108円 さん プロフィール

  •  
108円さん: 今日の108円
ハンドル名108円 さん
ブログタイトル今日の108円
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/book108
サイト紹介文1日1冊108円。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/03/23 05:53

108円 さんのブログ記事

  • HUNTER×HUNTER 28再生 冨樫義博 2011年7月9日 集英社(2回目)
  • 日曜日はハンターみたいになってますなぁ→1回目№296◆告白ウェルフィン「痛えええああ」 「何でオレは撃つ!?」 「くそォォ殺す!!」イカルゴの せんせいこうげき!命懸けで突入した奴に「動けば殺す」ってバカだよねーしかしウェルフィンも反撃の『卵男』!うわー直撃だーイカルゴ 死・・・・・・んでない・・・? ダメージも・・・?何だこの攻撃飛び道具の具現化だからポンコツなんじゃね?ウェルフィン くそったれがこんなザコくせー奴 [続きを読む]
  • ポケットモンスター ホワイト 2010年9月18日 任天堂
  • まだ見たことのない世界と出会ったことのないポケモンたち主人公の前に姿を現すプラズマ団と謎の登場人物[N(エヌ)]。ポケモンの解放を思想とする彼らの目的とは一体何か?そして伝説のポケモンの秘密とは?新たな舞台のイッシュ地方で、100種類以上の新ポケモンと出会いながら、冒険が始まります。箱の裏より。というワケでポケモンだよ。・・・・・・ワ、ワンコインだったから!ポケモンと一緒に冒険の旅へポケモンとは?この世界には、ポ [続きを読む]
  • NARUTO-ナルト- 巻ノ六十四 十尾 岸本斉史 2013年4月9日 集英社
  • かつての仲間・オビトが、仮面の男だったことに動揺するカカシ。しかしナルトの言葉がカカシを再び立ち上がらせる! 「仲間は絶対殺させやしねェ!!!」攻勢に出るナルト達! だがついに、十尾が復活し・・・!?裏表紙より。表紙を見るにやっと連合が到着だよ!ナンバー608:カカシの決意!!カカシ すまん・・・ナルト・・・ オビトの言葉をお前に教えたオレが・・・また・・・ ブレるところだった・・・!!あまりにヘタレすぎてて辛い。でも情けないイ [続きを読む]
  • HUNTER×HUNTER 28再生 冨樫義博 2011年7月9日 集英社
  • 混戦きわまるキメラ=アントVS人間。宮殿から離れた地で、ネテロと王は熾烈な戦いを。そして意外な結末が!? 一方、キルアは、ゴンが安否を気にしていたパームと再会。だがパームの行動に不可解な点を感じて・・・。裏表紙より。細切れ感てか、どうにかスペースを埋めようとしてる感。ハンター担当の人は前巻から間が空くから仕方ないね№291◆自問ネテロ いつからだ・・・・・・?過去ネテロ「いつでもいいぜ」 「来な」ネテロ 敵の攻撃 [続きを読む]
  • CLAYMORE 27銀眼の戦士たち 八木教広 2014年12月9日 集英社
  • クレアとラキにより粉砕されたはずのプリシラは、深淵たちをとり込み復活。肉体も妖気も限界を超えたクレアは、自らの覚醒を決断する。だが、その身に起こったのは・・・? 長き戦士たちの闘い、堂々の完結!!裏表紙より。とてもわかりやすい前巻のあらすじもおしまい。SCENE150 銀眼の戦士たち Ⅰガラテア「一体なんだこの妖気は・・・」 「私の知る限りこんな妖気をまとう者など一人もいないぞ」戦場にまたしてもアンノウンが現れたよ [続きを読む]
  • NARUTO-ナルト- 巻ノ六十二 皹 岸本斉史 2012年10月9日 集英社
  • カブトを止めたイタチの活躍で、戦場を混乱させた穢土転生がついに解除される! しかし、その行動を見てもなお木ノ葉への憎しみが消えないサスケに兄が遺す言葉!? そしてナルト達の闘いもさらに激化・・・!!裏表紙より。前袖によると『今巻でサスケとイタチの話は決着』だよ!!ナンバー588:影を背負うオオノキ「五影を預かったことを無駄にするな!!!」しかし現実は非情である・・・・・・ナンバー589:穢土転生の術・解サスケ「さよならだ [続きを読む]
  • HUNTER×HUNTER 27名前 冨樫義博 2009年12月30日 集英社(2回目)
  • 宮殿突入篇も中盤戦といったところ→1回目№286◆本体プフの?蠅の王?は自分の体を最小ナノサイズまで分解することができる能力である 自身を様々な大きさ・数に分割することが可能でサイズが小さければ小さい程 その数は増える ただし 司令塔となる「本体」は最小でもハチ程度の大きさを維持しなければならない『蠅の王』(ベルゼブブ)。一見マジチートだけど弱点もちゃんとある。先の対モラウ戦では、その弱点から敗れていた [続きを読む]