夜
  • 声を待ち想いを待つの 月は照らす何もかも 胸の隅々撫でるように 隠し事などできぬように 視線を待ち心を待つの 雨は浸す何もかも 胸の隅々映すように 熱き想いを冷ますように 紫釉 * 画像はお借りしたものです。 言葉を想いを紡いでひとつの詩に。目にし [続きを読む]
  • 愛情
  • どんなに言葉を重ねても風がさらってしまうから どんなに温もり重ねても雨がさらってしまうから 途端に広がる寂しさの繰り返し 感じていたい愛はいつも隣りに繰り返す侘しさを消し去って 感じていたい愛をいつも隣りに繰り返す侘しさを消し去って 量れない愛情だからこその言葉を 想いを 感情を 緩やかに注がれ続けるものならばど [続きを読む]
  • 迷いの森
  • 迷いの森は暗くてこわい進めない進まないしゃがみ込むだけ灯りを探す 光を探す君を探す君の声を 見上げる木々生い茂る枝隙間から見える空に思い切り手を伸ばす月を探す 星を探す君を探す君の瞳を紫釉 迷い悩んでひとは成長する。つまずいて転んでも少し経てば立ち上がれる。そんな強さを秘めている。 自分を信じよ [続きを読む]
  • 《山茶花》
  • 山茶花(さざんか) 花言葉:理想の恋・ひたむきな愛    愛嬌、困難に打ち勝つ 小さな頃はおてんば転んだり落ちたりしてよくあちこち怪我をしていました。 お人形さん遊びをするよりも外で駆けずり回っているほうが好きな女の子。かくれんぼ、鬼ごっこ、目を輝かせて探検、冒険好きでもあったので近所の男の子たちに混ざって山探検。そのまま迷い込んだことも [続きを読む]
  • 木洩れ日
  • 寒さに身を縮め見上げた空試すように北風 この胸に 携帯にはきみ知らせる音さりげなく並んだ文字煌きも眩さもないけれど程よく並んだ文字激しさも強さもないけれど 木洩れ日みたいな優しさを日々胸の芯へと運んでくれる 飾ることは無意味だとそこには素顔のきみがいて ありのままの言葉や声を当たり前のようにくれるきみ 紫釉 [続きを読む]
  • しるし
  • あなたのためのわたしであるとなんのしるしもないけれど ながぁくともにいられたらそのうちしるしがつくかしら ほっとこころくつろげるのもわっとこえあげなけるのも そこがいばしょとおもえるのならずっとかわらずすごせるかしら あなたのためのわたしであるとわたしのためのあなたであるとなんのしるしもないけれど かたくむすんだ [続きを読む]
  • 緑の草原
  • 広い草原にたったひとり そこはただ空が続くばかりで そこはただ緑の風が吹くばかりで 強がり続けた心の景色を あなたは知る由もなく この笑顔だけがすべてと どうしたら伝わるかしらなんて 本当は弱虫で寂しがりの心を 天に手を伸ばし風の声を聴く ざわつく鼓動のような風 [続きを読む]
  • 記憶の中のタカラモノ
  • 緩やかに時は過ぎていく知っていたはずの背中も感じていたはずの温もりも輪郭を失い朧に浮かぶだけゆらりゆれて胸の中ゆらりとけて胸の奥 確かな記憶は いつしかセピア色を纏い それはまるで夢や憧れのように 温められた記憶は いつも光をこの胸に授け 淡く優しい気持ちへと導いていく 紫釉 [続きを読む]
  • 《福寿草》
  • 新年 おめでとうございます。 昨日、今日とまったりしゆう。特別なことは何もせずただ ゆっくりと『こころやすみ』 空いっぱいに広がる青はとってもこころに優しくて前向きな気持ちにさせてくれます。 *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜 あぁ それにしても口は休むことなくもぐもぐ。お餅ばかり食べているから太るかな。 少しくらい太ってもいい [続きを読む]
  • こころ
  • ぽわんと浮かぶ ぽちゃんと沈む ぽんぽんと弾む ころころと転がる そよそよとゆらゆらと 揺れ揺らされてはふと 佇んでみたりもする まあるくなぁれ まあるくなぁれ とがって誰かを傷つけぬよう へこんで誰かを泣かせぬよう まあるくなぁれ まぁるくなぁれ わたしのこころ [続きを読む]
  • おやすみ
  • さびしんぼうがひとり よぞらをみあげてないた きらきらきらきらうつくしい ほしぞらみあげてないた さびしんぼうがまたひとり よぞらをみあげてないた チカチカチカチカうつくしい ほしぞらみあげてないた いつの夜もほしはそうしてみつめてきたよ いつの夜もほしはこうし [続きを読む]
  • 聖なる夜
  • 窓辺に小さなツリー煌く空の星も飾りに ろうそくだけを灯した部屋は柔らかなぬくもり 寄りかかれる肩高価なプレゼントよりあなたという存在 誓える夜のあることを誓う夜のあることを この絆はタカラモノと守りたい想いはタカラモノと 祈るの愛を平和を聖なる夜に 紫釉 *画像はお借りしたものです [続きを読む]
  • ひとつ星の願い
  • 美しく着飾った街は人々の想いを纏いさらに輝きを増して 散りばめられたひかりのように幾つもの愛で溢れている 街中流れるクリスマスソングときめきと切なさの狭間を流れて 幸せな想い瞬く一方で寂しさ抱える想いも瞬きながらそれぞれの愛は揺れ煌いている ツリーに輝く一つ星は願う誰しもが温かい想いのもとにあるように ツリーに輝 [続きを読む]
  • 恋ごころ
  • 誰にも きみにもわからぬように そっと そっと そっと 星に願いを 紫釉 *写真はお借りしたものです。 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 詩の中の囁き人は昨日のあなたかもしれないし今日のあのひと [続きを読む]
  • ぬくもり
  • シンシンと闇  心に沁みて 青白く月明かり  不意に増す寂しさ 求めたいその手その心 冷えゆくこの身体に伝えて ぬくもりとはこういうものだと 心ごと抱(いだ)かれたなら 愛を知り愛に向き合えたなら 紫釉 *画像はお借りしたものです。 &nb [続きを読む]
  • 12月〜『愛』
  • 流れるように、12月。 澄んだ空気は体中を廻り澱みがちな心をシャンとさせてくれる。 11月にはまさかの雪でびっくり。子供の頃なら嬉しくてはしゃいでいたのに困りごとばかり浮かんで、ね。いつの間にか歳を重ねてなりたくはなかった大人にすっかりちゃっかりなってる・・・。 冬の寒さ冷たさは苦手だけれど心を澄ます機会だと思えるからそうしてまた芽吹きの季節へ向かう [続きを読む]
  • 何度でも
  • 悲しみは流れ流れて 不安も流れ流れて 洗いたての心がそこに また いちから そう いちから 何度でもやり直せるから 何度でも 何度でも 紫釉 *** (o^―^o)ニコ * 画像はお借りした [続きを読む]
  • 贈る想い
  • ひだまりに咲く花のように穏やかに優しく揺れていたい あなたの姿に微笑みながらいつまでも咲き続けていたい 心地良さ誘う香り届くように吹く風に今日も願いを 美しい月夜に咲く花のようにしっとりと艶やかに佇んでいたい あなたの姿を見守りながらいつまでも咲き続けていたい 花びら重ねるみたいなキス今夜も柔らかな想いを&n [続きを読む]