イチゴ ハクションをもう一度???(今高15期応援 さん プロフィール

  •  
イチゴ ハクションをもう一度???(今高15期応援さん: イチゴ ハクションをもう一度???(今高15期応援
ハンドル名イチゴ ハクションをもう一度???(今高15期応援 さん
ブログタイトルイチゴ ハクションをもう一度???(今高15期応援
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/amachan_001
サイト紹介文人生を斜めに歩いて下り坂 鶏口も牛後も肩組む同窓会
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/03/20 04:08

イチゴ ハクションをもう一度???(今高15期応援 さんのブログ記事

  • 滋賀県高島市今津・・ザゼンソウ自生地。
  • 湖西高島市に行きました。ザゼンソウの自生地があります。毎年この時期になるとTVの情報番組では必ず紹介されます。ここ高島市がザゼンソウ自生の南限だそうです。ザゼンソウは僧侶が座禅を組む姿に似ているのが名前の由来です。見た目には似合わない悪臭を放し英語ではスカンクキャベツ(Skunku Cabbage)と呼ばれているそうです。ザゼンソウの花弁は仏像の光背に見立てられ仏炎苞と呼ばれるそうです。また座禅を組む僧侶の球体 [続きを読む]
  • 映画の出来栄え。
  • 昨年からface bookを開設しています。FACE BOOKとBLOGをリンクしてシェアしています。≪映画「沈黙」を観ました。≫もFACE BOOKにシェアされています。FACE BOOKは閲覧者からのレスポンスが早くて短文ではありますがコメントもたくさん寄せられます。特にチャット機能での投稿で大変参考になります。 ブログ≪映画「沈黙」を観ました。≫で当ブログは「退屈な映画」と書いたところ、ブー [続きを読む]
  • 映画「沈黙」を観ました。
  • 今月の「映画の会」は「沈黙・サイレンス」です。12月は、音痴の金持ち女がカーネギホールでリサイタルを夢見て、その夢を実現させるため狂奔する夫との物語「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」、1月は百田尚樹のベストセラー小説「海賊と呼ばれた男」。「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」はチョット酷ですが「金返せ!」と云いたくなるようなひどい映画・・。「海賊と呼ばれた男」も根性物なんでしょうが何ともT [続きを読む]
  • 堺ブラブラ。仁徳天皇陵のこと。
  • 堺市に行く機会がありました。仁徳陵をはじめ巨大古墳群や「黄金の日々」などの自治都市、千利休や与謝野晶子、それに鉄砲鍛冶など歴史的遺産が沢山あり見所も多いのですが、なかなかそれらの歴史的遺産を整備して観光にまで結びつけるだけの整備がなされていなかったようでした。政令指定都市になって街づくりが随分と進んできれいな街並みに整備されてきました。   同行者の案内で南禅寺・大安寺、千利休屋敷跡、与謝野晶子生 [続きを読む]
  • 葉から芽が出る面白い植物。
  • 和名をセイロンベンケイともトウロウソウ(灯籠草)とも言われているそうです。園芸店では「葉から芽」として売られています。洒落たお店では「葉ッピー芽ール(happy mail)」なんて言う商品名を付けているところもあるそうです。別名トウロウソウはこの花が提灯や灯篭に似ていることからきています。我家には数年前にこの「葉から芽」の葉っぱを1枚貰い受けて食卓のお皿を水盤代わりに育てたのが大きくなり、今では背丈1m以上に [続きを読む]
  • 建仁寺に行きました。
  • 建仁寺に行きました。建仁寺には数多くの塔頭寺院があります。実は、先週も 建仁寺 搭頭両足院に行ってきたばかりです。京都ではこの時期、文化財の特別公開を行っています。両足院では 若冲「雪梅雄鶏図」が公開されていました。「雪梅雄鶏図」には3種類の花が描かれているそうです。お分かりでしょうか?10日(火)阪急電車四条河原町から改修中の南座を通り、祇園花見小路から建仁寺へ。折しも十日ゑびすとあって沿道には露 [続きを読む]
  • 平成丁酉 本年もよろしくお願い申し上げます。
  • 建仁寺に行きました。建仁寺には数多くの塔頭寺院があります。実は、先週も 建仁寺 搭頭両足院に行ってきたばかりです。京都ではこの時期、文化財の特別公開を行っています。両足院では 若冲「雪梅雄鶏図」が公開されていました。「雪梅雄鶏図」には3種類の花が描かれているそうです。お分かりでしょうか?10日(火)阪急電車四条河原町から改修中の南座を通り、祇園花見小路から建仁寺へ。折しも十日ゑびすとあって沿道には露 [続きを読む]
  • 鳥取道を走ってきました。
  • 当ブログのストレス解消法は当てもなく只々気の向くまま車を走らすことです。今回は中国自動車道佐用ジャンクションから鳥取自動車道へ。鳥取自動車道は社会実験なのか現在通行料は無料です。このルートは何度となく走行するのですが「日本の田舎」の風情は一向に変わらないのです。西粟倉村から智頭町の中国山地の山間の集落には先週降った雪がまだ残っています。智頭宿では当地の大庄屋・石谷家を見学しました。その石谷家の幾つ [続きを読む]
  • あなた任せの年の暮
  • 月並みですが一年の経つのの実に早いこと・・。今日から「師走」です。我家の定番「ともかくも あなたまかせの 年の暮」の色紙を引っ張り出しました。当ブログ自身は師走だからと云って特段何も変わることのない毎日の連続です。ただ、TVなどで盛んに追い立てるような世相を演出する番組が、これでもかこれでもかと追い立てています。今年の流行語大賞が発表されました。当ブログは半分以上が理解できない言葉です。それ程世間 [続きを読む]
  • 庭のツワブキ。
  • 島根県津和野町から山口県萩市を結ぶ県道13号線は「つわぶき街道」と愛称されています。もう15年以上も前にこのつわぶき街道をドライブしたことがあります。愛称通り道路の法面にはツワブキが群生して見事に黄色の花をつけていました。人工的に植栽したのか自然に群生しているのか、或いは当初道路を建設した時に植栽したものが繁茂したのか分かりませんが見事な景観に感動した記憶があります。タイトルに使った写真のツワブキはつ [続きを読む]
  • 国華園・日本菊花全国大会
  • 恒例の菊花展を観に国華園に行きました。        全国から膨大な出品があり、どれもこれも見事なものばかりでした。 国華園に行ったのは、実はTVの情報番組で仕分け前のチューリップの球根が入ったコンテナーが荷崩れしてしまったそうです。その為、品種、花の色ごとに球根を仕分けできなくなり、その処分をどうづるか、ということです。所が、国華園のネット通販にこの球根を「ガチャ」と表現したのが受けたらしく話題 [続きを読む]
  • 馬糞風 リ・ターンズ。石炭馬車の思い出
  • 「イチゴ ハクションをもう一度???(今高15期応援ブログ)」のタイトルを「馬糞風リターンズ」に変更します。当ブログは当初「馬糞風」として細々と記事をUPしていました。2009年6月に今宮高校15期のHPが運営されるようになり、それに便乗して15期の15を「イチ ゴ」と15期生の青春時代に大ヒットした「イチゴ白書をもう一度」をモジッて「イチゴ ハクションをもう一度???」として続けてきました。気が付 [続きを読む]
  • 近江八幡に行きました。
  • 5日(土)ヴォーリズ学園で公開講座「女子教育の夜明けー広岡浅子、成瀬仁蔵、ヴォーリズ夫妻ー」がありました。表題の講演1は元日本女子大学学長・蟻川芳子氏、そして講演2「ヴォーリスに師事した最後の弟子が語る「W.M.ヴォーリズの生涯と建築作品に込められた思い」を矢野義氏が務められました。   今回の公開講座の案内をしてくれたのが太田博・宏子夫妻です。実は講師の矢野義さんは太田ひろ子さんの叔父さんに当た [続きを読む]
  • 芸術の秋・・展覧会巡り。そして今日はハロウイン・・街では・・・
  • 今日は今宮高校美術部「砂煙会」恒例の展示会がナルミヤ戎橋画廊でありました。4組の仲間を中心に何時ものメンバーが集まりました。今回は同期生では乾君だけの出品でした。当ブログなどがあれこれと批評するのも僭越な話ですが、乾君は年々見る度に「上手になっていく」ようです。画廊などを運営していると多少見る目も養われてきたと自負しています。そうすると不思議なことに見る度に「下手糞になる人」がいます。下手になる分 [続きを読む]
  • 倉吉に激震。倉吉にあった淀屋
  • 今日21日午後2時7分、鳥取県を中心に強い地震が発生し、同県倉吉市と湯梨浜町、北栄町で震度6弱を観測しました。当ブログの住む豊中市でもグラッときました。震源は倉吉市付近だそうです。当ブログは気分さえむけば今日明日にも倉吉に行こうと思っていました。と云うのは前回ブログにも書きましたが連日大阪市立図書館に通っていると紹介しましたが、実は江戸時代初期の豪商「淀屋」について調べているからです。「淀屋」につ [続きを読む]
  • 大阪市西区立売堀
  • ここ暫らく大阪市立中央図書館に通っています。ここ市立図書館は当ブログが高校時代、「落ちこぼれ」て不登校になった時の駆け込み寺のような存在でした。その後もこの図書館は絶えず利用しています。図書館は西区北堀江にあります。その北隣の町名が「立売堀」です。大阪の代表的な難読地名で「イタチボリ」と読みます。 立売堀は元和六年(1620)開削が始まり一時工事は中断しましたが宍喰屋次郎右衛門により寛永三年(16 [続きを読む]
  • 「ハドソン川の奇跡」と「超高速参勤交代リターンズ」
  • 今月の映画を観る会は「ハドソン川の奇跡」でした。映画を観る会恒例の「感想コメント」発表は前回から行わないようになったようです。ほかの人がどのように感じたかを知るのも楽しみでしたが、取りまとめてネットにUPするのも大変なことで、世話役の方のご苦労もよくわかります。また、半ば強制的にコメントを求められる側にしてもなかなか気の利いたコメントを考えるのも億劫なことで中止も仕方ないことかもしれません。 この [続きを読む]
  • 俺てぇ長寿動物?
  • 飼い犬の長寿を祝って表彰状が届きました。かかり付けの獣医さんが申請してくれたようです。当ブログの読み方がひねくれているのか、どう読み直してみても当ブログが「長寿動物」として表彰されたようにしか読み取れません??????・・・。ちなみに愛犬「アル」は6月に死にました。 [続きを読む]
  • ダイ・ハード3・・・・・劇中のクイズ????
  • 洋画専門チャンネルで「ダイ・ハード3」が放映されていました。マクレーン刑事と事件に巻き込まれた黒人ゼウスが爆弾テロリストと繰り広げる限りを尽くした大アクション娯楽映画です。テロリストが仕掛けた時限爆弾の起爆装置が作動しだします。それを阻止するにはテロリストが出したクイズを解かなければなりません。 嘗て当ブログに≪刑事コロンボ「殺しの序曲」・・・・劇中のクイズ?????≫を取り扱いました。これは結構 [続きを読む]
  • 敦賀市散策(3)・・・歴史散歩(その2)
  • 金ヶ崎緑地にある「敦賀港駅舎」:平成11年・敦賀港開港100周年記念として金ヶ崎鉄道桟橋駅を復元したもの。「敦賀鉄道資料館」(旧敦賀港駅舎)は平成23年に資料館として利用しています。現在「敦賀港駅」は「オフレールステーション」という形態のJR貨物駅として営業しているそうです。嘗ての敦賀港駅は「敦賀市散策(1)」で紹介したように欧亜国際連絡列車の大陸への玄関口と云う重要な拠点駅でした。「敦賀港駅」は [続きを読む]
  • 敦賀市散策(2)・・・歴史散歩
  • 敦賀は古い歴史のある街です。今、敦賀市では大河ドラマで片岡愛之助が演じる大谷吉継で注目されています。街のあちらこちらに「敦賀城主・大谷吉継」とのぼり旗が立てられています。駅構内にも大きな観光ポスターが掲げてあります。大谷吉継は秀吉の小姓として重用され着実にその地位を高めました。秀吉には加藤清正、福島政則など幼少の頃から子飼いの武将、また近江長浜時代の石田三成、大谷吉継もその一人です。特に吉継の母親 [続きを読む]
  • 敦賀市散策(1)・・・人道の港「敦賀ムゼウム」
  • 11日(日)、福井県敦賀市へ行きました。先週、岐阜県八百津の「杉原千畝記念館」に行きました。杉原千畝が発給したビザを得たユダヤ人は、リトアニアからシベリヤ鉄道〜ウラジオストック9000km、そこから船で荒れた冬の日本海を3日間、漸く敦賀港に到着したそうです。敦賀市はユダヤ難民を受け入れ、ここから彼らの安住の地への出発が始まるのです。その記憶をとどめようと「人道の港・敦賀ムゼウム」が建てられたそうで [続きを読む]
  • 「後妻業の女」
  • 今月の映画を観る会は「後妻業の女」です。昨年、高齢者の遺産を狙った青酸カリによる連続殺人事件がありました。この実際に起こった事件をマスコミでは『関西連続「後妻業」事件 交際男性が激白「色仕掛け」の手口』などと報道しました。「後妻業」とは言い得て妙ですが、この「後妻業」なる言葉は羽曳野在住の直木賞作家黒川博行の小説の題名です。現実に連続殺人事件が起こったので、小説も実録モノのように誤解された向きもあ [続きを読む]