元オーディオライター 田山健(ペンネーム) さん プロフィール

  •  
元オーディオライター 田山健(ペンネーム)さん: オーディオの実験室
ハンドル名元オーディオライター 田山健(ペンネーム) さん
ブログタイトルオーディオの実験室
ブログURLhttp://audioweb.blog.fc2.com/
サイト紹介文元オーディオ誌ライターの立場から、さまざまな実験と検証を行っています。音の研究中。
自由文当方の確固たる基準において、明確に評価しています。それ故にネット上で既に得られた評価と真逆になることもしばしば。オーディオに価格は関係ありません。インシュレーターも使っていません。しかし、音場は左右後方までに広がり、上空から音が降り注ぎ、歌手の身長がわかる表現は、2chステレオでも可能なのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/03/22 19:05

元オーディオライター 田山健(ペンネーム) さんのブログ記事

  • イソダケーブル(ISODA Cable, ISODA Kabel)の欠点 2
  • 技術的な話として、まじめに書くことにする。まず、基本理論として、「複数の素材を撚り線にして、キャンセルさせて、また撚り線にして、キャンセルさせて」を延々と繰り返す構造である。異種金属を使うのは、素材固有の音を「3種類以上混ぜると打ち消せる」という考えが元にある。この辺のことは、公にされている内容なので、企業秘密には触れていない。そもそも、おいらは工場にも入ったことが無いので、秘密は知らない。商品購 [続きを読む]
  • イソダケーブル(ISODA Cable, ISODA Kabel)の欠点
  • 「始まりがあるものには全て終わりがある」ということで、そろそろ、この話題に触れることにしよう。テーマは、「イソダケーブルの欠点」について。一時のことだが、イソダケーブルを取り扱うことになった始まりは、当方が音が人体に及ぼす影響について研究を進めるにあたり、必要な研究素材を集める過程で見つけたケーブルだった。それまでは、聞いたこともない銘柄だった。少なくとも、M井君の周りでもユーザーは一人もいなかっ [続きを読む]
  • もう察していると思うけど
  • 評価基準を上げました。正確に言うと、結果的に、思いっきり上がっちゃいました。(爆だから、これまで「超伸びがよい〜♪」は、→「まあまあ伸びてるな」くらいになってます。という訳で、Yマハ・・・伸びが悪い。(5万円なら買って上げてもいいかも・・・)Sニー・・・すさまじく伸びない。「ラジオか?」と思った(5千円なら・・・)のも、私の基準なんで、悪く思わないで下さい。でも、ほんとに伸び悪いから。( ̄▽ ̄)しか [続きを読む]
  • 写真撮影理論♪
  • どうでもいいことしか書かないけど、タイトルだけ厳かにしてみました。(wさて、私がカメラにかける情熱を述べたいと思います。1) とりあえず、入門機フルサイズを用意せよ2) とりあえず、別売りの安物レンズを用意せよ3) とりあえず、マニュアルフォーカスで狙え終わり♪こんだけ?そう、こんだけ。そりゃ、もっと上位機種使えば「凄み」の出る写真になることも、「すさまじく感性を揺さぶられる写真になる」こともわかっているん [続きを読む]
  • 裏話♪
  • もう書いてもいいよね?書いてしまおうか♪当方独自の処理を研究していたある時、プロトタイプ(今のプロトじゃないよ、その前の格下プロト♪)を作ったのさ。それを送って、某所にインプレを頼んだのだった。約1年間放置されて、何かの折りに伺った際、直接返却してもらったのだった。音を聴いてビックリ、なんじゃこりゃーーー!!!(。Д゚; 三 ;゚Д゚)外見はまるっきり一緒、私が書いた文字も一緒、圧着も一緒、端子も一緒、瓜二 [続きを読む]
  • 「擬似月」
  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160617-00010000-sorae_jp-sctch地球のそばにある「疑似月」というんだが、少し前の出来事を思い出した。知人と「前日の月の位置」について話していたところ、明らかにおかしな方角に見えたというんだが、お互い見えた方向を譲らずに、国立天文台HP【きょうのほしぞら】にて確認し、私が見た月の位置が”正確”だったという結論で終わったのだった。しかし、嘘をつく人間でもないし、疑問に [続きを読む]
  • スピーカーケーブルについて。
  • 一般論なんだが、見た目一緒で「中身を変える」一つの方法について、述べてみようと思う。例えば、クライオ処理という技術があった。正しく処理すれば、金属の強度が変わるはずである。"Cryogenic treatment"は、オーディオでは有名だろうな。刃物とか工具などには、「アニーリング(焼き鈍し)」を使う。プロセスとしては、クライオの逆だな。じゃあ次に、「こんな方法もあるぞ」という内容に触れてみよう。エネルギーの極めて強 [続きを読む]
  • 「MIMG 効果」とは、何を意味するのか
  • "More Incident and/or More Grade-up"略して、"MIMG"ざっくりとした意味では、「より多くの重大事故の未遂事例(事故というより、出来事に近い)」および、または「より多くのグレードアップ」これだけを書いてもよくわからん、というのが本音でしょう。"incident"は、「ヒヤリハット・インシデント・レポート」の意味に準じるわけですが、航空機事故における重大事故は、“よくありがちな、些細なミス”の積み重ねで起こる、とい [続きを読む]
  • 水面に写る「諸木野の桜」
  • 水面に写る姿が実に美しい桜である。見頃は過ぎてしまったが、代わりに「水面に浮かぶ花びら」を見ることが出来た♪こうして見ると、実物も美しいのだが、反射する姿も大変美しい。こうして見ると、ふと気付いたことがある。「それ(この場合は桜の木」がキレイなら、反射する姿も美しいことに。逆に言えば、きたない物を水面に写しても、キレイにはならないということ。壁の反射が悪いということで、「部分的な」むしろ「局所的な [続きを読む]
  • 「色付けが無い」ことと「色付けが無いように見せかける」ことの決定的な違い。
  • その違いは、「鮮度」に現れる。薄々気付いてはいたのですが、確信に至る出来事があって、Blogの部分修正では対応できなくなってしまったということです。色付けを排除しようと思えば、一つは、色付けの少ないパーツを選び、最低限、適宜に使用するという方法、もう一つは、色付けをわからないまで劣化させるという方法があります。後者は、何度も何度も「茹でこぼし」をすると、しまいに素材の味すら目立たなくなるのと一緒です。 [続きを読む]
  • 今月のステレオ誌は・・・
  • 本屋でステレオ誌が目に止まった。つい最近まで愛読誌だった。目次を開いて、パッと目を通した。1・2の3で本を閉じた。本棚へ戻した。「なんだか情報の信用性が疑わしい。」と感じる明確な根拠があるから、仕方ない。信用性の無いものにお金はかけられない。「どんな新製品が出たか」という内容すら覚えていない。なんてこった。雑誌が広告媒体の役割すら果たしていないじゃ無いか・・・( ̄▽ ̄;;;)仕方が無いから、ネットでphile- [続きを読む]
  • 【固定記事】"New Blog"へ移行します。
  • 以前のブログの中身を部分的に修正してはいたのですが、さすがに限度量を超えました。(^^;そのような理由により、ブログを一新することにしました。従って、このブログの情報は「古いもの」です。部分修正や削除、改変などをしながら、必要な内容の移行を進めたいと思います。"New blog"t.kenの「オーディオの実験室2」http://audioweb2.blog.fc2.com/よろしくお願い致します。2016年3月1日 t.kenにほんブログ村にほんブロ [続きを読む]
  • 大阪梅田の繁華街で大事故発生
  • http://news.yahoo.co.jp/pickup/6192541本来のスケジュールでは、今日まさにその頃、私はあの場所に居たはずでしてね。諸般の事情で前倒ししたんですよ。犠牲者の方々のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。さて、私は今後も活動しますので、どうぞよろしくお願い致します。なんせ、10年以上前に村井案件とは別の件で騙されたことがわかりましたんでね。ここで改めて訂正します。「20Hzは音が聴こえず、良質な超低域は風のよう [続きを読む]
  • Cambridge Audio CDトランスポーター「CXC」を聴いてきました♪
  • CDトランスポーターなので、DACが必要。選択肢として用意されていたのは、「CXC」と同時?発売のDAC内蔵アンプでした。折角なので、「CXC」と新型アンプとの組み合わせで試聴してきました。ちょっとばっかり、ハイが伸びきっていないような部分も見え隠れするんですが、それは「完全に伸びきったモノ」との比較であって、相対的に比較すれば非常に優秀だと思います。そもそも、伸びきってないどころか、全く伸びていない製品ばかり [続きを読む]
  • 今月のオーディオアクセサリー誌は、イイですね♪
  • たまたま立ち寄った書店にて、出たばかりのオーディオアクセサリー誌が目に止まり、読んでみました。なんかよく分からないですが、本全体がスッキリというか、清楚というか、良い意味で清潔感のある本でしたね。今までと何が違うんだ??評論家の先生方の笑顔は2割増で、男前度がアップしておられる。なぜだろう???これがありのままなのだろうが。高額な製品は、良い意味で価格相応のように感じるし、リーズナブルな機器類も価 [続きを読む]
  • to Master
  • 音質はとりあえず置いといて、ガラスをコンコン叩いて、最もガラスが共振する場所に貼り付けたら、どうでしょ?もうやってると思うけど、ガラスを平面振動版代わりにしたら良いと思うの。(^^;それでダメなら、もっと高い位置に移動して、天井?の一次反射音も有効利用とか。大型車両の低周波に、いかに負けないように設置するかがポイントかもよ。あとは、自販機に一次反射させる方法も。回折波で効果的に増幅させるという狙いで。 [続きを読む]
  • 視野サイズ1.2倍 マグニファイヤーアイカップ
  • 噂通りCanon機にも使えますが、ガタが生じます。テープなどで厚みを増し、嵌合をしっかりさせる必要があります。ファインダーに写る像が1.2倍になります。実際に使ってみるとわかるんですが、これ以上像が大きいと「隅々まで見る」のが困難です。まあ、カメラによるわけで、kissDなどは*1.5倍でも足りないと思うの。( ̄▽ ̄)慣れるまで違和感たっぷりでしたが、日中陽のあたる場所で木製テーブルの木目でピント合わせをして、バッ [続きを読む]
  • オーディオの嘘
  • 誰がデタラメを刷り込んだのか知らないが、大層なご苦労だっただろう。そうである、物事の「本質」を見れなくするには、本質を隠せば良いのである。本質を隠し、誤った情報が、さも真実かのようにまかり通れば、都合の良い連中が居るのである。時折、ふるーいふるーい雑誌を読むことがある。これからのオーディオ誌は、先に述べたように今後買うことはないが、昔のオーディオ雑誌を読む度に、ますます現在のオーディオ誌の「価値が [続きを読む]
  • 今年の梅です♪
  • 早くも梅が開花し、春のひとときを楽しませてくれます。観るのも良いですが、梅干しも好き♪横1280に圧縮しています。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 高い耐塩性のコメ
  • HKT1(Na+ transporter)geneのpoint mutation(G→A)らしいが、「高Na米」ができるという意味じゃないのか?こういうmutant系の植物の安全性に関しては、"HKT1 gene point mutation"だろうが、"HKT1 gene Knock Out"だろうが、大差ないんじゃないかと勝手に思ってるんですが、前者はOKで、後者がダメという境界、すなわち、どちらも「タンパクが正常に合成されない」という点で共通しているのに、「食用OK,自然界での栽培OK」と [続きを読む]