deki102 さん プロフィール

  •  
deki102さん: 鉄道模型工房&鉄道写真工房
ハンドル名deki102 さん
ブログタイトル鉄道模型工房&鉄道写真工房
ブログURLhttp://deki102.blog.fc2.com/
サイト紹介文Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2015/03/20 23:58

deki102 さんのブログ記事

  • レイアウト製作記 60(1000X600版)
  • トンネル回りの地形の作成 この製作記も60回目ですが、同じような作業製作記が続いております。気持ち的にはもっと早く進めたいところですが、なかなか長い時間が取れずかなりゆっくりしたペースで進んでおります。単調な記事が続きますがお付き合いください。さて、上段の山岳地形が出来てきましたので、下段のトンネル付近の地形製作に取り掛かりました。鉄橋との兼ね合いからトンネルと橋脚の位置関係がかなり厳しくなってしま [続きを読む]
  • JR西日本三江線(その1)
  • 三江線に乗り鉄 来年3月に廃止が予定されている三江線に乗り鉄をしてきました。土日は同業者の方も多く、平日の方がより日常のローカル線を感じられるのではということで日曜日と月曜日に乗車してきました。当初は3月中に乗り鉄しようと思ったのですが、仕事の都合や春休みで宿が取れないなどの理由があり、今回晴れて乗車となりました。三江線は100km程度のローカル線ですが、通しで乗り鉄するには以外にハードルが高く、通しの [続きを読む]
  • レイアウト製作記 59(1000X600版)
  • 山岳地形だいたい完成 長々と作業を行っていた山岳部分の地形ですが、木粉粘土の貼り付けが終わり、下地は完成となりました。鉄橋自体をKATOに変更してしまったため、最初にイメージしていた感じと若干異なるイメージですが、下地はだいたいよいと思います。 下地の完成に当たっては、両端の橋脚を地面に接着して、スタイロンフォームで隙間を埋めています。 型で作った岩盤も木工用ボンドで貼り付けています。あとはいつものよ [続きを読む]
  • 桜の撮影
  • 真岡鉄道、関東鉄道 この週末は真岡鉄道、関東鉄道に桜を求めて撮影に行ってきました。今年は桜の満開時期が非常に読みにくく、天気にもあまり恵まれなかったですが、今週末はまずまずの天気で満開の桜の下で撮影できました。もう少し青空が欲しいところですが、天気ばかりはどうしようもありません。20170415 真岡鉄道 D810 AF-S 70-200mm f2.820170415 関東鉄道 常総線 D810 AF-S 16-35mm f4.020170416 真岡鉄道 D810 AF-S [続きを読む]
  • KATO C11が入線しました。
  • KATO新C11 KATOの新C11が入線しました。同時期にTomixのC11が発売されましたが、某模型屋氏より走りがイマイチとの情報を得ていましたので、Tomixの製品は今回は購入を見送りました。最近のKATOのSL製品に相応しく、ディテール、走行性能は申し分ありません。全体のバランスもよく出来ていると思います。よく見ると配管の細さ、ステップなどの細さ、デフの厚みの薄さ、運転台の造形など、モーターの小型化の恩恵を受けている製品 [続きを読む]
  • レイアウト製作記 58(1000X600版)
  • 山岳地形の作成つづき先日に引き続き山岳地形を造形しています。そのまま粘土を張っていくだけでは芸がありませんので、石垣を貼り付けてみました。石垣はグレーに塗装して、タミヤエナメルXF-2フラットブラックで汚しを入れて、ウエザリングマスター、グリーンで流れの汚しを入れています。そのまま木工用ボンドでスタイロンフォームに貼り付けています。わざとムラを付けて塗っています。山岳地形の粘土張りも引き続き、続けてい [続きを読む]
  • 桜の時期
  • 大井川鉄道での撮影先週末は大井川鉄道に桜を絡めた撮影に出かけてきました。この春は週末になると、天気がぱっとせず、桜の開花も非常に遅くなり、サラリーマン撮り鉄の自分にとっても、撮影に行っても修行の週末撮影行になりました。完全に消化不良でした。こんな時もあります。やはり桜はお日様のある青空で撮影したいものです。 大井川鉄道沿線の家山まででは、土曜日は桜は2-5分咲き、日曜日は5-8分咲き程度となりました。EL [続きを読む]
  • レイアウト製作記 57(1000X600版)
  • 山岳部分の地形の作成 やっと、山岳部分の地形の作成にかかりました。山岳とは言ってもちょっとした山(丘)程度の山なのですが、レイアウトのかなり広い部分を占める部分でもあります。はじめに右側の端より造形にかかりました。今回はダイソーの木粉粘土を使用しています。この粘土のよいところは、軽く、安価なことと、固まるときに収縮が少ないので割れが発生しにくいです。プラスターを使用するのが一般的かもしれませんが、 [続きを読む]
  • 大井川鉄道 SL急行さくら号
  • さくら号に乗り鉄 この週末は大井川鉄道に桜の撮影に行ってきました。今回は東京から新幹線、東海道線に乗り継ぎ、撮り鉄仲間のK氏と共に撮影の予定でしたが、この日は天気が非常に悪く大雨!!完全に戦意喪失で撮影はほどほどにして、たまには乗り鉄しようということになりました。撮ってばかりで鉄道会社にお金を落としていないだろう?というお叱りも受けるこがありますので、たまには鉄道会社にも、お金を落としています。9: [続きを読む]
  • レイアウト製作記 56(1000X600版)
  • 鉄橋の塗装の続き先日は鉄橋の塗装を行いましたが、エアーブラシの調子と塗装の薄め濃度を間違えてしまったため、メインの鉄橋の塗装がいまいちの仕上がりになってしましいました。仕方ないのでIPF行きの直行便で塗装を剥がすことになりました。 本日は失敗しないように、適切な濃度で再度塗装しました。また下塗りのサーフェーサーのホワイトも色の乗りがよくないとも、思ったので、グレーを使用して塗装しました。今回はエアー [続きを読む]
  • トミックスDD13-300、DD13-600寒地形が入線しました。
  • DD13、2両が入線しました。 トミックスの40周年記念商品として発売されたDD13の2種類が当鉄道に入線しました。DD13に思い入れがあるかというとそれほどでもありませんが、幼少期の頃に新宿や品川で入れ換えに従事していた記憶がわずかにあります。今回は300番台と600番台の寒地形の両方を購入しました。一見見た目の違いは少ないですが、ホイッスルカバー有無、スカートのジャンパー栓の数の違い、運転室扉の違い、運転台横のボッ [続きを読む]
  • デスクトップレイアウトSL駐泊所検討2
  • 線路配置とスペースの確認 本日はSL駐泊所レイアウトの再検討を行いました。前回の検討から、駐泊所の線路配置などを過去の写真などから検討すると、もう少し違う視点が見えてきました。自分は現役のSLは知らない世代ですので、想像の域がかなりありますが、駐泊所とはいえ、実際にはテーブルの回転を少なく、給水塔、給炭台などは出区線に配置されることがわかりましたので、給水塔と給炭台を配置することにしました。最近の小型 [続きを読む]
  • レイアウト製作記 55(1000X600版)
  • 鉄橋回りの塗装鉄橋まわりのストラクチャーの塗装を行いました。追加した橋脚をタミヤアクリルXF-69リノリウム甲板色で塗装しました。写真はウエザリングしている元の橋脚です。実際にはもう少しそれらしく汚していく必要がありそうです。あわせて架線柱の台座(KATOの円錐橋脚に入っているものです)をタミヤアクリルXF-80ロイヤルライトグレーを塗装しています。 今回の変更で狭くなった、端部の橋脚は上面のコンクリート表現を [続きを読む]
  • レイアウト製作記 54(1000X600版)
  • カーブ鉄橋 先日のカーブ鉄橋のデスクトップレイアウトを製作していて、KATOのカーブ鉄橋の作りがかなり実感的で、架線柱などのオプションの取りつけ具合などを考えると、こちらのレイアウトも使用したほうがよいと思いましたので、3本のカーブ鉄橋を購入して、こちらのレイアウトのも取り付けられるか検討しました。鉄橋は赤系と思っていますが、緑のものが混じっています。あとで塗装してしまう予定です。 津川のガーター橋で [続きを読む]
  • レイアウト製作記 53(1000X600版)
  • 山岳地形の作成 レイアウト裏側の山岳地形の造形を進めています。スチレンボードを大まかに切り出したものを木工用ボンドで重ねていきます。両端はなだらかで前後はすこし切り立った山を造形しています。もう少しなだらかな山を作りたいところですが、スペースと上下の段差の兼ね合い上このような形状にしました。実際の地面は粘土で埋めていくつもりですので、あまり細かい部分はこだわらず、粘土の造形に細かい形状をゆだねて造 [続きを読む]
  • 菜の花の時期です。
  • 小湊鉄道、いすみ鉄道撮影こ の週末の土曜日は小湊鉄道といすみ鉄道に撮影に行ってきました。この時期、晴天は3日続かないと言われていますが、まさに、この週末は土曜日のみが天気がよい予想で、現実に土曜日のみ天気がよくなりました。 実際に訪問してみると、天気予報に反して、青空は一部しかなく、晴れてはいるのですが、空は白いときが多い天気になりました。桜の咲く前の菜の花全開を予想していたのですが、場所によって [続きを読む]
  • デスクトップレイアウト製作記(カーブ鉄橋)22
  • 富井電鉄 カーブ鉄橋のデスクトップレイアウトですが、もうひとつ置いてみたい車両がありましたので、置いてみました。写真の絵柄は同じような感じになってしまいますが、もう少しお付き合いください。 今日は富井電鉄の車両を置いてみました。富井電鉄は仮想の鉄道会社ですが、小型の電車等のバリエーションが非常に増えて、このレイアウトに似合うのではと思いました。鉄コレのイメージに合致するかは、わかりませんが、支線の [続きを読む]
  • レイアウト製作記 52(1000X600版)
  • 住宅、商店の検討こちらのレイアウトですが、山岳部分と、住宅街の二面性を持たせつつ、情景の製作に掛かっています。以前に購入した、建物コレクションの住宅や商店がありましたので、これらと、最近購入した、建物で、このエリアの情景の検討を行っています。年代的にはちょっと古い感じかもしれません。若干ゴミゴミした感じの商店街、住宅街を目指しています。 その前にレイアウト左側の地面をかさ上げしました。コルク1mmを [続きを読む]
  • デスクトップレイアウトSL停泊所検討
  • SL機関区停泊場トミックスから手動の小型タンテーブルが発売されていることを知り、大宮まで購入に行ってきました。なぜ限定発売なのかは意味不明です。内容はターンテーブル本体とレールブロック、終点ブロック、コンクリートブロック、避雷針のゲートなどが付いています。上路式のターンテーブルで久留里線の木更津にあるタイプに似ている感じです。 価格設定は微妙な8800円でした。それなりにはしっかりとした作りでブロックが [続きを読む]
  • レイアウト製作記 51(1000X600版)
  • 山岳地形の検討本レイアウトですが、やはり前面と裏面で異なった地形とするのと、動線を全面と裏面で切るため、少し高い構造のものを置いて、前面方向から裏面が見えないようにしています。 いつものようにスタイロンフォームを切り出して鉄橋右側に山岳地帯を作成しています。スタイロンフォーム30mmを何段積み重ねるか悩むところですが、とりあえずは2段分作成しました。このままでは手前のスペースに何も配置できないため、形 [続きを読む]
  • レイアウト製作記 50(1000X600版)
  • リカバーしました。 大きな失敗をやらかしてしましましたが、何とかポイント部の清掃を終わらせて、再度バラストを撒いて、いつものようにトミックスのDE10で試運転を終わらせました。今度は失敗しないように、ポイントのレバー部分をマスキングして、細心の注意を払いバラストを撒いています。エタノールでバラストを剥がしてしまったために、道床の塗装も一部、落ちてしまっています。もう少し地面が見えないように、バラストを [続きを読む]
  • 春の訪れ
  • 大井川鉄道SLフェスタ花粉症でつらい時期ですが、当ブログをご覧の皆様はいかがお過ごしでしょうか?自分は花粉症にめげずに、この週末は毎年の春先の恒例行事である大井川鉄道のSLフェスタの撮影に出掛けてきました。SL撮影はその道のプロの方にお任せして、春っぽい風景を求めてウロウロしておりました。沿線は梅が満開のところが多くあり、まもなく春の訪れを感じさせてくれます。SL以外にも多種多彩な列車が走っていて、撮影を [続きを読む]
  • レイアウト製作記 49(1000X600版)
  • やらかしてしまいました(ノ_<)バラストを調子よく撒いていたのですが、上段左側のクロスレールとYポイントで問題が発生してしまいました。クロスレールはバラストを撒いて、試運転をしてみると、電留線の先になぜか電流が流れたり、流れなくなってしまいました。ポイントのように可動部がないため、普通にボンド水溶液でバラストを撒いたのがよくなかったようです。仕方ないので無水エタノールで固着バラストを溶かして、剥がしま [続きを読む]
  • デスクトップレイアウト製作記(カーブ鉄橋)21
  • 私鉄車両での撮影本日は私鉄車両を置いて撮影してみました。当鉄道で保有している車両の中で山岳線区の車両と考えると、富山地鉄、長野電鉄、上信鉄道の車両を置いていてみました。はじめに富山地鉄14700型です。富山地方鉄道は富山の都市部から、立山、黒部山岳地帯を走っていますので、このようなシーンも展開されているのではと思います。もっと鉄橋の高さは高いと思いますが、それなりに似合っています。次に長野電鉄の今はな [続きを読む]
  • レイアウト製作記 48(1000X600版)
  • ひきつづきバラスト撒布引き続き、バラスト撒布作業を行っています。駅と構内のバラスト撒布はポイント部分を除いて撒布はほぼ終了しました。構内のバラストの間のバラストのない部分は、タミヤの情景テスクチャーペイント、土ダークアースで塗装しています。ここで、車両を走らせて、走行に問題がないことを確認しました。本日はトミックスのDE10で確認しました。ついつい余計なことをしてしまい、下段にも車両を走らせて、遊んで [続きを読む]