Pto6 さん プロフィール

  •  
Pto6さん: HIPHOPの必須トーク
ハンドル名Pto6 さん
ブログタイトルHIPHOPの必須トーク
ブログURLhttp://pto6hiphop.blog.fc2.com/
サイト紹介文MCバトルや音源など、日本HIPHOP界の最新の話題を中心に更新。邦・洋クラシック作品についても紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/03/18 23:05

Pto6 さんのブログ記事

  • 新作音源に小さく貢献?(SWEET HELL by I-DEA)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。今回は、本日発売日(iTunesは先行発売)を迎えたI-DEAのニューアルバム【SWEET HELL】について書きたいと思います。本作は、もともとCPF(CREATIVE PLATFORM)のプロジェクトとして製作され、会員限定に配布されていた【DeAtmosphia】という作品を元に、Remix曲や新曲を追加して再構築したアルバムとなっています。市販での発売がアナウンスされたときは、CPF会員を中心にネット上で大いに物議を [続きを読む]
  • Pto6の備忘録⑨(好きなビート集 Part.2)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。今回は、“箸休め記事”として前回に引き続き好きなビートについて書きたいと思います。前回記事【好きなビート集Part.1】実は前回の記事を書いて以来、『BEAT』というプレイリストを作り、好きなビートの楽曲を思い出したり新たに出会うたび、そこに追加していくという楽しい作業をしていました。今回は、そんな永遠に増え続けるプレイリストの中から、いくつかの曲を選び『好きなビート集Part.2 [続きを読む]
  • このDVDが良い雰囲気⑭(UMB2017 THE CHOICE IS YOURS)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。今回は、昨日8/1に発売された話題のDVD、通称“UMB春選抜”こと【UMB2017 THE CHOICE IS YOURS】を観た感想を書きたいと思います。UMB2016が終わってわずか3か月後の3月27日に開催された、UMB初めての試みとなる“ファン投票”により選ばれたMC32名によるバトルトーナメント。当然、皆が見たいと思う人気・実力を兼ね備えたメンバーが選ばれているので豪華な面子がぞろり。期待通りのハイレベルな [続きを読む]
  • 名曲の提供⑫(サマージャム'95 by スチャダラパー)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。今回は、久しぶりに“私的”名曲についての記事を書きたいと思います。唸るような暑さの中、ここのところず〜と繰り返しで聴いてしまっている楽曲、スチャダラパーの【サマージャム'95】です。日本HIPHOPシーンが誇る夏のクラシック・チューンのひとつである本楽曲ですが、20年以上経った今聴いても未だ色褪せない、素晴らしい魅力を纏った楽曲です。改めて、この曲について書いていきたいと思い [続きを読む]
  • 新作音源に小さく貢献?(なぎ by 環ROY)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。今回は、先月末に発売された環ROY待望の5thアルバム【なぎ】について書きたいと思います。たゆたう音像が煌びやかに世界と反射する、なんとも心地よい作品です。ここでは、本作を聴いて抱いた感想やその魅力について書いていきたいと思います。【なぎ by 環ROY】 <収録曲>01. あらすじ(環ROY)02. Offer(K.A.N.T.A)03. 食パン(Shingo Suzuki)04. はらり(三浦康嗣)05. On&On(K.A.N.T.A)0 [続きを読む]
  • 日本の名盤・基本の定番?(REBUILD by BES from SWANKY SWIPE)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。今回は、久しぶりに日本の旧譜作品について書きたいと思います。対象の作品は、SWANKY SWIPEやSCARSにも所属するラッパーBESの1stアルバム【REBUILD】です。このアルバムは私にとって、時間をかけてじわじわと好きになっていった、そんな作品でした。この記事では、そんな本作について、そしてラッパーBESについて、その魅力や私が感じていることを書いていきたいと思います。聴く人によって大き [続きを読む]
  • 動画を投下?(千% by KICK THE CAN CREW)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。今回は、先週末に公開されたKICK THE CAN CREW復活の新曲【千%】について書きたいと思います。公開から1週間が経ち、多少ばかりは落ち着きを取り戻したものの、まだまだ興奮冷めやりません。そのため、いつもにも増して感情的な記述が多くなることをご了承ください。【千% by KICK THE CAN CREW】“ドライじゃいられない都会のジャングル 何度でもトライするトライアングルマジで案ずるよりバズ [続きを読む]
  • 新作音源に小さく貢献?(軌跡 by DJ KRUSH)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。今回は、先日発売されたDJ KRUSH初のラップアルバム【軌跡】について書きたいと思います。アルバムの速報が流れたときから、参加メンバーの豪華さが話題となっていましたが、実際に出来上がった作品を聴いてみても、バラエティに富んだ個性的なラッパー達がよくぞこれだけ一堂に会したなぁと改めて感嘆してしまいました。それでは、本作を聴いた私の感想や好きなポイントについて書いていきたいと [続きを読む]
  • Pto6の備忘録⑧(好きなビート集 Part.1)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。今回は、前々からいつか書きたいと思っていたテーマ、好きなビートについての新シリーズを書き始めたいと思います。本ブログではこれまで『好きなライム集』という備忘録シリーズを書いてきましたが、このビートについてもそのライムと同様、ひとつの記事では書ききれないほど好きなものがあり、またそれは日に日に増えている状況にあります。そのため、ビートについても、今回を『好きなビート集 [続きを読む]
  • 新作音源に小さく貢献?(INDIGO by SALU)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。今回は、先日発売されたSALUの4thアルバム【INDIGO】について書きたいと思います。ポップでメロディアスでダンサブル。それでいて、聴き応えと奥深さをも兼ね備えた本作は、音楽好き達を虜にする魅力を余すことなく具えた作品と言えるのではないでしょうか。是非とも多くの人に聴いていただきたい作品です。それでは、本作を聴いて私が感じたこと等について書かせていただきたいと思います。【IND [続きを読む]
  • 珍しく海外クラシック⑨(Paid in Full by Eric B. & Rakim)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。今回は、久しぶりに海外クラシック作品について書きたいと思います。対象の作品は1987年にEric B. & Rakimがリリースした1stアルバム【Paid in Full】です。HIPHOP黄金時代において一世を風靡した、言わずと知れたクラシックアルバムですが、今回はこの素晴らしい作品に対して、私が思う魅力や好きなところについてを書いていきたいと思います。それではいってみましょう。【Paid in Full by Eric [続きを読む]
  • 名勝負の継承文⑭(ふぁんく vs MC松島 UMB2014)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。今回は、時間がある時にいつかやりたいと思っていた大好きなバトルの書き起こしをやりたいと思います。そのバトルは、私たちの記憶にいつまでも残り続けるUMB2014における珠玉の名勝負【ふぁんく vs MC松島】です。実はこのバトル、ずっと大好きなバトルだったのですが、文字だけでは伝わらない魅力が詰まったバトルである為、書き起こすことをこれまで躊躇していました。ステージ上でのやりとり [続きを読む]
  • 新作音源に小さく貢献?(Jasmine by 唾奇 x Sweet William)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。今回は、先月発売された唾奇とSweet Williamによるダブルネームの作品【Jasmine】について書きたいと思います。ラッパーとして、トラックメイカーとして、現在、多方面から熱い視線を送られている二人が、ここぞというタイミングでリリースした本作は、その高い期待感を裏切らない素晴らしい作品になっています。ここでは、そんな本作を聴いて私が感じたこと等について書いていきたいと思います。 [続きを読む]
  • Pto6の備忘録⑦(MCバトルの好きなミカタ:名前踏み)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。今回は、以前書いた“着地”の記事に引き続き、私がMCバトルを観る上で楽しみにしている要素について書きたいと思います。今回取り上げる要素は“名前踏み”です。これまた“着地”の時と同様、様々な意味合いで使われている言葉ですが、ここでいう“名前踏み”とは、“MCバトルにおいて対戦相手のMC名を韻で踏みつけること”と定義させていただきます。この“名前踏み”のライムは、即興でなくて [続きを読む]
  • 日本の名盤・基本の定番?(BLACK BOX by JUSWANNA)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。ここのところ新譜について書く機会が多くなっていましたが、今回は久しぶりに過去の名作について書いていきたいと思います。今回取り上げる作品は、JUSWANNAの1stフルアルバム【BLACK BOX】です。このアルバムは本当に素晴らしい作品ですので、きっと思い入れの強い方も多いのではないかと思います。そのため、おそらく多くの場で既に語り尽くされている作品だとは思いますが、本作について私自身 [続きを読む]
  • 新作音源に小さく貢献?(Bouquet by NORIKIYO)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。今回は、3/31に発売したNORIKIYO待望の7thアルバム【Bouquet】について書きたいと思います。期待に違わない完成度と聴き応え。嬉々として何度も繰り返し聴いてしまう、そんな素晴らしい作品に仕上がっています。それでは、本作についての感想を書いていきたいと思います。【Bouquet by NORIKIYO】 <収録曲>1. 朝へ運べ (Produced by Alix Balan)2. Lost Sign (Produced by DOPE B)3. It Ain’ [続きを読む]
  • 現場の伝播②(Pete Rock & CL Smooth LIVE@WE WANT CIRCUS)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。今回は、先日3/20に開催された《WE WANT CIRCUS》というHIPHOPフェスティバルの現場レポート(という名のただの個人的感想)を書きたいと思います。本イベントのヘッドライナーは、私にとっての憧れの存在Pete Rock & CL Smooth。いくら現場に不慣れな私としても、このイベントだけはどうしても見過ごすことができませんでした。そして、実際に行ってみるとお目当てのLIVEはもちろん、それ以外に [続きを読む]
  • Pto6の備忘録⑥(好きなライム集 Part.3)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。今回は、“箸休め記事”として久しぶりに好きなライムについて書きたいと思います。好きなライムについてただただ好きなように書くという自分本位なこのシリーズも、今回でPart.3となりました。関連記事【好きなライム集Part.1】関連記事【好きなライム集Part.2】Part.1を書いて以来つけ始めた“好きなライムメモ”の方にも、気が付けば相当の数のライムが溜まっていました。心を惹かれたライムに [続きを読む]
  • 新作音源に小さく貢献⑳(HIKARI by JJJ)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。今回は、先日リリースされたJJJの2ndアルバム【HIKARI】について書きたいと思います。昨年は特にプロデューサーとしての活動で注目を集めていたJJJですが、本作では改めてHIPHOPアーティストとしての総合力の高さを見せてくれています。それでは、本作を聴いた感想を書かせていただきたいと思います。【HIKARI by JJJ】 <収録曲>01. BABE feat. 鋼田テフロン (Prod by jjj)02. ELA (Prod [続きを読む]
  • 名勝負の継承文⑬(NAIKA MC vs FORK フリースタイルダンジョン3rd)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。今回は、心をぐっと掴まれた名バトルがありましたので、久しぶりにMCバトルの書き起こしをしたいと思います。そのバトルは、先日のフリースタイルダンジョン(3rd season Rec5-1)で放送された【NAIKA MC vs FORK】です。放送後、ネット上でも大絶賛されていました。もともと字幕付きのバトルについて“書き起こし”というのは何だか変な話ではありますが、思想を味わう為の写経のように、文章の [続きを読む]
  • 新作音源に小さく貢献⑲(嘘と煩悩 by KREVA)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。今回は、先日2/1に発売されたKREVAの4年ぶりとなる新作【嘘と煩悩】について書きたいと思います。【嘘(800)と煩悩(108)】という自分自身(KREVA=908)を表す、謂わば"セルフタイトル”を冠された今作には、まさにKREVAこれまでの集大成といえる彼のあらゆる要素が詰め込まれています。レーベル移籍後の初作品ということもあり、KREVA自身、高いモチベーションで臨んだであろう本作は、聴き終 [続きを読む]
  • 珍しく海外クラシック⑧(The Score by Fugees)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。今回は、久しぶりに海外作品について書きたいと思います。ご紹介する作品は、96年に発売されたFugeesの2ndアルバム【The Score】です。聴き返すたび、その魅力を何度でも再確認させてくれる、長く長く付き合うことのできる作品です。それでは、いってみましょう。【The Score by Fugees】 <収録曲> 1. Red Intro 2. How Many Mics 3. Ready Or Not 4. Zealots&nbs [続きを読む]
  • 動画を投下?(Keep On Runnin’ by 裂固)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。今回は、先日MVが公開された裂固の新曲【Keep On Runnin’】について書きたいと思います。王道テーマの中に“裂固らしさ”を余すことなく散りばめた、今後における彼の代表曲の一つとなるだろう魅力溢れる楽曲です。それでは、いってみましょう。【Keep On Runnin’ by 裂固】“人生諦めた奴に費やす暇があるか?”新しい楽曲が発表されるたび、若手MC達の成長スピードにはいつも驚かされてしまい [続きを読む]
  • 新作音源に小さく貢献⑰(AWAKENING by 鶴亀サウンド)
  • どうもPto6(ぴーとろっく)です。新年明けましておめでとうございます。2017年もゆるりとブログを書いていけたらと思っております。今年も何卒よろしくお願い致します。さて、今回は新年一発目の記事として、新春に相応しい縁起の良い名前をもったユニットの作品について書きたいと思います。LIBROとポチョムキンからなるユニット鶴亀サウンドの1stアルバム【AWAKENING】です。既に発売から1か月以上経ってしまいましたが、その新 [続きを読む]