sannsanntaiyo さん プロフィール

  •  
sannsanntaiyoさん: 現役通訳者が明かす外国語学習の「不都合な真実」。
ハンドル名sannsanntaiyo さん
ブログタイトル現役通訳者が明かす外国語学習の「不都合な真実」。
ブログURLhttp://ameblo.jp/sannsanntaiyo/
サイト紹介文知りたくないなら読んではいけない。現役通訳者が明かす「不都合な真実」。本気でやるなら発音と文法!
自由文獲得言語のイタリア語を生業にしているやさぐれ者が、誰も教えてくれない語学学習の不都合な真実を語っちゃいます。知りたくない人は読んじゃダメ!
いつまでたっても話せないのは発音と文法を軽視する日本の外国語学習が原因なのだ。
言語研究家でも、マルチリンガルでもないけれど、数カ国語の学習経験から得た、実体験に基づいた自分の考えを勝手に綴ります。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/03/16 09:36

sannsanntaiyo さんのブログ記事

  • 単語の覚え方【名詞編】:定冠詞とセットで覚えておけ! その2
  • 定冠詞とセットで と書いてはみたものの、英語の方はあまり気にしたことがないんだ!ということに今気付いた私ですが、、、何か?(古い) 男性名詞、女性名詞、ましてや中性名詞もある言語の方には必須ですよね。 おそらくほとんどの方が実践していると思うんです。私とは違って、ちゃんと最初からやっていると思うんです。 だけど、私は敢えて問いたい。 :複数形もすぐに言 [続きを読む]
  • 単語の覚え方【名詞編】:定冠詞とセットで覚えておけ!
  • 春ですねー暖かくなったのが嬉しい週末です。 さて、皆さんはどうやって単語を覚えていますか人それぞれ、自分にあった方法で覚える努力をしてると思います。私の時代、単語を覚える3種の神器は*紙の単語帳*紙のノート*鉛筆・ペンなどの筆記用具でした。(神器じゃないでしょ、というコメントはお受けできません) こういう時代ですから:紙の単語帳って何?とおっしゃる方もいるかもしれな [続きを読む]
  • 簡単にできる発音チェック
  • ご無沙汰してます。4月もファッション業界は忙しく、おかげさまで私も忙しくしております。昨日、大阪出張から戻ったと思ったら、先日、イタリア人インタビューのお仕事をいただいたテレビ局から追加の映像翻訳の依頼がメールで届いていました。 お花見する時間がないー とはいえ、その時々に頂戴したお仕事をありがたくお受けするのがフリーランスというもの。(もちろん、嫌なら断れるけど)できる時には [続きを読む]
  • ダイエットにはショートパスタ!?
  • 春ですねスーパーに菜の花が山盛りになっていたので、昨晩はグリルにしてワインと一緒に食べました。 今日は、その残りをスパゲッティで食べました。美味 私は、ナポリ並みのアルデンテが好きです。それってどんな感じかというと、、、 なんとか巻くことができる硬さ。 巻ける長さがないとピンッとはねちゃうくらい。 と [続きを読む]
  • 驚愕、イタリアの通販:さらなる驚き
  • イタリアの某ブランド通販サイトの素早さに驚いたのですが、実はその前にもう一つ驚いたことがありました。 実は当初、商品をカートに入れ、決済画面に進み、必要情報を入れ、最終確認をし、確定ボタンを押したところ、、、 ページが機能していません的なメッセージが現れたのでした最終確認画面とか、オーダー番号とか、そういったページが現れることなく、「機能していませんよ」的なメッセー [続きを読む]
  • 驚愕、イタリアの通販
  • イタリアの郵便事情といえば:郵便が届かない:荷物が消えた:ヴェネツィアで出したハガキが2ヶ月後に届いたという噂が後を絶ちません。私もかなりネガティブな経験をしてきました。 そんなイタリアですからどうしても通信販売は信用しづらい。 とはいえ、利用したこともあります。私はスクーターに乗るのですが、やはりバイク用品はイタリアが圧倒的にスタイリッシュなので、ヘルメット [続きを読む]
  • 追記:aiueoのa(フランス語学習者注目!)
  • 1)イタリア語のaはアじゃなくて、2)開口音と閉口音があるけど、3)イタリア語ではこの違いは意識しなくてOKと言いましたが、一応その違いもお知らせしておきます。 簡単に言うと、舌の形の違い。舌の根元を盛り上げると開口音のa舌の根元をぐっと下げると閉口音のa ああ、簡単 だけどフランス語学習者はきっとこう思うでしょう。:日本語にない違いを使い分けるのはやっぱり難しい &nb [続きを読む]
  • aiueoはアイウエオにあらず その4
  • oもオじゃないけど、これは、、、いえ、これもかなり簡単 まずuの唇の形を作ります。口笛の形です。詳しくはこちらをご覧下さい→http://ameblo.jp/sannsanntaiyo/page-2.htmlそれをすこーし開きます。開くけど唇の力を抜かないようにそしてオと言うつもりで発音してみる。はい、こうこれであなたはoと言えているはず。 すごーく簡単なのでeの回に一緒に書こうと思っていたのに忘れていました &n [続きを読む]
  • aiueoはアイウエオにあらず その3
  • eだってエじゃありません中でも閉口音のèは全然違うのであります そう、eには閉口音のèと開口音のéがあります。フランス語の発音が出来る方には簡単だと思いますが、初めての方にはちょっと難題。ただし、イタリア人でも正しく発音し分けられない人もいますから、正直、使い分けられなくてもそれほど気にしなくても。ただし、同時通訳を目指すならば重要かと思います。 1)é(アクセント記号が右 [続きを読む]
  • aiueoはアイウエオにあらず その2
  • uとウはぜーーーーんぜん違います。 全っっっ然、違う uの発音が出来るか出来ないか、大きな分かれ道です口笛、吹けますかあの口が出来ますか この唇の形でウというとuになりますああ、簡単問題は、この唇の形を人前で作るのは日本人にとって抵抗があるということ。以前、イタリア語を教えていた時に徹底的にこれを教えるのですが、、、みなさん:は、恥ずかしい、、、と言って笑い出した [続きを読む]
  • aiueoはアイウエオにあらず、と心得よ
  • 久しぶりに学習法ネタです。 イタリア語は日本語と発音が似ているので楽チンという言葉に騙されてはいけないと訴え続けていますが、それは基本の母音においても当然言えること。 イタリア語の母音aiueoと日本語の母音アイウエオは同じ発音ではないのです。 aとアはかなり似ている(舌の根も乾かぬうちに、、、スミマセン)全く同じな時もある。多分。が、アよりも口を大きく開けることが基本です。実は [続きを読む]
  • 寄り道話2:通訳初心者の仕事「展示会」
  • 初心者の仕事として一般的なのが展示会、というお話でしたが、そうはいっても通訳者次第でビジネスの行方が左右される大切な業務です。楽チンで簡単、というわけではありません。 出展者は外国の企業。バイヤーは日本人(じゃないことはもちろんありますが、日本語通訳者には無関係)。ということは、ビジネスの話がまとまれば貿易がおこなわれるわけです。だから、貿易に関する知識が全くないとこの仕事はできま [続きを読む]
  • 寄り道話:通訳初心者の仕事
  • 今を去ること4ヶ月、、10月の繁忙期に「次回は通訳初心者の頃の仕事について書きます」と宣言していたのに、書かぬまま今に至っていることに気づいた私。この記事http://ameblo.jp/sannsanntaiyo/entry-12210224182.html 繁忙期だったのですっかり忘れていました、、、「ちょっと寄り道」をしたので忘れてしまいました、、、別の話で出鼻はくじいていましたが、すっかり忘れていました、、、 :通訳って実際 [続きを読む]
  • で、何語を学ぶか
  • ラテン語系の言語の中では、フランス語が一番難しい。と、よく耳にしますが、、、それって単に発音が難しい(ように思える)から「難しい言葉」と思われているのではないでしょうかフランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語に限って言えば文法は大きく変わらないでしょう。性や数の変化や一致を考えると、おそらくイタリア語が一番細くて面倒だと思います。 過去の投稿も読んでくださった方はもうお気づ [続きを読む]
  • 的確な訳出し〜:補足(が、多分最も本質的な話)
  • 「的確な訳だし」の話で、おそらく最も大切な本質的なことを書き忘れていましたというか、思ったことをその時に綴っているブログなので、その時は思いつかなかっただけなのですが、、、 かいつまんで言うと、最終的には包括的言語能力がモノを言うのであるが、まずは日本語(訳すこと)を意識せずに当該外国語を学習しよう。それが最終的な「的確な訳だし」に役立つ。と云う話でした。かいつまみすぎ詳細は以前 [続きを読む]
  • ブランドモノの制服
  • イタリア語の場合、ファッション、ジュエリー、ワインの仕事が圧倒的に多いです。もちろん、医療や機械、建築デザインや車の仕事もありますが、やっぱりファッション系が圧倒的に多い。そしてファッション業界、中でもラグジュアリーブランドの仕事では(良いか悪いかはともかくとして)ある程度以上の「ふさわしさ」が求められる。そんなブランドの洋服やバッグや靴を揃えるわけにもいかないし、最も無難なジャパニーズブランドの [続きを読む]
  • 要は包括的言語能力!(?)
  • 前々記事からの続きですが、 要するに、通訳者に必要なのは包括的な言語能力だと思います。多分。総合的な言語能力、とも言えましょう。多分。コミュニケーション能力も重要です。これは絶対。 担当言語と日本語の違いの溝も埋めなければいけない。溝を埋めた上で、コンセプトを各言語に対応させて訳す。それには担当双方の(3つでも4つでも)言語に精通していることが大前提ですが、それだけでは不十分。 [続きを読む]
  • 的確な訳出しのために何ができるか? のつづき
  • ペラペラになりたいのなら、やっぱり日本語を介さずに外国語を話せるようにしようというのが前回のお話でした。これは基本中の基本だと思います。ですから、学習中は日本語訳は意識しすぎない方が良いでしょう。 それにはもう一つ理由があります。その理由とは個人的見解に基づくものなので、それを前提にご覧ください。 仕事の内容によるので一概には言えませんが、通訳者の仕事はと一語 [続きを読む]
  • 的確な訳出しのために何ができるか?
  • 的確な訳出しというのはいつになっても難しいものです。:あの訳でよかったのか?:ああ、こう訳した方が良かったなぁ〜という反省は常につきまとうもの。仕事の後にはかなり落ち込み、反省します。 先の記事でも触れた、イタリア語上級者読者さんからまた貴重なコメントをいただきました!(お名前を出していいか悩んだのですが、ブログリンクで出していいですかね?):「意味はつかめるけど ちょうどいい日本 [続きを読む]
  • 初めから通訳を目指すなら、、、
  • 以前、イタリア語学習歴の長いsoleさんという方から。:最初から通訳を目指してイタリア語の学習を始めた場合の勉強法について記事を書いただけたら嬉しいという、私のようなものには勿体無いコメントを頂戴いたしました。soleさんのブログを拝見すると、その真面目な勉強ぶりに驚かされます。 それ以来、思い出すたびに「そうだなー、何かあるかなー」と考えてみたのですが、、、そういう勉強法はないとい [続きを読む]
  • ついでに日本語の時制:日本に「未来」はない!?
  • イタリア語と比べると日本語の時制って、そして動詞の活用って鬼のように簡素だな、と思います。「時間」を示す意味での時制は2つしかない。現在形と過去形の2つしかありません。 いつもイタリア人に冗談半分で:日本には未来がないのヨォ〜と言っているのですが、日本語には「未来」を示す時制がありません 外国語の未来形を「〜でしょう」と訳す人が割といるのですが、これは間違いだって「〜でしょう」 [続きを読む]
  • 時制が多いから文法も複雑!
  • イタリア語の時制の話をしてきましたが、活用表からも分かる通りイタリア語の文法は複雑。とっても複雑。イタリア人も認める複雑さ。文法に必要なのは動詞の活用だけではなく、まだまだ覚えないといけないことがたくさんあります。 文法がシンプルな日本語スピーカーにとっては魔界のような世界。 だから、、、ちゃんと文法を使いこなせないイタリア人もいます。これ、本当の話。イタリア語は文法が複雑なた [続きを読む]
  • イタリア語の時制についてのお話:その5 童話
  • あとね、童話。童話に携わりたいなら、必須なのが直接法遠過去。その昔、イタリア語初心者の頃の話。まだどんな時制が存在するのかも、どんな文法の壁が待っているのかも知らなかった頃の話です。:子供向けのお話ならきっと簡単で勉強になるはずと思った私は世界的に有名な「シンデレラ」「白雪姫」と言った童話の本をイタリアで買ってきました。開いてびっくり見たことも聞いたこともない活用のオンパレード そう、童 [続きを読む]