hana-san さん プロフィール

  •  
hana-sanさん: シニアエンジニアで行こう! 〜健康第一〜
ハンドル名hana-san さん
ブログタイトルシニアエンジニアで行こう! 〜健康第一〜
ブログURLhttp://info-eng2015jp.com/
サイト紹介文40代後半のエンジニア(モドキ)。エンジニア人生を全うすべく奮闘中。日頃実践の健康管理法をご紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 361日(平均0.3回/週) - 参加 2015/03/15 20:45

hana-san さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 腰痛とのお付き合い2
  • 前回の記事で、お話しした通り、ぎっくり腰は、肩腰堂の院長先生のおかげで軽くすみました。 知り合いで仕事中にぎっくり腰になり救急車で運ばれ、2週間、寝込んだ人がいましたので、3日目で復帰できたのは施術レベルの高さを示してい … 続きを読む 腰痛とのお付き合い2 → [続きを読む]
  • 腰痛とのお付き合い1
  • 今から、5年前の2011年10月のある日曜の朝、畳の上に置いてあった携帯を取ろうとかがんだとき、腰に痛みが走りました。その痛みは、まさにギクッという感じ。その後、安静にしていれば良かったのですが、腰に痛みを感じたまま、友 … 続きを読む 腰痛とのお付き合い1 → [続きを読む]
  • 男の更年期障害対策3
  • モーレツに仕事が忙しい日々が続いた昨年末、集中力の低下と、気力・体力のピークを過ぎたという嫌な倦怠感があり困惑していた。そんな時、偶然、男性にも更年期があり、これらの症状の原因が男性ホルモンの低下よる可能性が高いことが分かった。以来、色々試行錯誤してきたが、現時点では以下に示す対処法で安定している。といより以前より元気!1.男性ホルモンの活性化(分泌量を増やす)(1)サプリメント男性ホルモンを増やすと [続きを読む]
  • 眠れないときは
  • 仕事が忙しくて神経が高ぶり眠れないときがあります。そういう時は効きそうなことを全て実践!(1)横になる前に少し熱めの風呂に3〜5分ほど浸かる体温の立下りで眠くなるとのこと。但し、熱めの風呂に長く浸かると交感神経が優位になり逆効果のため要注意(2)腹式呼吸をする交感神経の興奮を鎮める(3)ビタミンCとホスファチジルセリンをとる何れもコルチゾールのレベルを下げるとのこと。自分の場合は、(3)の特にホスファチジルセリ [続きを読む]
  • 脱白米?
  • 今日、久し振りにスタ丼を食べて来ました。ニンニクが効いた秘伝のタレ、豚肉、長ネギを炒めて、タクアン2枚と共にご飯に盛ったシンプルな組合せ。そこに卵を落とします。多分、豚肉は摩り下ろした生姜を入れたお湯で湯通ししていると思われる・・・疲れたときに、何故か無性に食べたくなるから不思議です。疲れた身体が求めているのかも知れません。ただ、最近、いつも思うのですが、白米ではなく、5分づきか、せめて胚芽米くらい [続きを読む]
  • まさかの隠れ栄養失調!
  • 「粗食は間違い?」の記事で、たんぱく質の重要性を紹介させていただきましたが、嫁さんが「隠れ栄養失調」であることが判明しました!先日、嫁さんの趣味である献血をしたところ、しばらくして検査結果が届いたのですが、冗談半分で「アルブミンはどうだった?」と聞いたところ、検査結果を見て「低い」との一言。確かめてみたところ、3.6g/dLでした。基準値表によると4.0〜5.1g/dL、40代中を考えると、かなり厳しい結果だと思わ [続きを読む]
  • コーヒーを止めてみた
  • コーヒー等に含まれるカフェインは副腎に負担をかけてしまうとのことです。現在の生活スタイルでは眠気覚まし以上のメリットはないのですが、どうしても止められませんでした。カフェイン中毒(汗)。適度にお付き合いできれば良いのですが、つい飲みすぎてしまいます。そこが問題なのですが、20年近く、なかなか改善できず、飲みすぎると控えて、また飲みすぎての繰り返しでした。思い切って止めてしまえば良かったのですが、つい禁 [続きを読む]
  • 粗食は間違い?
  • 食べ物に溢れる現代社会において、何を食べ、何を食べないかは、実に人生を大きく左右する・・・今まで色々な本やテレビ番組を通して、知識として知ってはいたが、肌で実感するテレビ放送があった。チョイス@病気になったとき(2016/04/16)番組では「隠れ栄養失調」と呼んでいて、具体的にはたんぱく質不足について採り上げられていた。たんぱく質が不足すると、(1)感染症にかかりやすくなる(2)血管がもろくなることによる脳出血 [続きを読む]
  • 男の更年期障害対策2
  • ■このページは、現在、理論面を見直し中!身体を冷やすことは良くないイメージがありますが、どうやらそうでもなさそうです。身体を冷やすことで副腎皮質ホルモンの分泌が増えるらしい・・・ということで、簡単にできる水シャワーで試してみることにしました。☆以下、現在、試行中の水シャワーによる冷却法です。!注意:健康診断で特に異常がないのでチャレンジしています。決してまねをしないで下さい。(0)風呂に浸かって軽く [続きを読む]
  • 日光浴でビタミンDを生成しよう!
  • シミやシワ、皮膚がん等、紫外線の害が気になりますが、実は紫外線に当たらないことによるビタミンD不足の方がリスクが大きいとのことです(「ビタミンDは長寿ホルモン(参考文献1)」)。この本によると、ビタミンDは、以下の臓器に作用するそうです。脳、神経、心筋、肝臓、脾臓、肺、腎臓、副腎、胃、大腸、小腸、膵臓、甲状腺、副甲状腺、前立腺、卵巣、子宮、睾丸、副睾丸、乳房、耳下腺、胎盤、胸腺、筋肉、骨、骨髄、軟骨、 [続きを読む]
  • ためになる本〜1
  • 最近、図書館で借りた本です。脳に悪い7つの習慣(林成之著)目次からリストにすると・・・①「興味がない」と物事を避けることが多い②「嫌だ」「疲れた」とグチを言う③言われたことをコツコツやる④常に効率を考えている⑤やりたくないのに、我慢して勉強する⑥スポーツや絵などの趣味がない⑦めったに人をほめない目次は、ちょっときつめの表現ですが、本文はとても優しさに溢れた文章です!自分にとって一番衝撃的だったのは [続きを読む]
  • 五分づき米で夕方からのパワーダウンを防ぐ
  • 何故か夕方になると、パワーがダウンして元気がなくなってしまうという経験はないでしょうか。自分の場合、30代前半にスイッチのオン・オフのようにハッキリとした症状で、とても苦しんでいました(会社の健康診断はいつも問題なし)。対策のためチョコレートなど糖分を含む菓子類を試してみましたが全く効果がありませんでした。色々な健康法を試しいるうちに、偶然、弁当のご飯を胚芽米から五分づきにしたところ、いつの間にか前 [続きを読む]
  • 人口知能と医療(机上の空論)
  • 健康法、ダイエット法、病気の治療法等、全く両極端な主張があり、本当に混乱するばかりです。利得関係を別にすれば、その主張の差異は条件の差異でないでしょうか。例えば、体質、生活習慣、生活環境等です。確かに人体は、電子回路とは比較にならないほど複雑だと思います。ただ、どれほど複雑でも「原因+条件⇒結果」は、常に成立すると思っています。回路設計において「複雑なことをシンプルに」をモットーに日々取り組んでい [続きを読む]
  • 自律神経
  • 仕事中の会話や雑談等で、細かいことに気付きやすい人、気付きにくい人がいて、いったい、この差はどこから来るのかを考えたことがあります。結論は、恐らくその時の自律神経の状態が影響しているのではないかと考えています。1.交感神経が優位なとき落ち着きがない状態であり、多角的な捕らえ方のパフォーマンスが低下した状態、つまり細かいことに気付きにくい状態。2.副交感神経が優位なとき落ち着いている状態であり、多角的な [続きを読む]
  • 過去の記事 …