遊民 さん プロフィール

  •  
遊民さん: モードの世紀
ハンドル名遊民 さん
ブログタイトルモードの世紀
ブログURLhttp://www.mode21.com/
サイト紹介文映画、図書、写真を題材に、アパレルやファッションの歴史からモードを多角的に描写しています。
自由文図書や映画の感想、民俗衣装の評論、用語集や講義資料などを掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供397回 / 126日(平均22.1回/週) - 参加 2015/03/21 00:26

遊民 さんのブログ記事

  • 羽織と下着の登場 : 和装の洋装化
  • 20世紀になると、19世紀和服(着物)の持っていた綿入の習慣が消滅し、着物は薄着になりました。それに伴い、羽織やコートを着る習慣、および下着を付ける習慣が形成されました。このページでは、羽織、20世紀前半の下着、現代の下着の役割について和装の洋装化から考えています。The post 羽織と下着の登場 : 和装の洋装化 appeared first on モードの世紀.Related posts:日本人のすがたと暮らし 明治・大正・昭和前期の「身装」 [続きを読む]
  • 和服の洋服化 : tailoring化と綿入の消滅
  • 和服はチョゴリ、旗袍、アオザイ等と同様に、洋裁の導入で変化した民族衣装の一つです。ここでは特に和服の洋服化を簡単にまとめ、その内、変化要素の一つである綿入の消滅を中心にスリム化&ボディ・コンシャス化の点からまとめています。The post 和服の洋服化 : tailoring化と綿入の消滅 appeared first on モードの世紀.Related posts:日本人のすがたと暮らし 明治・大正・昭和前期の「身装」 近代日本の身装文化 世界旅行 民族 [続きを読む]
  • 同志社学生新聞に掲載 大学教師に大接近!
  • 同志社学生新聞 に載せて頂きました。オッサン教師、とても喜んでいます。同志社学生新聞の方々、今回は有難うございました♪ 今月4日(木曜日)、7日(日曜日)と2回にわたり、雑談も兼ねて学生記者お二人から取材をしてもらい、無事、発刊されました。The post 同志社学生新聞に掲載 大学教師に大接近! appeared first on モードの世紀.Related posts:同志社大学初回授業 カンバッシー スペイン料理店 : 本物のパスタ MOUNT ? [続きを読む]
  • 和服の洋服化 : 衿元・胸元と端折りの関係から
  • 19世紀和服と20世紀和服にみられる 衿元・胸元と端折りの関係 を検証します。19世紀和服に比べ20世紀和服は様々な緩みや弛みを排除しましたが、衿元・胸元がピンと張って、他方で端折りもほぼ平坦にさせるというのは、布が平坦である以上、不可能です。The post 和服の洋服化 : 衿元・胸元と端折りの関係から appeared first on モードの世紀.Related posts:日本人のすがたと暮らし 明治・大正・昭和前期の「身装」 世界旅行 民族 [続きを読む]
  • マネキン 美しい人体の物語
  • 『マネキン―美しい人体の物語―』は、七彩工芸(現・七彩)で長年にわたりマネキン制作に従事してきた著者が、マネキン制作という仕事を振り返った本です。日本のマネキンの通史もあり、海外のマネキン事情もあり、写真が豊富です。The post マネキン 美しい人体の物語 appeared first on モードの世紀.Related posts:ヘルムート・ニュートン写真集 マネキンと産毛 : ヘルムート・ニュートン写真展 関連記事はYARPP関連記事プラグ [続きを読む]
  • エレナー・アビー : Eleanor Abbey
  • エレナー・アビー はイギリス出身のファッション・デザイナーです(1890-1979)。オリバー・メッセルのアシスタントを多く務めました。また、単独でも映画クレジットにいくつか載る仕事も行ないました。The post エレナー・アビー : Eleanor Abbey appeared first on モードの世紀.No related posts. [続きを読む]
  • 着物の写真 (1933年)をみて思うこと……
  • 経済史、日本経済史などの研究で写真を安易に使うと、非常に恣意的で客観的では無いことが生じます。その事例として、ペネロピ・フランクスの論文を紹介しつつ、批判いたします。1920年代・1930年代の女性の姿勢はまだ、前近代を引きずっています(猫背など)。したがって、洋服を着ることで発生する「感覚疲労」を持っていたはずです。ですから、休みの日は繁華街へ(制約の小さい)和服・着物でショッピング、というプランが成立 [続きを読む]
  • デニム denim : 語源、生地の種類など
  • デニム denim は糸染の厚地織物の一種で、経(たて)にインディゴ (Indigo, 青藍) で染めた10〜14番の太糸を、緯(よこ)に細めの、12〜16番の晒し糸か未晒し糸を用い、2/1の三つ綾か3/1の四つ綾に織った生地のことです。ジーンズの生地として広く知られています。The post デニム denim : 語源、生地の種類など appeared first on モードの世紀.Related posts:テから始まるファッション用語 デニム・バイブル ユニセックス : unis [続きを読む]
  • トレンチ・コート : trench coat
  • トレンチ・コート trench coat とは、ダブルのベルト付きコート。綿や薄手のウール素材で、エポーレット(肩章)と2枚のヨークが付いた防水加工のコートです。「キング・オブ・メンズ・コート」の異名をもちます。戦闘用にデザインされたのが発端で、複雑なディテール・デザインが施されています。The post トレンチ・コート : trench coat appeared first on モードの世紀.Related posts:ニットの用途やアイテム 映画『ラスト、コ [続きを読む]
  • オート・クチュール : haute couture
  • オート・クチュール はフランス語で、日本語では「高級仕立店」や「高級衣料品」の意。狭義には「La Chambre Syndicale de la Couture Parisienne」に加盟し、組合規定の規模や条件を備えて運営されていた企業・店舗をさします。The post オート・クチュール : haute couture appeared first on モードの世紀.Related posts:モードの物語 ピエール・カルダン : Pierre Cardin アンドレ・クレージュ : André Courrèges ニナ・リッ [続きを読む]
  • ビキニ : bikini
  • ビキニ bikini とはツーピースの水着のことで、上部は小さめのブラジャー型、下部は極端に布地の少ないパンティ(ショーツ)型を組み合わせています。The post ビキニ : bikini appeared first on モードの世紀.Related posts:ヒから始まるファッション用語 ファッション・ボックス マリー・クワント : Mary Quant ジョン・ガリアーノ : John Galliano オから始まるファッション用語 関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表 [続きを読む]
  • 近代日本の導入した 洋裁 : 大丸弘「西欧型服装の形成」を読む
  • 近代日本は 洋裁 のどの技術や物を導入したか? 大丸弘は、1900年頃から30年頃までの裁縫書を中間期裁縫書と名づけ、網羅的に調査して分析しています。1900年というのは、和服の形が洋服に近づき始め、また、日本人が洋服に慣れ始めた大転換の時期です。The post 近代日本の導入した 洋裁 : 大丸弘「西欧型服装の形成」を読む appeared first on モードの世紀.Related posts:カットソー : cut & sewn チから始まるファッション用 [続きを読む]
  • 恋愛と贅沢と資本主義 : 経済社会のエンジンは何か?
  • ウェーバーが資本主義成立の要因をプロテスタンティズムの禁欲的倫理に求めたのに対し、ゾンバルトは『恋愛と贅沢と資本主義』で奢侈・贅沢こそエンジンだと結論づけました。The post 恋愛と贅沢と資本主義 : 経済社会のエンジンは何か? appeared first on モードの世紀.Related posts:グアドゥア・コーヒー 六曜社 グアドゥア・コーヒー グアドゥア・コーヒー 漫歩者花園 関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されてい [続きを読む]
  • 租庸調における庸布と調布の考え方
  • 繊維・アパレル関係の授業において、私は、租庸調の税制のうち、庸調に関しては布が課せられた点を強調しましたが、その位置づけは分かりにくいため、こちらではっきりと文章にしておきます。The post 租庸調における庸布と調布の考え方 appeared first on モードの世紀.No related posts. [続きを読む]
  • ツイード : tweed
  • ツイード : tweed とは、元来、スコットランド産チェビオット種の羊毛の、太い紡毛糸を毛染めして手織りにした平織・綾織の総称。ざっくりした素朴な味わいがある厚手の紡毛織物。平織の場合、本来はホームスパン(=家庭で紡いだ糸を用いた織物)と言うべきですが、とくに厳密には区別されていません。The post ツイード : tweed appeared first on モードの世紀.Related posts:トから始まるファッション用語 ヒから始まるファッ [続きを読む]
  • ハワード・グリア : Howard Greer
  • ハワード・グリア Howard Greer は、1896年にアメリカのイリノイ州のラッシュビルに生まれたファッション・デザイナーです。パラマウント映画社で映画衣装を多数制作したことで知られています。後にハワード・グリア社を創業しました。The post ハワード・グリア : Howard Greer appeared first on モードの世紀.Related posts:イーディス・ヘッド : Edith Head クプファー・サックス「ブロンド・ヴィーナス」 エドワード・モリヌ [続きを読む]
  • MOUNT ? Kitahama : 北浜のカフェ
  • 贅沢な空間にすっかり惚れ込んだ北浜のカフェ MOUNT ? Kitahama へ、今日は妻と。先月、今月と、男性3人という構成で行ったので、今日こそオス率100%を避けたくて妻を連れていきました。妻は自作のチContinue reading MOUNT ? Kitahama : 北浜のカフェ The post MOUNT ? Kitahama : 北浜のカフェ appeared first on モードの世紀.Related posts:MOUNT ? Kitahama : 北浜のカフェ カンバッシー : スペイン料理店 同志社大学初回 [続きを読む]
  • カンバッシー : スペイン料理店
  • 大阪天満宮から北浜まで歩いている途中、あまりにもお腹がすいてきたので、堂島川と土佐堀川の合流する辺りにあるお洒落なスペイン料理店 カンバッシー (CAN BASHI) へ。本当のパスタというものを知りました。ここはお勧めです。The post カンバッシー : スペイン料理店 appeared first on モードの世紀.Related posts:MOUNT ? Kitahama : 北浜のカフェ 同志社大学初回授業 関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されて [続きを読む]
  • トラヴィス・バントン : Travis Banton
  • トラヴィス・バントンは、テキサス州に生まれたファッション・デザイナーです。彼はパラマウントの名優たちの衣服設計師として1930年代のスタジオ全盛期を謳歌しました。在職中(1924-38年)、ケイ・フランシス、キャロル・ロンバード、メイ・ウエスト、マレーネ・ディートリヒたち大スターに衣装をデザインしました。The post トラヴィス・バントン : Travis Banton appeared first on モードの世紀.Related posts:マギー・ルフ : [続きを読む]
  • ミシン縫目の種類
  • ミシンの縫目(seam)にはいくつかの種類があります。ここでは布を横から見た場合と表から見た場合に分けて、ミシン縫目の種類を説明しています。ジーンズのポケット、旗袍のスリットの閂止も紹介しています。The post ミシン縫目の種類 appeared first on モードの世紀.Related posts:ジャカードコットンのチャイナ・ドレス : アトリエ・レイレイ, 2016年 旗袍変容の諸説と限界 チャイナドレス・着物リメイク : アトリエ・レイレ [続きを読む]
  • 繊維の考え方と種類 : 天然繊維と化学繊維
  • このページでは、天然繊維と化学繊維の種類と考え方を学びます。繊維は2種類に大別できます。人間に外在する動植物の一部分を加工する繊維と、石油などの鉱物資源・鉱産資源を化学処理して製造する繊維です。The post 繊維の考え方と種類 : 天然繊維と化学繊維 appeared first on モードの世紀.No related posts. [続きを読む]