カンボどら さん プロフィール

  •  
カンボどらさん: カンボジア田舎だより
ハンドル名カンボどら さん
ブログタイトルカンボジア田舎だより
ブログURLhttp://ameblo.jp/cambo-dora/
サイト紹介文カンボジアの田舎で暮らすことになった、五十路オヤジの奮闘記です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2015/03/16 11:26

カンボどら さんのブログ記事

  • カンボジア直行便に期待
  • ようやく来月、カンボジアに戻れます。 5ケ月も日本にいたので、正直なところ このブログの記事を書くのも大変でした・・・ 今回は初めて、中国の航空会社を使ってみます。 ANAの直行便のほうがもちろん便利ですが、 価格差を考えると、どうしても。。。 LCCがカンボジアに直行便を飛ばしてくれたら 間違いなく愛用するんですけどねぇ。 以前、トランスアジアがシェム [続きを読む]
  • 【閲覧注意】カンボジアの串料理
  • カンボジアの人々が大好きな串料理。街角や道端に屋台も多数ありますよね。 以前、練り物について書きましたので今回は「焼き物」「揚げ物」について。 まずは【焼き鳥】 練り物には味がほとんどついていませんが焼き鳥には甘い味がついています。 日本でいえば「タレ」ですね。塩だけ、は見たことがありません。 また「つくね」はあまり見かけません。ダンゴ状のものは大抵が魚のすり身です。&nbs [続きを読む]
  • カンボジア人もマリッジブルーになる
  • 日本に戻って、はや4ケ月になりますが諸事情ありまして、まだあと1ケ月ほどカンボジアに戻れません。 せっかく亜熱帯仕様になった全身の汗腺もたぶんすでに寒冷地仕様に逆戻りしたかと。 嫁ちゃんからは毎日のようにLINEでメッセージが送られてきます。 私の姿が見えないので、ご近所では「あの旦那は日本に逃げ帰った」と噂になっているんだそう。(呆 日本にいては、どうすることもできませんが。&nbs [続きを読む]
  • カンボジアのトランプ遊び【戦術解説】
  • 前回の続きで、トランプ遊びの戦略を私なりに解説してみます。 ◎実は最高の切り札は一番強い手札はハート?の2ですが、「2」は1枚出し(シングル)でしか使えません。 また「2」を残しておくと、ペナルティになるリスクも。 ゆえに最もキーになる札はハート?のAです。 ペア(2枚出し)の場合、同じAペア同士ならハート?のAを含むペアが最強です。 シークエンス(階段出し)の場合も、ハート? [続きを読む]
  • カンボジアのトランプ遊びは【脳トレ】です
  • 関連記事は連続していたほうが将来にわたってこのブログを訪問される読者様が読みやすいと思うので、引き続きトランプのお話し。 読んだだけで実際にプレイしないとわかりずらいと思いますが、今回は少し戦略の解説を。 実際にカンボジア人と遊んでみたあとにこの解説を読んで頂ければ、ご参考になるかと。 ◎基本戦略は 日本の大富豪(大貧民)と同じように、いかに手札を場に出し終えるか、が勝負です [続きを読む]
  • カンボジアのトランプ遊び【補足解説】
  • 前回記事で紹介したトランプ・ゲームですが改めて読み返すと、まだ説明が足りていないことも。 ゲームの説明って難しいですね。 勝敗ですが、4位の人が1位に、3位の人が2位に、定額を払います。 我が家では1位が1000リエル、2位が500リエルもらえるルールです。 配られた最初の手札に・6ペア・3サム・2のフォーカード・全種類の札が1枚ずつあったケースでは、その人以外の3人から各1000リエルずつ [続きを読む]
  • カンボジアのトランプ遊び【ルール説明】
  • プノンペンを歩いていると、暇している店の奥でトランプで遊んでる光景を目にしますよね? 私も2種類のゲームをマスターして家族とプレイを楽しんでいます。 まだカンボジア語が覚束ない私にとって家族とのコミュニケーションを図る意味では貴重な機会なんです。 今回は日本の【大富豪】とよく似たトランプ・ゲームのルールを解説してみます。 私は小学生のとき、学校で遊びましたが【大富豪】ではなく【大貧 [続きを読む]
  • いつから星空はこんなふうに?
  • 日本でも田舎に行くと星空がキレイですよね。 東京に住んでいた頃は星空を見上げることもありませんでした。 カンボジアはやっぱり日本の都市部と比べればけっこう小さな星まで見えます。 ただ、日本とは見え方が違うわけで、戸惑ってしまいます。 例えばオリオン座。日本では南の空にこのように見えますね。 これがカンボジアでは、時計回りに90度くらい回転した形で頭の上に見えるからです。 小学 [続きを読む]
  • 田舎でも区画格差が
  • 同じ東京のなかでも、場所の格差ってありますよね。 山の手と下町、といった大きなエリア格差だけではなくて、ひと駅違うだけで家賃相場が違うとか。 前にも書いたと思いますが、国道から脇道に折れるところにはこのような門がそれぞれ立っています。 画像は我が家に折れるところです。門の横には、目印になるような大きな樹木もあったりします。 でもすべての脇道にあるわけではなく、それなりに大きな [続きを読む]
  • 義弟が見ず知らずの女性と婚約
  • 義理の次兄はタイでの屋台経営から撤収。でも三男は依然、タイに出稼ぎ中です。 その三男にある日、縁談が舞い込みました。 お相手は近所でも比較的裕福な家の、ひとり娘。子だくさんのカンボジアでは珍しいですね。 キッカケはなんと、私の結婚式?! 両親とともに私の式に参列してくれた彼女。 でも彼女が三男にひとめ惚れしたわけではなく、ご両親が「あの彼はなかなか好青年だな」と惚れ込んでしまっ [続きを読む]
  • 娯楽を兼ねた半:自給自足
  • 以前、読者様から「暇つぶし」にお勧め頂いた魚釣り。 私はその後、チャレンジしていないのですが家族はほぼ毎日、近所の水たまり?に小魚釣りに出かけます。 嫁ちゃんも、そしてサザエ姉さんも、釣り好きとは知りませんでしたが、幼少期からよく行っていたのだそう。 道具はいたってシンプルなもの。2m弱の竹竿に、短い糸と針。エサはミミズ等を現地調達です。 この道具ですから、水たまりの中へズブ [続きを読む]
  • 【閲覧注意】人生初!アレを食べてみたら
  • ある日、小さなBBQ屋兼カラオケ屋をしている親戚宅に遊びにいったときのこと。 ちょっと小腹がすいていたので、何か食べるものは? とショーケースを覗いたら コレ、何だかわかりますか? フライドチキン? まぁ、似たようなものです。 この唐揚げ、実はカンボジアではお馴染みの ニワトリの首から上 なんです。 一度、自宅でマスオさんらが酒盛りをしていてしぶしぶおつきあいで飲 [続きを読む]
  • カンボジアの腐敗度は東南アジア最悪
  • 以前にも記事にしたことがありますが、カンボジアのお役所の腐れっぷりは進歩がないようです。 「トランスペアレンシー・インターナショナル」というNGOが最新の「世界汚職番付」を発表しました。 対象は176ケ国で、日本は20位です。カンボジアはワースト20に入る156位。 周辺他国を見ますと、 55 位 マレーシア90 位 インドネシア101位 タイ、フィリピン113位 ベトナム123位 ラオス136位 ミ [続きを読む]
  • アノ習慣は日本だけ?!
  • この冬、日本ではインフルエンザだけでなくノロウイルスも猛威をふるっています。 外から帰宅したら、ウガイと手洗いを! そんな言葉を、一体何度、TVで耳にしたことか。 ところで、ご存じですか?ウガイという風邪予防法は、日本だけってこと。 日本に来た外国人は、洗面所でガラガラする日本人にかなり面くらうのだそうです。 「寒い時に風邪を引くのは当たり前」「職場に迷惑がかかる、と考える日本 [続きを読む]
  • 隣家のサル娘、その後
  • バカ旦那に続き、今回は隣家のサル娘のお話。 もう1年ほど前でしょうか。サル娘が1歳ほどの弟を、祖母らの目を盗んでは蹴り倒して泣かせている、と書いたのは。 弟は可哀そうに、生後すぐからミルクを与えられず、お粥ばかりで育っていました。 彼はいつも空腹なようで、ウチの敷地内で私の捨てたゴミを口に入れてしまう、とも書きましたね。 なのに突然、貧乏だと思っていた隣家が家を新築したのにもビック [続きを読む]
  • 隣家のバカ旦那、その後
  • このブログでたびたび記事にしている、問題の多い隣家。 自殺騒動を起こしたバカ旦那をサザエ姉さん夫婦がタクシー助手にしたと以前書きました。 元々、マスオさんが慣れるまでの臨時採用だったので、彼はその後、プノンペンに戻っていきました。 で、それから何をしているやら、と思っていたら先日私がプノンペンに行ったとき、タクシー乗り場に突然、バカ旦那が現われたんです。 真昼間から酔ってはい [続きを読む]
  • カンボジア商売の定石?
  • かねてから疑問に感じていたのですが、プノンペンでは、商売仇とも言える同業他店が密集している印象があります。 たとえばセントラル・マーケットの食事処はクイッティウ屋ばかり。その東南エリアには、やたらと薬局が目立ちます。 マーケットの敷地内で、ジャンル別に同業者が固まるのはわかりますが、個人商店や屋台でも随所でその傾向が感じられます。 嫁ちゃんが卒業した大学のキャンパス前にはカンボジア焼き [続きを読む]
  • 日本の同名商品とは別物
  • 明けましておめでとうございます。 以前のような頻度ではなかなか更新できませんがぼちぼち続けて参ります。 時々ですが、カンボジアの民放テレビを観ているとポカリ・スウェットが宣伝に力を入れている印象が。 ゴールデンTIMEに放映されるスポーツ・イベントや音楽イベントのメイン・スポンサーになっているので、カンボジアで「2匹目のドジョウ」を狙っているのでしょう。 前にもちょっと触れましたが [続きを読む]
  • メリークリスマス!また来年?
  • 先月帰国して以来、諸事情ありまして まだしばらくはカンボジアに戻れません。 年末までは仕事が多忙なので、 ブログ更新は年内これが最後になります。 なかなか以前のようには 記事を書く時間が確保できなくなっておりまして、 年が明けても、どうなるか、現時点では未定です。 広告も宣伝もない、趣味ブログですので どうしても優先順位がありまして。。。 &nbs [続きを読む]
  • 義父が手作りしてくれたもの(2)
  • 昔は大工もしていたという義父が、ゆりかご や 作業机 を作ってくれたことは以前書きましたね。何か働いていないと落ち着かない性分、ということもあるでしょうが、それよりも私が何か、不自由していないかもっと私が暮らしやすくできないかそこにすごく、気を遣ってくれているんです。ホント、ありがたいことです。例えば、私のところにばかり蚊が襲来し、背中を掻けずに嫁ちゃんの戻りを待っていた私。それに気がついた義父が [続きを読む]
  • カンボジアの食センスの無さ(4)
  • まだ続くの? このシリーズ?そうなんです。というか、いくつか記事ネタを考えていて、共通するのは表題だな、と気づいたわけで。先日、珍しいことに嫁ちゃんが「今日のランチはご飯、炊かないわよ」 と。で、サザエ姉さんが1時間ほどかけて1枚づつ焼いてくれたのが これって、ベトナムのバインセオでしょ?一般に「ベトナム風お好み焼き」と呼ばれてる。米粉の生地を薄く焼いて、モヤシや肉類を入れてレタス等に巻いて食べる [続きを読む]
  • カンボジアの食センスの無さ(3)
  • 6月末から家庭菜園を始めた、田舎の実家。ナスやヘチマ?は9月、10月で収穫し終えました。もうひとつ、嫁ちゃんが ポテト と言っていた謎の野菜がありました。7月中旬、私が帰国する頃には30cmほどに成長。そして9月中旬、カンボジアに戻ったら すでに3mくらいの丈にまで成長。でも、これって、イモなの???画像手前のトイレ兼浴室が2mくらいですからね。日本のジャガイモのイメージから、これがイモ???と思 [続きを読む]
  • カンボジアの食センスの無さ(2)
  • カンボジアでも生の牛肉を食べる、と少し前に紹介しましたが、同じ牛肉でこんな食べ方も? というのが今回の話。プノンペンのイオンに行くと、最近は専ら海宝丸さんに行きたがる嫁ちゃん。必ず注文するのが ししゃも天ぷら 揚げた川魚を家族で食べていたときに、ときどき卵を抱えてる魚がいて、それが嫁ちゃん、大好物で、カツオ君と奪い合いに。だったら絶対、コレは好きになるだろう、と食べさせてみたら、案の定、でした。も [続きを読む]
  • カンボジアの食センスの無さ
  • 随分と前になりますが、同じ元:フランス植民地でもベトナムと比べて、カンボジアのバゲットは不味い!と書きました。同じことが、日常食のクイッティウにも言えます。プチュンバンの前に、タイから引き揚げてきた次兄夫婦が、お土産に買ってきたのがなんとタイのクイッティウでした。 これって、例えるならば、韓国土産にうどんを買ってくるようなもの、かと。(失礼な例えだったらすみません)プノンペンでも、あれだけの数の屋 [続きを読む]