ぽぷら さん プロフィール

  •  
ぽぷらさん: 家族との会話で理解った! 勉強できる子、できない子
ハンドル名ぽぷら さん
ブログタイトル家族との会話で理解った! 勉強できる子、できない子
ブログURLhttp://ameblo.jp/popura12/
サイト紹介文10000を超える家族との会話で理解った! 勉強できる子、できない子の違いを紹介していきます。
自由文学校の勉強についていけない、勉強の方法がわからない、勉強のやる気がでない、成績がどうやってもあがらない、家で勉強をしないお子さんのために、指導経験豊富な大学生がご自宅で高校受験対策を行います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供150回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2015/03/21 19:11

ぽぷら さんのブログ記事

  • 集中力が持続する座り方
  • 集中して勉強に取り組むには、姿勢がとても重要です。疲れない姿勢で何時間でも座っていられる、これがよい姿勢です。座り方チェック ? 背中が丸い 書く事に集中するあまり、前のめりになって背中が丸まっていませんか? ? 片ひじをつく あごを乗せたりして、体をささえるために片ひじをついたりしていませんか? ? お尻がイスの前にある 楽な姿勢だと思 [続きを読む]
  • 努力できる子できない子、6つの大きな違い
  • 勉強のできる子は、ほぼ例外なく努力をしています。 もちろん、努力をしたからといって志望校に合格できる、わけではありません。だが努力なくして合格はないです ̄へ  ̄ 努力は成功のための前提条件であり、要件ですね。 でも、頑張れない、続けられない、どうしたら努力できるの?(ノ_・。)というお子さんはたくさんいます。 私は20年を超える指導の現場で数多くの「努力できる [続きを読む]
  • [中学生の自宅学習、スマホやPCで支援] 神戸市教育委員会
  • 家庭での学習習慣の定着を支援しようと、神戸市内の全市立中学校に、スマホやパソコンで自宅学習できるシステムが導入されました。 プリントを使った授業の予習・復習が自宅ででき、教員の「教材作成」の負担軽減にもつながると期待されているようです。  生徒が家庭のスマホやタブレット、パソコンからログインすると、学校の教科書に対応したプリントが表示され(印刷もOK)、生徒は問題を解いた後、動画の解 [続きを読む]
  • 作文の書き方講座
  • 作文がスラスラ書ける魔法 これからの受験で問われるのは、ただの知識だけでなく、思考力や表現力。 作文を通して考える力や表現力を問うなど、文章力がますます求められています。 ところが、わが子の作文力はというと……。 Σ(゚д゚;) 鉛筆を持ったまま固まってしまったり、2、3行で終わってしまう作文嫌いのお子さんも多いようです。 親から [続きを読む]
  • [須磨東高校] 特色選抜生徒募集要項
  • 推薦入試で合格を決めたい!須磨東高校  特色選抜リーガルマインド類型 兵庫県立須磨東高校〒 654-0152神戸市須磨区東落合1-1-1(TEL)078-793-1616 合格圏偏差値と安全圏内申点 平成28年度 特色選抜生徒募集要項 →http://popura.xsrv.jp/info/2017/05/18/post-290/ リーガルマインド類型の特色現代の高度で複雑化した社会では、文系・理系を問わず法令や制度を踏まえて社 [続きを読む]
  • 生きる力を育む[アウトドアチャレンジ]六甲山にて5/28開催
  • このイベントは、 家遊びより外遊び、バーチャルよりリアル、ひとりよりみんなで、をモットーとし、野外遊びの実体験によって、子どもたち自身が自分に秘められた力の発見を目的としているようです。 また最近話題となっている少し変わったアドベンチャーガイド本 「13歳までにやっておくべき50の冒険」 13歳までにやっておくべき50の冒険 Amazon 13歳までにやって [続きを読む]
  • 集中力を高める方法
  • 集中力の本質的な部分は目に見えませんが、すごい力があると思います。集中力はいってみればレンズのようなものです。 虫眼鏡みたいなものを想像してほしいです。 レンズで太陽のエネルギーを集めて紙をメラメラと燃やしてしまいます。実は、このレンズ、誰しもがもっています。 その証拠に好きな事なら誰もが集中するからです。例えば遊びに夢中になったり、スポーツや趣味に対して周りの音が聞こえないくらい没頭したり、誰に [続きを読む]
  • 英語の勉強は「音読」が効果的
  • 引用:東北大学の川島教授の研究英語力を高めるためには、身体に働きかけるのが一番強力です。一般的に身体を使う時は脳は使わないと思われていますが、”脳を鍛える大人のDSトレーニング”で有名な東北大学の川島教授の研究によると、脳が一番活性化するのは音読している時です。上の画像は機能性MRIで測定した、脳の血流を図式化したものです。赤や黄色になっている部分は脳が働いている場所です。赤から黄色になるにしたがって [続きを読む]
  • 子供は教室で何を学ぶのか?
  • 学校は毎日色んな出会いがあり、発見があります。学校は学ぶ事を通して自分を成長させていく場所だと思います。お子さんができない状態からできる状態になっていく、上達の論理を身につける場所です。もちろん読み書きそろばんのように社会に出てから直接役に立つ勉強もあります。ただし学校で習う事の全てが社会や日常生活で必要なことではありません。上達のプロセスを身につける、ストレスの乗り越え方といってもいいかもしれ [続きを読む]
  • イライラしない方法
  • フルタイムで働いているお母様、家に帰ってからイライラ(`×´)していませんか?子育てをしていると、スケジュールが思うようにこなせないことで、ストレスをためてしまうことも多いと思います。仕事は職種にもよりますが段取りから時間配分まで、ある程度は自分のペースで進めることができます。相手がいたとしても、しっかり事前準備していればそれなりの成果も出せます。それに比べてお子さんの家庭学習はそうそう順調にはい [続きを読む]
  • 家庭教師選びのポイント
  • 家庭教師を選ぶ際に、お子さんへの接し方は重要なポイントになってきます ◇コミュニケーション能力が高い どんなに勉強ができる、京大生でも、人とのコミュニケーションが苦手(:_;)な方もいるでしょう。 まず礼儀がしっかりしていて、親とも対等に話ができる家庭教師、を選ぶようにしましょう。 お子さんはそこから学ぶことが多いし、コミュニケーションが苦手な [続きを読む]
  • 明石高専が海外の大学と編入協定
  • 明石高専は国際的に活躍できる人材の育成に力を入れおり、 卒業生が編入できる協定を英国・サウサンプトン大学、 豪州・クイーンズランド工科大学、と結んだようです。 英語教育などに先進的に取り組む「グローバル高専」にも指定されており、 高専で5年間学んだ学生が、早い時期から世界レベルの研究に携われる仕組み。 国立高専から海外大学への中途編入制度は [続きを読む]
  • 勉強ギライの子が無意識で使っている「ひと言」
  • 無意識でよく使うひと言成果を出す子と出せない子。その違いはどこにあるかと聞かれたら、ある「ひと言」の使用頻度で判断できます。私も振り返るとこの「ひと言」を多用していただけに、気持ちは分かります(;^_^Aでも、この「ひと言」を無意識で使っている時点で、成果が出ない自分のままでいることを選択してしまっているのです。こんなカンタンな「ひと言」なのに、誰も教えてくれませんでした。教えてくれ [続きを読む]
  • 失敗がもっと評価されるべき理由
  • 1つの理解にいたるためには多くの失敗が必要 多くの失敗がなければ正しい記憶は出来ません。記憶は「失敗」と「繰り返し」によって作られ強化されるからです。   勉強についても同じで、繰り返すことは大切ですが、それと同時に失敗することが重要です。失敗数が多ければ多いほど記憶は正確で確実なものになっていきます。   何度も失敗して、そのたびに解決策を立てる、自分で修正して [続きを読む]
  • たかが携帯チェック、されど携帯チェック
  • 子供の悩みを知るためのケータイチェックは親の義務 家庭が安定していること, がお子さんが勉強に集中するための大前提です。もし勉強を頑張っているのに、お子さんの成績が伸び悩んでいるようなら、家族環境に原因があるかもしれません。 教育熱心な家庭にありがちな家族関係問題は、よかれと思ってやっていることが、過干渉や過管理になっていることです(ノ_-。)お子さんの生活を分単位で [続きを読む]
  • 才能という奇跡
  • お子さんの才能についていろいろ考えると思いますが、才能の「才」には「積み重ねる」という意味があります。 積み重ねていけば、続けていれば、「才能」になるということですv(。・ω・。)ィェィ♪ 自分から勉強する子に育つやる気力がアップする!7日間メール講座はこちら→https://goo.gl/vddYt2 20年間で10000を超える家庭に学習アドバイスを送ってきた長谷川が・勉強のや [続きを読む]
  • 今日からできる「カンタン予習法」
  • 頑張っているのに成果がでない(ノ_・。)今日は「カンタン予習法」についてお伝えします。予習って何をすること?予習とは「できる」と「できない」に分ける事です。授業時間は今まで習ったことがないこと、考えたこともないこと、を考える時間です。その準備をするのが予習です。予習をすると2つの良いことがあります1つ目は、授業についていけます。逆に、授業についていけないと必ずと言っていいほど、その教科が嫌いになってしま [続きを読む]
  • 大学入試の過去問がスマホアプリでサクサク見られる!
  • iPhone向け無料アプリ「スタディギアfor大学受験」 を紹介します。 このアプリでは、大学の過去問、解答、解説の一部を過去3年分、すべて無料で閲覧でき、 大学別、学部別、科目別、年度別のキーワードで検索し、学習したい問題をすぐに見つけることが可能です。 また、志望校や学習履歴に基づくオススメ問題を表示する機能も搭載しています。 さらに、合格した大学生による具体的な [続きを読む]
  • 勉強時間、制約がある方が有利?
  • 忙しい中でも勉強で成果を出す子成果がでない子、この差はどこからうまれてくるのでしょう? 勉強時間に制約がある方が有利ですよ やらなければいけないことがたくさんあるから集中できない(ノ_-。)というお子さんがいます。 とにかく時間がないわけです。 お母様から見ると 言い訳にしか聞こえないと思いますが ともかくそういうお子さんに言えることは 「時間の制約がある [続きを読む]
  • 温かい言葉の育て方
  • 人に何かもらったとき、子どもが黙って受け取ってしまった(・Θ・;) 「ありがとう」とお礼言うように促したが、子どもが言えなかった(ノ_-。)こんなときどうして言えないの(`×´)と叱っても、次の同じ場面で改善されるわけではありません。 そこで、親子で次のような練習をしてみよう。特別な時間を設けなくても、生活の中で「言って聞かせ」「やってみせ」「させてみて」「褒める」を意識し、自 [続きを読む]