れん さん プロフィール

  •  
れんさん: 自分を育てる方法
ハンドル名れん さん
ブログタイトル自分を育てる方法
ブログURLhttp://ameblo.jp/ren-hi-chan/
サイト紹介文過去6年間、精神障害2級&引きこもり経験ありのAC。病気を脱し社会復帰した今の趣味は自分育て。
自由文自分を育てる方法を載せています。

ツイッターもやっているのでよければ覗いてくださいね。@ren_hi_chan
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/03/21 20:48

れん さんのブログ記事

  • 頭のいいカラス。雪ゾリをして遊ぶ動画あり。
  • カラスは犬より賢いらしい。 ・犬と会話?でワンワンと鳴いたり、人間にオハヨウと鳴く。 ・エサをあげる前に、複雑なプロセスを一度だけ与えて経験させたら、1年後にも記憶していて難なくエサをゲット。 ・飼うと懐いて、頭を撫でてとおねだりするらしい ・人間男女の顔を見分けられるし、一度危害を加えてきた人間の顔は1年後でも忘れないし、更に5年後には、周囲のカラスや小ガラスにも伝達されるので集団 [続きを読む]
  • 発達障害当事者と昔の恩師の話
  • まだ支援学級も存在しなかったような昔の話、それでも当時の先生の中には、特別な支援がいる子を見抜いて、長所を伸ばしてあげた先生もいたようす。そんな恩師がいる発達障害当事者(現 発達障害支援のNPO法人設立者)の記事を紹介。「大きな音でパニック、避難訓練が苦手な僕に先生は、、」↓http://smilehousejapan.hatenablog.com/entry/2013/05/31/005433他、「川島先生ありがとう」で検索して、まとめたもの。↓http://smileh [続きを読む]
  • 発達障害者が増加しているのは、人類の進化への布石?
  • 最近興味深い記事を読みました。アフリカの原人が、進化して行く過程で、知能が進化したのは障害者が生まれやすくなったからという説です。アフリカで原人たちが小規模の集団で子供を作っていった結果、血が濃くなりすぎて体の弱い者など障害者が増えていったそうです。そこで、それまでは粗暴で野生的な原人が多かったのが、障害者が集団で暮らしやすくなるようにと賢くコミュニケーションを取るなどの種がだんだん増えていって、 [続きを読む]
  • 本当に支援が必要な子供達は
  • 無償塾で小学生達に勉強を教えるのは楽しい。どの子も、夜だからちゃんと保護者が送迎してくれている。ちゃんと見守られ愛されている、、 うん、、 ある程度支援が必要なこの子たちの力になれるのも嬉しいんだけど、ネグレクトされているような本当に支援が必要な子たちは、ここに来ることも叶わないんだろうなぁ。 そう思うとなんだか胸が痛くなった。 私に何ができる?草の根活動は何年も続けているけど、何か、もう一歩踏み込ん [続きを読む]
  • ネガティヴとの向き合い方など オススメ外部記事
  • 最近読んだよみものたち。(*´-`)ストレスを悪いものと考えなければ、むしろストレスがある方が健康でいられる。ストレスとの正しい付き合い方とは?(米研究)http://karapaia.com/archives/52194243.html人をネガティブにさせる遺伝子が存在する(カナダ研究)http://karapaia.com/archives/52144991.htmlネガティブ思考の人は「前向きに」と言われるほど更にネガティブに陥ることが判明(米研究)http://karapaia.com/archives/ [続きを読む]
  • キレる高齢者は日本だけらしい。
  • キレる高齢者が増えてるのは日本だけらしい http://toyokeizai.net/articles/-/171469?display=b 欧米では、老人になるほど気が長く穏やかになり、幸福度も年をとるごとに上がっていく。 日本の高齢者の幸福度が低いのは、承認欲求を満たされることが、少ないからだと言う。それに対し、海外では高齢者ほどボランティアやチャリティー活動に精を出し、また自己実現に時間を使うのだとか。 今の高齢者は、世代の中で最も裕福なはず [続きを読む]
  • 「お母さんから一番かわいがられた弟が、今でも憎い」という人へ。
  • >お母さんは、弟ばかりを可愛がって、私を愛してくれなかった。今でも弟が憎い。〜お母さんにされた嫌な出来事〜 (私)**さんは、今まで感情を抑圧してきたのではないですか。 本来なら、子供の頃に感じるはずだった、喜怒哀楽すべてを感じないように、無意識のうちに蓋をして生きるようにしてきた。それは、感じると、心が壊れてしまうから自己防衛本能が働いたんだと思います。 そのことについて、自分を責める必要はな [続きを読む]
  • モテるとは。ストライクゾーン、好意の返報性。
  • アプローチするっていうか、私があなたに好意を持ってるから、あなたも私に好意があるでしょ?か、あなたが私に好意を持ってるから、私もあなたに好意を持ってるわよ。のどちらかじゃないかな、私の場合。好きに好きが返ってこない方が、自然の摂理に反してると思わない? 非モテというか、好きのストライクゾーンが極端に狭いのでは。自分が好きになれる異性が極端に少ないから、好いてくれる異性も激減する。 死活問題 [続きを読む]
  • ボランティアをしていて思うこと。
  • 私が海外でボランティアをしたり、他にも子供関係のボランティアをしている。と聞くと、みんな、すごいね!とか言うの。わたしは、褒められると、いやいやそうじゃないんだって言いたくなる。海外の子供を、助けたくて行ったの?と聞かれたらそうではない、と答える。わたしが10日程度行ったところで現状変わるとも思わないし。それより私は発展途上国のリアルが見てみたかった。肌で感じたかった。それから、発展途上国の子供は日 [続きを読む]
  • 子供をコントロールする方法。 毒親
  • 1.子供の罪悪感を刺激し、本人が、自分で意志を潰すようにもっていく 2.突然キレるを繰り返し、子供がいつも不安定、ビクビクする状態を作り出す 3.好きな友達などと遊ばせず、親が許した人としか遊ばせない、外との交流を極端に遮断 4.親の思想を繰り返し繰り返し植え付け、それを守らないと、おまえは自分の子供ではないと突き放す 5.自分の希望通りのことをした時のみ褒めて、それ以外は無関心。 6.常に子供の自尊心を貶めるよ [続きを読む]
  • 独り言。プライドと、悩む人について。
  • プライドが高い人は、中が弱いから 中の弱い部分を傷つけられないよう、必死で守るためにプライドが厚く硬くなった 敷居が高いのは、土足で入られるのを嫌うんじゃないかな 中に、他人には見せられない宝物があるかもしれないし、あるいは弱い何かがあるのかも 悩まない人うらやましいですね。 でも最近気づいたのは、私は悩むのが好きなんです。あーでもないこーでもない、と色んなパターンを張り巡らして、研究 [続きを読む]
  • 強くて優しい人について。感情転移について。
  • 独り言。1.強くて優しい人が好き。 私のタイプはこれで決まり。 いざという時には矢面に立ち盾になってくれるような。 縁の下の力持ち。 時には厳しく諭してくれて。 大切な人を傷つけるようなことはしないで、心から愛情を注ぐ。 私が惚れるのはこんな人。 なかなかいないけど、時々出会う。 尊敬してる。2.人間には、感情転移というものがある。たとえば昔、いじめにあった人は、馴れ合 [続きを読む]
  • 昔の夢と、今の私。その間にあったこと。
  • 実は中学の時カウンセラーになりたいなって思ってました。虐待された子を救うような本をよく読んでました。 ITと呼ばれた少年、とか、シーラという子 みたいな。 カウンセラーか小説家になりたかったんです。 私は、あんまメンタルが強くないので、カウンセラーは無理ですね、疲れちゃって。感性が強いのもあり、人の悩みに飲み込まれやすいというか、なので人から相談を受けるのもセーブしてたりします。 でも、何かしたいなって [続きを読む]
  • 恋愛について。徒然に。
  • なんとなく直感で根拠はないけど、 片思いされる人より、片思いする方に主導権がある気がします。 ちなみに、私はトキオのラブユーオンリーが好き。 あなたしか好きじゃないという内容に見せかけて、 君が本気で好きになるのは僕しかいないよ、という自信過剰ソング。でも大好きw 〇脈ありですか?というネット上の相談について。 恋愛相談で、脈アリですか?という相談ありますよね。 私の予想だと、 「昨 [続きを読む]
  • 褒めるとおだてるの違い。その背景にある心理とは。
  • 相手の良いところを素直に認める(褒める)人は好きだけど、おだてる、というのが嫌い。そこに相手をコントロールしたいという下心があるから。それを企み、と感じる。 そんな企みにも、人の良さを感じるか感じないかがポイントの高さの判断基準。 たとえば長年の夫が言う、お前の飯は最高にうまい。は、たとえ真実でなくリップサービスでも嬉しいもの。そこに愛を感じるからね。一生言えば嘘も誠に変わる。 付き合う前の男が、タ [続きを読む]
  • 恋愛の終わりについて、恋愛相談の回答
  • 恋愛相談、彼に文句を言ったら、彼にフラれたという女性に対して。あなたも我慢しなかった。彼も我慢しなかった。結果、別れた。と読みました。じゃあ、我慢すればよかったのか?というと、私はそうは思いません。人間が持つ特性はそう簡単には変化しないから、無理に合わせる関係はいつか破綻します。でも世の中には合う相手がいますから、そういう人を探したら、お互い我慢しなくてもお互い満足した交際をすることができますよ。 [続きを読む]
  • 子供は大人をよく観察してる。子供の接し方についてなど。
  • 子供ってほんとよく大人を見てるんですよね。 大人が子供を可愛いわねーと言って近づいた時も、それがポーズだとわかるとすっと避ける。嫌そうな顔をする。 子供に注意する時も、周囲の大人の目を気にして焦りながら注意する大人をちゃんとわかって観察してる。本当に自分のために言ってくれる大人を見極めてる。 子供だって1人の人間だから、自分の距離感がある。人懐っこい子も人見知りも。初日あったばかりの [続きを読む]
  • 自己アピールと自慢の違い。自慢する人の心理とは。
  • ※某氏とのやり取りから抜粋。 アピールか。色んなパターンがあるな。 金持ちアピール 武勇伝アピール 優しさアピール 頭良さアピール 自慢とアピールの違いとは? 素は行動に出て、アピールは言葉に出る? 素と行動どちらにも出ているものは、自慢のカテゴリー? 私は男の武勇伝アピールとか可愛いなって思うけど。女の気配り上手アピールも、のっかれば楽できてラッキーだし感謝だし。異性に好かれたくてアピールするなんて [続きを読む]
  • 容姿の劣等感。「私のほうが勝った!」という気持ちの裏側と対応。
  • 彼氏と一緒にいる時に、彼氏の女友達や職場の人を見て、「私の方が勝った!」という女性の心理とその対応。私は、 私のほうが勝った、という女性の言葉を聞いて思い浮かぶのは この人は自分に自信がないんだな。 この人は表裏がなくなんでも口に出しちゃう人なんだな。やや幼く、自分の発言が他人にどう映るか考えない人、あるいはその知性がない人なんだろう。 この人は女性の良し悪しに容姿を重視して考える [続きを読む]
  • ファイト。
  • この絵は、私が仕事で孤軍奮闘していた時に自分を励ますために描きました。中島みゆきのファイトが頭の中で流れていた。 砂漠の中でも、希望を持って。 でも私は、やっぱり砂漠にいるのは疲れちゃって、そこを旅立ってオアシスを探しに行ったんだね。私にはオアシスの方が、合っていたから。時には、そこで踏ん張るもよし、動き出すのもよし。動き出すには力がいるけどね。自分をサボテンと思うもよし、鳥になって飛んで [続きを読む]
  • 成長とは。重い人とは。私の色とは。
  • 若い頃から書くことが好きで、ついついなんでも書き残してしまうから、ふとした時に昔書いたものが見つかるといろんな意味でドキドキする。 何書いてんねーん!って時とか、 この頃の私って、、とか、 内省する材料にもなるし、成長の記録も見て取れる。 昔より間違いなくピュアではなくなった。でも、ピュアゆえの他人任せな重さも、減っていった。そう思う。 重い、って言うけど、それはつまり他 [続きを読む]
  • ワガママに生きるために、踏み出す一歩とは。
  • 先ほどの続き。前回の、共依存の習慣化に対しての、ある友人からのお返事。〉ワガママになるのって結構難しいと思うよ。ワガママには責任を持った主張が伴うからね。多分、我慢するほうが楽な人のほうが多いんじゃないかな。そして、我慢してしまうと我慢している自分を察して褒めて欲しいという屈折した関係を要求するようになると思う。それに対しての私の返事。まあ日本人は我慢することに慣れてるから、我慢して流れていく方が [続きを読む]