ぽぷら さん プロフィール

  •  
ぽぷらさん: 家族との会話で理解った! 勉強できる子、できない子
ハンドル名ぽぷら さん
ブログタイトル家族との会話で理解った! 勉強できる子、できない子
ブログURLhttps://ameblo.jp/popura12/
サイト紹介文10000を超える家族との会話で理解った! 勉強できる子、できない子の違いを紹介していきます。
自由文学校の勉強についていけない、勉強の方法がわからない、勉強のやる気がでない、成績がどうやってもあがらない、家で勉強をしないお子さんのために、指導経験豊富な大学生がご自宅で高校受験対策を行います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2015/03/21 19:11

ぽぷら さんのブログ記事

  • 国語の受験勉強は「過去問」で入試突破の力をつける!
  • 秋からの取り組みは「過去問(実際の入試問題)」の演習が中心になります。効果的に活用するポイントを解説します(^O^) 読み方を工夫して長文の問題を攻略   国語の成績アップには長文の読解力を高めることがポイント。 苦手にしている受験生が多いかもしれませんが、過去問の演習は力を高める絶好の機会になります。   演習で心がけたいのは、いきなり問題を解き始めないようにすること(ノ゚ο゚)ノまずは、どのような出題 [続きを読む]
  • 模試の結果がボロボロで焦る
  • Q.夏休み明けの模試で結果がボロボロで焦っています(ノ_-。) A.夏休み明けの模試は、長い夏休みを塾漬けで過ごした受験生、そして親御さんの肩にも「さぁ、夏休みの頑張りの成果はいかほどか!」と力が入りますよね。 結果も返って来ている頃かと思いますが、模試の結果はいかがでしたでしょうか?     結論からいえば、夏休みの1か月半を頑張った程度で9月早々の模試に結果は反映されませんΣ(゚д゚;) 特に算数は、学ん [続きを読む]
  • イマイチ調子の出ないときは?
  • 子どものころ、私は9月に必ず体調をくずしました。風邪のようにはっきりした病気ではなく、なんだかだるい。やる気が出ない。夏休みが楽しすぎて、全てがおっくうになっていたのです。 元気になるまでいつも2週間くらいかかりました。  楽しかった夏休みにしがみついて、ウジウジしていたのです。   これを克服する方法を教えてくれたのは、学習塾の先生でした。「おいしいものを食べたら、『おいしい』、おふろに入って気持 [続きを読む]
  • 親に勉強しろと言われるとやる気がなくなります、に答えてみたよ
  • Q.親に「勉強しろ」と言われると、途端にやる気がなくなります。親に何を言われてもブレない心を育てるには、何をすればいいですか? 【エンジェルさん/西宮・中3・女子】 親の気持ちを考え「大人」になろう A.親に言われると、なんかカチーンてくることって多いよね゛(`ヘ´#) 親って、自分と似てるわけで。顔も似てるし、考え方も少しは似ている。 となると、自分がムカつくと思うことは両親もムカつくと思ってるわ [続きを読む]
  • 学習の転移、を利用しよう
  • 得意教科があってその勉強がうまくいっている生徒は、その他の教科にもプラスの波及効果を生み出します。 これは経験上、確かなことです(^ε^)♪ まず時間的な面。得意教科の勉強は試験前でも慌てないため、その他の教科の時間をしっかり確保できます。   次に精神面。得意で高得点を取れる教科があれば、勉強に対する自信がつきます(^O^)それが苦手教科を勉強する際も「得意教科と同じように頑張ればできるかも」というプラ [続きを読む]
  • 【高校受験2018】明石高専、学力検査は2/18
  • 国立高等専門学校機構は、平成30年度(2018年度)の学力検査を2月18日に実施すると公表しました。 あわせて、全国51校の高専で開催するオープンキャンパス情報や、中学生向けの最新版広報誌を公開。 年間行事や寮生活、卒業後の進路、学費について紹介しています。入学料は8万4,600円、授業料は年額23万4,600円。寄宿料は月額800円(1人部屋)(@_@)1〜3年までは高校と同様の「就学支援制度」の適用があります。  高専に興味 [続きを読む]
  • 他力本願のススメ
  • ”他力本願”この言葉にあまり良い印象をもたない方は多いかもしれません。私もこの言葉を自分は何もしないくせに(`×´)的な意味で捉えていました。ところが親鸞聖人はこう説明しています。「自力」つまり自分ひとりでなんとかうまくできると思う心ではなく自分が努力することはもちろん、周りの人とのご縁、大きな見えない何かに全てをゆだねた時に初めて幸せになれる、という意味になります。 それが守られる助けられる力 [続きを読む]
  • 優しい伝え方
  • 駆け込み乗車はおやめください(`×´)というアナウンスはよく耳にしますが、急いでいるとき、素直に、じゃあやめておこうと思う人はそう多くないかもしれません。ある鉄道会社の車内広告では、ちょっと違った切り口から駆け込み乗車をしないように呼びかけています。それは、「怪我をしないか心配です」こんな風にやさしく心配されると、心が動きそうじゃないですか? お子さんにかける言葉がけ、にも応用がききそうですね(^ [続きを読む]
  • 推薦入試では”志願理由書”が重要です
  • 入学したい気持ちを素直に伝えよう最近の推薦入試では受験生自身で高校に入学したい理由を書いたり、自分で自分を推薦する”自己推薦の文章を書く”こんなスタイルが増えています。 特色選抜・前期選抜でも自己推薦を書かせるところも増えています。また一般入試でも、不登校や病気などで長期欠席した生徒が欠席理由や入学意欲などを書いて提出する”自己申告書”もあります。この試みは受験生本人に志願の動機などを書いても [続きを読む]
  • 姫路市教育委員会[子どもの調べる力、育成プロジェクト]
  • 図書館を活用した調べ学習のガイドブック 「?(疑問)を!(発見)に」 生徒が自分で課題を見つけ、解決する力を身に付けるため、 今年から取り組む「調べる力育成プロジェクト」の一環です。 日常生活で不思議に思ったことを自ら調べ、 リポートなどにまとめるまでの流れを分かりやすく解説してくれています。 夏休みの自由研究に役立つかもしれません♪ 姫路市教育委員会発表 詳しくはこちら→http://popura.xsrv.jp/i [続きを読む]
  • 勉強をすると眠くなる理由
  • やる気まんまんで勉強を始めたのに、眠気が襲ってくる。そんな経験ありませんか? なぜ眠くなるのか?それは、単調な勉強をしているから。興味のうすい教科の勉強は、「単調な高速道路の運転」に近いです。けっこうなスピードがでているのに眠たくなる、そんな感じです。「安全欲求」よりも「睡眠欲求」が勝つわけですから、眠気にはすごいパワーがあります(゚Ω゚;)ずっと単調に運転していると、刺激も危険も感じなくなった脳は [続きを読む]
  • 受験生必見!次につながる反省のコツ
  • 私たちは日々の生活の中で、気がつかないうちに「こうすれば良いんちゃう?」という仮説を立てて、検証し、さらに仮説を立てていく、ということを繰り返しています(^◇^)だから勉強をする際にも、この仮説と検証を取り入れることでさらに良い反省をすることができます。仮説検証を意識した反省(振り返り)をすることで言動がドンドンとより良いものに改善されていきますよ(^ε^)♪ 反省するときに、「こうしたらうまく [続きを読む]
  • 成績が伸びない原因は、[犠牲者意識]かも?
  • 犠牲者意識って?                 ・自分に自信がない・何かあったときに自分の能力や性格を原因にしてしまう・心の中で自分の不幸さや運のないことが原因だと思っている意識です。口癖は「どうせ・・・(ノ_・。)」                           犠牲者意識の強い子がよく使うフレーズ                           「勉強が苦手だから良い点は取れない」「や [続きを読む]
  • 夏休みの計画を立てようSTEP6「計画を修正する」
  • リスケジューリング計画を修正することを「リスケジューリング」といいます。略して「リスケ」           リスケ、3つのポイント           その1スケジュールは毎日・毎週、見返す5分位で、その日のスケジュールを見返す習慣、をつけましょう。そして、「何ができて」「何ができなかったか」を振り返るようにします。その2予定より遅れているもの、リスケが必要なものを明確にするそして、できなかっ [続きを読む]
  • 兵庫県の高校入試、国語の問題を振り返ってみたよ
  • 長い夏休み。過去問を使い受験勉強ができる、絶好のチャンスです。今日は兵庫県の高校入試で出題された「国語の問題」を振り返ってみたいと思います。           出題形式は?          現代文が2題古文が1題漢文が1題文法が1題の計5題で、さらに「語句の知識を問う問題」が出題されました。読解を中心とした問題構成で、その中に漢字・語句などの言葉知識をおりまぜていく構成はこれまでと同じです。 [続きを読む]
  • ”後悔”と”反省”と”改善”の違い
  • ある日、お子さんが寝坊して遅刻をしてしまいました。次のA〜Cのコメントで、最も改善につながりそうなコメントはどれだと思いますか?また、なぜそう思いましたか? A:寝坊してもた・・・なんで起きなかったんやろう、最悪や〜。 B:寝坊してもた・・・やっぱり寝坊はあかん、次からは気をつけよう! C:寝坊してもた・・もっと早く寝ればよかった、今日は23時に寝よ! それではAから順番に解説していきます。Aの場合は [続きを読む]
  • 夏休みで学ぶ!誘惑に負けない心の育て方
  • 長い夏休み。たくさん勉強しようと思っても終わってみると後悔することが続出。「つい誘惑に負けてしまう…」そんなおちいりやすいワナに対する作戦をお伝えします。「誘惑に負ける」タイプの特徴つい誰かのせいとか人のせいにしてしまう。勉強をしないのは…・冷蔵庫にアイスがあるのが悪い・こんな時間におもしろいテレビ をやっているテレビ局が悪いなど自分の意思力の無さを人のせいにします。作戦1 <環境をつくる>家にい [続きを読む]
  • 夏休みの計画を立てようSTEP4[スケジューリング]
  • まずは、ステップ3で書き出したことを日数で割り算し、1日あたりの分量を出します。例えば英検の勉強に費やせる日数が全部で20日間あるとします。下の1〜3をそれぞれ15日間でやり、残りの5日間で過去問題をやるとします。すると①英単語1,500個÷15日=100個②イディオム300個 ÷ 15日= 20個③英検対策テキスト192ページ÷15日= 12.8ページ過去問題10枚÷5日=2枚1日でやる分量がわかったらあとは予定に組み込んでいくだけ。 [続きを読む]
  • 新センター試験は[大学入学共通テスト]
  • センター試験に代わる新しい共通試験について、 「大学入学共通テスト」で決定したそうです。 開始年度は、 平成33年度(2021年度)入学者を選抜する平成32年度(2020年度)。 おもな対象は平成29年(2017年)現在、中学3年生の生徒たち^^; 1月中旬の2日間で実施し、 国語数学に関してはマークシート式問題に加え、記述式問題を出題するそうな(ノ_-。) 英語の民間外部検定試験利用についても実施方針が定められています。 [続きを読む]
  • 夏休みに受験勉強ができる「大学図書館」はココ!
  • 夏休み期間、 中高校生を対象に無料開放している「大学図書館ガイド」紹介します。 現在47大学を掲載し、今後も随時追加する予定だそうです。 受験勉強、静かで涼しい大学の施設を利用してみるのもいいかもしれません♪ 詳しくはこちら→https://passnavi.evidus.com/news/library/ [夏休みだよ、全員集合!]夏休み専用個別学習20年間で10000を超える家庭に受験勉強のアドバイスを送ってきた長谷川が激アツの夏期講習を [続きを読む]
  • 夏休みの計画を立てようSTEP3[全体の量を計算する]
  • やることが明確になったらはやくとりかかる(^ε^)♪と予定を決めていきたいところですがここで一手間を加えます。この1手間でゴールが達成できる計画になるかならないか、が決まります。とても大事なポイントです。その一手間とは、どれくらいの量があるか(全体の量・すべての量)を把握することです。例えば英検3級のゴールに対し重要アクションとして選んだのは・英単語を覚える・イディオムを覚える・過去問対策でした。こ [続きを読む]
  • 夏休みの計画をたてようSTEP2[重要なアクションを選ぶ]
  • これをやればゴール達成に近づく!という重要なアクションを選びましょう。例えば”英検合格”を考えた時、文法のワークや長文のワークをやるよりも英検対策の問題や過去問、を徹底的にやった方が効果が高いかもしれません。まずはゴール達成にとって、より効果の高いことアクションを選び、それを徹底的にやり切るということが大事です。 ただここで気をつけなければけないのはアクションの選び方で効果の低いアクション [続きを読む]
  • 夏休みの計画を立てよう、ステップ1 [アイデアマップを活用する]
  • このような”アイディアマップ”と呼ばれる図を使うととても便利ですよ(^-^) これを使うと効果的にたくさんのアイデアをうみだすことができます。手順は、まず真ん中の四角に「ゴール」を書きます。次に、そのゴールを達成するためにやるべき事を、周りの四角に8つ書きます。この要領で各教科ごとに、”アイディアマップ”を作っていきましょう。とにかく思いつく限り出してみるのがコツです(^ε^) [夏休みだよ、全員集合!] [続きを読む]
  • 子供にグチをこぼしてもよいか?
  • 【質問】最近ストレスを感じることが多く、子どもたちにグチがこぼれてしまいます(ノ_-。)特に多いのは仕事や夫のこと。これは子どもによくないでしょうか?相談者・まりママ さん (中1女子 小5男子)ストレスが溜まると、誰かに聞いてもらいたくなると思います。その気持ちは本当によくわかります。グチを聞いてもらうと荷物を降りて心が軽くなりますからね。でも、常にお子さんにグチを聞かせるのはやめた方がいいです。と [続きを読む]