団子屋のページ さん プロフィール

  •  
団子屋のページさん: 団子屋のページ
ハンドル名団子屋のページ さん
ブログタイトル団子屋のページ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/aw2zx
サイト紹介文食のページ・京都・台湾と好きなジャンルの情報をアップしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1289回 / 365日(平均24.7回/週) - 参加 2015/03/19 11:37

団子屋のページ さんのブログ記事

  • 花蓮でダンプカーが観光バスに追突 日本人乗客全員無事/台湾
  • (花蓮 24日 中央社)東部花蓮県・秀林郷の景勝地、タロコ(太魯閣)大橋近くで24日午前8時24分頃、日本人観光客37人を乗せた観光バスにダンプカーが追突する事故があった。観光バスの乗客らは全員無事だったが、ダンプカーの運転手が頭部に擦り傷を負い、病院に運ばれた。警察では事故原因を調べている。 警察によると、双方の運転手はいずれも飲酒していなかったが、ダンプカーの運転手が走行中十分な車間距離を保っていなかっ [続きを読む]
  • 蒋介石像破壊、独立派が犯行認める声明 台湾
  •  台湾の台北市北部で国民党の最高指導者だった蒋介石の銅像が壊されているのが22日に見つかった事件で、「台湾建国工程隊」と名乗る急進独立派が銅像の頭部を切り取ったことを認める声明を発表した。台湾メディアが23日、伝えた。 声明には「そちらが一つ壊すなら、こちらは多数を壊す」「台湾の永遠の友人八田さんにささげる」などとあり、台南市で日本人技師、八田與一氏の銅像が中台統一派に壊されたことへの報復だった [続きを読む]
  • 陽明山の蒋介石像が頭部切られる/台湾
  • (台北 22日 中央社)台北市の陽明山で22日、公園付近に設置されている蒋介石元総統の銅像の頭部が切断されているのが発見され、警察は容疑者の行方を追っている。 銅像は、首が切り落とされたほか、上半身を中心に赤いペンキをかけられ、台座には「228元凶」、「殺人魔」などと黒いペンキで書かれていた。現場には、犯行に使われたのこぎりが残されていたが、切断された頭部は見つからなかった。 台湾では近年、蒋介石像の破壊 [続きを読む]
  • 台湾にも「ゴミ箱のない観光スポット」があった
  • 日本を訪れた中国人観光客が日本の街で驚くことの1つに、ゴミ箱がほとんど見当たらないという点があるようだ。しかし、台湾・高雄にある公園は、ゴミ箱がないことで日本人観光客を驚かせているという。台湾メディア・聯合新聞網が20日伝えた。 記事は、「140ヘクタールの面積を持つ高雄の旧鉄橋湿地公園では、ゴミ箱が1つも見当たらないにもかかわらず、全体が清潔に保たれている。ある日本の上場企業社員が観光に訪れた [続きを読む]
  • 台湾の震災支援に感謝 皇后さま、福原愛さんに伝える
  • (台北 21日 中央社)天皇・皇后両陛下主催の春の園遊会が20日、赤坂御苑で開かれ、皇后さまは台湾の卓球選手、江宏傑さんと昨年結婚した福原愛選手に「台湾もずいぶん東日本(大震災)の時などに心を寄せてくださったから、関係の方にお礼を伝えてくださいね」と感謝の言葉をかけられた。 台湾の震災支援に対する日本からの感謝について、日本の政界をよく知る野党・親民党所属の李鴻鈞立法委員(国会議員)は21日、記者の取材 [続きを読む]
  • 破壊された八田像、修復進む 慰霊祭に間に合う見込み/台湾
  • (八田与一氏の銅像修復を手がける王昭旺氏) (台南 20日 中央社)台南市の烏山頭ダムで、日本統治時代にダム建設を指導した八田与一氏の銅像が破壊された事件で、同所を管理する嘉南農田水利会は19日、銅像の修復は進んでおり、5月8日の慰霊祭は予定通り行える見込みだと発表した。 両岸(台湾と中国大陸)統一を主張する元台北市議の男らが犯行を認めたものの、破壊された頭部はいまだに見つかっておらず、当初の予定通り、奇 [続きを読む]
  • 宜蘭で初マグロ 重量208キロ 約390万円で落札/台湾
  • (宜蘭 19日 中央社)東部・宜蘭県で18日、今年の初マグロの競りが行われた。重量は208キロ。110万2400台湾元(約394万円)で落札され、1キロあたりでは5300元(約1万8900円)となった。 クロマグロ漁は毎年4月から6月にかけて盛んに行われ、多くの漁船が「初マグロ」の漁獲を目指す。重量180キロ以上で、生きた状態で釣り上げられれば初マグロに認定され、今年は宜蘭蘇澳の漁船「進豊28号」が15日、釣魚台(日本名:尖閣諸島) [続きを読む]
  • 約88億の大成JV/京都市本庁舎改修・新西庁舎
  •  京都市は18日、WTO(世界貿易機関)対象となる「京都市本庁舎改修工事及び新西庁舎(仮称)新築工事ただし、建築主体その他工事」を一般競争入札した結果、87億9900万円(税別)で大成建設・古瀬組・吉村建設工業JVに決めた。入札には同者と熊谷組・南海辰村建設・要建設JVの計2JVが参加した。 規模は本庁舎改修がRC造地下2階地上6階建て延べ1万6380?。新西庁舎(仮称)がS一部SRC造地下2階 [続きを読む]
  • 南港西バスターミナル、開業 台北駅の渋滞緩和期待/台湾
  • (台北 18日 中央社)南港西バスターミナル(台北市)が18日から供用が開始される。柯文哲台北市長は17日に行われた記念式典に出席し、大型のバスステーションはこれまで台北駅に集中しており、大きな負担となっていたが、同ターミナルにより交通量が分散され、渋滞緩和が期待できるとの考えを示した。 台北市公共運輸処によると、宜蘭や蘇澳など東部に向かう路線や、桃園空港行き、基隆行きなどの路線が開通する。同ターミナル [続きを読む]
  • 二条城「学芸員の力で多言語対応」 山本創生相発言に反論
  • 英語や中国語、韓国語で表記されているパンフレット 山本幸三地方創生担当相は18日の参院内閣委員会で「一番のがんは文化学芸員」とする自身の発言について「言い過ぎで、不適切だった。大変申し訳ないと反省している」と改めて謝罪した。これに先立つ記者会見で山本氏は、世界遺産の二条城(京都市中京区)での英語案内表記が不十分として外国人観光客への対応を改めて批判したが、京都市が管理する二条城では英文の看板も設置 [続きを読む]
  • 壊された八田与一像、台南・奇美博物館が週内に修復へ/台湾
  • 奇美博物館所蔵の八田与一像 (台南 17日 中央社)台南市烏山頭ダムに設置されている日本人水利技師、八田与一氏の銅像が壊されているのが見つかった件で16日、同市の奇美博物館が修復の支援に当たることがわかった。同氏の命日である5月8日には追悼の催しが控えており、銅像を管理する嘉南農田水利会は修復を急いでいる。 銅像が破壊されたことを知った財団法人台南市奇美文化基金会董事長(会長)の許文龍氏は、修復に協力する [続きを読む]
  • 元台北市議の男が出頭 日本人技師像の頭部破壊で
  • 台湾南部の烏山頭ダムに設置されている、日本統治期の土木技師・八田与一の銅像が壊された事件で、元台北市議会議員の男が犯行を認め、17日に警察当局に出頭した。地元メディアによると、男は台湾と中国の統一を目指す政治団体で活動。フェイスブックに17日、「私がやった」と記し、日本統治期に抵抗した義賊に自身をなぞらえていた。 台湾では最近、戦後の台湾を統治した蔣介石・元総統の銅像の首が切られたり、ペンキで [続きを読む]
  • 王朝美、夕闇と桜に包まれ 京都・平安神宮
  • (ライトアップされた建物や桜) 夕闇迫る京の町に、平安様式の建物や桜が照明に浮かび上がる。夜桜の名所でも知られる平安神宮(京都市左京区)。春の恒例行事に合わせライトアップされた境内を、夜間飛行で撮影した。 平安神宮は、遷都1100年を記念し創建。平安期の規模を縮尺し復元した大極殿や応天門などは重要文化財で、社殿を囲む神苑は国名勝に指定されている。 境内には約20種、300本の桜が植わる。その半数が [続きを読む]
  • 復活の大船鉾、会所も完成 祇園祭拠点、町家を改修
  •  (祇園祭大船鉾の拠点施設の会所。関係者が修理の完了を祝った) 京都市下京区新町通四条下ルの四条町にある会所の修理が完了し、15日に式典が行われた。関係者約100人が、改修が終わったばかりの木の香りが漂う会所の完成を祝った。今後、祇園祭の大船鉾の拠点施設などとして使用される。 木造2階建て、一部3階。延べ約260平方メートル。会所は1933(昭和8)年に建てられた京町家で、祭りの神事を行う床の間や [続きを読む]
  • 酒の出来栄えに感謝 京都・松尾大社「中酉祭」
  •  (神楽舞を奉納した中酉祭) 酒の神様として知られる京都市西京区の松尾大社で16日、酒造りが終わったことを祝う「中酉祭(ちゅうゆうさい)」が催され、酒造会社の関係者たちが、おいしい酒ができたことを感謝した。 かつて秋の「卯(う)」の日に酒造りを始め、春の「酉(とり)」の日に終える慣習があった。大社では11月の卯の日に酒造りの安全を祈願する「上卯(じょうう)祭」を、4月の「酉(とり)」の日に中酉祭を [続きを読む]
  • 建設中の台中メトロ、隣接の彰化県にも延伸へ 蔡総統が宣言
  • (彰化 16日 中央社)蔡英文総統は14日、訪問先の彰化県で、建設中の台中メトロ(MRT)グリーンラインを、将来的に同県内彰化市まで延伸させる考えを示した。 グリーンラインは北屯―烏日間(いずれも台中市)16.71キロで2020年12月の正式開通を目指し建設が進む。延伸計画では烏日からさらに南へ線路を伸ばし、新たに4駅を設置するとしている。かかる費用は138億9500台湾元(約500億円)を見込む。 蔡総統は、県と市の垣根を越 [続きを読む]
  • 日本時代に建設の警察施設、役目終えても保存・活用へ/台湾
  • (新竹 16日 中央社)新竹県にある日本統治時代に建設された派出所の建物が、本来の役目を終えても、保存・活用される見込みとなった。新たな観光スポットとしての活躍に期待が集まっている。 平屋建てで瓦屋根が特徴的な照門派出所は1938(昭和13)年に建設された。同県の歴史的建物に指定されており、今も日本的な情緒を醸し出している。 だが、長年の使用で老朽化が目立ったほか、手狭になったため、機能の移転が決定。新しい [続きを読む]
  • 中国大陸の新空母、「台湾」と命名? 台湾からは反発と皮肉の声
  • 中国大陸初の空母「遼寧」 (台北 15日 中央社)23日に進水する見通しになった中国大陸初の“国産”空母。この空母の名前に関するアンケート調査で、「台湾」が1位に選ばれたことについて、台湾のネットユーザーからは反発や皮肉の声が相次いでいる。 調査は、中国大陸のポータルサイト「鳳凰網」が今年1〜2月にかけて実施したもの。それによると、新しい空母の名称に採用される可能性が高いのはどの省・市かとの質問に対し、「 [続きを読む]
  • 台湾で日本人銅像の頭部壊される ダム建設貢献の技師
  •  台湾南部・台南市の烏山頭ダムで16日、近くに設置されている日本人土木技師・八田与一(1886〜1942)の銅像の頭の部分が壊されているのが見つかり、地元警察が捜査している。同ダムは日本人観光客も訪れる観光地。 銅像は高さ1メートルほどの座像で、八田がダムを眺める向きで置かれていた。地元報道によると、ダム関係者が16日朝、像の頭部が切り取られているのを見つけ、警察に通報したという。 八田は日本植 [続きを読む]
  • 王将、台湾1号店20日オープン 現地向けに塩味抑えめ
  • イメージ画像 王将フードサービスは、台湾・高雄市内に「餃子の王将」の第1号店を20日にオープンさせる。日本で独自に進化した王将の中華料理を日本食として親しんでもらう狙いで、和のイメージを強調した内装にしつらえる。 現地の百貨店に同社の台湾子会社が出店した。面積は200平方メートル。72席を設けた。 「クールジャパン」をコンセプトに設計。富士山や桜の木など日本をイメージさせるデザインを壁面にあしらっ [続きを読む]