団子屋のページ さん プロフィール

  •  
団子屋のページさん: 団子屋のページ
ハンドル名団子屋のページ さん
ブログタイトル団子屋のページ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/aw2zx
サイト紹介文食のページ・京都・台湾と好きなジャンルの情報をアップしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1378回 / 365日(平均26.4回/週) - 参加 2015/03/19 11:37

団子屋のページ さんのブログ記事

  • 愛ちゃん「あなたに嫁いだのが人生最大の幸福」、SNSで
  • 2017年5月20日、騰訊娯楽によると、女子卓球選手の福原愛がSNS上で夫の江宏傑(ジャン・ホンジエ)に対する深い愛情を示した。 福原は昨年9月に結婚後、しばらく家庭に入って夫を支えることを明らかにしている。ドイツで試合をする江に同行していた福原が20日未明、江と共に帰路に就く飛行機を待っていた際にSNSの書き込みを行った。そこには「あなたに嫁いだことを人生で最も幸福なことだと感じている。あなた、この3週間私を気 [続きを読む]
  • 郵便料金が値上げへ 3.5元切手など廃止/台湾
  • (台北 21日 中央社)交通部(交通省)が郵便料金の調整を図る法案を承認したことが20日までにわかった。普通郵便はこれまでの5台湾元(約19円)から8元(約30円)となり、書留郵便は25元(約93円)から30元(約111円)に値上げする。早くて今年8月から施行される見通し。 今回の値上げに伴い、2.5元(約9円)切手や3.5元(約13円)切手は廃止される。中華郵政は、これらの切手の発行は今後停止されるが、既に購入したものについ [続きを読む]
  • バナナ豊作 スーパーやコンビニで特売へ/台湾
  • (台北 21日 中央社)行政院(内閣)農業委員会農糧署の陳建斌署長は18日、今年のバナナの生産量が例年より約4万トン多い35万トンに達する見通しを明らかにした。同委員会の林聡賢主任委員によると、6月に収穫の最盛期を迎える。スーパーやコンビニエンスストアでは特売セールが行われる。 同委員会はこの日、大手スーパーのPXマート(全聯福利中心)と共同で記者会見を開催。林主任委員によると、バナナの生産地は台湾全土で1万 [続きを読む]
  • 台湾でますます激しくなる日本のラーメン競争
  • 博多ラーメンの有名店・一蘭が6月15日、台湾・台北の店舗をオープンさせる。日本のラーメン好きの台湾っ子は「日本に行かずに名店の味を楽しめるようになる」と喜んでいることだろう。台湾メディア・聯合新聞網は19日、一蘭の台湾出店で現地の「ラーメン大戦」が再び白熱化しそうだと伝えている。 記事は、台湾における日本式ラーメンの歴史について紹介。約20年ほど前、ある日本のテレビ番組がきっかけで多くの台湾人が [続きを読む]
  • 日本最大級の野外舞台で能 西本願寺、親鸞誕生祝う
  •  浄土真宗本願寺派の宗祖親鸞の誕生を祝う、毎年恒例の降誕会(え)が21日、京都市下京区の同派本山・西本願寺で営まれた。重要文化財の南能舞台では祝賀能が上演され、1200人を楽しませた。 本願寺と能は室町時代の本願寺8世蓮如のころから関係があるといい、19世紀後半からは祝賀能が恒例となった。 世襲制の門主の代替わりを祝う「伝灯奉告法要」が営まれていることから、父子をテーマにした演目となった。冒頭、 [続きを読む]
  • 平安期の船遊び、優雅に再現 京都・嵐山
  • 平安時代の船遊びを再現する車折神社(京都市右京区)の「三船祭」が21日、同区の嵐山・渡月橋上流の大堰(おおい)川で行われた。真夏を思わせる日差しの中、龍の頭などで飾り立てられたきらびやかな船がゆったりと進み、船上では雅楽や舞楽が奉納された。 十二単(ひとえ)を着た清少納言役の大谷沙織さん(28)をはじめ、平安装束に身を包んだ三船祭保存会や神職、いちひめ雅楽会、日本今様歌舞楽会メンバーら約100人 [続きを読む]
  • 狩野派の虎、障壁画で戯れ 世界遺産二条城の収蔵品展
  • 世界遺産二条城(京都市中京区)の多彩な二の丸御殿障壁画を紹介する「戯れる虎たち」が、城内の収蔵館で開かれている。狩野派による、豊かな表情のトラやヒョウを来場者が楽しんでいる。 重要文化財の障壁画を年間で4期に分けて紹介する展示企画。今回は、二の丸御殿で最も広い「遠侍」一の間を彩った「竹林群虎図」と、廊下の杉戸絵「竹虎図」の計18面を並べた。一の間の作品すべてを同時に展示するのは初めて。 中国・宋 [続きを読む]
  • モダニズム建築、重厚 京都・山科の「栗原邸」一般公開
  • 昭和初期のモダニズム建築として知られる住宅「栗原邸」(京都市山科区御陵大岩)の一般公開が20日、始まった。当時最先端の技術だったコンクリートブロックを使った重厚な邸宅を鑑賞する人たちが訪れている。 栗原邸は、京都高等工芸学校(現京都工芸繊維大)の校長を務めた染色家鶴巻鶴一の邸宅として1929年に完成した。同校教授だった建築家本野精吾が設計を担当、2014年に国の登録有形文化文化財になった。 現 [続きを読む]
  • 76年ぶり神輿担ぎ巡行 京都・繁昌神社の神幸祭
  • 財運の神様として知られる、京都市下京区高辻通室町西入ルの繁昌(はんじょう)神社の神幸祭が20日、営まれた。今年は76年ぶりに男衆の手によって神輿(みこし)が担がれ、にぎやかな掛け声とともに地域を練り歩いた。 同神社の神幸祭は、第2次世界大戦の影響で途絶えていたが、4年前に復活した。これまでは神輿を台車に載せて巡行していたが、今年から神社とゆかりのある担ぎ手を募り、手担ぎによる巡行を再開した。 一 [続きを読む]
  • 76年ぶり神輿担ぎ巡行 京都・繁昌神社の神幸祭
  • 財運の神様として知られる、京都市下京区高辻通室町西入ルの繁昌(はんじょう)神社の神幸祭が20日、営まれた。今年は76年ぶりに男衆の手によって神輿(みこし)が担がれ、にぎやかな掛け声とともに地域を練り歩いた。 同神社の神幸祭は、第2次世界大戦の影響で途絶えていたが、4年前に復活した。これまでは神輿を台車に載せて巡行していたが、今年から神社とゆかりのある担ぎ手を募り、手担ぎによる巡行を再開した。 一 [続きを読む]
  • 国宝「唐門」34年ぶり開く京都・西本願寺
  • 京都市下京区にある世界遺産の西本願寺(浄土真宗本願寺派本山)で21日、国宝「唐門」が1983年以来34年ぶりに開けられた。来年6月から修復工事が行われるのを前に、宗祖・親鸞の生誕日に合わせ、一日限りで一般公開した。  寺によると、唐門は桃山時代の建造物で、高さ約8・7m、幅約5・4m。唐獅子や虎、クジャクなど豪華な彫刻が施されている。見事さに日が暮れるのも忘れて見入ることから「日暮らし門」とも呼 [続きを読む]
  • 中華航空CA、麻薬所持で取り調・台湾
  • (桃園 21日 中央社)チャイナエアライン(中華航空)の女性客室乗務員が20日、違法な薬物を所持していたとして検察の取り調べを受けた。客室乗務員は容疑を否認しており、取り調べの後、帰宅を命じられた。検察側は、尿から薬物反応が出るかどうかや、麻薬から客室乗務員の指紋が検出されるかなど、さらに詳しく調査を進めている。 勤務を終えた客室乗務員は同日、アムステルダムから帰台。財政部関務署(財務省関税局に相当) [続きを読む]
  • ジャーマンアイリスが見頃 京都
  • 京都府福知山市田野の農家が栽培する「ジャーマンアイリス」が見頃を迎え、通行人の目を楽しませている。 北山勝美さん(69)は自宅脇の畑で育てた花を19年前から公開している。「虹の女神」と称される花は華やかな色が特徴で、夕日をほうふつとさせる「サンセットスマイルズ」や澄んだ水色の「スプリングイメージ」など100種2千株がある。 今年は昨秋の長雨で枯れた株を植え替えたため、例年に比べ花の数は少ないとい [続きを読む]
  • 白いカラス、野に放つ 京都、保護求める声も法的に無理
  • 和束町で見つかった白いカラス 京都府和束町で見つかった白いカラスについて、町は19日朝、カラスがいた水田近くで野に放った。町には同日、新聞やインターネットのニュースで知った人たちから保護を求める声が次々と寄せられたが、専門家は「野に帰すのはやむを得ない」としている。 カラスは18日午後4時半に見つかり、弱っていたため町役場で状態を見ていた。町は19日に府と協議し、野に放った。 町によると、この日は [続きを読む]
  • 台湾でまた斬首事件 兄が妹の首を包丁で切断、近隣住民の面前
  • 台湾南部の高雄市で18日、市内在住の男(54)が妹(52)と口論の末、近隣住民の目の前で妹を斬首して殺害したとして逮捕された。台湾では、路上で女児(3)の首を切断した男に先週終身刑が言い渡されたばかりで、概して平穏な同国で猟奇的な事件が相次ぎ、衝撃が走っている。 警察の発表によると、逮捕されたのはリン容疑者(姓のみ公表)で、言い争いになった妹を自宅の外に連れ出し、包丁で首を切断。兄妹はいずれも未婚で市 [続きを読む]
  • 阿里山バスターミナル供用開始 旅客の快適な休憩所に/台湾
  • (嘉義 18日 中央社)南部の景勝地、阿里山森林遊楽区入口のバスターミナルの供用が17日、正式に開始された。林務局嘉義林区管理処は、大小の車両がすれ違う際の安全上の問題が解消できるほか、乗客に待合室やレストラン、授乳室など快適な環境を提供できるとしている。 阿里山につながる台18線と台21線の交差点付近に位置する同バスターミナルは、一年で最大1万3000便以上の発着が可能で、55万人を輸送できると見込まれている。 [続きを読む]
  • 葵祭、風薫る京都に王朝絵巻
  • 京都三大祭りのトップを飾る葵祭が15日、風薫る京都市内で行われ、平安王朝の装束を身に着けた約500人の行列が都大路をしずしずと進んだ。沿道を埋めた大勢の見物客は、優雅に進む王朝絵巻のような行列を見守った。 葵祭は下鴨、上賀茂両神社の例祭で、正式には「賀茂祭」という。フタバアオイと桂を装束や牛車(ぎっしゃ)などに挿すことから葵祭と呼ばれるようになった。起源は6世紀にさかのぼるといわれる。「源氏物語」 [続きを読む]
  • 京都・葵祭に三姉妹参列
  • 斎王代の富田紗代さんとともに内侍の長姉絢子さん(右)と命婦の次姉雅子さん 15日、京都市内で行われた葵祭。沿道の若葉が緑をあやなす都大路を、平安朝の風雅な装束に身を包んだ一行が進んだ。十二単(ひとえ)の斎王代は、女人列に加わる2人の姉とともに、笑顔で下鴨神社(左京区)へ向かった。 「姉が、がんばれと声を掛けてくれました。そばにいてくれるのでとても心強い」。第62代斎王代の同志社大2年富田紗代さん( [続きを読む]
  • 台湾で広がる塾講師実名制の波 美人作家の自殺を受けて
  • (台北 16日 中央社)台北市など6県・市が12日から、ビジネスネームの使用が多い学習塾講師の実名制を導入、その他の地方自治体も続々と追随している。背景には26歳の美人作家が先月末に自殺した事件がある。 台湾の学習塾では、講師が本名とは異なるビジネスネームを使うことが多い。学生にとっては覚えやすいが、過去の学歴や素行に問題があっても発覚しづらく、これを隠れ蓑にして悪行を繰り返す講師も存在すると言われる。 [続きを読む]
  • 「海洋生態館」で上棟式 台中の魅力を世界に/台湾
  • (台中 17日 中央社)中部・台中市清水区の梧棲漁港脇で建設が進められている水族館「海洋生態館」で、16日に上棟式が行われた。林佳龍台中市長は、生態教育だけでなくレストランや青空カフェなどレジャー要素もたっぷりと絶賛、世界に台中の魅力を発信していきたいと意気込んでいる。 同館は多種多様なクラゲや地元に棲息する海洋動植物に重点を置いた水族館で、エントランスにはクラゲ用として、幅12メートル、深さ9メートルの [続きを読む]