pasatiempo さん プロフィール

  •  
pasatiempoさん: 親も初めて中学受験2017(共働き編)
ハンドル名pasatiempo さん
ブログタイトル親も初めて中学受験2017(共働き編)
ブログURLhttp://pasatiempo2.blog.fc2.com/
サイト紹介文共働きで親も未経験の中学受験。サピックスで男子難関校狙いの小学生が平日1人で勉強できる?父親ブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/03/19 00:32

pasatiempo さんのブログ記事

  • 中学受験の最後に 事後総括
  • 事後総括をして中学受験を終えようと思います。なかなか表現しきるのが難しいですが。事後なので割り引いて読んでもらっても良いかもです。正直な話、結果が出るまでの2日間は今年の入試に「うまくハマった」と思ってました??算数難化ということで初見対応力で何とかしてくれたんじゃないか、なんて思いでした。しかし蓋を開けたら残念ということに。大勘違いだったのです??公表されている入試結果の点数を見て思ったことは「 [続きを読む]
  • 立ち直りの早い男 / 事後総括をやる?
  • あんなに志望校対策のSSなんかをやって来たのに一晩で立ち直りました。子供はスゴイ??今年は結果がわかった後に土日が来るという良い巡り合わせ。落ち着かせてから学校にも行かせることが出来、落ち着いてから会社にも行けます??中学受験の最後に事後総括(というか敗因分析とか反省とか)をしてまとめたいと思っております。後日になります。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 受験結果 敗戦の弁
  • 第1志望開成残念でした。本人泣きましたが親は、あれっ?という感じでした。体調万全、やる気十分、最後の勢いでボーダーラインは越えると思ったのですが。合格者最低点くらいは越えそうな感じでしたけど。多分算国どちらか若しくは両方で低調だったんだと思います。(得点開示が無いので中身不明)最後の決め手は何だろう、とブログで考えてきたことは謎のまま??第2志望は合格もらえたのでそこに進学します。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 1月までのまとめと2月の予定
  • 6年生になってから毎月末にまとめと予定を書いてきました。最終回になります。生まれた時は元気に育ってくれればいいと思ってましたが、今や健康な上に成績も良くなって志望校に合格して欲しいという欲望の塊になっています。幼少の頃は、この子天才じゃないか、と思ったこともありましたが、今ではどうしてこんな基本問題を間違えるのか理解できないこともしばしばありました。小学校入学直前には地震があって保育園で長時間待た [続きを読む]
  • 残りの論点を一部だけ 事前総括10
  • 論じれなかった点を一言だけ書いていきます。・基礎トレの重要性基礎トレは超重要。異論は無いと思います。・長いレースの戦略面(先行策?追い込む?)先行するなら圧倒的に先行しないと終盤精神的にツラくなりそうな気がしてます。受験終盤を考えると後から追いかける方が精神衛生上は良いかと思います。サピックスだと上には上がゴマンといるので、常に追いかける気分でいることも可能です。まあでも、どちらの立場でも不安は不 [続きを読む]
  • SOの偏差値と合格率の関係 事前総括09
  • 合格力判定サピックスオープンと学校別サピックスオープンの偏差値対合格率のデータは学校毎にサピックスの合判資料に載っています。マイページからも見れます。上の方から受かってますが、合格者分布は意外と広いので結構逆転が多いということになります。この理由はなんだろうとずっと考えて来ました。学校別SOの結果との差異は、志望校形式・難易度の問題だとSSなどの志望校対策の進み具合によって最後(入試)と異なる順位になっ [続きを読む]
  • 「算数男子」定義の結論 事前総括08
  • このブログで算数男子を定義していましたが、6年夏までと秋からの入試レベル到達プロセスを考えると、6年夏までの内容で算数男子を定義しちゃいけないレベルだったんだと思います。かなりの自己ちゃぶ台返し??だとは思いますが、実感として6年夏までは「算数ごっこ」だったなと思います。6年秋以降のSSと過去問対応はまさに「新世界」と言えます。以前定義したものは、お遊び時代の「算数男子」のものとお考え下さい??その頃は [続きを読む]
  • サンデーサピックス(SS特訓) 14/14 / 最後のサピックス
  • サンデーサピックス。14回目の最終回。とうとう14/14まで来ました。カウントアップしてきたのは、実力が階段を登るように1段1段上がってくるだろうとの思いからでした。実際のところどうなんだろう??神のみぞ知るです。14回目は卒業記念品を貰って来ました。SS最後にしてサピックス最後の日。サピらしくドライに終わった様です。最後に少し激励があったくらいの模様。関西などの熱い様子とは全く異なります。これがサピックス・ [続きを読む]
  • 想定外だったこと 事前総括07
  • 事前に情報収集して臨んだサピックス生活ですが想定外のこともありました。それは入試レベルとのギャップ。SSが始まる前は、SSにうまく突入できれば志望校レベルになるだろうと楽観視していましたが、秋になりSSが始まり、過去問を解き出した時に初めて気付いた想定外だったことは、入試レベルまでかなり遠い場所にいたと感じたことです。天下のサピックスで6年の夏期講習まで進めば相当なレベルになっているのかと漠然と思ってま [続きを読む]
  • 第2子の親の方が余裕あると思う 事前総括06
  • 中学受験で第2子は有利だと思います。中学受験までのサピ生活の一連の流れがわかっているだけで勉強面も精神的にも余裕があると思います。事前にweb上で色々情報を収集してきましたが、完全に理解できていたかというとそうではなかったです。精神面でも一度経験している人とは違います。第1子だと余裕ないです。長期戦略を考える上でも匙加減がわからない部分もありました。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 共働きでもなんとかできるサピックス 事前総括05
  • 他の塾のことはよくわかっていませんが、サピックスは共働きには最適です。極端な高望みをしなければ、ここ数日書いた様なことで形にはできると思います。算数:中数までやらずに初見対応力を重視するのでサピに任せる国語:子供が混乱するのでサピに任せる理科社会:6年のカリキュラムで相当演習するのでサピックスに任せておいてもなんとかなるということで忙しい親でもなんとかこなせるというのがサピックスだと思います。拘束 [続きを読む]
  • 理科はどうなのよ 事前総括04
  • 理科も社会同様6年生での大量演習でどうにかなったかなぁという感触です。6年生で重要単元は何度も出てくるし、知識系のテストもかなりあります。通常授業と土特、SS、講習で相当スパイラルできます。理科も社会同様に最後にはどうにかなりそうな気がしてます。4年5年の時はガマンしていても大丈夫です。理社は後回しでよいという定説がありますが、私は正しいと思います。(途中のクラス・成績を気にしないという前提ですが)本気で [続きを読む]
  • サピックスでの国語 事前総括03
  • 今日は国語。国語はサピックスに全幅の信頼を寄せてきたという話です。もしサピックスのカリキュラム作成担当者になったと仮定したらどういうカリキュラムを作るでしょう?拘束時間の短いサピックスといえども家で親が教えること前提でカリキュラムを作るでしょうか?そんなカリキュラムにはせずサピックスで完結するカリキュラムにするはずです。もちろん親が教えることは否定されないと思います。でも算数、理社はあまり影響ない [続きを読む]
  • 中数まで手を出せなかった算数 事前総括02
  • 今回は算数です。「中学への算数」を全スルーしてきた話です。過去のブログで中数をやっていない、と書いた記憶がありますが、基本的に手を回せる時間が(ウチには)ありませんでした。時間がないという理由の他に挙げていたのが、算数の初見対応力をつける、ということ。サピックスで解く演習問題が既にやったことがある問題よりは初めて見る問題であった方が実際の入試で対面することに近いんじゃないかとの考えです。入試で差がつ [続きを読む]
  • 社会はどうにかなりそうな雰囲気 事前総括01
  • 6年秋の合判SO4回分と過去問及び最近のSSや冬期講習の様子を見ていると社会はどうにかなりそうな雰囲気です。社会は足を引っ張る科目でしたが、ようやく追いついてこれました。要因としては、6年秋からのサピックスのカリキュラムで知識的なところを総まとめしてもらっているからだと思われます。通常授業の大量の知識チェック、土特での演習、によりかなり力がついた感じがします。合判SOでも社会の平均点(4回分)は80点台(後半)。 [続きを読む]
  • 中学受験(サピ生活)を事前総括 00 / 時間がない
  • 先日から入試がスタートしています。サピックスにも普通に通い、家では復習の日々。正直ブログネタがありません。ちょっと気が早いですがサピックスでの中学受験をまとめていこうと思います。なぜ本番の前から始めてしまうかというところですが、受験が終わった後だと入試結果のバイアスがかかって客観的な見方ができない可能性がありますので今のうちからやってしまおうということです。それに終わった後だとブログ書く気起きなさ [続きを読む]
  • サンデーサピックス(SS特訓) 13/14
  • サンデーサピックス。14回中13回目。千葉入試(というか渋幕)への各校舎への対応はどうだったのでしょう。激励もあるし、SSの授業も朝からあるし、先生方もこの時期はかなりキツそうですね。13回目(いよいよ大詰め、クライマックス)志望校別算数:約5割(難しいらしい)国理社:今の出来で臨むしかない単科思考力:約6割記述力:普通の出来今回の内容も復習復習。山登りもあと少し。今週もSSの復習が中心です。淡々と淡々と行きます [続きを読む]
  • 出願完了して倍率速報を気にする
  • 2月の受験校の出願が完了しました。web出願なし。郵送と窓口です。初日派とか大安派とか派閥があったのではないでしょうか?うちはどちらでもなく、休日派でした。出願状況は各塾や3大模試主催者などのHPで日々更新されていきます。登録すれば毎日メールで配信してくれるところも。出願人数が何人でも関係ないとは思ってますので実際受ける学校は気になりませんが、合判SOの説明会でいろんな学校の志望者数「増減」動向を聞いてい [続きを読む]
  • 千葉入試も大変そう
  • 狂乱は埼玉から千葉まで伝播していってるようです。千葉入試が20日から始まっておりこの金土日でかなりの受験生が受けることに。名物マンモス入試もあるようです。かなり前に学校見学で海浜幕張まで行ってみました。良い学校でした。じゃあ受けようか、にはなりませんでした。理由はたった1つだけ。通学に時間がかかり過ぎるということ。(あの京葉線の東京駅乗り換えが遠くなかったとしても時間かかり過ぎ)早めに結論出していたの [続きを読む]
  • サピなし平日の過ごし方:直前期
  • サピなし平日は週に3日。3学期に入り、入試もないので1人で過ごす平日が出てきてます。この直前期は自己申告によると全く遊ばずに勉強しているという。さすがに信じて良さそうだ。SSの復習、冬期講習・正月特訓の復習、通常授業の復習としっかりできている様子。本気モードになった冬、(サピなし平日の)心配は何もない。定着度は心配だけどもう手出しできない??サピのイベントもないためブログに書くネタが枯渇中?にほんブロ [続きを読む]
  • サンデーサピックス(SS特訓) 12/14
  • 久々のサンデーサピックス。12回目。埼玉は始まっているし千葉入試ももうすぐだし大詰めです。土特やSSも入試と重なったりして、校舎やコースによっては欠席者多数とかみんな遅れて来るとかありそうです。千葉方面の校舎なんて来週SS成り立つんだろうか?(次のサンデーは渋幕の入試日です)12回目(大寒波到来中。センター試験も大変。)志望校別算数:約6割(まだまだ)国理社:普通の出来単科思考力:約6割記述力:まずまず入試レベル [続きを読む]
  • 1月校受験の重要性
  • 埼玉もそうですが、関西も本番真っ只中ですね。サピから案内をもらった「灘ツアー」に参加しているサピ生が何人くらいいるのかわかりませんが、サピ生は頑張って欲しいです。(灘に限らず)ウチはいっしょにもらってきた「ラサールツアー」の案内と共にすぐにゴミ箱行きになりました??さて1月校を受けての感想です。本命が2月であるウチにとってはお試し要素の高い受験でした。行く前は(通う可能性がゼロじゃないのに??)模試 [続きを読む]
  • リアル保護者控室
  • 保護者控室を初体験してきました。定員の10倍以上合格者を出す試験でしたので、雰囲気ゆるいかと思いきやなんだかピリピリしていました。サピックスオープン(中学校会場)とは違う??(当然か)ウチはお試し的な要素が高かったのでリアルな雰囲気を感じることができたのはよかったです。ただ中には団体様が楽しそうにしていたり、海外在住?時代の話をして周りにプレッシャーをかけているのか?みたいな2人組もいらっしゃいました。( [続きを読む]
  • 激励の言葉
  • 各先生からの激励の一言が書かれた「激励の言葉」をもらってきました。早速机の近くに貼ってます。各教科の先生や警備の方々までの暖かいお言葉がずらり。応援されているんだなーという感じです。4年生から5年生になる時、5年生から6年生になる時、好きだった先生が他校舎に異動してしまったこともありました。そんな4年、5年の時の先生たちのお言葉もあればもっとよかったです。サピックスの先生も定期的に人事異動しているようで [続きを読む]
  • 記事への反応ありがとうございます
  • 今日から埼玉入試が始まってますが、ウチの本番は2月です。先日の記事(参考にしていたブログ)に対して反応を頂きありがとうございました。(ブログで取り上げてもらえました)中学受験(というかサピックス生活)は4年生で入ったら3年間、5年生からでも2年間という長丁場だと思ってます。大人以上に子供は長いと感じていると思います。中学受験(サピックス生活)という長いマラソンをどう走るのかを考えながらこれまでやってきましたが [続きを読む]