kumao さん プロフィール

  •  
kumaoさん: うまうまひんひん
ハンドル名kumao さん
ブログタイトルうまうまひんひん
ブログURLhttp://kumaouma.exblog.jp/
サイト紹介文忘れ物してます
自由文馬がかわいいです。鼻がかわいいなあ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2015/03/16 21:15

kumao さんのブログ記事

  • 目じりが切れて病院へ
  • 犬の右目はいつもねばっとした黄色い目やにが生産されていて放っておくと黒い塊になるからそれをごそーりっととっていたんだけども目じりについた黒いとげとげしい塊を取っていたら目じりが切れたらしくてふいてもふいても血がついてしまう。病院に行く。体重4.54キロ。眼球が落ちてしまっているからまぶたが丸まって眼の中に入ってしまうので絶えず傷つき目ヤニが止まらない。上瞼した瞼ともに丸まってい... [続きを読む]
  • アウトレットおむつ
  • おむつ消費量が増えて減るのも早いし安いところはないかと探してアウトレットに行き着いた。これより安い他社製もあるけどつけたり外したりの利便性でPoneがよかったので120枚4000円のベルト型おむつ(おしっこ専用)と115枚4000円のしっぽ穴付きおむつ(うんつ専用・しっぽ穴にはあて布して切れ込みを入れる追加作業必要)が到着した。どーんと大きいだんぼが二つ連結で、持ち上げると、軽い。... [続きを読む]
  • FaOI新潟最終日
  • 新潟座席23列目リンクの手前半分が見えない。人の頭を見る。芝居でも映画でも頭を見るつくりはいい加減やめにしてもらいたい。なぜ頭を見せて平気なのか。いらいら、するところなのだが、しかし、新潟は音響と照明が非常によくて頭で見えないところを見えないと固定観念で見ようと頑張らなければ演技に集中できて見ごたえがあった。幕張はリンクすべて見えてスケーターの表情も見えてよく見えてよかったが音響と照明はひど... [続きを読む]
  • おむつサイズ
  • 犬のおむつセッティングと馬装は似ている。左右対称にそろえてやらないとぐらつくし、上に重ねていってもたつきを直してあちゃこちゃしてると全体が歪んでやり直しになる。しっぽ穴に尻尾を通すのははみをくわえさせるのに似ている。素早く通る方向に動かしてやらないといやがって入っていかない。サンプルのしっぽ穴付きおむつSサイズ 周囲の長さは十分だがまた上が短いのが一抹の不安。股間のたるみ(うんつを... [続きを読む]
  • てんかん3回目
  • 2/12,3/12、今回で3回目。2時に空気をこぐ動作が始まりずっと悲鳴。漏便。2:09発作止めの座薬を入れる効果ない。2:40発作止めの座薬を入れる、3:00静かになって寝る3:10発作が始まる。発作止めの薬はない。足腰が立てるようには回復したので八角サークルで周回させる。高速周回。転ぶと起き上がれないで泣く。走る転ぶ助ける。抱くとあたまをぐるんぐるんのけぞらせてからだ突っ張り寝る気配なし... [続きを読む]
  • DVD「めし」成瀬己喜男
  • 面白かった。小説は面白いが映画としても面白い。成瀬監督のタンタンが効いている。原節子は大柄でM子さまみたいだった。痩せて若い上原謙とは夫婦というより母息子みたいに見えるんだけど好みじゃないから厳しく見えるのか。高峰さんだったらよかったなあ。テレビドラマみたいなアットホームな物語かと思わせる出だしなのだがそこは林芙美子、徐々に基地外じみてくる。原節子が陰気なキャラで言いたいことを言わずに嫌味で... [続きを読む]
  • 応援バナー作ってみた
  • 演技が終わってぱたぱた振るバナーを作ってみた。きらきら光るラメ入りB4サイズの黒フェルトと黒白肌色3枚セットを買う。黄色と赤は背カンを作ったときに買っていたビビッドセット。布ボンド。はゆんくんの導きの光をテーマにこれは騙りのいたずらだと思ったんだけど本物だってことで二度驚いた。本物なんだって。私って一人称もぞわわとしたし導きの光てどっから出てきた言葉なんだろう。宗教ポイ。な... [続きを読む]
  • 後ろ足が弱くなってきた
  • 帰ってくるといつも猛烈な臭気なんだけど、いつもしっかりおむつがすくっていてくれておむつには本当にありがとうございました。U型にしっぽ穴があいたおむつで漏れて困る方はぜひ十字きれこみで対応してみてください。100%成功してる。留守番前のわんわん歩き回ってる時もあるし寝てくれてるときもあるけどどっちにしても時間になったら私は出かける。留守番時のセットはアテント女性用尿とりパッド幅49セ... [続きを読む]
  • ポッキーが半巻きしない
  • さくらよりは操作しやすいだろうってことでポッキー。ぺラムはみ。トイレの角でのは・ん・巻きができない。6周くらい回ってやっと一回できたがはんまきをさせようとすると蹄跡行進もあぶなくなりよれよれ。森からトイレに向かってトイレの角でのはんまきができない。できないから蹄跡回ってできないから蹄跡回ってできryもう3周くらいして馬が悪くなるからって取り上げられた。乗り替わって見ておいて、終わり。見てでき... [続きを読む]
  • 3日前なのにロス
  • また見たいなあ、って、そうだった神戸と新潟もあった。これから見れる人がうらやましい。もっと見たい。沼。初日にプルたちがサッカーしてる写真があがってたけど、最終日もサッカーしてた。喫煙所のテラスから見れてすまほかざしてる人が大勢いた。神戸と新潟でもサッカーで遊ぶんじゃないかな。はゆん君以外では、ジョニウイアが印象に残った。衣装と演技に特徴があってほかの人とはちがう個性が記憶に残る。ピアノと... [続きを読む]
  • ぴぃぴぃ泣く
  • 3日続けて具合が悪そうなので病院に行く。夜の最後のトイレに連れて行ったあと寝つきが悪い。ぴぃぴぃ笛のよう鳴き声を上げて、寝かせても頭を持ち上げて起きようとする。起きたいわけではない。落ち着かないのだ。どこかに痛みがあるのか脳の障害か、ぴぃぴぃと泣いて呼吸が荒く早い。おなかと胸とで激しく上下する。起きようとしても起こさせないで寝かせ体を撫で続けているとやっと寝る。寝てしまえば朝まで寝てる。... [続きを読む]
  • Tシャツとタオル
  • 幕張のチケットは出演が決まった5/8以前に売り切れていたのだがアイスクリスタルのメルマガ会員になれば再販売チケットが買えるという情報を見て、購入することができた。書き込みしてくれた方、ありがとうございます。先着順の購入は、国別は会社のPCからで重くて負けまくったが家のパソからなら拍子抜けするくらいすぐ買えた。さすがニューロ光。タオルは1日300枚しか用意していないとTシャツはXLから売り切れ... [続きを読む]
  • FaOI幕張最終日
  • 初日からネタバレのブログが出ていたので概要はつかんでいた。オープニングチューチュートレイン。trfじゃなかったっけ。エクザイルの曲と紹介されてた中西さん歌。はゆんくんのソロダンスが、うわーうわーうわー。超かっこいい。超。瞬死。若手、男性、女性、グループで(3,4人ずつ)登場してくるがはゆんくんは一人で最後。一人でステージ前でキレッキレに踊ってた。評判通り。順番うろなところあり... [続きを読む]
  • 1日2回しゃんぷー
  • 朝トイレで大をしなかったがごはんのあとでもう一度連れてくからしなくてもよしとしてごはんを作っている間サークルに入れておいてごはんができたから(水をいれてふやかしただけ)迎えに行くと臭さ爆発でふんふみされてたわずか3分。風呂場でシャンプーしてシート張り直しをした。すぐに気づいても外出後に気づいても、ふんふみの被害は同じということがわかった。サークルの床面いっぱいに汚れる。足も汚れる。3分でも1... [続きを読む]
  • やっと風邪治り6戦6勝
  • 風邪なかなか治らず薬はなくなっても寒気と鼻水が続きひたすら早寝で治した。贅沢保湿ティッシュ200枚x3箱すべてなくなる。使い切った。鼻の下は赤くならず痛くならず、ローションちっしゅは暴利なだけと偏見をもっていたが間違い、非常にすばらしい。ローションティッシュ万歳。続けて購入する。小林製薬ののどぬーる濡れマスクをして寝ていた。ゆずとかりんとう味というのがあり、ゆずと、かりんとう(意味深)。マス... [続きを読む]
  • 3戦3勝に。もう大丈夫かな
  • 12時間の留守番後、どっさり入って落ちてなかった。重いものをおしりにぶらさげておつかれわんわん。十字しっぽ穴にしただけで、まったく落ちなくなるとは。一度でも落ちてしまったら信頼できなくなるが3戦3勝なら100%といっていいか。ふんふみの心配から解放されると思うと生還!ところが風邪が悪化してしょげる。のどが痛い。薬をもらう。3日分出しておきましょうと言われたから、「いやいやいや先生、最大限出し... [続きを読む]
  • 焼かれた魚 長崎訓子
  • ---------ミケちゃんがかわいい。絵が上手です。コマ割りも上手。うまいなあ。生き残りに賭ける富裕層を調べて糾弾するというのが意味わからないけど異様に攻撃的でなんかこわい。怖い人なのかな。文庫本の挿絵などを仕事にしているそうなので読んでみよう。飛ぶ教室2017ウインター。48号掲載風邪ひいた。病院で薬をもらう。土曜には治っていたいけどますます悪くなってのどが痛くてつ... [続きを読む]
  • 本「小熊秀雄童話集」清流出版
  • 「飛ぶ教室」とうい季刊誌が少女漫画特集でくらもちさんの対談が巻頭だったので読んでみた。飛ぶ教室という雑誌は知らなかった。童話のような短編小説がいくつか載っていて子供向きなのか子供向きな創作が好きな大人向きなのか。バックナンバーを見ると金原瑞人特集などもあり面白い雑誌だ。くらもちさんの対談はあまり面白くなかった。花に染むが結局あまり面白くなくてはるとはイケメンだからクールでドキッとする言動であ... [続きを読む]
  • おむつ2戦2勝
  • 犬のおむつ改造おしっこおむつの腹回り、余って捨てていた部分を当て布に活用する。内側からしっぽ穴をふさぐように四辺をしっかり両面テープではる当て布が小さいとしっぽを通すときに押されてはずれるのでぎりぎりサイズにはしない。大きめに切る。表から見たところ完全にふさぐ十字に切り込みを入れる。しっぽが通る大きさになればよい。これで、2戦2勝。1戦目は深夜寝... [続きを読む]
  • 本「カエルの楽園」百田尚樹
  • 最新作はどんなもんかいなと思って読んでみたらカエルの話だった。カエル?前にミツバチの話を書いてたから生物ものが好きなのかってぱらぱら進んでいくと謝りソングというのがあって笑っちゃった。我々は生まれた時から罪深いカエル。さあ謝ろう。オーウェルの動物農場が流行った世代なので動物ものの寓話には既視感がある。アマガエルのソクラテスとロベルトは仲間がどんどん死んでいくつらい旅を越えてツチガエルの... [続きを読む]
  • DVD「重力ピエロ」伊坂幸太郎
  • 大沢君の岡田将生はきれいな顔をしているが最近テレビにでてくる高花田の長男に似てる。加瀬亮は知り合いにファンがいて下北の舞台挨拶の時に北海道から出てきたから名前を覚えた。まあまあ。加瀬亮の子供時代を演じた子供がいちばんよかった。かわいかった。子役の二人はそれぞれの大人の二人に似ていて、うまくキャスティングされている。小説で読むと普通の話(少々週刊誌ぽい)だと思ったが映画になるとありえないんじゃ... [続きを読む]
  • 気持ちが弱った
  • 夜明け前に臭くて目が覚めた。犬がふんふみしてた。4時前。こんなに頻繁にふんふみされる前は朝ごはんの後にうんつ晩御飯のあとにうんつと、うんつリズムができていたのにこのところご飯の前になってしまっている。夜中(明け方)にうんつ、帰宅前(留守番中)にうんつだ。ペットシートをはがしてサークルを洗浄して犬を洗ってドライヤーしてペットシーツを張りなおして、もうやだ。疲れてしまう。サークル洗浄で干してい... [続きを読む]
  • 本「さいごの毛布」近藤史恵
  • 飼うことができなくなった犬や面倒を見れなくなった老齢犬を預かる施設ブランケット。老犬ホームが舞台になっているが物語は人間模様で、主人公は智美。人づきあいが苦手で長く勤まることができず家族ともうまくいかないから一人暮らしをしているが仕事がなくなって、友人の勧めでブランケットで働くことになる。オーナーは元教師の麻耶子、従業員の碧、便利屋の灰原。それぞれがそれぞれのなにかを抱えている。犬を置いてい... [続きを読む]
  • DVD「魍魎の匣」京極夏彦
  • 京極夏彦の本はかなり先まで読まないとなんの話かわからなくてとにかく頑張って読んでいくとだんだん引き込まれて面白くなり読み終わったときには楽しくなって読む努力が報われる。映画も同様で、なんの話かわからない場面がカタカタと続いてセリフも長く早口で字幕にしていたからずっと字幕を読まねばならず目が痛くなり時代も飛んで人間関係もわけわからぬがある時一気に話がつながってなるほどなるほどと思ったころには荒... [続きを読む]