hoketsu さん プロフィール

  •  
hoketsuさん: 馬術稽古研究会
ハンドル名hoketsu さん
ブログタイトル馬術稽古研究会
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/jq2abv/
サイト紹介文乗馬の軽速歩や駈歩、誘導などの際の、身体の動きそのものに着目した「馬術の稽古法」を研究しています。
自由文競技馬術にとらわれない、オルタナティブな乗馬の楽しみ方として、身体の動きそのものに着目した「馬術の稽古法」を研究しています。 ご意見ご要望、御質問などのコメント、メッセージ大歓迎です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2015/03/18 12:44

hoketsu さんのブログ記事

  • ”みぞおちをゆるめる みぞおちの裏の背骨”
  • 『みぞおちが緊張していると、これらの筋肉も緊張して、背骨の動きが妨げられます。そうすると肩甲骨・骨盤・股関節・肩関節の動きが妨げられます。手足の動きが妨げられます。その逆もあります(末端が動きが悪いと呼吸が妨げられる)。』 というのは、乗馬でも同じことが言えるのではないかと思います。 「いい姿勢」を意識するあまり、胸を張って顎を引いた姿勢になると、肩甲骨や背骨の動きが硬くなって、随伴の動作やハミの [続きを読む]
  • 「ダンボール箱」でイメトレ
  • ネットショッピングが買い物の主流になりつつあると言われる昨今、皆さんのお家にも商品の入った「ダンボール箱」がいくつも積み上げられていて、処分に困っていたりするのではないでしょうか。 それらのダンボール箱を処分する時、普通は、底を抜いて折り畳んでから、重ねて捨てることが多いと思います。 この時の「箱が潰れていく時の動き」というのは、実は、私たち人間や馬の身体の動きを考える上で、非常に参考になるもの [続きを読む]
  • 動画チャンネル
  • 「馬術稽古研究会」の動画チャンネルが出来ました! ↓「馬術稽古研究会」チャンネルーYoutubeどうぞよろしくお願い申し上げます。^_^レッスンがさらに面白くなる! 乗馬の身心操作術Amazonレッスンがもっと楽しくなる!乗馬の身体操作術Amazon改訂版 馬車運転教本Amazon [続きを読む]
  • 鐙を掴む?
  • 競馬の中継などでは、ジョッキー達がいとも簡単そうに鐙に立った姿勢で馬を操っていたりしますが、実際に馬に乗ったことのある方なら、動く馬の上で鐙に立ったバランスを保つことがいかに難しいか、ということはよくご存知だと思います。 初心者の方では、まず座ったところから立つだけでも、足が前に行ってすぐに尻餅をついてしまったりすることも多いものです。・足先はブレーキ 「鐙に立とう」と思うと、なんとなく太腿 [続きを読む]
  • ”右回り"が苦手?
  • ヒトの身体の構造というのは、左右対称ではなく、例えば肝臓の位置や横隔膜のつき方などには偏りがあり、そのことによって、運動時には自然に左回転してしまうような仕組みになっているのだそうです。 陸上のトラック種目やスピードスケート、モータースポーツなどの多くが左回りなのも、多くの人にとってその方が走りやすかったからなのでしょう。競馬でも、パドックはほとんどの競馬場が左回りです。 (佐賀競馬場のパドック [続きを読む]
  • 「綱渡り 」のコツと、鐙が揺れない乗り方
  • 競馬をよくご覧になる方なら、レースや調教の映像などで、騎手の踏んでいる鐙がほとんど揺れることなく、同じ位置に留まっているのを見たことがあるだろうと思います。 しかし、いざ自分で乗ってみると、ある程度経験を積んで、中上級者と言われるくらいの方でも、一生懸命脚を使っているつもりでもなかなか思うように馬が反応してくれないとか、すぐに鐙が外れたり、深くなったりしてしまう、といった「症状」にお悩みの方は少 [続きを読む]
  • 「片踏み(かたふみ)」と、駈歩の随伴
  • ・飛脚の走り方 現在では見られなくなった日本人の身体の使い方の一つに、「片踏み」と言われる走り方があります。 江戸時代の飛脚や駕籠かきの走り方として知られているもので、片側の半身に前に出して構えたまま、常に同じ側の足を前に出すようにして走ります。 昔の絵巻物などを見ると、このような格好で走っている人が描かれていたりしますが、昔の人がみんな絵が下手だったとか、写実性 [続きを読む]
  • ”最近ぶら下がったことありますか?ブレキエーション”
  • 先日、牧場で競走馬に騎乗した際に、従業員の皆さんの筋肉がバキバキだったのを見て、自分もちょっと鍛えてみようと思い立ち、ドア枠に取り付ける「懸垂バー」を購入してみました。 建て付けの悪いドアがスムーズに閉まるようになりました。(笑) トレーニングを始めてまだ二週間ほどですが、初めはぶら下がるだけでプルプルしていたのが、だんだん懸垂まで持っていけるようになってきました。 腕や背中 [続きを読む]
  • ”足の中に三脚(3点杖)がある!?つまさき重心VSかかと重心”
  • 足半を履いた時のように、足の指を握るようにして母趾球と小趾球、踵の三点で立つように意識すると、「軸を立てる」感覚を掴みやすいのだそうです。 このような足裏の使い方は、馬に跨って鐙に立ったときの足裏の感じにも近いような気がします。先日の『体育会TV』では、JRAの武豊騎手が、スプーンに載った金属球を細いパイプの上に一瞬で移乗させる、というような超人的なバランス能力を披露していましたが、あのよ [続きを読む]
  • 「分かりやすい」のはいいことか
  •  乗馬クラブなどでのインストラクターの評価として、教え方が分かりやすい、といった表現をされることがしばしばあります。 一口に「分かりやすい」と言っても、それが表すものは、指導するときの言葉が聞きとりやすい、とかいうところから、レッスン内容が単純明快だとか、比喩表現やイメージ・感覚の伝え方が巧みである、あるいは、その場に応じたアドバイスが的確で上手くなった実感を得られる、とかいうものまで、実に [続きを読む]
  • 「速歩から駈歩」の稽古法
  • 乗馬のレッスンの中でも、一番人気のあるのが、駈歩のレッスンだと思います。 馬に乗って「駈ける」のは本当に気持ちの良いものですが、そんな駈歩を何度か経験して、スピードや揺れ方にはある程度慣れてきたけれど、駈歩の発進、特に「速歩から駈歩を出す」のがどうも苦手だ、という方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。 馬の本来の走り方を考えれば、移動の速度が上がるにつれて常歩→速歩→駈歩というように歩法 [続きを読む]
  • ”五輪馬術史上初の女性メダリストは障害者だった”
  • 乗馬のレッスンで気持ち良く乗れるようになるための方法には、馬についての一般的な知識から、それぞれの馬の性格や、個々の指導者の教え方の傾向を把握する、といったようなことまで、色々なアプローチのしかたがあるだろうと思いますが、その中で、特に「身体の使い方」というポイントに絞って考えてみた場合、以下のようなものが挙げられるのではないかと思います。①知識 乗馬の動作のメカニズムを知り、それを評 [続きを読む]
  • 美浦トレセン
  • 調教騎乗の後には、牧場主の知人の調教助手の方のご厚意により、美浦のトレーニングセンターの中を見学させて頂きました。 調教コースや地下馬道、馴致用のゲートなど、部外者ではなかなか立ち入ることが出来ないような所まで、解説付きで案内して頂き、施設の立派さとスケール感に圧倒されました。 あまりに広いので、放馬してしまうと一時間くらい馬が見つからない、なんていうこともあるのだそうです。  [続きを読む]
  • 調教騎乗
  • 騎手学校の同窓生の経営する牧場で、現役競走馬の調教に騎乗させて頂きました。すぐに息が上がってしまい、二頭目の時には足もプルプルしてきて、体力の衰えを痛感しましたが、久しぶりに良い汗を流させて頂きました。馬術稽古研究会@jq2abv ソフト競馬のスタート〜ゴールの説明(動画の撮影方法&実践編)レース出走時の「スタート〜ゴールまでの動画の撮影方法についてhttps://t.co/j4XRb6GlkI… https://t.co/Ob1JfQT3pC [続きを読む]
  • WsJS第2戦<第1回 馬術稽古研究会杯>
  • 初心者の方やお子様からベテランライダーまでが一緒に競馬のモンキー乗りやレースを楽しめるという、新ジャンルの競技、『ソフト競馬』のレース(動画投稿によるコンテスト)に、この度協賛させて頂くことになりました。以下は、「ソフト競馬」のオフィシャルサイトの記事になります。 賞品や特典も用意されておりますので、ご興味のある方は是非ご参加頂ければと思います。エントリーフォームエントリーフォーム動画の撮影 [続きを読む]
  • 「負荷」と「テンション」
  • 乗馬を習い始めた頃には、「馬にブレーキをかけたいときは、身体を起こして手綱を引っ張る」「走らせたいときは、手綱を緩める」というような感じで教わるのが普通だろうと思います。しかし同時に、ある程度の乗馬経験を積んだ方であれば、「そう単純なものでもない」ということもご存知でしょう。 元気な馬を抑えようと何度もブレーキをかけているうちに、だんだん止められないような感じになってしまったり、 [続きを読む]
  • ”馬の年齢の数え方”
  • す 一昔前までは、馬は「数え年」でした。 生まれた時点で、1歳=「当歳」(とねっこ)。 誕生日ではなく、年が明けた時点で年齢が上がるのは、現在も同じですが、当時は今の1歳馬を2歳(ニザイ)、2歳馬を3歳(サンザイ)と呼んでいました。ダービーやオークスなどのクラシックレースも、「4歳馬」のレースでした。 動物の年齢あるある、として、「この子は人間でいうと何歳?」というのがあると思 [続きを読む]
  • ”落馬して骨折程度で済めばいいけれど”
  • ・推進こそ正義? よく、馬を丸める(収縮させる)ときには、手の操作で手前にハミを持ってくるのではなく、脚を使って馬をハミに向かって推進し、後肢を深く踏み込ませるのだ、ということが言われます。 それは確かに正論なのですが、それを初心者の方がそのまま実行した場合、推進の扶助によって馬が緊張して背中が固くなったところに手綱をまともに後ろに引いたりして、馬のテンションが上がるばかりでなかな [続きを読む]
  • 障害ジョッキーインタビュー
  • 3/11の阪神8R、「阪神スプリングジャンプ」は、昨年の中山大障害の覇者、オジュウチョウサン&石神騎手が制しました。前日のラジオNIKKEIで放送された番組が、ちょうどその石神騎手のインタビューでした。↓ラジオNIKKEI鈴木淑子の地球は競馬でまわってる2017/3/10 昨年の最優秀障害馬となったオジュウチョウサンの成長の過程や調教の苦労話など、普段なかなか聞くことない内容で、競馬はあまり見ない、という乗馬愛好家の [続きを読む]
  • ミツバチはなぜ大量死したか
  • ハチに刺されたこと、ある?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしようミツバチと聞いて思い出すのは、ハチの大量死=CCD(Colony Collapse Disorder)の問題です。ネオニコチノイド系農薬が原因か?ミツバチの蜂群崩壊症候群(CCD)の謎衝撃を受けた本があります。ハチはなぜ大量死したのか (文春文庫)Amazon原作名は「実りなき秋」。アメリカで2008年に発刊された本です。以下に、その書評を紹介します。『2006年、 [続きを読む]