ちょーざん さん プロフィール

  •  
ちょーざんさん: 書道する人・ちょーざんのブログ
ハンドル名ちょーざん さん
ブログタイトル書道する人・ちょーざんのブログ
ブログURLhttp://chouzan.blog.fc2.com/
サイト紹介文書家の小森趙山(ちょーざん)が初心者の方向けのお話を書いてます。作品もあるよ。
自由文書道を学ぶ人の手助けになるような情報を発信していこうと思います。
作品を発表したり、お勧め展覧会情報や、お勧め作家、書籍、何でも書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/03/20 22:35

ちょーざん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 皆さんの前で字を書いてきました
  • 前回の記事で書きました通り、第68回毎日書道展関西展初日、8月3日に席上揮毫をさせていただきました。動画を撮影していただいていましたので、ちょっと公開してみましょうかね。改めて自分の席上揮毫を見るってのは、なかなか貴重な体験です。やはり緊張しました。普段字を書いているときとは全然違うところに意識がいっていました。大きい字も、小さい字も全然通常通りに書けませんでしたね。どんな状況でも安定して字を書くには [続きを読む]
  • 皆さんの前で字を書くことになりました。
  • 私が所属している太源書道会が、最も力を入れているのが毎日書道展です。書道展としての規模は全国最大級です。関東から始まり、関西へ、そして各地へと全国を巡回しています。今月は東京にて毎日書道展が開催されています。先週末は表彰式や祝賀会がありましたので、東京へと行ってきました。表彰式の様子は、ざっとこんな感じです。規模が大きすぎて、反対側が見えませんね。で、今月いっぱいまで毎日書道展東京展が開催され、来 [続きを読む]
  • 展覧会を見に行きましたよ
  • 只今、大阪市立美術館では「王羲之から空海へ 日中の名筆 漢字とかなの競演」という展覧会が開催されています。王羲之は中国の書における超凄い人。空海は日本の書における超凄い人。書をしている人ならば絶対に見に行くべき展覧会です。と、いうわけで先日行ってきました。モネ展・ルノワール展文人展です。京都市美術館です。絵画のことは全く詳しくないのですが、見るのは好きです。特に印象派が。モネとルノワールは印象派 [続きを読む]
  • 太源選抜展開催中
  • 第20回太源書道会選抜展3月19日〜3月21日 ? 大阪産業創造館私が所属している、太源書道会が主催している展覧会は年に2つあります。1つは、11月末か12月に大阪市立美術館で開催される「太源書道会展」これは太源で勉強してるみんな、幼児から先生までみーんな作品を出品します。そしてもう1つが、今開催されている「太源書道会選抜展」です。どこの書道会でも、段とか級とかありますよね?太源書道会は、段の上に「教師」と「師 [続きを読む]
  • 太源書道会展終了
  • 11月25日?〜29日?まで大阪市立美術館にて「太源書道会展」が開催されていました。と、いう宣伝はフェイスブックの方ではいっぱいしていたのですが、こちらのブログでは全くしていませんでしたね。幾つもの媒体を器用に使い分けるのは、ほんと匠の技だと思います。さて、僕は今回こんな作品を書きました。鄭炳泰詩石橙茶香清暑後 書窓梧韵晩涼斜爽やかな昼下がり 石の腰かけで茶の香りを味わいすずやかな夕暮れ 書斎の窓辺で [続きを読む]
  • (翻訳)墨汁を使うときに考えておくこと
  • 前回に引き続き、中国の方が書について書かれているページの翻訳でもしてみましょう。今回はどんな内容かなーと思っていたら、タイトルの翻訳ですでにくじけそうです。原來墨汁還有這麼多學問?なんて訳したらいいのかな?とりあえず、「墨汁には、まだこんな知っておくことがあるんだ」とでもしておきましょう。では本文です。墨汁について、6つの点を挙げておられます。?墨汁って便利だけど、濃さが変えられないよね。(工場で [続きを読む]
  • 困ったときは他力本願
  • 最近更新が滞っておりました。あんな事書こうかなーってことはたくさんあるのですが、まとまった文章にするのがどうも一苦労で。テキトーにまとまりがないまま書いてもいいのですが、生来のカッコつけなもんで(笑)作品にもよく表れていると思います。さて、自分の文章ができないなら他人に頼ろう。と、いうことで、ちょいと他の人の文章やページを紹介してみたいと思います。といっても、普通に日本人のページを紹介しても皆さん [続きを読む]
  • 図録好き人間
  • ちょーざんて、字を書く以外の趣味ってあるの?有りますとも。 好きなことは読書や映画、昼寝など基本的にはインドア人間です。高校時代は、色白過ぎて驚かれたこともあったり。さて、その趣味の中で何に一番出費してるかと言いますと、展覧会と図録ですね。書に限らず、絵画や立体、何でも見るのは好きです。知識は全く無いんですけどね。知識は無くとも、美術館をぐるっと回ったら、一つくらいは「あ、これいいやん。好きやな」 [続きを読む]
  • 学書心舞台裏紹介?
  • いつのまにやらお久しぶりですね。こんなこと書こうかなーってネタは、幾つか温めてはいるのですが、なかなか筆無精なもので。さて、今日は私共が運営している、インターネット書道教室、「学書心」の舞台裏を少し紹介します。学書心の説明を簡単にしますと、普通の通信教育の様に、紙の手本で学べる上に、動画で筆使いも学べるという一石二鳥、一挙両得、とても便利な通信教育です。詳しくはこちらを見てください。さて、手本を [続きを読む]
  • 最近の書き物 「墨の見方・年代判別方法」
  • このブログを更新するのは久しぶりですが、僕としてはこのブログ以外にもちょこちょこ書き物をしていまして、その為か、あまり間が空いている気がしていませんでした汗今日はその書き物の一つ、Facebookでの連載物が完結しましたので、ここにまとめておこうかなと思います。コピー&ペーストで一記事済ませてしまおうなんて……さすがでしょ。では 「墨の見方・年代判別方法」 はじまりはじまり―書道に欠かせない墨。多くの種 [続きを読む]
  • 自分で作品を選ぼう!
  • 書道のレベルアップに必須!多分ね!と、いうわけで今回は、自分で作品を選ぼう!です。書道のお稽古は大体この二つのパターンだと思います。?教室に行って、その場で書き、添削してもらう。?家で書いたものを、持っていって添削してもらう。?か?か、もしくは両方というとこが殆どでしょう。さて、基本的に時間制限の無い?方式では、気の済むまで何枚でも書けるところが利点です。その場合、書いたものを全て教室に持ってい [続きを読む]
  • 過去の記事 …