やなぎ さん プロフィール

  •  
やなぎさん: ダイビングと生き物の写真ブログ3
ハンドル名やなぎ さん
ブログタイトルダイビングと生き物の写真ブログ3
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/assistyanagi2015
サイト紹介文野鳥や昆虫、ダイビングの海の写真を撮っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/03/20 03:16

やなぎ さんのブログ記事

  • アマゴイルリトンボの産卵風景
  • 夏休みに希少種アマゴイルリトンボを撮りました。アマゴイルリトンボは長野・新潟・福島・山形に分布し、最近になって青森でも発見された綺麗なトンボです。アマゴイルリトンボ池の水草の茎に集団で産卵する姿を撮りたかったのですが、数が少なく逆光の上に少し遠かったので苦労しました。産卵はほぼ午前中で終わりで昼からはクロイトトンボばかりになりました。上の3枚がサンヨンで残りは60mmマクロで撮っています。単体の雄はた [続きを読む]
  • 枝止まりのヤイロチョウ雄
  • 7月6日に撮ったヤイロチョウです。ヤイロチョウ7月6日は平日でしたが愛知の友人が来るので案内を兼ねて午前中だけヤイロチョウへ。林道に並ぶ人々の中での窮屈な撮影でしたがヤイロチョウ雌が目の前の地面まで来ました。なぜこんな目の前に現れたのかは謎ですがとにかく10mぐらいの目の前をウロウロしてくれました。右にも左にも動けないのでほとんど見ているだけでしたが何枚か撮ることができました。そして窮屈な撮影タイ [続きを読む]
  • ヤイロチョウの餌場~光の差す中での撮影
  • 6月19日は昼から仕事だったので午前中だけヤイロチョウの餌場で待機。7時前に現れて8時20分までの短い間でしたが明るい中で撮影できました。ヤイロチョウ 6月19日撮影光が差し込む難しい天気で相変わらず斜面背景でしたが、前日とは違う写真が撮れたので満足しています。地面のヤイロチョウは変化が少なくやや面白みに欠けますが、この鳥の活動場所はは基本地面なので仕方がないですよね^^;ヤイロチョウ撮影で一番注意 [続きを読む]
  • ツミの巣立ち雛が3羽
  • 夏休みに出わからず先で出会ったツミの幼鳥です。ツミ巣立ってから7-10日ほどでしたが移動せずに巣の周りにいてくれました^^親を追いかけて元気に飛び回っては餌を貰っていましたが、末っ子だけは上手く枝に止まれずぶら下がったり不時着したりしていました。2日間観察しましたが2日目は親が餌をなかなかくれず、咥えたまま飛び回って飛行訓練をしているようでした。その後、台風が来てツミ親子は何処かへ移動したようです。 [続きを読む]
  • またまたコノハズク巣立ち雛
  • 八東では2週連続でコノハズクの巣立ち雛が撮れました^^コノハズクの雛は運よく毎年撮れているのですが、今年は近くで綺麗に撮れて大満足でした^^コノハズク雛ここのは赤色型×薄い赤色型のペアの仔です。2羽いましたが1日中ほとんど動かず夕方まで同じ場所でじっとしていました。緑の葉の中にいたのですっきりとは撮れませんでしたが、針の穴を通すように抜けたところを探して数カット撮ることができました。コノハズク親赤色型 [続きを読む]
  • アカショウビンの巣立ちと親子の餌渡し
  • 7月22日に八東でアカショウビンの巣立ちを撮りました。アカショウビン 7月22日撮影前日に1番仔と2番仔が巣立ってしまっていたので、この日は残りが全部巣立つと思っていましたがその通りでした。3番仔の巣立ちのときはコノハズク雛を撮っていて見れませんでしたが、4番仔と5番仔の巣立ちは見ることができました。飛び出しはブレてボツでしたが餌渡しをなんとか撮ることができ満足しています^^アカショウビンの巣立ちは [続きを読む]
  • モリアオガエルの産卵とそれを狙う樹上のニホンマムシ
  • 6月下旬、モリアオガエルの卵塊があった小さな池をチェックしてみると、なんと雌1雄4が密集して産卵中でした^^モリアオガエル産卵 6月29日撮影写真には4匹写っていますがもう1匹右の裏側にいます。角度を変えて何枚か撮っているので5匹目がどこにいるか探してください^^7月上旬、モリアオガエルの様子を見に行ってみると、カエルのいる筈の枝にニホンマムシが鎮座していました。しかも2匹もいて完全にモリアオガエルを [続きを読む]
  • 餌を探すヤイロチョウ
  • 6月18日に撮ったヤイロチョウです。ヤイロチョウ6月18日、前日遅くにヤイロチョウが現れた場所で早朝から待機してみました。すると5時半にヤイロチョウが現れて8時半まで暗いながら撮り放題でした。その後、ヤイロチョウは10時半から1時半まで再度現れて3・4mまで来てくれました。木陰に隠れて動かない時間もありましたが長い時間目の前で観察できた貴重な時間でした。夕方3時にも現れましたが谷側の下の方で餌を食 [続きを読む]
  • ブッポウソウの巣立ち
  • 吉備中央町・横山様のブッポウソウは今年も無事に5羽の雛が巣立ちを終えました^^ブッポウソウ 7月16日撮影この日は既に3羽のブッポウソウが巣立っていて残すところあと2羽でした。昼前に4番仔が巣立ちましたが飛び出しは画面の隅にしか写っていませんでした。親子の餌渡しや巣箱に向かう飛びものは十分撮れてよい1日になりました。ただ、巣立った雛がバラけてしまって桐の枝に集合しなかったのが心残りです。最後の1羽は [続きを読む]
  • コノハズクの巣立ち雛
  • 今季は八東のコノハズクの巣立ち雛を2週連続で撮ることができました^^とりあえずは、7月17日分のコノハズク雛を載せます。コノハズク雛 今年は4ペアのコノハズクが営巣していて、前日夜に巣立った3羽の雛を近くで撮ることができました^^巣立ち直後は白くてとても可愛らしいですね。1羽は羽根を痛めていて翌日保護されています。コノハズク親ここのは赤色型×普通型のペアでした。2羽の色合いがずいぶん違うのがわかると思 [続きを読む]
  • 餌を運ぶアカショウビン
  • 今年の八東のアカショウビンは3年前と同じ樹洞に営巣してくれて、多くのバーダーを楽しませてくれました^^アカショウビン 7月17日撮影カエルをはじめクワガタやイモムシなどいろいろ運んでくれてじっくり撮ることができました^^ここのアカショウビンはブナ林なのでロケーションが抜群で遠くても絵になるのがいいですね^^ただし、止まる枝が決まっていて同じ絵ばかりになりますけどね^^;翌週、アカショウビンの巣立ちを撮った [続きを読む]
  • 巣材を運ぶヤイロチョウ
  • 6月17日早朝6時半にばったり出くわしたときのヤイロチョウです。ヤイロチョウ誰もいない林道の見晴らしのいいところで座っていると、谷間からヤイロチョウが雌が一声「ホヘー」と啼きました。すると、巣の方から雄が二声「ホヘーホヘー」と返事をしました。そしていきなり目の前3mの倒木にヤイロチョウ雌が登場^^座っていて三脚もたたんでいたので最初は前被りのダメダメ写真。しかも近すぎて足がはみ出します。ゆっくりとゆ [続きを読む]
  • ヤイロチョウの営巣記録2017
  • 3年連続で別荘近くに来てくれたヤイロチョウですが、今年は無事に雛が巣立ちを迎えることができました^^多くの人がこの青い森の妖精を間近で楽しむことができたのではないかと思います。貴重な鳥なので今までブログやフェイスブックへのUPは控えていましたが、晴れて巣立ちを迎えることができて嬉しく思います。今回は時系列を追って営巣初期から巣立ちまでの写真を何枚かピックアップしますが、写真というよりは時系列を追って [続きを読む]
  • 清流のヤマサナエ
  • アオハダトンボの清流にはヤマサナエもいました。ヤマサナエヤマサナエは割と警戒心が強いのでいつもなかなか近づけないのですがこの個体は割とじっとしてくれていたので簡単に撮影できました。一番下はミヤマカワトンボとの2ショットです。他のトンボのことは気にしないみたいですね。フォトチャンネルです。ヤマドリ・アオゲラ・フクロウなど〜春の野鳥2017キジ・コマドリ・オオルリなど〜春の野鳥2017コミミズク・ルリビタキな [続きを読む]
  • サラサヤンマの羽化
  • 早朝の小さな池でサラサヤンマの羽化個体を見つけました。サラサヤンマヤンマの中では最も小さく6cmほどしかありません。ヤゴの生息地は池ではなく湿地のはずですがこの小さな池なら羽化してもおかしくはない感じです。サラサヤンマの特徴は綺麗な緑色の複眼なんですが羽化直後は黄色っぽくてあまり目立ちませんね。まあ、それでも局地的にしか分布していない珍しいヤンマを思いがけず撮れたのでよしとします^^ちなみに、サラサヤ [続きを読む]
  • ニホンカワトンボとミヤマカワトンボ
  • アオハダトンボの清流にはニホンカワトンボとミヤマカワトンボもいました。ニホンカワトンボ西日本でオオカワトンボ、中部以西でヒガシカワトンボと呼ばれていたものがニホンカワトンボとして2006年に統合されました。近縁のアサヒナカワトンボ(旧ニシカワトンボ)に比べて縁紋が細長く翅脈も密になっています。普通種で比較的開けた小川に生息している感じです。ミヤマカワトンボ大型のカワトンボで茶色の翅に光が当たるととても [続きを読む]
  • アオバズクの見張り
  • 野間のアオバズク♂が柿の木で見張りをしていました。アオバズク♂毎年、必ず営巣に来てくれるアオバズクです。雌が抱卵に入ったので雄はいつもの場所で見張り番です。カラスが周りをウロウロしていたのでずっと目を光らせていました。フォトチャンネルです。ヤマドリ・アオゲラ・フクロウなど〜春の野鳥2017キジ・コマドリ・オオルリなど〜春の野鳥2017コミミズク・ルリビタキなど〜冬の野鳥2016-17ムギマキ・サバクヒタキなど〜 [続きを読む]
  • 清流の青い宝石アオハダトンボ
  • 春から初夏にかけての短い期間に出現するアオハダトンボです。アオハダトンボアオハダトンボの雄は翅が綺麗な濃い青色の金属光沢をしていて清流の青い宝石と呼ぶにふさわしいトンボです。雌は少し緑色がかった金属光沢をしていて翅は茶色で白い斑があるのが特徴です。今回は交尾と雌の水中産卵も見ることができました。アオハダトンボは梅雨明けとともに姿を消して、代わりにハグロトンボが出現して盛夏を迎えます。フォトチャンネ [続きを読む]
  • モリアオガエルが昼間に産卵
  • いよいよ関西も本格的な梅雨に入りました。モリアオガエルが季節どおりに産卵を始めています。モリアオガエルまだ早いかなと思っていましたが3ペアほど産卵をしていました。この池はモリアオガエルだらけで歩くとあちこちでカエルが跳びます。池の底はアカハライモリで埋め尽くされていて多くのオタマジャクシは食べられてしまうんでしょうが、それでもモリアオガエルの天国でした^^近くではマムシ・シマヘビ・アオダイショウも見 [続きを読む]
  • とっても綺麗なジムグリの幼蛇
  • ヘビが苦手な人はスルーしてください^^;可愛いヘビなんですけどね・・・^^とっても綺麗なヘビなんですけどね・・・^^無毒のヘビなんですけどね・・・^^友人とヘビの話をしていたら何とヘビが出て来ました^^;ジムグリ幼蛇ジムグリは日本固有の無毒のヘビで「地潜り」が語源です。最初はヤマカガシの幼蛇かと思って用心しましたが、頭が平たくV字模様があったので安心しました^^大きさは30cm弱くらいで幼蛇独特の鮮やかな模様をし [続きを読む]
  • ミソサザイの囀り
  • 少し前にミソサザイをたくさん撮りました^^ミソサザイ♂雄はひたすら囀るのが仕事のようで、あちこちのお立ち台で囀りまくっていました。ミソサザイ♀雌はひたすら巣材運びの作業に専念していました。巣は川の中にあるのでもちろん撮れません。フォトチャンネルです。ヤマドリ・アオゲラ・フクロウなど〜春の野鳥2017キジ・コマドリ・オオルリなど〜春の野鳥2017コミミズク・ルリビタキなど〜冬の野鳥2016-17ムギマキ・サバクヒタ [続きを読む]
  • 春のアオゲラ
  • 春のアオゲラは冬と違って緑に映えて綺麗です^^アオゲラ藤の蔓の面白いところに止まってくれました^^絵になるシーンだったので色々な画角でUPします。中でも振り返りの写真がお気に入りです^^とっても暗いところだったのでSSは1/30とかです。感度を上げれば画質が落ちるとの判断でしたが、結果はブレブレな上に画質がイマイチという最悪の結果でした。この辺がオリンパスのサンヨンの限界なのかも知れませんね。BORGで撮っ [続きを読む]
  • ヤマドリの散歩
  • 少し前にヤマドリが出ると教えていただき何度か行きました^^ヤマドリ雄(亜種ウスアカヤマドリ)早朝6時ぐらいに出るのでSSが上がらず難しい撮影でした。雄の尾はとっても長いので構図も難しく苦労しました^^;登山道に出てくるので上から撮るか下から撮るかのどちらかなんですが、どちらから撮っても背景は土手なのでなかなか絵にはなりません。それに、サンヨンのテレコンなしでも横を向くと画角いっぱいでした。。。ヤマドリ [続きを読む]
  • センダイムシクイの巣作り
  • ちょっと前に思わぬところでセンダイムシクイの巣を見つけました^^センダイムシクイセンダイムシクイが虫?を咥えて近くをウロウロしていました。あまり気にせずにいましたが同行の先輩が「穴に入った」と言います。見てみると巣材を咥えては自分がいるところから4-5mほど先の斜面の穴に入って行きます。確認すると斜面に横穴式のボール型の巣がほぼ完成していました^^;数分に1回巣材を運んで来てはシダに止まってから穴に入っ [続きを読む]
  • ブッポウソウ抱卵開始
  • 吉備中央町の横山様のブッポウソウです。5/27日に卵が3つありました。例年通りだと5個産んでから卵を温め始めます。今後の予定は孵化開始は6/18日孵化終了は6/20日巣立ち開始は7/14日巣立ち終わりは7/21日となりそうです。(去年より1日早い計算です)※管理人さんからブログで宣伝しといてと言われたので詳細を記しています。ブッポウソウこの日は桐の枝は裏側にしか留まらず、遠い栗の木と檜の先がほとんどでした。それもカラ [続きを読む]