38karano さん プロフィール

  •  
38karanoさん: NEW TREASUREと体系数学を極める
ハンドル名38karano さん
ブログタイトルNEW TREASUREと体系数学を極める
ブログURLhttp://haiagare35.blog.fc2.com/
サイト紹介文短期間で効率よく成績を上げるための勉強法を公開中。横浜鶴見のひかり学院 鶴見中央校におります。
自由文塾なんていらないとずっと考えてた私が、2016年2月に塾を開校。勉強のやり方を徹底的に教え、通い放題で生徒に徹底的に学習させる塾です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供248回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2015/03/18 14:25

38karano さんのブログ記事

  • 丸付けの仕方
  • 生徒を見ていると、できない生徒ほど、数学のノートは赤字だらけです。わからない問題は、すべて赤ペンで解説を丸写しするだけなので必然的に計算問題以外のページは真っ赤っか。正解ならば、丸を付け、間違っていたら、解答丸写し。学校で、間違った問題は必ず直すように!という指導を受け、赤ペンで解答を書き写すことこそが直したことになるのだと思い込んでしまっているのでしょうね。残念ですが、こんなやり方では、いっこう [続きを読む]
  • 公立中の内申制度の異常さ
  • もうすぐ夏休みも終わりですね。受験のある子で私立の一般受験を狙ってるという子以外は学校の内申点が非常に重要になります。特に、この9月以降の成績が最も重要。2学期制であれば、1学期の内申、3学期制であれば、2学期の内申が大きなウェイトを占めます。公立中の生徒を預かることになって、少々戸惑っていることが一つあるのですが、内申点の付け方、特に3がおかしい!定期テストでは出題範囲が指定されているので、塾で徹底 [続きを読む]
  • 数学の文章題が解けない人
  • 数学の文章題が苦手な子って多いですよね。文章題を解くには1) 文章を読み解く能力(読解力)2) 読み取った情報を図や表に表すことのできる能力3) 作成した図や表を使って、数式を作成する能力4) 計算力の4つの力が必要となるのですが、2)と3)のところでつまづいている子が公立中の生徒を中心に多く見受けられます。中学受験では、問題文を図表化することを徹底されるので中学受験経験のある人は比較的できている [続きを読む]
  • 音声教材と動画教材を使おう
  • 音声教材や動画教材使っていますか?音声教材は集中力を高め、効率よく復習するにもってこいですし、動画教材は、テキストの行間を埋め、理解を速めてくれる手助けとなってくれます。テキストさえ読んでいれば、すべてわかるというのは大間違い。青チャートやフォーカスゴールドなんか使っていて思いますが、テキストには紙幅の都合上、限られた情報しか載せられていません。(その意味では「教えない塾」というのは非常に危険です [続きを読む]
  • 成績が上がらないのは、才能のせいではない
  • 最近ずっとこの手の話ばかりですが、勉強ができる、できないって、才能ではないと思います。もちろん、才能があるに越したことないのかもしれませんが人並みの才能であっても、大学受験レベルであれば何とかなってしまうというのが本当のところ。『究極の鍛錬 天才はこうしてつくられる』(ジョフ・コルヴァン著) に書かれている、心理学者アンダース・エリクソン教授の研究ではこんな結果が出ています。音楽学校に通うバイオリ [続きを読む]
  • 簡単なことの継続こそが力になる
  • 計算練習、英文音読、漢字の書き取りどれをとってもそうですが、一人でできますし、やるのは非常に簡単ではありますが地味で、続けることが本当に難しい。子どもたちを見ていると、理解力、地頭の差以上に、こういった基礎学力の積み重ねに差があるために大きな点差となって現れているケースが非常に多いです。一つ一つの計算スピードが非常に遅く、また不正確でどれだけ問題を解いても点数が上がらない人、漢字を知らず、熟語を知 [続きを読む]
  • 退屈で単調な時期を乗り越える
  • 勉強ができる出来ないは、結局どれだけやったかにかかってきます。できる人は勉強してますし、出来ない人は勉強していない。才能も確かに関係ありますが、そんなものは大学受験・高校受験レベルでは努力次第でいくらでも補えます。好きこそものの上手なれと、ことわざにもありますが、好きにならないと勉強って続きません。スタートダッシュに失敗して、苦手意識があったりすると、そこを克服して、好きになるのは一苦労。ただ、誰 [続きを読む]
  • ラジオ英会話 ダイアログ傑作選
  • 先日購入して、息子に渡したですが、3日間、計4〜5時間ほどで音声を聞きながら、1回目を読み終えました。語彙レベルは、そこそこ高いのですが、(おそらく英検2級レベル以上)文の構造自体はシンプルなので、読むのにあまり苦労しないようです。『ALL IN ONE』 より、何倍もマシと、ほとんど文句を言うこともなく、挑んでおりました。ちょっと間の抜けた会話文 だけで構成されており、1ページ当たりの分量が、NewTreasureのGram [続きを読む]
  • 学校選びは恋人選び
  • 部活で忙しくて勉強できない今日は体調悪くて勉強できない友達に誘われたから勉強できない宿題が多くて、他の勉強に手が回らない兄弟がうるさくて勉強できない勉強できない言い訳なんて、いくらでも出てくると思いますが、これって、ただ勉強したくないだけなんですよ。部活で忙しくて…と言ってる人は、じゃあ、部活を辞めれば勉強するかと言えば、そうではありませんし、弟がうるさいと言って勉強しない人はじゃあ、お母さんが弟 [続きを読む]
  • 夏休みの宿題が多い時の対処法
  • 今年の夏は息子の学校でも珍しく大量の宿題が出されています。特に数学。どれだけ頑張っても、1週間やそこらではとてもとても終わることはない量ですね。まずは宿題終わらせることに全力を注いで…な〜んてことをしていると、結局宿題が終わるころには夏休みは残り半分を切ってしまって、結局、たいしたことできなかったということになり兼ねません。30日、40日という長い間、学校の授業に邪魔されずに勉強できるところが夏休みの [続きを読む]
  • あとでやる時間なんてない
  • 現在、塾では夏期講習の真っ最中。普段、理社の学習をしてこなかった中3に対して、中1、中2の2年間分の理社の学習を集団授業形式で総復習させています。24日間×2時間で計48時間の長丁場。生徒を見ていて思うのですが、理解だけしておいて、後で覚えればいいやとか思っていると手詰まりになります。おそらくそんな機会はもう訪れません。特に、受験年度であればなおさら。残り半年しかありませんしね。覚えるべきことは、 [続きを読む]
  • 『ALL IN ONE』 の暗唱に取り掛かる
  • ここ1カ月ぐらい、息子の英語学習に関しては迷走が続いていました。別に息子が迷走していたというわけではなく、私が勝手に悩んでいただけなのですが…。先月、英検2級に合格できなかったことで、このままの学習方法でいいのかという疑問が生じていたのがその原因。(準2級合格から8カ月で2級合格というスケジュールに無理があったのかもしれません。)ここ最近、昨年使っていた『ALL IN ONE Basic』 をやらせたり、多読させた [続きを読む]
  • 受けなければわからないこと
  • 模試や検定試験をある程度の実力がつくまで受け控えるというのはあまりお勧めしません。悪い成績を取っったり、検定に落ちるのが嫌という気持ちはわからないでもないですが、受けなければわからないってことってたくさんあるんですよ。時間の使い方や、試験会場の雰囲気、返ってきた答案を分析することで、どこが足りなかったかとか落ちて悔しいのであれば、次回の試験への奮起にもつながります。模試が近いから、検定試験が近いか [続きを読む]
  • 自主性のワナ
  • 「親御さんは勉強に口を挟まなくていいですよ計画的に自主性をもって勉強に取り組ませるようにしましょう」中学生になると学校からよく言われることです。まあ、難しい年頃にさしかかるので、無駄な衝突を避けるという意味では正解なのかもしれませんが、一部の子を除いて、強制 されない限り勉強なんかしません。一番気を付けなければならない中学一年生の1学期に学校の言葉を鵜呑みにして、「じゃあ、あとは任せたわ」と子どもの [続きを読む]
  • 完璧にしたいなら、いい加減に
  • 私は自分で勉強するときも、息子に勉強させるときもテキスト1冊仕上げようと思ったらとりあえず、1ヶ月前後で全部終わらせようと計画します。もちろん、1ヶ月ですべてマスターできるわけないので、その後、さらに時間をかけて繰り返すことになるのですが、1回目の学習に無駄に時間をかけないのが効率よく学習するためのポイントです。どうせ何度か繰り返さないと覚えることはできないのです。5回、10回と繰り返すのであれば [続きを読む]
  • 上手な褒め方
  • 尾木ママのように、子どもを褒めて育てろという人がいるのですが、何でもかんでも褒めて育てればいいというものではないと思います。それではただの親バカ。子どもが自信を持てることに対して、自信を強くすることができるように褒めるここがポイントです。何事もそうですが、自信を持って何かに取り組んでいるときってやっていて面白いですし、集中できます。ゲームだって、自信があってある程度できるからこそやっていて楽しいし [続きを読む]
  • 問題集や参考書の選び方
  • 私は、問題集や参考書を選ぶときに中身はもとより、そのテキストの構成にもこだわっています。繰り返すことはできるのか?解答へのアクセスは容易か?主にこの2点ですね。どれだけ中身がよくても、この2つが重視されていないテキストはスルーします。たとえば、数十回転させることが必要な英語で1回転させるのに、2カ月も3カ月もかかりそうなテキストは絶対に選びませんし、英語ほど繰り返す必要のない数学でも、1回転に半年 [続きを読む]
  • 子どもの可能性を殺す言葉
  • 入塾面談をしていると「うちの子本当にバカで…」と、子どもを前に平気で言う親がいます。これって本当に腹立たしいです。確かに、謙遜でも何でもなく、見るも無残な成績だったりするのですが、それでも、絶対に子どもの前では言ってはいけない言葉です。「お前はバカだ!」と小さな頃から言われて育った人間は「どうせ俺は何やったってダメだし…。」と、自分の可能性をいつの間にか閉ざしてしまいます。どれだけバカだと言われて [続きを読む]
  • 頭を使うべきところと、使う必要のないところ
  • 英語に関しては、なるべく頭を使わないで問題を解けるようになることが最終到達点。問題を前に、あれこれ考えることなく、感覚で済ませられる部分が多くなればなるほど本番で高得点が取れるようになります。数学も基礎レベルに関しては同じようなところがありますね。英語はあくまでコミュニケーションツールですから、即興性がなければ使いものにならないんですよね。一生懸命、文法を学べば学ぶほど学問としてのルールに縛られが [続きを読む]
  • なぜ、音読が必要か?
  • 英語を英語のまま日本語を介することなく理解することができるようになれば英語を得意科目にすることができます。実際にこれができている受験生っておそらく1〜2%以下。しかも大半は、幼いころから英語を学んできたか、海外に住んでいて、英語だらけの環境にいたかのどちらかでしょう。ただ、この能力、ずっと日本に住んでいて、中学生から英語学習を始めたとしても身につけることはできるんです。ポイントは 「出来る限り、日 [続きを読む]
  • 勉強の才能
  • 最近、藤井聡太くんフィーバーもあってか将棋関連の動画を観る機会が多く、、観た中に 『天才対談 羽生善治 × 伝説のチェス王者 カスパロフ 』という動画があり、興味深く見ていたのですが、「優れたチェスプレイヤーとして成功するには、先天的な、もって生まれた才能は必要ですか?」という羽生さんからの質問にカスパロフはこう答えています。才能があるかどうかと成功できるかどうかはまた別の問題です才能が必要ないとは言 [続きを読む]
  • 背伸びしない
  • 「難関校を志望しているから、難しいテキストを使わないといけない。」「『基礎からの〜』なんてテキストじゃダメだ!トップレベルの問題が入ってないもん!」こんな風に考えて、難しい問題集を買い込み、結局10ページ進んだだけで先に進めなくなっちゃってる人いませんか?勉強って 急がば回れ なんです。 難しい問題が解けるようになりたければ、まずは基本問題を100%瞬時に解けるようになっていないといけない。難問には [続きを読む]
  • 睡眠時間はきちんと取ること!!
  • 寝る子は育つ昔の人はよく言ったものです。私の勝手な思い込みかもしれませんが、6〜7歳までの成長期にきちんと睡眠をとっていた子は大きく身体が成長し、睡眠をとっていなかった子はあまり大きくならないような気がします。少なくとも私の身内はそういうケースが多いです。何の話かというと、学校の成績と睡眠との関係 の話。成績の良い子はきちんと睡眠時間を取っています。中学生なら最低でも6〜7時間の睡眠は確保して欲し [続きを読む]
  • スタートダッシュが肝心
  • 中1の3学期時点での成績が中3の受験期まで続く確率は7〜8割と言われています。中1の終わりに授業についていけなかった子の7〜8割は中3になってもついていけないということですね。むしろ、できる子とできない子の差はどんどん広がっていきますので、中3になってからの逆転は至難の業。中1の1学期にクラストップの子は、中1の終わりにもクラストップにいる可能性が高いです。中1の終わりにクラストップの子は中2の終 [続きを読む]
  • 子どもが勉強をしてくれない!
  • 子どもが全く勉強しなくて困っているというご家庭、非常に多いかと思います。中学生ともなると、ちょうど思春期に差し掛かりますので、強く言うだけでは反発されるだけですし、なかなか小学生までとは同じようにはいかないものです。我が家でも、小学生までと中学生からはガラッと対応を変えました。中学受験では10カ月しかなかったということもあり、手は上げないものの、かなりのスパルタ方式で息子に無理やり勉強させておりまし [続きを読む]